2011年04月23日

日本人の健康に対するベクトルは病気へ向かっている

皆さん、こんにちは!

Core院長のササキです

皆さんのお陰を持ちまして、先月から始めた「東日本大震災」の募金の方が、総計3万円を超えました。

「ユニセフ協会」の方へ募金させて頂きました。

ご協力に感謝しています


世界一の長寿国・日本。

しかし、”生活習慣病”による死亡率が年々増え続けている現実に目を向けなければなりません。

日本のがんの死亡率は30年前の3倍、心筋梗塞による年間の死亡数も1.6倍も増えています。

もう一つ、寿命が長い分寝たきりの期間が非常に長いということにも注目して下さい

男性は8年、女性が10年も寝たきりや認知症になっています。

日本人の平均寿命は、男性が79歳、女性が86歳なため、健康寿命(平均寿命から寝たきりや認知症になった期間を差し引いたもの)は男性が71歳、女性は76歳ということになります。

いくら長生きをしても、寝たきりや認知症になったのでは意味がないですよね

98年には、介護を必要とする高齢者が100万人を超え、今なお増え続けています。

莫大な医療費も年々上がり続けています。

米国では、70年代から国家プロジェクト「ヘルシーピープル」によって、健康的な生活習慣に必要な正しい知識と情報を啓蒙して、がんによる死亡率を減少させることに成功しています。

日本でも、97年に厚生労働省が「健康日本21」をかがけてスタートしましたが国民の意識が低く、肥満率・飲酒量が上昇し、歩行数や野菜摂取量がますます減少するなど、逆に悪循環となる結果になってしまいました。

戦前の日本では、野菜・米・魚など日本で取れた食材を中心に食べていたのですが、戦後に米国から肉・乳製品などが大量に入ってき以来、すっかり欧米食が身についています。

むしろ、今米国の方が日本食に注目して、脱生活習慣病へ確実に向かっています。

日本人が、今一度本気で健康へのベクトルを正さない限り、生活習慣病の患者さんが毎年増え続ける現状は何も変わらないでしょう。

今の日本人の健康へのベクトルは「病気」へと向かっていると言っても過言ではないと思います。

無駄な医療費を削減する一番の方法は、国民がそれぞれ自分の生活習慣を見直して、1人でも多くの方が生活習慣病を予防していくことだと思います

毎日、野菜を一皿分多めに食べる。

一週間に3日以上は、45分歩く。

飲酒の量を減らし、週に1回の休肝日を作る。

煙草を止める。

夜は、いつもより1時間早く寝る。

これらを実行するだけで多くの方が、生活習慣病から救われます。

病院や介護に頼らずに、自分の力で自分の人生を全うすること。

長寿国日本を心から誇れる国にするためには、皆さんの力が必要不可欠です。

日本を世界一健康な国にしたい

今の私の心からの願いです。

最後までのお付き合い、誠にありがとうございます

皆さんとの出会いに、感謝☆

参考文献:著者 中原英臣、文藝春秋「テレビじゃ言えない健康話のウソ」


所沢の整体院リラクゼーションルームCoreの公式サイトをご利用の方はこちらをクリック!

riraku_core_t at 12:48コメント(1)トラックバック(0)店長話 

2011年04月12日

日本の復興のために今できること

<東日本大震災>
から昨日で丁度1カ月を迎えましたが、昨日の夕方、今朝と立て続きに大きな余震が福島のほうで起こり、以前不安定な状態が続いています。

皆さんからのご協力により、被災地の子供たちへの募金も1カ月で2万円以上集まり、ユニセフ協会と福島ふるさと納税へ寄付させて頂きました

将来を託す日本の子供たちのためと、今回関東地方専用の原発のために一番被害を受けられた福島県民の皆さんのためにと思い、勝手ながら今回の募金先を決めさせて頂きました。

今回の大震災の影響により、すっかり自粛ムードが高まっている日本ですが、実は日本経済の60%を支えているのは”個人消費”だというのをご存知ですか?

「デフレの正体」著者で日本政策投資銀行参謀役の藻谷浩介氏は、デフレは不景気によって起きるのではなく、生産年齢人口(15歳〜64歳の現役世代数)の減少によるものだといっています。

つまり、今まで消費をしていた世代が現役を退いて、消費人口が減少したためにデフレになっているというのです。

生産年齢人口は95年をピークに、昨年までに約600万人減少しており、今後10年後にはさらに約800万人が減少する(ピーク時の2割以上)と見られています

そして、追い打ちをかけるように今回の大震災によって、日本経済はさらに危機的な状況を迎えているのです。

もちろん、被災者の方の気持ちを考えるとあまり派手なことはできませんが、過度な自粛状態が長期に渡って続くと、反対に東北地方の復興状況に悪影響を及ぼすことになるのではないでしょうか?

