2016年05月13日

2016年 アミノバイタルカップ




長い間ブログの更新ができず、申し訳ありませんでした。



2016年度シーズンが開始し、こちらのブログも随時に今後は更新していきますので宜しくお願いします。
また、HP の方もチェックしていただきたいです。


東京都トーナメント兼アミノバイタルカップと学連予選が3月20日から行われていました。

1回戦vs明星大学との試合は、6-0で勝利。

2回戦vs日本大学との試合は、0-0のPK戦となり、5-3で勝利。

3回戦vs立教大学との試合は、1-1のPK戦となり、4-3で勝利。

準決勝vs東京大学との試合は、5−3で勝利。

決勝戦vs大東文化大学は前半1点をとり、さらに後半1点を取るも、同点となり、延長戦となりました。
延長前半10分、両者とも点を譲らない戦いで、終了し延長後半を迎えました。
延長後半7分になっても点がはいることはなく、激戦を繰り広げていました。
しかし、後半8分、試合が動きました。
コーナーキックを獲得した立正は、冨江皓(3年)が右からボールを上げます。そのボールをキーパーがはじき中央にいたキャプテン金子真之(4年)が右足できれいなボレーをゴール左隅に決め、後半9分スコアを3-2とし、そのまま試合終了のホイッスルが鳴りました。

優勝の喜びにあふれた選手は仲間同士で抱き合ったり、ハイタッチをしていてとってもかっこよかったです。
良い2016年度の公式戦のスタートがきれたのではないかと思います。

そして今度は5月の末からアミノバイタルの関東予選が始まります。
どの試合でも常に全力で試合に臨みます。
これからもたくさんのご声援宜しくお願いします。

今後もサッカー部の活躍に期待してください!





次に今年度のスタッフを紹介します。

監督 杉田守

ヘッドコーチ 東海林毅

コーチ 須永俊輔
     松本浩幸

トレーナー 篠塚智
       高松かずえ


主将 金子真之(4年/藤枝明誠高校)

副主将  雪島 遼平(4年/浜松開誠館高校)
      三森和人(3年/佐野日大高校)

主務 村中貴也(4年/大森学園高校)

副務 馬野雅人(3年/横浜FCユース)

マネージャー 加藤愛美(2年/成立学園高校)
         比嘉悠加(1年/那覇国際高校)

上記のメンバーで運営していきますので宜しくお願いします。






2016年度 新入部員紹介


GK

 
三森 哲太

前所属:コンサドーレ札幌ユース
 
渡辺 聖也

前所属:帝京高校
 
本間 司

前所属:新潟西高校

DF

         秦野 寛悟

         前所属:市立船橋高校

古谷 優気


前所属:大宮アルディージャユース
 
見原 慧

前所属:新潟西高校
 
今村 晃

前所属:市立船橋高校
 
宮北 悠平

前所属:札幌大谷高校
 
井出 隼人

前所属:尚志高校 (福島県)

MF

 
長谷川 歓大

前所属:清水エスパルスユース
 
吉野 巧人

前所属:帝京第三高校

武田 夏輝

前所属:清水エスパルスユース
 
中塩 大貴

前所属:浦和レッズユース
 
奥抜 武尊

前所属:作陽高校
 
藤森 亮志

前所属:上田西高校
 
干川 裕人

前所属:前橋商業高校
 
渡辺 裕樹

前所属:真岡高校

FW

 
梅原 遼太

前所属:中京大中京高校
 
人見 拓哉

前所属:矢板中央高校
 
法華津 嵐

前所属:大分南高校



都リーグの予定(6節までの予定)

5月15日 VS東京経済大学 @立正大学熊谷校舎内サッカー場 11時k.o

5月22日 VS國學院大學 @國學院大學 13時10分k.o

6月5日 VS立教大学 @立正大学熊谷校舎内サッカー場 11時k.o


インディペンデンスリーグ

5月14日 VS共栄大学 @立正大学熊谷校舎内サッカー場 13時k.o

5月21日 VS亜細亜大学 @亜細亜大学 11時k.o

6月4日 VS産業能率大学 @立正大学熊谷校舎内サッカー場 13時k.o

6月11日 VS大東文化大学 @立正大学熊谷校舎内サッカー場 13時k.o

6月18日 VS國學院大學 @立正大学熊谷校舎内サッカー場 13時k.o



長くなってしまい、すいませんでした。そして閲覧ありがとうございました。





ris_soccer_club at 12:00|Permalinkclip!

