新年を迎え、寒さが増してきました。 雪が降る日も。
1/5は小寒(しょうかん)
この日から大寒までの30日間が、最も寒さの厳しい時期となります。
と、テレビのお天気コーナーからの情報。

    冬至 → 小寒 → 大寒

小寒には「七草がゆ」を食べて無病息災を願う風習があり、施設でも今日の朝食に提供されました。優しい味です。我が家も、今日は七草がゆの予定。
DSCN6354


去年の冬至(12/22)には、かぼちゃなどが入った冬至のメニューが提供されました。
入居者様にポップを持って頂きました。
かぼちゃの煮物が美味しそうです。
DSCN6246DSCN6243

また、冬至にゆず湯に入ることは、よく知られたこと。
12/19~12/23のお風呂週間には、体を温める「ゆず湯」に入って頂き、無病息災を願いました。
DSC_1956
 
寒さが厳しくなると、空気も乾燥します。いつもに増して、火の用心
施設では、年末に消防訓練が行われました。
入居者様の避難誘導が終わった後、火災通報装置を確認しての通報訓練や消火用散水栓の場所など、スタッフ同士で再度確認しました。
DSCN6234DSCN6232
DSCN6238
今回、消防職員の立ち合いが都合により延期となりましたが、次回は水消火器を使った消化訓練やCPR講習(心肺蘇生訓練)が行われる予定です。

寒さが厳しくなりますが、入居者の皆さん、スタッフともに体調を崩しませんように。

                          事務員〇尾