三児の母ちゃん鬼嫁日記

二男一女と主人の5人家族。仕事や育児に追われまくる日々を頑張って乗り切ってます!

2017年06月




これは
私の愛用中のキャミソールです。




いえ、
正確には

次男、愛用のキャミソールです




あと2ヶ月程で
3歳になりますが

これが大のお気に入りです。




しかも
私が着用していないとダメなんですね




見てお判りの通り
ボロボロです




胸元のレースなんか
見るも無惨に剥がれてしまってから
既に一年は着ています





次男
一歳の時に断乳してから
私の洋服の襟元から手を差し込み
弄るのが癖になってしまいました




でも
手を差し込み
お乳を弄っているわけではありません。




私の着ている肌着
触っているのです。




それの何が良いのかは
全くもって分かりませんが

眠くなったり
甘えたくなると
やってきては
手を差し込み弄るのです




そうしているうちに
胸元のレース部分は
少しずつ剥がれていき

ある日ビリっという音と共に
引き剥がされてしまいました




それでも構わず
次男はこのキャミソールを

【ぐちゃぐちゃの奴】
(自分でぐちゃぐちゃにしといて)
と呼び

洗濯のため
違った肌着を着ていると
「何でぐちゃぐちゃの奴じゃないの〜?
と怒るのです。





実はこのキャミソール
何処で買ったのかは忘れましたが
2枚セットだったのです。




分かりにくいかもしれませんが
こちらのカラーは黒。




もう一枚グレーのもありました。




そちらは
もう捨てられてしまい
無くなっています。




さすがにボロボロ過ぎて
もう着ないだろうと
新しい肌着を買い
一枚ずつ処分するつもりでした。




新しい肌着も
この【ぐちゃぐちゃの奴】に
できるだけ似たようなものをと

胸元にレースのついたものを選びました。




しかし
それを知った次男が大激怒!!



