2010年06月15日

終わりました。

個人的ライブ強化月間、無事終わりました。関係者各位ありがとう!!
今回はSBとセッションが一週間毎くらいにありましたが、まあこなせました。
次は7月入ってからまたSBとかあります。どうぞよろしくお願いします。

でパソコンに向かうのが面倒でツイッターでお茶を濁してましたが
今日は休日なのでつれづれなるままにブログ書きます。有益な情報は無いです。

まず最近は意外と仕事が忙しく、寸暇をぬってグニピのスタジオリハです。
曲作ったりして。ギャルハもやりたいとこですが、短時間で終わらせることが
セッティング上難しいのでなかなかね。合宿とか出来れば良いのに。煮詰まるのは
目に見えてますが...まあコツコツいこうと思ってます。

それと最近気がついたのですが、私は割と胡麻が好きです。胡麻のドレッシングとか
胡麻本体も好きだ。普段の食生活はかなり偏ってると思ってましたが、実際は
意識せず毎日必ず食べるもの(食べたくなるもの)を摂取量が多い順番で挙げると、
「米・葉っぱ類・根野菜類・ヨーグルト・豆腐・肉か魚のどっちか・胡麻」という
順番でした。質素だな。そして胡麻はほぼ毎日何らかのかたちで摂取してたのです。
意外と風邪ひきにくいのは食事のせいかも知れないなと思いました。たまに無理すると
どっと体調崩すけど。あと足りないのはビタミンとかでしょうかね。煙草吸うのだから
ちょっと考えないといけませんね。主食は米、というのはかなり徹底してまして、
これは夏場は蕎麦に変わったりもしますが、基本ラーメンとかパスタ類やパンは
食べないです。ま、単純に好き嫌いの問題ではあるけどね。たまに食べるとまあ
美味しいね、と思う程度であまり執着は無いです。白米と玄米が大好きです。

職場で「好きな食べ物ってなんですか」と聞かれて「白米、牛蒡、鶏肉、あと
キャベツの芯」と言ったら微笑まれました、皆さん「好きな食べ物」で即座に
「牛蒡」「キャベツの芯」は出ないとのことですが、そうなのかね?私はどちらも
死ぬほど好きですけど。ご飯と筑前煮と若布の味噌汁と冷や奴とキャベツの浅漬けで
デザートにヨーグルト、という組み合わせで毎日三食でも全然オッケーです。
ご飯ときんぴら牛蒡とキャベツと鶏肉をゆでたやつ(胡麻ドレッシング)と若布の
味噌汁でも良いなあ。きんぴら牛蒡とキャベツの芯はメインディッシュですよ。

そんなわけで暑いのは嫌いですが、冷夏とか米不足はちょっと勘弁して欲しいなあ。
野菜が高いのも悲しいです。口蹄疫?も心配ですけど、個人的には肉より植物が心配。
あの私が大好きなキャベツのそれも芯部分が痛むのは悲しいです。



  
Posted by ripae at 17:37Comments(0)

2010年06月01日

ライブやります!

さて立て続けにSBライブ終わりました。関係者各位、ありがとうございました。
色々勉強になったし、なにより楽しかったなあ。次は7月以降です♪

そして次回の自分ライブは以下です。実に久しぶりにセッションでドラム叩きます。
張り切ります。お時間ありましたら是非ご来場くださいませー。

junne(Filth/大甲子園)+TOMO(Tetragrammaton)+Risa(Gallhammer/SleepingBeauty)

2010.6/2(水)18:30/19:00 新大久保EARTHDOM
w/Ijar connect
蛇蝎
HUSH
SPEARMEN

  
Posted by ripae at 00:50Comments(0)

2010年05月27日

今日ライブです。

都内、雨はやみましたがやけに涼しいですね…暑いの苦手な私にはありがたいですが。

というわけでコピペです。今日はSBライブ!!

