2011年04月

2011年04月29日

八日目の蝉 -

八日目の蝉 特別版 [DVD]
2011/04/29公開 日本 147分
監督:成島出
出演:井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、渡邉このみ、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン

優しかったお母さんは、
私を誘拐した人でした。

子どもを身ごもるも、相手が結婚していたために出産をあきらめるしかない希和子は、ちょうど同じころに生まれた男の妻の赤ん坊を誘拐して逃亡する...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月27日

パリ・エキスプレス -

パリ・エキスプレス [DVD]
【COURSIER/PARIS EXPRESS】 2008年劇場未公開 フランス 88分
監督:エルヴェ・ルノー
出演:ミカエル・ユーン、ジェラルディン・ナカシュ、ジミー・ジャン=ルイ、カタリーナ・ドゥニ、ディディエ・フラマン

バイク宅配会社のドライバー・サムは、ある日ロキという人物宛ての荷物を届ける依頼を受けたことをきっかけに何者かに命を狙われるが...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月26日

チャーリー -

チャーリー 【Blu-ray ベスト・ライブラリー100】
【CHAPLIN】 1993/04/公開 アメリカ 145分
監督:リチャード・アッテンボロー
出演:ロバート・ダウニー・Jr、ジェラルディン・チャップリン、ダン・エイクロイド、モイラ・ケリー、アンソニー・ホプキンス、ケヴィン・クライン、ダイアン・レイン、ケヴィン・ダン、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ペネロープ・アン・ミラー

喜劇王チャーリー・チャップリンの生涯を描いた作品。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月25日

シャッフル2 エクスチェンジ -

シャッフル2 −エクスチェンジー [DVD]
【POSSESSION】 2011/01/08公開 アメリカ 85分
監督:ジョエル・ベルクヴァール
出演:サラ・ミシェル・ゲラー、リー・ペイス、マイケル・ランデス

弁護士のジェスは、愛する夫ライアンと幸せな毎日を送っていた。唯一の不満は、夫と対照的な粗野な弟ローマンが同居していること。そんなある日、兄弟は交通事故に遭い、2人とも昏睡状態に。ところがある日突然、ローマンだけが奇跡的に意識を取り戻す...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月23日

GANTZ:PERFECT ANSWER -

GANTZ PERFECT ANSWER [DVD]
2011/04/23公開 日本 PG12 141分
監督:佐藤信介
出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之

死を迎えるその瞬間、黒い謎の球体“GANTZ”に呼ばれた男女たち。幼なじみの玄野と加藤もまたGANTZに召集され、“星人”という異形の者との戦いを強いられていた。玄野は戦いの中で生き抜くことを選び、加藤は暴力と戦いを否定する。そして、終わりのない戦いの過程で、2人はある選択を迫られる...。(シネマトゥディ)

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月22日

ANOTHER GANTZ -

2011/04/22放送 日本 21:00〜22:54
監督:佐藤信介
出演:二宮和也、松山ケンイチ、加藤晴彦、本郷奏多、夏菜、田口トモロヲ、山田孝之


本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 23:43|PermalinkComments(0)TV movie(ドラマ) 

ドクターズ・ハイ -

ドクターズ・ハイ [DVD]
【PATHOLOGY】 2008年劇場未公開 アメリカ 95分
監督:マーク・ショーラーマン
出演:マイロ・ヴィンティミリア、マイケル・ウェストン、アリッサ・ミラノ、ローレン・リー・スミス、ジョニー・ホイットワース、メイ・メランコン、キーア・オドネル、アラン・ブルーメンフェルド

ハーバードの医学部を首席で卒業したテッド。将来を嘱望された彼は、インターンとして全米のエリートが集まる医療センターに赴任し、一流のドクターを目指すことに。しかし、テッドの所属したチームは自分たちの医学知識を競わせるため、秘密裡に誰かを殺してはその死因を当てていくという“ゲーム”に興じていた...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月21日

アメリア永遠の翼 -

アメリア 永遠の翼 [DVD]
【AMELIA】 2010/11/27公開 アメリカ 112分
監督:ミーラー・ナーイル
出演:ヒラリー・スワンク、リチャード・ギア、ユアン・マクレガー、
クリストファー・エクルストン、ジョー・アンダーソン、ミア・ワシコウスカ

