2020/11/22 晴

PB220177コロナ禍のこともあり、連休の予定が何も決まらないでいた。

三蜜を防ぐには山登りで、テント泊がベストと考えているが、相方から賛同が得られなので、近場でどこか無いか考える!!

相方が、以前から「ダブルダイヤモンド富士の写真を撮りたい」と言っていたので調べてみると、先週ぐらいに山中湖畔からが撮影時期のようだった!!

22日の撮影スポットを調べると、花の都公園や山中湖温泉「紅富士の湯」の露天風呂も候補になっている。
三連休で人出も多いと予想されるので、他に無いか調べると、長池山山頂も撮影ポイントになっている。

ダブルダイヤモンド富士の撮影は無理だが「ここなら人も少なく、良いかな?」と、山歩きもしてダイヤモンド富士撮影の計画を練る。
IMG_6090


結局、相方は「帰りの温泉をどうするか?」や腰の調子も悪いので、前日の午後になって「行かない!」と言う。

「なんだ! それなら一人で、どこかテント泊に行ける!」と思ったが、今更、場所探しなど面倒なので、予定通り行くことにする!!


PB220179朝、急ぐ必要はないが、東名の渋滞のことも考え、6時には自宅を出発。
8時半には、山中湖の長池親水公園駐車場に到着。

すでに、かなりの観光客が来ていて、駐車の空きスペースは数台だった!!


PB220169PB220174籠坂峠から山中湖畔に下ってくると、湖面に霧(雲?)が掛かっていて、最初、富士山は少ししか見えなかった。

ここから、最初に登る石割山登山口までは、湖畔沿いに4〜5km歩かなければならない。

ヤマレコ情報で、石割山登山口までバス移動ができる。


PB220168駐車場の目の前にバス停がある。
PB220181PB220180バスは7時53分と9時33分
PB220182トイレもある。

急げば、7時53分のバスにも乗れなくも無いが、早く行っても、長池山のダイヤモンド富士撮影(15時26分頃)まで、時間を持て余してしまう!!

車の中で1時間半、時間を潰すことにする。


PB220173時間が経つと、段々と湖畔のガス(雲)も抜けていき、富士山が姿を現してくる。
先週、七面山からの富士山は山頂に雪はほとんど見られなかった。
こちら側は、例年より少ないが「雪がある!!」
七面山の南西斜面は「陽が当たるので溶けてしまうのか? 雪の降る量が、南西斜面は少ないからのか、よく解らない?」

湖畔には、観光客が入れ替わり、立ち替わりとやって来て、写真撮影をしている。
そんな情景を車の中で寝そべり、テレビと記念撮影をしている人達とを、交互に眺めながら時間を潰す!!

PB220183PB2201859時半になると車もかなり多くなり、駐車場に入るのに、列ぶような光景も見られる。

富士急の周遊バスは、この停留所で降りた女性が一人居ただけで、他の乗客は皆無!


PB2201865分ほどで、石割山登山口に到着。


PB220188PB220189石割神社駐車場に向かって、20分ほどゆるい坂を登って行く。
小さい駐車場が一杯なのか、かなり手前から路上駐車が見られる。


PB220190PB220191以前も登った、長い階段!!
遅い出発なので、人は数人見えるぐらい。


PB220194階段上部の休憩東屋


PB220196PB220204PB220200PB220201PB220203石割神社
大きな石の割れ目を3回廻って通り抜けると、ご利益がある!!

七面山奥の院の石は7回だったが「ここは何回なのか判らず?」ちゃんと案内を読まずに、近くにいた人に聞いてしまった。

「歳を取ると、気が短くなる!!」


PB220205PB220207石割神社から石割山山頂までは、やや急騰な登りになる。


PB220214PB220213山頂には、大勢の人達が休憩をしていた。
それほど広い山頂では無いので、座る場所が見つからない人達は、立って休憩をしている。

写真だけ撮影して、すぐに次の平尾山に向かう。


PB220216PB220219PB220222平尾山山頂。
石割山ほどではないが、ここでも休憩をしている人達がいる。
ここは、石割山より座れる場所は多い。

前回は、ここまでやって来て、石割神社駐車場に下って行った。

ここも、撮影をして先に進む。


PB220223平尾山からの長めの下り階段。


PB220224南西からの分厚い雲が、富士山の所で堰き止められている様に見える。


PB220225PB220226所々に、忍野村や山中湖畔に下る道がある。


PB220228PB220229この尾根道は、富士山に向かって歩くので、景色は非常にいい!!


PB220231車止めみたいなのがあるが、車でやって来れるのか?


PB220233PB220234手前の高い所が、大平山山頂


PB220236PB220237大平山山頂からの富士
ここも、休憩している人達はそれなりに居る。
ススキで風除けのできる場所を探して、お昼休憩にする。

「山中湖の後ろに富士山」と、絶景の場所である。

山中湖から、直接大平山に登ってくる人も多いように思える?