2015年11月20日

関東リーグ参入戦 (第3節 中央学院大学)

関東リーグ参入戦 (第3節 中央学院大学)


11/15(日)に行われた中央学院大学戦のマッチレポートとなります。

関東リーグ昇格戦をかけてのラスト1試合となりました。
第1試合の結果から、引き分けるの勝ち点が上位3校並び立正は一番少ないため、
勝利が絶対条件となりました。



▶︎START
金子凌大、冨江、米塚、廣瀧、三森、
上田、佐々木、平敷、山口、雪島、雪江


▷sub
橋本、馬野、金子真之、村原、石田、関岡

試合前に円陣を組みます。

この日の円陣は今年度で最も気合が入っており、声がすごく聞こえ、選手のやってやろう!という気がとても伝わってきました。

13:50 立正のボールからキックオフします。
この日は応援指導部が駆けつけてくださいました。


人数は少ないですが、出身高校は前橋育英高校、市立船橋高校と高校サッカー常連の豪華な方々です!



前半から試合は拮抗した試合を見せます。シュート数も2本ずつ。
少し攻められる場面がやや多いように感じられ、コーナーキックも多く与えてきまいます。ですが、チームでなんとかシュートを打たせず、そしてDF陣の連携により無失点で抑えます。

攻める展開としてはサイドから攻めるも中々ペナ内にボールを入れることができず、中々思う展開を繰り広げることができません。

前半0-0で終了です。


後半は、立正の足は止まることがなく、前半より思う展開を作ることができました。その甲斐あり、シュート数は相手の倍ほどの公式記録となっています。

中央学院大学の少し止まってきているところをつき、サイドからクロスを上げたり、ペナルティエリア内に持ち込むことのできるプレーが多く見られました。ですが、
なかなかあと、
シュートを打てていれば、
中に人があと1人いたら、
ゴールにシュートが入っていれば
というプレーにより中々中央学院のDFに拒まれてしまいます。

そして、後半一番のピンチを迎えます。
ゴール前でシュートを打たれそれをGK金子が弾きます。
そのボールを中央学院が流し込もうとしますがMF冨江がゴールラインギリギリでセーブ!
そして、そのこぼれ球を再度シュートを打たれますが、GK金子が身体を生かし前に出て、好セーブを繰り広げ、
気持ちで守ったプレーが見受けられます。


そして、そこからは更に立正の展開となります。

途中出場の村原が相手を苦しめるドリブルやパスコースを行い、攻めの展開が変化してきました。

そして、相手GKの前に連続してシュートをうち、思わずベンチで入った!と思ってしまう展開がありましたが、相手GK.DFにより阻まれてしまいます。

残り10分、息を飲むような必死のお互いの展開が続きます。その中でコーナーキックを3本連続して取ることができましたが物にすることはできず、


そして、そのまま試合終了のホイッスルがなりました。
0-0

引き分けでありましたが相手の中央学院は喜び、そして立正は崩れ落ちる展開となりました。


本当にホイッスルがなったのか、わけのわからない情景が私の前を包みこみました。

そして、涙が溢れでる選手、私も知らぬ間に目には涙が溢れでており、
もの凄い悔しい思いとともに、状況が理解できませんでした。


試合を終え、グラウンドにて杉田監督、キャプテンの松井から一言をもらいました。2人の涙に更に気持ちがこみ上げてきました。
またミーティングルームにて東海林コーチ、須永コーチ、松本コーチからの一言をもらいました。
そして、最後の締め。
いつもどおりにキャプテン松井が指揮をとりましたが、なんとなく、手のリズムが違いました。笑
これもこれで、キャプテン松井らしかったです。