2010.5/27(木)18:30/19:00-
新宿URGA “THE NIGHT STRANGE 54TH”
W/宇宙蜂+越後兄弟
BINARY SCALE+菅原真
FREEZONE DYNAMIC AUDIO

今日が終わったら次は梅雨明けまでSBはライブ無しです。
お時間ありましたら是非よろしくどうぞ♪
  
Posted by ripae at 10:01Comments(0)

2010年05月25日

流行か...。

自分、自分自身を飾るおしゃれにはあまり興味がなくてですね。(残念な容姿しか
持ち合わせが無いため)一応年も年なので、せいぜい見苦しくない程度を維持する
ケアくらいしかしないのですが、流行のファッソン等は知識だけはあります。
何故ならば、自分はつまらないけど自分のブライスを飾ることは好きなので。
立派な代償行為だと思います。可愛い格好がいまいち似合わない自分はさておき
ブライスは何を着せてもそりゃもう可愛いですからね。

で、最近年配の女性の間でもミニスカが流行ってますが、実は自分もミニスカは
よく履きます。生足ではなく重ね着ですが、とりあえず見苦しい尻が隠れるので
視覚的に周囲に迷惑をかけないから良いのではないかと。重ね着は好きだしね。
更に最近流行のミニの丈は自転車に乗るのには丁度良かった。ひっかからないし
自転車乗車中の私の尻も見苦しいですから、隠れるのは非常にありがたい。

しかし、年配女性は足の筋力が弱ってるのか知りませんが、ミニスカなのに
座り方や歩き方がだらしないことが多い気がして情けないと思います。あと足の
皮膚のケアが全然出来てない人が多すぎて微妙。まあ流行を追うなとは別に
言わないけど、自分に合うか合わないか、着てる間はその服装にあった振る舞いが
きっちり出来るか、をもうちょっと意識することが肝心なのではないかと、そして
それが「着こなす」ということではないのかい?と思ったりもします。流行ってるから
ただ着りゃ良いってものではないと思うんですがねえ。それじゃ可愛くはないよ。
衣類のデザインとか以前に、ものの考え方そのものが大人げない気がしますがね。
偉そうですみませんがね、33歳の自分としては同世代を見てたまに情けなく思うので。

さてSBのアイドル部門担当のSBY氏も最近はミニ丈キャミにレギンスなわけですが
(注:あくまでもステージの話です。プライベートは多分違うと思います。
自信はないけど)そんなSBのライブが明後日あります。良かったら是非
お越し下さいませ。かしこかしこ。

2010.5/27(木)18:30-新宿URGA “THE NIGHT STRANGE 54TH”
W/宇宙蜂+越後兄弟
BINARY SCALE+菅原真
FREEZONE DYNAMIC AUDIO  
Posted by ripae at 01:33Comments(0)

2010年05月22日

アウトドアなら徹底的に。

ツイッターをご覧くださっている皆様はご存知でしょうけれど、最近の私は
ご縁あって新しいおもちゃを手に入れました。マウンテンバイクです。

知人が乗っていたものでして、本人に聞いた範囲では二世代ばかり前のモデルで
比較的安価なものですが、初心者で街乗りメインならまったく問題ない状態の
ものだということ。でも元々私はそのフレームの色味が好きだったし、当然
悪路走行も可能だし、荷物等の関係でスピードよりも頑丈さを求める私には
まずまず向いているような気がしたので譲り受けたのです。知人は新しいやつを
購入するので処分をどうするか迷っていたとのことでした。