仕方なく黒の方は
処分するのを断念しました。




しかし
グレーの方は処分してしまったので
【ぐちゃぐちゃの奴】は
洗濯の事情で
二日にいっぺんしか
堪能出来ないことになってしまったのです。




次男にその事実を
受け入れてもらうまでに
時間は掛かりましたが


最近

ようやく

渋々

納得してくれるようになりました




今日も
「今日はぐちゃぐちゃの奴?!」

と嬉しそうに手を差し込む次男。



仕方ないなぁ(可愛いから)
と思いつつも
肌が透けるくらい
薄くなってしまった生地を見ると

このキャミソールは
一体最後にどんな姿になるんだろうと
考えたりもします







今日は久しぶりに
何の予定もない休日です




朝から3回ほど洗濯機を回し

お家全体をお掃除。

それから
土曜授業の参観に行って来ました。




とてもいいお天気で
風も入ってくるので
部屋でのんびりしても気持ちが良いです






昨日は
小林麻央さんの訃報を聞いて
大変ショックを受けました




同世代の
しかも幼い子を子育て中ということで
どうしても他人事とは思えず

去年の今頃
病気の発表があってから
気になっていました。




最悪の告知を受け
一体どんな事を思ったでしょう。




どうして私が

どうして今

どうして
どうして…



そんな思いだったでしょうか。




時々見た
彼女のブログの写真は笑顔でした。



身体も心も
最悪の状態でも
あんな笑顔を見せる事が出来るんでしょうか。




最期
「愛してる。」
そう話したそうです。




私はこれまで
何人かの最期を看取ったことがありますが
その最期に言葉を発することが
どんなに難しいことか…
そう感じます。




どうしても

どうしても
伝えたかったんでしょう。






どうしても
自分に重ねずにはいられませんでした。



私がもし
主人と三人の子ども達を残し
旅立たねばならなくなったら…。




次男は
何のことか判らず
ママは寝ていると思うでしょう。



でも夜になって
一緒に寝ていた時間になると
思い出して泣くでしょう。




長女は
唯一の女の子ですから
私がそうなる前に
きっと全てを知って

その前から
「いなくならないで。」と泣くでしょう。



でもいざとなって
次男が泣いている時に
自分は我慢して
次男を何とかなだめてくれるのでしょう。



そして
その後で一人で泣くんだと思います。





長男は…



もう四年生で
色んな事を知ってしまっているから



だけど
一番甘えん坊で
一番ママっ子だから

堪えても堪え切れずに
棺を運ぼうとする人達に
当たるんだと思います。




「触るな!連れて行くな!!」



勘のいい長男は
これから私の体がどうなるか
知っているから


棺を渡さんと泣きながら
当たるんだと思います。




そして
ただでさえ
疲れている主人も


そんな三人を
どうやって自分一人で育てるんだと
途方に暮れるでしょう。






小林麻央さんも
そんな事を何ヶ月も考えては
涙を流したんだと思います。



そして
いつかくる【その日】までに


せめて
伝えたい



そう思った筈です。




元気な姿を家族の目に焼き付けたい



そんな思いで
辛くても笑顔でいたんだと思います。




あんな可憐な笑顔からは
想像も出来ないほど
彼女は強い女性だと思いました。




残されたご家族の思いを考えると
言葉もありませんが




少なくとも私は
言葉を交わしたこともなければ
対面したこともない女性から
大切なメッセージを受け取った気がしています。




そして
自分の身体を大事にしようと
もっともっと実感しました。



健康で生きていくこと


これは義務なんですね。
大切な人の為に。




凄まじい雨と風でしたね




台風かと思いました




一日中
ずぶ濡れになりながら
何とか仕事を終え



大粒の雨粒が
強風に乗って
顔を叩く中
やっとの思いで帰宅しました。




疲れた







数日前から
頭痛が酷くて

生理中のせいかと思って
頭痛薬を飲みながら
日々を何とかやり過ごしていましたが




遂に昨日
首を右に回すのが辛くなってしまったので
整体院へ行って来ました。




一年前
足の裏の肉離れを起こし
通院したことのある
近所の整体院です。




足の裏の肉離れは
かなりレアなケースみたいなんですがね…
(主に運動不足が原因)



あの時も


(足の裏が肉離れを起こすなんて
あるんだなぁ…。)

と自分自身の身体の衰えに
驚いたものです




先生も覚えていて下さり
「あれから足はどうですか?」
と声を掛けてくれました。






忘れて下さっても良いような出来事です……





今回は
いつも仕事で肩から掛けているショルダーバッグが
肩に負担を掛けていること




十数年前に
起こした追突事故でズレた
首の骨が影響していること




この二つの原因で
肩から首にかけて
寝違えのような状態になっているとのことでした。






このような場合


自分で凝りを解そうと
グリグリ指圧すること



血の流れを良くしようと
温めること



以上の2点は
絶対に避けなければならないそうです。






………
2点共
大いにやってしまいました




先生が骨の状態を整えてくれ
アイシングして
冷たい湿布薬を貼ると
随分楽になりました。




言われた通り
昨日の晩も
しっかりとアイシングして
湿布薬を貼って寝たら


朝にはすっかり頭痛も治り
久しぶりにスッキリと朝を迎えました。





素人が
無い知識であれこれ試すよりも
専門家に
キチンとした対処法を聞くものなんだなぁと

身を以て実感した出来事でした

















今日は暑い一日でした




毎日の仕事でも
ちょっと暑いだけで
疲労感は倍に感じますね





でも
お陰で
夕食時のビールを
とても美味しく飲むことが出来ました






今日は
大体の仕事は早めに終わって
残り一軒を残すだけのところで
時間をとってしまいました。




お客さんが
病院に行っているところで
「帰宅してから、来て欲しい。」との
連絡を頂いたので
会社で暫く待機していました。




全ての仕事を終え
そのお客さん宅に行って
すぐに帰れる様に準備してから
一時間程待ったでしょうか。




ようやく
帰宅できたお客さんからの電話があり
急いで向かいました。




お客さんはもうすぐ80歳になる
高齢の女性。


病院と薬局で散々待たされ、
しかも帰り道は
炎天下の中
自転車でしたので
とてもお疲れの様子でした。 




いつもの様に
ご自宅に上がらせて頂き

いつもの様に
冷たいお茶を頂き

いつもの様に
お昼ご飯までご馳走になりました




そして
話題は今日の病院の検査の結果に。




ほとんどの項目が
正常値だったのですが
血糖値のみ
ほんの少しオーバーしてしまったらしく
気にされていました。




お客さんは
いつもこの検査の結果を
とても気にされていて

今日も結果を聞きに行く前に
お仏壇に手を合わせ
「いい結果でありますように。」
と今は亡きご主人にお願いしたそうで。




実は私も先日
ちょっとした体調不良があり
婦人科系の検査をしたばかりで


心配する主人には
「別に、悪いとこなんかないよ。」
などと強がっていたものの
内心かなり気になっていて。



昨日
「異常なし」
という結果を受け
とても安心したばかりでした。




その話を
お客さんにしたところ
(検査に行ったこともお話ししてあります。)
拍手して「よかったね〜。」と
喜んで下さいました。





人は年齢を重ねると
身体が健康であることに
こんなにも喜びを感じれるように
なるものかと

若い頃には
全くなかった感覚に驚いています。




自分が
健康体であることを
信じて疑わなかった三十代前半まで。



あの頃とは
明らかに違ったステージに立った自分を
実感しています。






梅雨の晴れ間といいますが
週末から今日に掛けては
晴れ中心のお天気になりました。




というより
本当に梅雨に入ってるんでしょうか?




