リラママとパーキンソン ~働く障害者のつぶやき

元気だけが取り柄だと思っていたリラ家族。子育ても一段落、さあ働くぞと社会復帰したリラママを襲った難病。 そしてなんと長女ミニラまでも… 病気を隠し続け働いた日々。 病気を受けとめ障害者雇用として働く現在。そして、娘たち ”ミニラと小さいトリ” との日々をかわいいリラックマの手を借り(?)綴っています。

初めて読む方へ

こちらから
  ↓
http://blog.livedoor.jp/rirakmama/archives/cat_1059603.html

派遣の仕事 <リラママ 16>


1440682545383

入院中のミニラも少し落ち着いてきたとこなのでもう少し現在の話を…  え~

現在、障害者雇用で、のんびり仕事をさせて頂いてるリラママですが、ここに落ち着くまでには、パート、派遣、マネキン(試食販売員)など、いろんな仕事してきました。
少しずつ動きが悪くなっていく中で、やはり一番大変だったのは派遣の仕事でした。

企業側は”派遣”というと即戦力を期待している。
派遣会社は、それに見合った登録者を選んで送り込んでくるわけだが、その選考を間違うと雇う側も雇われる側も悲劇となる。
そもそも、登録社員の能力をどれだけ正確に把握しているのだろう。

だいだいどこの派遣会社も最初にタイピング、エクセル、ワードの試験がある。応募したい派遣先によっては、ピボットやマクロなどの追加試験があるところもあった。

ある派遣会社から紹介の電話があり、『短期だが営業事務の仕事があるがどうか?』 と。
営業事務というと忙しそうなイメージがあるが、とりあえず面接を受けてみた。

パーキンソンのせいか、年のせいか、タイピングなどスピードはぐっと落ちていたので、『早くはできません』と、初めに宣言したのだが、人事の男性は、「スピードよりも正確さ重視」だからと。

昔同じ業種の営業事務をやっていたことがあるため白羽の矢が立ったのらしいが、なんせ何年も前のこと。
派遣会社の女性は、最長1年だが、1か月更新なのでやってみたらと勧めてくれた。

その職場の社員が、子供のお迎えで4時に帰ってしまうから、残った仕事を残業してよいので終わらせて帰ってほしいとのこと。そもそも派遣は時給が良いうえ時間外となるとさらに時給が上がる。短期とはいえ、学生2人抱える主婦にとっては、魅力的な話だった。

しかし、中に入ってみると、忙しさは半端ではなかった。
仕事としては、電話とFAXの注文を受け、システムに打ち込み、その結果をFAXで返送するというもの。
が、商品の在庫を管理する台帳がB4サイズのかなり重い(りらままにとっては)ファイル10冊ほど。
そして、半端じゃない電話の量。 
一つの電話が終わると、次の電話がかかってくる。メモした注文を打ち込む間がない。在庫確認や見本の送付依頼など、いろんな電話がかかってくる。
少し落ち着いて注文を打ち込もうとすると、自分で書いた字が読めない!” なんておバカなことも… 
色番や数量など、何桁もの数字が書きなぐられているのだが、
相手先の名前がどれだか分らなくなってしまったりと、そこで時間をロス。
独自のシステムも、先任の派遣さんが1週間の引継ぎで教えてくれたのだが、メモをノートに書き移す時間もなく要領が悪い。
仕方なくお昼休憩にご飯を食べながらマニュアル作り。定時をすぎるころにはへとへと状態。
効率は上がらない。
社員さんは ”延長保育” を利用して5時までいてくれたが、まだ仕事が山積み状態のリラママを置いて不安げに帰っていく。 申し訳なかった。
 夜8時過ぎるとフロアに溢れていた人たちもほとんどいない。FAXを送っていると、在庫確認や、注文の電話が普通にかかってくる。
この時間に女子社員が留守番をしていると思うのだろうか。
しかもそんな時に限って急ぎだの間違いだのと、緊急事。
営業マンに連絡をつけ、やれやれと思えばもう夜9時。  BlogPaint

早く帰らなければ明日の仕事に支障が出る。家まで1時間弱。

残業をするとその分仕事が増えてしまうという悪循環の中、限界を感じたリラママは様子を見に来た派遣会社の女性に次の人を探してもらうよう頼んだ。1か月過ぎようとした頃だった。   ≪つづく≫






カラオケと岩盤浴 <リラママ 15>

  最近のリラ親子の週末 

昨日は友達と遊びに行っていたミニラを駅で拾い

捨てられてたのか? ぽいっ 違う!

カラオケへ行ったリラママ

マイク - コピー
JOYSOUNDでフリータイム 4時間半二人で歌ってました。

小さいトリがいないと、ちょっと忙しい。

曲選んでるとトイレに行く暇もない

やっぱカラオケは3人くらいがベスト!

”カラオケがパーキンソン病のリハビリにも良い”という

リラママにとって大変都合のよい記事を読んでから

ちょこちょこミニラと出かけます。

(膠原病には関係ないかもしれないがミニラも大好き


そのあとアピタに買物へ行きキャラクターグッズ売り場で

こんな風に

1440912139542

横たわる物体を発見!

拾い上げてみると

1440899084514
コリラでした!


1440899040109

ペンケースなんです。

当然のことながら家へ連れ帰ってきました。

毎度お買い上げー

このようにしてちゃくちゃくとリラグッズが増える我が家なのでした。

楽天で見つけたのですが残念ながら売り切れでした。



リラ版もあったんだ




その後、夕飯の買い物をしていると、ミニラが急に、

岩盤浴に行きたい』と、言い出しスーパー銭湯へ。

furo - コピー

少しお湯に浸かってから岩盤へ

10分入って5分休憩を3回くりかえす。

汗っかきのリラママは最後の10分はマッサージコーナーへ

超快適な1日でした。

ミニラは新陳代謝を高めるためにと言ってたけど、

美肌効果も狙っていたに違いない






リラ家族紹介
リラママ:リラ家ハハ (パーキンソン病) 働く障害者
ミニラ :長女 (膠原病:全身性エリテマトーデス)大学教授助手
小さいトリ:次女 地方の大学で下宿中

livedoor プロフィール
ブログ村
ランキング