で、まず真っ先におこなったのがメンテナンス。私の職場はチャリ好きが多く、
皆さんがよってたかってあれこれ世話を焼いてくれるのです。お父さん10人くらい
いる感じ。私もですが関係ない皆さんも妙に生き生きしてて、わいわい言いながら
全部のパーツをばらして磨いたり調整したり。途中で雨に見舞われ、結局完成まで
2日かかりました。でひととおりはやったけどなおギヤだけは自転車屋さんに行って
ちゃんと調整して貰ったほうが良いとか、このパーツを足したほうが良いとか
自転車の基本やMTBについてのひとつひとつの機構も教わり、自分でメンテする
やり方や必要な工具類についてきっちりレクチャーを受けました。元々機械好きな
私にとっては非常に興味深いものでしたね。また更に職場の倉庫やロッカー室には
お父さんたちが集めた工具や部材がごろごろ豊富にありまさに至れり尽くせりw

続いて翌日。天気も回復したので、職場の駐車場内で実際の走行の練習です。
ギヤの切り替えのコツやらフォームやら速度のコツやらをあれこれ細かく
お父さん10人に聞いて、障害物レースをして遊びました。MTBってすごい。
段差や水たまりや砂利なんかものともしないし、飛び越えたりも出来る。
思った以上に私自身の体力も筋力も運動神経もあったのかなんか分かりませんが
綺麗に調整して貰ったMTBは非常に快適で、もうこの時点ですでに相当ハマりました。

で今日。休みだったので初めての街乗りに挑戦しました。職場のお父さんたちは
現在はみんなロードかクロスなので、MTBはトロくて疲れると言っていましたが
実際は予想以上に速かったです。途中で気づいて休憩がてら自転車屋さんに寄って
お父さんたちに言われたとおりにギヤの調整をして貰いましたが、結局3時間半で
70キロ以上は走りました。詳しいルートは書きませんが、まあ都内23区内から
都内の某市まで行って戻ったのです。今日は土曜だったこともあり、街には
結構スポーツ自転車が走っていたので、皆さんを横目で見つつどのように走れば
迷惑にならないか安全かを勉強しつつ走行してました。段差や木の根っこなどは
駐車場練習の応用でとんとん超えられたし、お父さんたちのおかげで自転車の
調子は非常に良かったし、実に楽しかったです。まだ全然いける気すらします。
ただ予想外だったのは目の乾きですね。夕方には虫も飛び込んでくるしこれは
つらかった。途中で安価な素通しの眼鏡を購入。街乗りならこれで充分です。

しかし当初は、ハマったら私のことだからもっと高価な良いMTBが欲しくなるかなと
危惧していたのですが、幸いお父さん10人のおかげで先にメンテナンスの楽しさを
知ってしまったので、もっと自転車について勉強してこいつをより良く改造する
ことなど考えてます。そして基本は生活の足のつもりだったけど、ゆくゆくは
林道とか山道、河原とか行ってみたいですね。MTBだし山好きだし、きっと楽しいだろうなあ。

  
Posted by ripae at 23:00

2010年05月12日

ライブやります。

さて一時期は39度超えた体温もなんとか平熱に落ち着き、
まだ喉の違和感はあるものの一応ほぼ体調は戻りました。
幸い食欲は落ちていなかったので(喉の荒れで不味いながらも)
食事と水分は必死で摂っていたので、ふらふら感はないですね。
ただ甲状腺のせいで、体調不良で投薬すると自分の身体は
ホルモンバランスが著しく崩れるようなので、この先
ちょっと心配ではあります。ま、仕方ないわなー。

で、今週末からライブが続きます。
5/16(日)SB@代々木、5/27(木)SB@新宿、そして6/2(水)に新宿で久々に
セッションに参加させて頂きドラム叩きます。ステージでドラム叩くのって
相当久しぶりなんじゃないか?おいおい。あと7月と8月にもSB決まってます。
細かくはまた随時告知を書きますので、何卒よろしくお願いします♪
それと関係者各位へ、演奏の機会をくださったことに心から感謝します。
どうもありがとう!頑張るます。

この2ヶ月ばかり活動縮小していたので、緩んでるあれやこれやを締めます。
マイスペも手入れしなければ。うう。

ところで今はSB新曲用に歌詞を捻っているのです。歌詞ってやっぱ難しい。

  
Posted by ripae at 01:38Comments(0)

