君子蘭(クンシラン)の花言葉

【誠実、貴い、情け深い】

と、まさにこれを書いている職員H條の代名詞の様です
(調子に乗りました、すみません

お部屋で水をやり、成長を楽しまれている入居様のものです

「H條さん、花が咲いてるわよ!」
と、目を輝かせてご報告下さいました
IMG_1350[1]

まだすべて咲いているわけではありませんが、オレンジを基調としたグラディエイションが
素敵ですね
IMG_1352

それから約2週間

「H條さん!また咲いたわよ!」
と、飛んでこられました

IMG_1369

IMG_1368

ほぼ満開状態です

「孫の成長を見てるみたいで、嬉しいわぁ
と仰っていました。

明治時代に初めて日本に「やってきた君子蘭はclivia nobilis(クリビア・ノビリス)と言う品種だったそうで、日本語で「高貴」を意味する「nobilis」にちなんで、良い人格、博識である高貴な人の事を意味する「君子」が和名となったそうです。

お部屋の片隅でその存在を出しゃばらずにアピールしている様は、まさに高貴です
ん~私の様だ(もうええって)