これにて、立正サッカー部の今年度のリーグ戦の活動は終了でした。本当にお疲れさまでした。


日が経ち、試合を終えてみれば、あの時審判がファールを取ってくれればなど、悔しい判定が多くありましたが、そのような中でも点を取ることのチャンスを物に出来なかったのも引き分けの理由です。

そのような判定の中でも勝っていくことができたら、審判の判定は後から思わないんだろうなーっと今は思います。
先日の野球でも、審判の誤審があったらと言われていますが、それもスポーツなんだろうなーって。

今後は、審判の判定なく必ず勝つ事の出来る立正を私は期待します。

これにて、立正大学の今シーズンは終了です。

そして、正直な思いは東京都リーグ3つで昇格戦にいき2枠獲得したかったです。
都リーグ代表としては戦い、多くの大学からのご声援本当にありがとうございました。

私事ですが
都リーグ中では、ライバルであった明治学院大学、東京農業大学が参入戦にいくと、凄く一緒に頑張ろうという仲間への気持ちになっていました。 
そして、試合を終えた今、部員も最後に対戦した中央学院大学はいいチームであったと口をそろえることも事実です。
ですが、同じ中で対戦した明治学院大学、東京農業大学には必ず立正の思いも胸に昇格してもらいたいです!

東京都リーグが終え、都リーグ代表として少しでも、多くの試合に参加でき練習ができ、大変多くの方々にお礼が言いたいです。代表として闘う事ができ幸せであったとともに、今後の明治学院大学と東京農業大学の勝利を祈ります。

ここまで立正大学を応援をしてくださった、立正大学、保護者の方々、OB.OG、応援指導部、学生保健委員会、東京都リーグ、など、多くの方々本当にありがとうございました。
 

来シーズンこそ、必ずもう一度この舞台に戻り、更に飛躍した立正をお見せし、関東リーグに返り咲きます!
来シーズンもご声援よろしくお願いします。

またFacebookや大学HPにて写真や試合の詳細を掲載してますので、ご覧ください。


本当に今年度シーズンありがとうございました。






ris_soccer_club at 10:41|Permalinkclip!

2015年11月08日

関東リーグ参入戦 (第2節 明治学院大学)

少し、更新が滞ってましたが再開していきます!まずは、昨日の内容からです。

関東リーグ参入戦 (第2節 明治学院大学)


▶︎START
金子凌大、佐々木、冨江、石田、平敷
雪島、広滝、金子真之、三森、米塚、山口


▷sub
橋本、馬野、村原、上田、小泉、関岡、雪江


本日の試合で勝利すれば、昇格決定戦が決定となる大一番の試合。
対戦相手は、同じ東京都リーグで戦ってきた明治学院大学です。

明治学院大学は、立正大学にとって大変思入れのある相手。昨年のシーズン前期リーグは勝利したものの、後期の最終節に敗れ参入戦を逃しました。
今シーズンはアミノバイタルにて8決めにてあたり、敗戦。

そして、東京都リーグでは前期引き分け。後期は1-0でなんとか勝利しました。

つまり!
ここ2年で勝利5割です。
そして、今年度4回目の対戦です


なんとしても勝ちたい。

その気持ちが対戦が決定した時から、伝わってきました。


ですが、東京都リーグでも会場にキックオフ60分前に着いた立正。
今回はメンバー表提出の80分前にギリギリバスが到着します。

そして今回の試合は
サッカー部長の岡村教授
サッカー部の担当授業を多く受けて持っていただいている松尾助教授が応援に駆けつけていただきました!
岡村教授は、木曜日に練習にも顔をお出ししてくださいました!



さて、定刻11:30に立正大学のボールからキックオフです!


ですが、立正の応援バスは後期と同様に渋滞によりキックオフに間に合わず、明治学院大学が大所帯の中応援なしから始まります。
選手も遅れているバスの応援団も気持ちは「on the pitch」。

選手は出場できない選手のためにも闘います。


前半
互いに五分五分に攻め、守りの戦いが繰り広げられます。
シュート数も2本と同様です。
ですが、雰囲気としては立正は判定の納得いかないファールを多く取られ苦戦してしまいます。

そのまま前半0-0です


後半

立正の立ち上がりが悪く、すぐに攻められる場面が多く見られます。

後半3分。サイドのクロスを頭で合わせられてしまい失点していまいます

0-1

まだ40分もある!
選手、ベンチ、スタンド多くの言葉がかかります。




そして、後半9分

右サイドから4年平敷がドリブルで駆け上がり、中央に今季初スタメンの4年 石田が頭で合わせます!