2010年05月06日

戦いの日々。

関係者各位には大変ご迷惑おかけしました...
最近、駄猫やら何だかんだでえらいばたばたしてた上に仕事が
繁忙期に入り、そうこうしている合間に自分が変な風邪に罹患し
39度を超える高熱を出し、それでも仕事が休めない状況で
回復傾向にある駄猫は毎日遊べ遊べと喧しいし、なんかもう
えらいことでした。

でもまあ「明けない夜は無い」というわけでね、ひととおり片付きましたよ。
うんざりしたり落ち込んだりしたりするといつも思うんですよねー。
この言葉にずっと励まされ続けて日々を生き延びているわけです。
朝は必ず来るからね。ある種の問題は時間が解決してくれることもあるし。
責任の所在を問うよりは現状を見て解決方法を模索したいタイプ。

駄猫は少し前におなかの抜糸も終わり(抜糸中もぬいぐるみのように大人しく
獣医さんに褒められた。真性の猫かぶり猫)今は療養食にも慣れて少しずつ
太ってきています。傷は綺麗にくっついてます。私も傷を縫うという経験が
無いのでヌシのほうがびびったものでしたが。駄猫すげえなあ。

仕事は春のシーズンから5月の連休が終わり、これで夏のレジャーシーズンまでは
とりあえず一段落です。不況のせいで慢性の人員不足に悩まされてますけど、まあ
なんとか保っている状態ですねえ。私個人ではどうしようもないし。

これからは少し腰を据えて音楽がらみの作業を進めたいと思ってます。
最近はドラム叩きに行く余裕も無かったし、なまってる気がする。
でもやりたいことは見えてます。あとはかたちにするだけだ。
マイスペも放置してたし、長いこと連絡せず失礼しちゃった方々もいるし
なんかほんと頭下げてまわりたい気分でいっぱいです。動きます。

あ、5月はSBが2本ライブ決まってます。近くなったらまた書きます。
よろしくどうぞ!

  
Posted by ripae at 00:32Comments(0)

2010年04月16日

駄猫投薬記。

さて退院してきた駄猫は、現在自宅療養中です。
今日はそのことを詳しく記録しておきます。

退院したその日の夜から投薬が始まったわけですが、とにかく前述のとおり
猫に薬を飲ませる作業などしたことも無いヌシこと私と、今までとても健康体で
薬など飲んだこともない駄猫のコンビしか所属しないこの家の中で、まともな
投薬生活などもちろん送れるわけもなくてですねもうorz

ちなみに余談ですが、私は自分ちの駄猫に対しては自分のことをヌシと言ってます。
ママとかいう人をよく見かけますが、可愛いなあと思うしなんかすごく羨ましいけど
私は照れ臭くて言えないのと、駄猫の顔を見てると私のことを心の中でヌシとか長とか
なんとなくそういう呼び方してそうに見えるのでね。あと内弁慶な駄猫に対して、この
狭い家の主は私なんだというしょーもない自負もあったりして(^^;

閑話休題。そんなこんなで、病院で貰ってきた薬を与えるミッションが始まりました。
まずは錠剤2つと粉薬1つ。まったくの初心者であることを先生に言ってあったので
病院で飲ませ方を教わったのですが、院内では駄猫も緊張していたのか大人しく、
比較的あっさり飲み下しました。錠剤は放り込んで嚥下させ、粉薬は水を加えて
こねて固めたやつをこれまた放り込む。先生がやって3つで30秒もかからず、まったく
手品を見ているような(或いは美しい車庫入れを見ているような)不思議な気分に
なりました。先生いわく、駄猫は他の猫さんに比べると非常におっとりした性格で
かなり扱いやすいとのことでした。