空を愛し 空に挑み
そして彼女は空になった──

少女時代から空を飛び世界中を旅することに憧れていたアメリア。やがて飛行士となった彼女は1928年、女性初の大西洋横断に成功し、全米中を熱狂させる。また、一躍時の人となったアメリアの広報を担当した出版人ジョージと次第に惹かれ合い、晴れて結婚。その後も彼女は、大西洋単独横断や大陸横断、太平洋横断など次々と記録を打ち立て、世界的な名声を獲得していく...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月19日

マチェーテ -

マチェーテ [DVD]
【MACHETE】 2010/11/06公開 アメリカ 105分
監督:イーサン・マニキス、ロバート・ロドリゲス
出演:ダニー・トレホ、ジェシカ・アルバ、ロバート・デ・ニーロ、スティーヴン・セガール、ミシェル・ロドリゲス、ジェフ・フェイヒー、ドン・ジョンソン、シェー・ウィガム、リンジー・ローハン、チーチ・マリン

麻薬王トーレスによって愛する家族を殺されたメキシコの元連邦捜査官マチェーテ。今はアメリカのテキサスで不法移民に身をやつし、復讐の時を待っていた。ある日、彼は謎のビジネスマンからその腕っ節を見込まれ、高額の報酬と引き換えに不法移民の弾圧を目論む悪徳議員マクラフリンの暗殺を依頼される...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月18日

41歳の童貞男 -

41歳の童貞男 [DVD]
【THE 41-YEAR-OLD VIRGIN WHO KNOCKED UP SARAH MARSHALL AND FELT SUPERBAD ABOUT IT】
2010年オリジナルビデオ アメリカ 82分
監督:クレイグ・モス
出演:ブライアン・カレン、ノーリーン・デウルフ

40歳のアンディはキモすぎる胸毛のせいでいまだチェリーボーイ。アンディは理想の女性キムと出会い童貞を捨てることを決意。美女を“お持ち帰り”することに成功するが...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月17日

ガリバー旅行記 -

ガリバー旅行記
【GULLIVER'S TRAVELS】 2011/04/15公開 アメリカ 85分
監督:ロブ・レターマン
出演:ジャック・ブラック、エミリー・ブラント、アマンダ・ピート、ジェイソン・シーゲル、ビリー・コノリー

そこは、本当の大きさを
教えてくれる国。

新聞社で郵便仕分けの仕事をしながらジャーナリストを目指すガリバーは、謎のバミューダ三角地帯を取材するチャンスをつかむ。取材のため、航海の旅へと出たガリバーだったが、大海原で嵐に見舞われ、気が付くと小人が暮らす国、リリパット王国にたどり着いていた...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月16日

エンジェルウォーズ -

エンジェル ウォーズ
【SUCKER PUNCH】 2011/04/15公開 アメリカ/カナダ 110分
監督:ザック・スナイダー
出演:エミリー・ブラウニング、アビー・コーニッシュ、ジェナ・マローン、ヴァネッサ・ハジェンズ、ジェイミー・チャン、オスカー・アイザック、カーラ・グギーノ、ジョン・ハム、スコット・グレン

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月15日

情婦 -

情婦 [DVD]
【WITNESS FOR THE PROSECUTION】 1958/03公開 アメリカ 117分
監督:ビリー・ワイルダー
出演:タイロン・パワー、マレーネ・ディートリッヒ、チャールズ・ロートン、エルザ・ランチェスター、トリン・サッチャー、ジョン・ウィリアムズ

金持ちの未亡人を殺した容疑をかけられたレナードは、老齢ながらロンドンきっての敏腕弁護士ロバーツに弁護を依頼。だが“検察側の証人”として法廷に立ったレナードの妻クリスティーネから、思いもかけない証言が発せられた...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月14日

アフターライフ -

アフターライフ [DVD]
【AFTER.LIFE】 2009年劇場未公開 アメリカ 108分
監督:アグニェシュカ・ヴォイトヴィッチ=ヴォスルー
出演:クリスティナ・リッチ、ジャスティン・ロング、リーアム・ニーソン、ジョシュ・チャールズ、チャンドラー・カンタベリー、セリア・ウェストン、シュラー・ヘンズリー

交通事故に遭ったアンナが葬儀屋の屋敷で目覚めた。葬儀屋はアンナがすでに死んでいると主張するが、彼女はそれが信じられず...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月12日

