履歴書・自己PR文の書き方のコツ
履歴書や職務経歴書、さらに添え状などの応募書類の記入から転職活動の第一歩が始まります。中でも、インパクトのある履歴書の役割は「自分の長所をPRする書類」になりますので、採用担当官に自分をうまく伝えることができるように書きあげることがとても大切です。当然のことですが空欄はない状態にし、うまく自分をアピールできる趣味や特技を盛り込み、さらに書きやすいエピソードなどを思い浮かべて書くことが重要です。

就職希望先の企業と同じ業種や職種のアルバイト経験がある場合には、実務経験とはいえないですが面接の際のアピール材料としては、これを活かさない手はありません。

さらにそのことを面接担当官より質問してもらうために、あえて職種欄に記入するという方法も有効です。履歴書の形式も最近ではいろいろなスタイルがあるようですが、できれば志望動機欄や自己PR欄が大きめのスタイルを選び、びっしりと書きこむことで自己PRにもつなげたいところです。

もし、履歴書の自己PR文の欄が小さめのスタイルしか手に入らなかった場合は、まずは志望動機(ここでは難しく考えずに、なぜこの会社に就職したいのかという志望理由のような感じでもいいです。)や自分の性格を箇条書きに記入します。

とくに面接官にアピールしたい学生時代に一番熱中したきたことや得意な科目、あるいは勝利を目指してがんばってきたクラブ活動、なかまと協力し合って運営してきた同好会のイベント活動、アルバイト経験、(もしあれば留学経験)など、具体的な体験談をひとつのエピソードとして書き出しましょう。面接担当官が気に掛ける「応募者の性格」については、「責任」、「協調的」、「誠意」などの言葉を盛り込み、自分自身の性格を記入します。

そして、具体的な部分は面接のときに受け答えするので、事前に自分をしっかりと分析(自己分析)したうえで、面接の練習としてイメージトレーニングをしてみることもいいと思います。自己PRの書き方・サンプル

おすすめ書籍
超速マスター!新面接スーパー攻略―自己PR・志望動機・面接マナー・圧迫面接

紹介文:自己PR・志望動機の実例・例文をたくさん収録しています。著者のアドバイスを頻繁に盛り込まれています。不安なことや知りたかったことが見つかる一冊です。圧迫面接、マナー、個人・集団面接、グループディスカッションなど、面接のあらゆる現場からあがる学生の悩みを、人事の視点から解決しています。自己PR、志望動機では豊富な例文とアドバイスが収録され、良い点、悪い点が見つかるお勧めの例文集ですよ。 超速マスター!新面接スーパー攻略―自己PR・志望動機・面接マナー・圧迫面接 就職試験・連勝者の面接術



スポンサードリンク
スポンサードリンク