突如、4輪駆動の車が山頂に登って来た!!
休憩している人達も「車で登って来れるのか?」と、びっくりしている!!
車は、少し居ただけで下って行った。

1時間ほど休憩して、長池山に向かう。

トレッキング道と並行して車道が走っている!!
ただ、かなりのオフロードで、4駆で車高の高い車でなければ無理である。


PB220241PB220244PB220248平尾山から大平山にかけて、花なのか実なのかわからないが、枝が赤くなっている木が何本か見られる。
帰ってから、調べるが良くわからない?

いろいろ調べて見ると、「ニシキギ科のマユミ」という木らしい!!
赤いのは花と実と両方のようである?


PB220245飯盛山


PB220246ここも富士山が正面に見えて、なかなか良いトレッキング道

長池山に登る手前の道で、先ほどの車が停車していた。
近づいて見ると、パンクをしたらしく、男性がタイヤ交換をしていた!!

「やはり、ここは無理して登ってくる道では無い!!」


PB220253PB22025214時に長池山に到着。
山頂標識は独立した物では無く、案内標識に小さく書かれている。

何か通信施設のような物がある。


PB220256富士山山頂に太陽が隠れるまで1時間半近くもある。
こんなに早く着いたのは、GoProでタイムラプス撮影をしてみようと考えていた。


IMG_6080 2大型の三脚は持って来ていないので、ストック二本を縦に縛って繋ぎ、その先端にGoProを固定する。
それを、倒れかけている木の枝の間にゴム紐で固定して、撮影準備は完了。

まだ、GoProでタイムラプス撮影を本格的にやったことが無い!!
簡単な下調べはして来ているが、何秒間隔の撮影がベストなのかよく分かっていない!!

富士山の両サイドに雲がかなり出てきているが、まだ、なんとか成りそうである。


PB220257PB220259PB220261PB220264時間と共に、富士山の稜線が雲で覆われてくる!!

かなり際どくなるが、待つしかない!!

やることが無いので、座布団の上に座り、携帯ラジオを聴きながら、お茶を沸かし、コンビニのどら焼きを食べながら待つ!!

オフロードバイクがやって来た!!
「この人も、写真を撮りに来たのか?」と思ったが、すぐに引き返して行った。

時々、登山者もやって来て通り抜けて行く。
ただ、通り抜けて行く人には、挨拶だけするが、ここで、少し立ち止まって休憩する人は、「こんな所で、何をやっているのか?」不思議に思われるので、「ダイヤモンド富士を狙っているんです!!」と、先に答えてしまう!!


PB220265あと、10分ぐらいの時に、20名ほどの団体登山のグループがやって来た!!
ここで、最後の小休憩をしている。
設置した、GoProの前にも立っている!!
「早く、休憩を終わらせて出発してくれないかな〜!」と思うが、じっと待っているしか無い!!
何とか、5分ぐらいの休憩で出発して行ってくれた。


PB220272PB220273「良かった!」と思ったが、富士山に雲が掛かってしまい、ダイヤモンド富士の撮影は無理になってしまった!!

30分ぐらい前から、「今日は、たぶん無理だろうと!」覚悟は決めていたのだが「奇跡が起きるかも?」と、一抹の希望は持っていたのだが!

太陽が山に隠れると、急に寒くなってくる。

急いで、後片付けをして出発。


PB220276「団体さんに追いついてしまう!」と思ったら、団体さんは花の都公園側に下って行った。
20名を追い抜くのは面倒だったので「良かった!」

相方も居ないので、トレランの様に、快調に小走りで下っていく!!


PB220277車道に出る
IMG_6092
「確か、ここからもう一度林の中に入る筈である!!」
間違えないように、ナビゲーションにマークを付けてきている。

先に行きかけたが、木に赤テープが付いているので、何とか行き過ぎずに済んだ!!

薄暗くなった林の中を快調に下る。
完全に暗くなったら「ここは一人では通りたく無い!!」

PB220278かなり下ると、別荘地内に出る。


PB220279PB220281暗くなる前に駐車場に戻ってこれた。

湖畔の人影はかなり少なくなっている。

トレッキングシューズだけ履き替え出発。
朝、寄った平野のセブンイレブンでコーラを買って行こうと思ったが、駐車スペースが一杯で諦める。

今回は、東名が渋滞なので、道志道から帰ることにする。
途中の「道の駅道志」もかなり混雑しているのでスルー!!

結局、どこにも寄らず帰宅。
厚木ICから大和トンネルまでの渋滞はあるが、18時半には帰宅。
いつも通り、スポーツクラブに直行。

平面距離  11.5km
沿面距離  11.7km
記録時間 08:04:42
最低高度 982m
最高高度 1,406m
累計高度(+) 662m
累計高度(-) 664m
平均速度 1.4km/h
最高速度 6.3km/h

自宅 6:00
長池親水公園駐車場 8:30 9:33(ふじっこバス)
石割山登山口 9:38
石割り神社駐車場 10:00
石割山 11:10 11:20
平尾山 12:00
大平山 12:30 13:30
長池山 14:00 15:40
長池親水公園駐車場 16:40
自宅 18:30