6ix [シックス] -

6ix[シックス] [DVD]
【DIE】 2010年劇場未公開 カナダ/イタリア 91分
監督:ドミニク・ジェームズ
出演:ジョン・パイパー=ファーガソン、エミリー・ハンプシャー、イライアス・コティーズ、カテリーナ・ムリーノ、パトリシア・マッケンジー

謎の部屋に集められた男女。サイコロを振って目の数だけ銃に弾を込め、椅子に縛り付けられた男へ発砲するよう謎の声が命じる。悲鳴と嗚咽の中で銃声が響いた6分後、また別のひとりが椅子へと導かれる…。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月11日

ベストセラー -

ベストセラー [DVD]
【BEST SELLER】 2010/12/04公開 韓国 PG12 117分
監督:イ・ジョンホ
出演:オム・ジョンファ、リュ・スンリョン、チョ・ジンウン、イ・ドギョン、パク・サラン

悲劇の始まりは22年前だった…

女性ベストセラー作家のペク・ヒスはある日、彼女の最新作が盗作の疑いをかけられその名声は地に落ちてしまう。2年後、再起を図るヒスは執筆に集中するため山奥の寒村に建つ古い別荘に娘のヨニと共に向かう。ほどなく、ヨニがヒスには見えない何者かと会話するようになり、やがてヨニの話す奇妙な物語に興味を抱いたヒスは、それを小説のモチーフに新作を完成させる...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月10日

ブログの引っ越しとココの件 -

4月10日付けでブログのお引っ越しをすることにしました!続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 22:46|PermalinkComments(0)日記 

2011年04月09日

ザ・ライト -エクソシストの真実- -

ザ・ライト -エクソシストの真実-
【THE RITE】 2011/04/09公開 アメリカ 114分
監督:ミカエル・ハフストローム
出演:アンソニー・ホプキンス、コリン・オドナヒュー、アリシー・ブラガ、キアラン・ハインズ、トビー・ジョーンズ、ルトガー・ハウアー

アメリカ人神学生マイケルは、恩師の勧めでバチカンのエクソシスト養成講座を受ける。やがて彼は、異端だが一流のエクソシストと言われるルーカス神父の悪魔ばらいを手伝うことになる。ある少女の儀式に立ち会うも悪魔の存在を疑うマイケルだったが、そんな思いを完全に打ち砕くような出来事の数々に遭遇する...。

今も行われている悪魔ばらいとバチカンでは正式な職業でもあるエクソシスト。実話をもとに、信仰を見失った若い神学生マイケルが司祭エクソシストになるまでを描いたお話。

憑き物のお話は好き。しかもアンソニー・ホプキンスおじさまが出演とならば期待してしまう。本来ならば先月公開されるはずだったのが、諸事情で遅れての公開。あまり宣伝もされずに...という所がちょっとかわいそうですね。しかも朝と夜の3本しかなくて、朝観る内容じゃないんだけど久々に朝イチで観てきました。

今までも悪魔祓いの作品はあったと思うのですが、冒頭ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の言葉が引用されたり、エクソシストが正式な職業という所は興味深く、悪魔憑きは精神的な病である、いや本当に悪魔は存在する...という紙一重的なラインが好みで面白かったです。でもオカルト的なものを期待すると肩透かしくらうかも。

うーん、実際はどうなんだろ。最後まで観ると精神の病だとは片付けられない気もする。でも実際に憑かれた人の行動を見たことないしな。外国の方は信仰心が強いために真逆の存在を強く信じてしまうのかな...なんて言ったら怒られるかな。最終的には悪魔は存在するということになるんでしょーか。

いやもうアンソニー・ホプキンスおじさまハマり役。しかも後半の怪演は特に良いねー。ニヤニヤしちゃった(笑)。悪魔払いの儀式をしてる姿も説得力があって個人的には面白く観られました。

★★★.8

※TOHO cinemas free passport #7

*こちらの記事へのトラックバック・コメントはお手数ですが
 [ザ・ライト -エクソシストの真実-]へお願いいたします*



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月08日

塔の上のラプンツェル -

塔の上のラプンツェル
【TANGLED】 2011/03/12公開 アメリカ 101分
監督:ネイサン・グレノ
声の出演(日本語吹替版):中川翔子、畠中洋、剣幸、岡田誠、石原慎一、
佐山陽規、多田野曜平、飯島肇