そして初日の夜。日中に練習も兼ねて飲んでいたのと、病院で注射の治療を
受けていたこともあり、このときは錠剤1つだけでした。ヌシは気合いを入れまして
駄猫を掴んだのですが...うわあ暴れる暴れる。顔を掴んだ左手は手首を裂かれ、
下あごに触れている右手は後ろ足の爪で連続蹴りをくらってズタズタ。一旦離して
止血をし再挑戦するも同じ結果の繰り返しでした。1時間が過ぎもう両手が痺れて
しんどくなり、駄猫も疲れているし、かと言って深夜だったので先生に電話して
聞くことも憚られる気がして、とりあえずネットで打開策を検索...どうやら
抱き方が良くなかったらしく、駄猫の手足が自由になりすぎていたことが判明。
試しにケージの中に座らせ顔だけ出してみたところ、爪の攻撃はなんとか
避けられるようになりましたが、今度は飲み込まない。すぐ吐き出すし
ケージごと転がり回って嫌がるしまつ。いやあ猫って本気出すと強いですねえ。
結局押さえつけて力任せに喉の奥に押し込み、なんとか飲み込ませて終了です。
ものすごく可哀想だったが致し方なし。駄猫ぐったり、ヌシ半べそでした。

2日目の朝。この日は私が仕事だったので時間も無く、3種すべてを前夜同様
気合いで押し込み吐かないのを確認して終了です。またジタバタ攻撃をくらい
ヌシ再び血だらけ。しかも前夜は無かった粉薬、これがくせものでして。団子に
すると錠剤より倍くらい大きい上に相当苦いらしく、1回分すべて泡吹きまくって
吐いてしまいました。いやあ猫って涎出すとすごいですねえ。駄猫ぐったり、
ヌシは職場で傷だらけの接客を余儀なくされました。

2日目の夜。猫友達に色んなアドバイスを受け、また仕事中につらつら考えまして、
まず粉薬団子はとにかくでかいので、団子を2つに分けて小さめにしてみることに
決めました。また職場の人の話の中で気になったのが「飼い主が気合い入れると
動物って結構敏感に察しません?」というネタ。その人は犬を飼ってるのですが
病院に行くなどの特別なときに飼い主が緊張するとそれを嗅ぎ取ってすごく抵抗を
するらしいのです。なので猫に薬を飲ませるときも「別になーんにもないけど?」
といったゆるーい態度で、瞬間的にぽいっと飲ませたらどうだろうか、という
アドバイスを貰いました。うーんなるほど。更にネットでみた情報の中で
「喉の奥に落としたらすぐ口を閉じさせ鼻先にぷっと息をかける」という技が
ありましてね。駄猫もよくやるのですが、ぷっとするとぺろっと鼻先を舐めるという
妙な動きをするのです。そのときに喉がこくんと動く。この習性は謎ですけれど
とりあえずやってみようと決め、気合いを入れずに投薬開始。これは上手くいった。
3種4回飲ませるまでにご機嫌取り含めて45分、一度失敗して前足パンチをくらい
ヌシは新たな流血となりましたが、駄猫はヌシに褒めちぎられて満足そうに爆睡。

3日目の朝。前足パンチをくらわない抱き方を模索。私は両手どちらもほぼ利き手の
ように使えるのですが、右手で頭を押さえ左手で放り込む場合はパンチをくらわない
ことに気づきました。左手の甲には傷が無いし。で何故なのかよく考えたところ、
猫を座らせ、片手で頭を反らせて喉を真っすぐにし、もう片方の手で下あごをさげ
舌を押さえて薬を入れる...このときの私は、右手が薬の場合は肘を引き気味にして
いるのに対し、左手が薬の場合は腕を前足にかけて抱きかかえるようにしている。
ならば右手でこのフォームを取れば良いのでは、と思い実践。これは大成功。
初めて一度も攻撃をくらわずにすべて30分かからず飲ませました。ヌシ大満足。