会場から多くの歓声が上がります!

1-1に追いつきます。
アシスト平敷と得点者の石田は中 高 大と同じ川崎フロンターレユース3人組の2人です!
左 宮近      中央 平敷   右 石田
*昨年の写真ですが。

そして、石田は
試合試合終了後、『いつもは俺がアシストして平敷が決めるんだよね〜。逆だ』と。言っていました。


1-1に追いつき、
その後、明治学院に浮き玉にてゴールギリギリにシュートを打たれますが、GK 金子が高身長を活かしゴールを守ります。


そしてですが、後半31分
明治学院大学の
左サイドからのクロスボールがファーのポストへ落ちそれが混戦気味になります。
そのボールを明治学院大学にまたしても頭で合わせられ、勝ち越されてしまいます。


1-2

あと、15分。
まだまだ、何が起きる雰囲気です

明治学院大学からは、ここからさらに集中と言う声が上がります。
気持ちは苦しいですが、まだまだできる事は沢山です。
DF三森がどの選手よりも大きな声で、場を引き締めてくれます。


そして、すぐ4分後。
後半80分

3年雪島のパスを中央でフリーの3年金子が決め同点に追いつきます!

2-2です

追いつけ追い越せ!
その言葉があるようにそこからは立正がペースを握ります!

立正にチャンスが多く見られます。
途中出場の1年関岡が中央でパスを浮き玉でもらい、DFをうまく抜けペナルティエリア少し外でキーパーとの1対1対
となります。
ですが、相手キーパーの詰めが早くナイスセーブに拒まれてしまいます。


そしてロスタイム3分。
やや明治学院大学に攻められる展開となりましたが必死に守りきり
引き分けとなりました。

この一戦勝利をものにし、昇格戦を決定したかった。
それが本音です

ですが、先制され追いつき、また引き離され追いつき引き分けとなって、
追いつけた点は、短い3戦では大きな得ることができた点です。
次節の中央学院大学戦で勝利すれば、一位通過できます

必ず
立正大学は勝利します。

そして、参入戦にコマを進め、昇格決定戦にて勝利します

必ず、来年度は関東リーグでプレーします。

そのためにも、明日の練習から気持ちをもう一度引き締めて取り組んでいきますのでご声援よろしくお願いします。



そして、同じ東京都リーグ代表である明治学院大学、東京農業大学とともに必ず最高の結果を残して、来年度参入戦枠を4枠にします。


再びとなってしまいますが、
のこり2週間、私達立正大学体育会サッカー部のご声援よろしくお願いします。

next
11/15(日) 13:50k.o
vs中央学院大学
@清瀬市下宿第三運動公園サッカー場



ris_soccer_club at 00:06|Permalinkclip!

2015年10月23日

東京都リーグ戦 (最終節 亜細亜大学)

東京都リーグ戦 (最終節 亜細亜大学)





▶︎START

金子、広滝、佐々木、上田、冨江、平敷、雪島、米塚、三森、山口、岡本


▷SUB

橋本、下川、馬野、鈴木、小泉、佐藤、雪江、金子、須江、石田、村原、関岡

10/18(日) 東京都リーグ最終節となりました。
前節で3位以内となり、勝てば他の会場関係なく参入戦が確定します。

この日のため立正大学は17節が終了してから、毎週Aチームを中心としてコメントをこのブログにて掲載してきました。
毎日楽しみにチェックする部員、各々の気持ちが知れ、更に勝ちたい気持ちをチームとして高めてきました。
そして、比例し練習時から緊張感を持ちトレーニングに励みました。


必ず、最終節に成果が出ると信じて。



前3節 立正大学はホームであり、最終節においては、あまりないアウェイゲームとなりました。


ですが、立正はそんな事も苦とせず、集中したモードでアップを行います。
そして、どうしても来れない仲間のため。応援していただいてる父兄のため。
なんとしても勝ちたい気迫が伝わってきました。