私は、被災者を救う一番の近道は、我々被災地以外の人間が、1日も早く元気に普段通りの生活を送れるよう心がけることだと思います。

無駄な買いだめなどを控え、節電を心がけながらも普段通り必要なものにはしっかりと消費をして、活力を蓄えるために時にはスポーツやイベント楽しむ位の余裕も必要だと思います。

それが、結果的に被災地域の復興に必ずつながると思います

まずは自分自身が元気になって活力を蓄えない限り、本当に困っている人々を救うことができないのではないでしょうか?

皆さんの、ご意見も聞かせて下さい。

皆さんとの出会いに、感謝☆

所沢の整体院リラクゼーションルームCoreの公式サイトをご利用な方はこちらをクリックしてください。

riraku_core_t at 12:12コメント(0)トラックバック(0)店長話 

2011年03月25日

今の自分にできること

Core院長のササキです。

3月11日に発生した<東北地方太平洋沖地震>におきまして、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、お悔やみを申し上げます。

地震の影響による混乱が、今現在も続いています。

最初の2日間は、東北地方の被災地の悲惨な状況をメディアを通じて知って、現地の方々に対して私もただ同情するばかりでした。

その後、福島の原発事故の影響で、関東地方でも計画停電を行うとのことで、とても他人事では済まなくなりました。

今現在、続いている計画停電の影響により、当院でも大打撃を受けています。

停電で夜6時以降の暗くなった院内での施術は限りなく不可能で、日中の停電に対しても電話の回線が遮断されてしまい、市内からの施術の予約を受け付けることが出来ない状態に陥っています(今現在は患者さんに携帯番号をお知らせして対応しています)。

当院おススメの<電子治療器>や<超短波治療器>も停電中の使用が出来ないため、患者さんにも多大なるご迷惑をかけしています。

東電が計画停電を発表してから最初の1週間は、施術を受ける患者さんも半減してしまい(電子治療器を受ける患者さんはいつもの3割程度まで減少)、私自身途方にくれるしかない状況でした

いまだ不安定な福島の第1原発は、今日午前の発表ではもはやレベル6だといわれ、不安が増す一方です

しかし、私の家族や友人、そして当院の患者さん達など多数の方々にに支えられ、来院数も回復してきており、今後の展望を見据える余裕も生まれてきました

先日、福島のいわき市から埼玉スーパーアリーナに避難してきた方がコメントで、
「埼玉に着いてほっとした。」
と言っていたのを知り、埼玉に家族と一緒にいる自分はなんて恵まれているんだろうと思いました。

そして、今の自分が被災者のために何ができるのか考えました

まずは、とにかく節電に務める。

不要な買い物をしない(買いだめしない)。

必要以上に動かない(周辺の移動は自転車か徒歩で)。

少しでも役立てる様に、募金活動を行う。

当院では、3・4月の<電子治療器>による売り上げ全額を、東北の被災者の方々へ寄付することにしました。

今回の地震を経験したことで、日本が一つになりつつある様に思います。

私自身、生きて家族と普段通りの生活を送れることの有難さ、命の尊さ、電気などのエネルギーの大切さなど多くのことを学びました。

そして、節電に対する地域の皆さんの連携プレイを見て、まだまだ日本は大丈夫だと実感することができました

先はまだ見えませんが、皆さんと協力して地域そして日本の復興のため、自分にできることを考えながら生きていきたいと思います

最後までのお付き合い、誠にありがとうございます。

皆さんとの出会いに感謝☆


所沢の整体院リラクゼーションルームCoreの公式サイトをご利用の方はこちらをクリックして下さい

riraku_core_t at 18:26コメント(0)トラックバック(0)店長話 

2011年02月26日

強い抗酸化作用を持つ”ルテイン”

Core院長のササキです

2週間ぶりとなりましたが、いかがお過ごしですか?

前号で”グルコサミン”の案内をしたところ大変好評だったため、今回も当院で取り扱っている

”美手ルテイン

について説明したいと思います。

そもそも”ルテイン”とは何か?