3日目の夜、つまり先ほどですが、フォームをさらに改良し、10分足らずで
何の苦労も無く3種4回をクリアしましたー。祭りだ祭り。これをコンボ技として
「改良リーパーキャットロック/地獄の薬落とし」と名付けました、とりあえず。
しかし新必殺技をあみ出すにはやはり血と汗が必要なんだなあおい。まあいいや。

やり方は、まず駄猫をリラックスさせるところから始まります。なんでも良いけど
薬を近くに置いておいて普通に撫でるなどして、猫を座らせておくわけです。で
そっと猫の背後に回りこみ正座して太ももで猫の後ろ足を抱えて押さえ、すぐに
喉を撫でる延長でふと頭まで左手をすべらせて同時に右手で薬を親指と人差し指で
摘み、残り3本の指で猫の下あごを引きさげる。このとき上半身を軽く猫にかぶせる
感じで前に倒し右腕を両前足を揃えて軽く押さえるように回り込ませ、その流れで
ぽいっと薬を喉の奥に落とす。つまりヌシから見たら指先を自分に向けたかたちで
手首を手前にくいっと返す感じですね。そして素早く猫の口を閉じさせ鼻先に
ふっと息をかけ、ぺろっと同時に右手を喉にあてて上から下に撫でつつ嚥下を確認。
仕上げに褒めちぎる。これでおしまい。

先ほどは飲ませる前のリラックスゴロゴロが、嚥下直後からまた始まったので
かなり上手くいったのではないでしょうか。駄猫は一瞬きょとんとしましたが
ぺろぺろした後にすぐさままたうっとり顔に戻っていました。何されたか
いまいち分かってないような馬鹿さ加減がなんとも可愛い。次の課題は
更なる時間短縮ですね。先生のように数秒で済ませてみたいです。

尚、3種ある薬は明日の確認次第では錠剤1種に減ります。もう怖いものなし。
駄猫のおかげでヌシも成長しておるぞー。

ネットを徘徊していたら、猫さんに薬を飲ませるのは皆さん最初は苦労なさる
ようです。もしも偶然このブログに辿りついたかたがいらっしゃったら、まあ
個猫差はあるでしょうけれど参考になったら良いな、と思います。ほんとに。
  
Posted by ripae at 00:56Comments(2)

2010年04月15日

駄猫闘病記。

さてここ最近ツイッターではぶつくさ言ってましたが、
駄猫の問題行動の数々、実は尿結石でしたorz

駄猫の結石は少々変わったタイプのものらしく、通院のみでのんびり治すには
あまりにも時間がかかるしハイリスクということで、怖かったけど意を決して
緊急外科手術に踏み切って頂きました。入院期間はたかだか数日でしたが、
ほんと生きた心地がしなかったです。

季節柄もあって気づくのが遅かったのではないかと私は思います。
実際の発症はどのくらいかは不明ですが、一時すごく自分を責めました。
何せ今まで風邪ひとつひいたことなく、猫初心者の私にとってはいつも変わらぬ
元気で可愛い駄猫だったのです。毎日同じ家で喧嘩したり一緒にダラダラしたり
誰よりも近しい存在だったわけで...でも病気にすぐ気づいてやれなかったなんて
飼い主としてはほんと駄目でしたね。ぼんやりしてて、駄飼い主だ。ほんと最低。

と私自身も一時ひどく落ち込みましたが、しかし主治医さんとペット先輩でもある
SBK氏からの叱咤もあり「心配だけしてても何も解決しない。なったものは仕方ない。
そしてこうなった以上、私以外の誰が治せる?」と奮起しました。それ以来は
駄猫入院中はとにかく良く眠りしっかりがっつり食べ、分からないことはどんなに
些細なことでもきっちり主治医さんに聞きネットで調べ、治療費と今後の食餌療法の
費用捻出のために生活費や貯金の見直しをし、自宅の環境も整え、看病に必要な
時間とバンド関係や仕事の時間の折り合いをつけ...とまああれこれやりました。

