職員Hの休日の過ごし方は色々あるのですが、インドア派なので小説を読んだりして、の~んびり過ごす事が多いのです

IMG_0531


中でも海外のSF系もの小説が好きで、その筋の方ならご存じのハヤカワ文庫創元推理文庫のものが大半です。ハヤカワ文庫は先日、2,000冊刊行を記念して特集本が出版されました。

IMG_0530


職員Hのお気に入りは、アーサー・C・クラーク「最終定理」です。

IMG_0532

数学好きの方にはお馴染みの「フェルマーの定理」を題材に、宇宙の彼方に存在する超知性を持つ異星人に与えた影響とは!?と言う内容で、500ページの長編ですが、読み進めていても所謂「中だるみ」を一切感じさせません。


アーサー・C・クラークと言うと、映画「2001年宇宙の旅」の原作者でご存じの方もいるでしょう。

彼の作品は「幼年期の終わり」「宇宙のランデヴー」「2001年宇宙の旅」「2010年宇宙の旅」「2061年宇宙の旅」「3001年宇宙の旅」「楽園の泉」「都市と星」等も良かったです。


他にはフィリップ・K・ディックグレッグ・イーガンの作品も好きです。

記憶が正しければ今まで200冊以上は海外小説を読んでいますが、さすがに2,000冊読破まではかなりの時間が掛かりそうです(無理っ!)。と言うかのんびり過ごす為の読書が、変なプレッシャーになっては本末転倒なので、マイペースで読み進めたいと思います。

とは言え、小説の面白い所は読んだ内容をあまり覚えていない所ですよね。その為、一度読んだ物を再購入してしまうなんて事も。

さぁ、今度の休みは何を読もうかな。

追伸 やっぱり読書は「紙」です。一時期、電子書籍にもハマったのですが、満足感は紙には到底及びません。旅行には持って来いですが。

IMG_0533