まずは、そこから始めたいと思います。

”ルテイン”とは、強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です

人の体内器官や皮膚、特に子宮頚部に多く存在し、眼の水晶体と黄班部が正常に機能するための重要な働きを担っています。

”ルテイン”には光そのものを遮る役割があり、遮光および抗酸化により二重でブロックを行っています。

また、人体に害があるとされる紫外線や、蛍光灯・パソコン・TVなどの人工的な青い光を吸収する働きもあり、外界に対してむき出しの臓器である眼をダメージから守る働きがあります

外界からの光を受け止めるレンズの働きをする眼の水晶体や、その後方の網膜の中心部にある黄班部はきわめて重要な器官です。

水晶体の”ルテイン”が不足すると、<白内障>、黄班部の”ルテイン”が不足すると<加齢黄班変性症(失明の危険性もある疾患)>といった眼疾患になるリスクが高まるといわれています

当院で、今月から販売を開始した

”美手ルテイン”

には、1日の成分として、マリーゴールド抽出物(ルテイン)が20咾靴辰りと入っています。

市販(他社製品)の低価格で売られている”ルテイン”は、含有量が1日分で7咾里發里ほとんどで、食材だけで20喟櫃襪里砲聾続Δあるため、当院の”美手ルテイン”はかなりおススメです

また、”美手ルテイン”にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やカシス・ビルベリーエキスも配合されており、一緒に摂ることで抗酸化作用が増しより改善してきます。

さらに”ルテイン”は、肝臓疾患や心臓血管系の健康についてや、お肌の状態を整えるという作用も報告されています

眼の疾患にお悩みの方、または体質改善されたい方などにおススメです。

詳しくは、TelまたはHP上のメールにてお問い合わせ下さい。

最後までのお付き合い、誠にありがとうございます。

皆様との出会いに、感謝☆


所沢の整体院−リラクゼーションルームCoreのHPはこちらです

riraku_core_t at 16:28コメント(0)トラックバック(0)店長話お店の情報 

2011年02月12日

”グルコサミン”の栄養素

今年から当院で販売している

"ルテイン"と"グルコサミン"。

今のところ売れ行きも好調で

"グルコサミン"は1ヵ月で8つ、"ルテイン"に関しては仕入れ後2日間で4つ売れました

なぜ、今年からこのサプリメントを取り入れたかというと、昨年12月に僕自身あまり例のない長期的な腰痛に見舞われたがきっかけでした

元々腰痛持ちだったのですが、今まではひどくても2・3日で回復していて、1週間以上同じ箇所が痛むということはなかったのですが、今回の腰痛は3週間経っても回復しなかったのです。

特に、最初の2週間は痛みで靴下も履けないほどで、腰痛体操やストレッチ、ウォーキング、温熱療法など何をしても回復しませんでした。

そこで妻からのアドバイスで、内側からの栄養が足りないのではと思い、"グルコサミン"を飲んでみました。

すると、1週間後には嘘のように腰痛がなくなったのです

それ以来毎日愛飲していますが、腰の方も今は順調です

その勢いで当院の患者さんに勧めたところ、飛ぶように売れていきました

"グルコサミン"はご存じのように、関節の痛みや軟骨の再生に良いと言われ、25歳をピークに年々減り続けている貴重な栄養源です。

1日1500㎎必要と言われ、保湿効果も高くお肌にも良い優れものです。

腰痛の原因の90%が筋肉や関節など外側にあるとしたら、10%は内側の栄養素の不足ではないかと思います。

そして、この10%が不足するだけでも、体の回復力に影響するというのを今回の件で自分の体で思い知らされました

当院で販売している"美手グルコサミン"。

栄養素の内訳は(1日摂取量)、

グルコサミン塩酸塩・・・1500㎎

サメ軟骨エキス末(コンドロイチン含有)・・・1020㎎

フィッシュコラーゲンペプチド・・・120㎎

メチルサルホニルメタン(MSM)・・・120㎎

オリーブ葉エキス末・・・84㎎

です。

他のサプリメントと比べても栄養素が高く、バランス良く配合されているので効果も早く出やすいと思います

それと他社製品との違いは、CMなど一切せず愛飲者の口コミで広がっているところです。

CMや広告で宣伝するとコストがかかるため、儲けを出すためには製品の栄養素を下げないといけなくなるのです。

"美手グルコサミン"は、コスト全てを栄養素にかけているため、それだけ効果も効きやすくなります。

是非、飲み比べて下さい。

詳しくは、HP上のメールかTel(04-2946-4150)にてお問い合わせください。

次回は、"美手ルテイン"についてご案内いたします。

今回も、最後までのお付き合い誠にありがとうございます

出会いに、感謝☆



所沢の整体院ーリラクゼーションルームCoreの公式HPをご利用の方はこちらをクリックしてください

riraku_core_t at 17:38コメント(1)トラックバック(0)店長話お店の情報 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール

riraku_core_t

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