二転三転して
夕方の天気予報では
明日からはまた マークになっていましたが



果たして
本当に降るのかどうか…。






昨日は
長男、長女の剣道の父母の会で
総会と歓送迎会がありました。




総会では
昨年度の活動報告と決算報告

今年度の活動予定と予算報告。




役員の交代と紹介が行われました。




ホント
サラっとした感じの総会で
30分程で終了でした





そしてお待ちかね
歓送迎会です



子ども達の習い事での
お付き合いですので

そこまで深入りする関係のお母さん方ではありません。




私は
元々人見知りな性格なので
本来こういった席は苦手な筈…。




でもでも
意外と意外と






楽しいんです



滅多に飲みに行けない環境にあるせいでしょうか?



たまのこんな席が

本来気を遣わなければならない筈の
こんな席ですら

お酒の席が楽しいなんて







どんだけ飲みたいんでしょうか??




でもね
深入りする関係のお母さん方でないからこそ
楽しめるのかもしれませんね。




滅多にご一緒出来ないからこそ
こんな席を楽しもうという気持ち。




素敵じゃないですか。






結局
一次会(¥4,500)



二次会(¥2,500)



三次会(¥3,000)
まで参加してしまい…




楽しかった分
出費が酷く痛い結果に





それにしても
ビールを何杯飲んだんでしょうか?




今朝の
脚の浮腫みも酷かったです。




脚がパンパンで
歩くのも痛いなんて!!



十年前には
考えもよらなかった事が
どんどん起きてきますね




あまり無理できない年齢に
差掛かりましたが


年に数回の
この会を楽しみにしています。




ただ
もう三次会までは
いけないかもしれません。




金銭面と
身体の老化によりです







沢山飲んで話して
日頃の鬱憤を晴らして

また今日から頑張れそうです


午後から栃木にある実家に来ました。



こちらは
どんよりとした曇り空です。



午前中は出勤だったので
少し疲れましたが…



少ししか動いていないのに
身体が疲れています




ここ3日くらい
異常に疲労感が残り

仕事から帰ってからの
家事のあれこれが面倒になっております




確かに
先週は日曜日が小学校の運動会で

ここのところ
ちゃんとしたお休みをしていないので
仕方ないかもしれませんが…







やはり
原因は心の問題でしょうか…




先週末のことですが
主人から
減給の告白を受けました




ただ単に
お給料が少なくなるということではないのですが

月々頂ける額が減るという事実は
違いありません。




その告白を受けてから

気持ちの中で
不安や怒りや焦りが入り混じり
モヤモヤが晴れない状態が続いています。




その原因というのも
全てが主人にあるわけでして…




主人に対しても
そういった気持ちが
強く態度に表れてしまいます




これでも
抑えてはいるんですがね…。







夕方から
両親と一緒にショッピングセンターへ。




子ども達を
ゲームコーナーで遊ばせるのが
いつものコースになっています。




いつもは私も
子ども達に付いて
メダルゲームをしたり
キャラクターもののゲームをしたりするのですが、


今日は
両親に子ども達を任せ
とっても久しぶりにスロットの台に
向かいました。




キッパリとパチンコをやめてから
6、7年が経っています。



こうしたゲームコーナーの
パチンコ台にすら座ることはありませんでした。




座って二百円くらい使ったところで
ボーナスゲット





そこから
終わってもまたアツイ演出からの
ボーナスで


気付けば一時間が
あっと言う間に過ぎていました。




いつもは
私が子ども達に言う
もう帰ろうよ〜。」のセリフ。




今日は子ども達の方から
「お腹減った〜!もう帰ろうよ〜。」と



何だか
気持ちもスッキリして
久々に気分が晴れ晴れとしていました




時には
リフレッシュも必要ですね。






あとは…






この快感がクセにならないように

また嵌ってしまわないように
注意しないとですね















このページのトップヘ