そして数日前、駄猫は無事に手術と術後処置を終え退院して、数度の通院ののち
現在は自宅で投薬と食餌療法が始まっています。抜糸まではもう少しですね。
今までは駄猫の身体は主治医さんにお任せでしたが、私が面倒をみるのは大変です。
独りなので仕事の合間をぬって帰宅しご飯や薬を与えつつ傷やトイレのチェックを
し、何かあればまたネットで調べたり。幸い病院に急いで連絡すべき異常は無く
職場の皆さんやバンドメンバー各位の厚意もありがたいったらありゃしません。
いずれそれに報いることが出来るように、今は私自身も自分の体調や精神状態を
とにかく崩さないようにきっちり気をつけています。節約しつつもちゃんと食べ、
駄猫の投薬や観察のために数時間おきに寝たり起きたりではありますが、それを
規則正しくおこなう。そしてなるべく傍に居る。一緒に居れば私も駄猫も安心だし。
だんだん落ち着いて元気につやつやに戻っていく駄猫を見てるとほっとします。
つらい思いをさせてごめん。頑張ってくれてありがとう、と伝えられるものなら
伝えたいと思ってますが、なにせ言葉が通じなくてどうにもね。

ただ現在は慣れない投薬にかなり苦戦してまして、右手の甲がズタズタです。
ま、駄猫が治る頃にはこのひっかき傷や噛み傷も治ってるでしょう。
もう少し頑張ります。もう少し!
  
Posted by ripae at 01:21Comments(0)

2010年03月26日

浅い眠り。

関係ないけど「ちいさい秋」の二番の歌詞の「うつろな目の色 溶かしたミルク」と
いう部分を「うつろな目の色と化したミルク」だと思ってました、幼い頃から、つい
1時間前まで。たまたまネット見てて間違いに気づいた次第です。ここまで来たらもう
恥ずかしくない、と言うかむしろネタ的になかなかおいしいね。音読したら一緒だし、
絵的にそういう雰囲気じゃないですか。翳りのある印象派っぽいイメージですよ。
こんな勘違いをする幼少の自分の詩人ぶりに我ながら驚いた次第ですが、人は
それを負け惜しみともいうね。それにしても日本語って難しいものですね。ははあ。

さて最近は仕事のシフトが微妙に変だったりして、飛び石連休が多いです、自分。
で当然(?)惰眠を貪りまくりなのですが、駄猫がうるさかったりして睡眠はかなり
分断されている状態です。3時間おきに寝たり起きたりとか。甲状腺に病のある私は
普段から眠りが浅いほうなんですけど、こういうときは特に変な夢を見やすいです。
夢を見ても疲れるとか、現実に支障はないので別に良いんですけど、あまり愉快では
ない夢はちょっと困ります。自分の脳内がどうなってるのか気になって仕方が無い
ような微妙な夢が多いのでね。

夢に於いては、どちらかというと負の自分が露呈されます。厭世的、破壊的な夢が
非常に多い。それも映画やテレビといった視覚的情報よりは活字による情報のほうが
圧倒的に多いためか、派手なアクションや演出は無く、よりリアルだったりします。
夢の中でまで思考実験をしたりしている。疲れないのかな、と我ながら心配ですが
本人は眠ることで疲れは取れてるつもりなので、まあ良しとしますかね。

夕べ見た夢は本当にひどかった。私の思想がよく出てた。途中まで書いたけどなんか
文章にするとあまりにもひどすぎたのでやめます。興味ある方は直接聞いてください。
簡単に言うと「地球の未来に希望を1ミリたりとも持ってない私」「環境問題に興味が
まったく無い私」「綺麗事だけ言って裏で利権を貪る連中が大嫌いな私」が実に良く
出ているシナリオでした、とさ。ひねくれてるなあ。

あ、実はたまに「大好きな人の夢」も見ます。実はかなりロマンチストな部分も
あるんですよ、私。ちょっと可愛いでしょ。ね。ね。

  
Posted by ripae at 22:06Comments(0)