そして、11:00キックオフ。


前半、
立正はシュートを打つも中々枠を捉えることができません。
そして、亜細亜大学にもチャンスを与えてしまい、あと一歩で失点してしまう、場面が見受けられます。

そして、先制したのは立正大学。
分に、左サイドから、山口がドリブルし相手の混戦していて、その中央に入ったボールを雪島がGKの1対1を制します。

1-0


ですがすぐ
コーナーキックからのボールをGK金子がセーブしますが、そのこぼれ球が混戦となり、亜細亜大学にゴールを許されてしまいます。


1-1


そして、立正はその失点をモノともせず30分。
佐々木のゴールで引き離します!


2-1


前半終了です。


1点差と余裕をまだ持てない立正。
いつも以上に選手の話し合いが活発化します。


そして、後半28分。
雪島が中央でうけたボールが1対1となります。
ですが、そのシュートはGKのファインプレーによって、阻止されてしまいます。

そのこぼれ球の位置に先ほど決めた佐々木が。
冷静にシュートをうち更に引き離します。

3-1

のこりの時間 

攻める立正。ペースをしっかりと掴みます。そして守備陣の集中により、決定機を与えません。


終了のホイッスルを
ベンチで必死に交代した選手、控えメンバー、応援団、スタッフと待ちます。


そして、終了のホイッスル!!

立正は亜細亜大学に3-1と勝利を収め、自力で参入戦を決める事ができました。
ベンチでは、喜ぶとともに聞こえるのは10/31から行われる参入戦に向けの声です。まだまだ、ここは通過点。


昇格決定戦では、勝てば昇格。
今節も勝てば、参入戦。

後がない最終の時に同じ状況で戦うことができました。
この思いを胸に最終節を戦ったのは立正だけです。大変いい、経験となりました。


そして、総合結果として3位として、関東リーグ2部参入戦に出場します。
東京都の代表で出るからには、多くのチームに感謝してプレーしてきます。
そして、多くの大学からのおめでとう、エールを最終節はいただく事ができました。
この恩を忘れず必ず昇格し、来年度の参入戦の枠を獲得して都リーグ恩返しし、来年度の以降、関東リーグ1部昇格を目指します。


毎日ベストの練習環境を作っていただいてる立正大学。

毎週応援にきてくれる、両親。

卒業しても、応援にきてくれるOB.OG,

多くの方々に感謝し、更に練習、試合に取り組んでいきますので、
引き続きご声援よろしくお願いします。






ris_soccer_club at 21:01|Permalinkclip!

東京都リーグ戦 (第17節 学習院大学)

【東京都リーグ戦 (第17節 学習院大学)】


10/11(日)に行われた学習院大学戦のマッチレポートとなります!


▶︎START

金子、佐々木、広滝、冨江、上田、平敷、雪島、三森、山口、岡本、米塚

▷SUB

橋本、馬野、下川、佐藤、小泉、金子、須江、雪江、中村、石田、村原、関岡


暫定4位であった、立正は学習院大学との対戦でした。天気はあいにくの雨。

そのような中11:00キックオフ


立正は前半、学習院大学にややペースを握られて、多くパスを通される場面が見受けられます。

そして26分
学習院大学に右サイドから攻められ、グラウンダーのクロスから失点してしまいます。

0-1

ですが、この失点で立正は反撃を開始します。失点しすぐ
前半27分に平敷の浮き玉パスを山口がヘディングし、追いつきます!

1-1



そして続けて、
30分
1点目とは反対に山口のパスを
キャプテン平敷が決め勝ち越します!
2-1



そして、前半終了です。


後半は、流れを引き続き立正が掴み続けます!後半25分
ミドルから浮き玉で途中出場の村原がシュート!

3-1


そのまま試合終了とし、
最終節にさらなる望みをつなげることができました。

ご声援ありがとうございました。




遅れてですが、少しずつマッチレポートを更新していきます!


ris_soccer_club at 20:45|Permalinkclip!