良い感じのヒゲが入ってます。

60年代後半の501-501です。

股のかんぬきが紺糸で、
大きくステッチからずれてます。

501-501ってヴィンテージが好きになった人は
取り敢えず目標にする年代じゃないでしょうか。

最初に赤耳とか66で、
次にビッグE、
そしてタイプ物、
その最上が501-501ですよね。

ちょっとずつ段階を踏むことで
色落ちや生地感の変遷が理解できると思います。

自分もレギュラー501から赤耳、
66と進んでいきましたが、
風合いやディテール違いにいちいち感動したもんです。
















にほんブログ村 ファッションブログ 古着へ
にほんブログ村