深い森に囲まれた高い塔の上から18年間一度も外に出たことがないラプンツェル。ある日、お尋ね者の大泥棒フリンが、追手を逃れて塔に侵入してくるが、ラプンツェルの魔法の髪に捕らえられてしまう。しかし、この偶然の出会いはラプンツェルの秘密を解き明かす冒険の始まりのきっかけだった...。

“髪長姫”で知られるグリム童話を映画化、記念すべきディズニー長編アニメ50作目。CGアニメ全盛期ですが、人間の髪の毛の動きや質感を描くのはなかなか難しいようで、担当したのが日本人というのをテレビで見て気になってたので観てきました。

いかにもディズニーアニメじゃ!!という感じ。お子様向けのベタで王道的なお話だけど感動してしまう...なぜならば映像がとってもきれい。ラプンツェルの光る髪が素敵。3Dで鑑賞したんですが、やはり3Dはアニメに限る!!! 灯籠が舞い上がるシーンは本当に素敵でした。同じ列のお子様は掴もうとしてたよ(笑)

あっ、閉じ込められてる姫を泥棒が連れ出す設定は「ルパン三世 カリオストロの城」を思い出すな〜。

まずはディズニー作品お得意のゴ○○リが出てこなかったのにはホッとした...。もうこれだけはカンベン。今回は名前忘れた白馬くんとカメレオンくんがツボ。まるで犬並みに匂いをかぎまわる白馬(笑)。ちょっとした仕草が可愛すぎのカメレオン〜欲しい♪

それにしてもラプンツェルの髪の毛は丈夫過ぎる(笑)。一体どんな重さまで耐えられるのか試してみたいものだ。洗うのも髪をとかすのも大変そう。それよりも肩凝りはどうなんだろーとかそっちばかり考えてました、、、。

必殺武器はフライパン!!
かなりの威力を発揮してましたなー。
泥棒が入ってきたらこれで撃退しよう...

ラプンツェルも好感が持てる可愛い子。吹替えは中川翔子ことしょこたん。いや〜上手いですね。可愛いし絵も上手いし歌も上手い吹替えも上手すぎで素晴らしい。もうラプンツェルにぴったりでビックリしちゃった。
フリンのモデルはエイドリアン・ブロディ?字幕版の声でもやってるのかと思ってたけど名前はなかった。似てたなぁ。アニメのほうがカッコイイ(笑)
ディズニー作品の日本語吹替え版は安心して観られるから好きです。

今回は3Dで良かったと思いましたよ。それに3Dメガネが軽量化されて初めての鑑賞でしたがまぁまぁ。今度は軽くてひっかかりがないのでメガネ×2は落ちやすい、、、。でも以前のものよりはずっとマシになったし負担も軽減されました。散々文句言っといて良かった(笑)。ぜひクリップ式もよろしくです。

※TOHO cinemas free passport #6

*こちらの記事へのトラックバック・コメントはお手数ですが
 [塔の上のラプンツェル]へお願いいたします*



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月07日

無題その後...(日記) -

ラストファイト♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 22:21|PermalinkComments(0)日記 

2011年04月06日

SUCK -

SUCK [DVD]
【SUCK】 2011/02/05公開 カナダ 91分
監督:ロブ・ステファニューク
出演:ジェシカ・パレ、アリス・クーパー、イギー・ポップ、マルコム・マクダウェル、ロズ・ステファニューク

BLOOD, SEX, ROCK'N'ROLL

カナダのインディーズ・バンド“ウィナーズ”は、一向にブレイクできないまま、小さなライブハウスを転々とする日々。ある夜、バンドの紅一点、ベースのジェニファーが怪しげな男と姿を消してしまう。すると翌日、彼女はまるで別人のようなセクシー美女に豹変して帰ってきた。ジェニファーの放つ魔性の魅力で人気急上昇となるウィナーズだった...。

売れないロックバンドが、メンバーが一人ずつヴァンパイアとなって人気を獲得していくロックンロール・ホラー・コメディ。

ヴァンパイアとロックバンドは何故か似合う。『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の続編?の『クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア』もレスタトがロック・スターになってたもんね。

これ完全に未公開だと思ってたらちゃんと劇場公開してたんですね。だって、移動の説明にオモチャの車だったり飛行機だったりしてたもんでてっきりB級DVDスルー映画かと思ってました、、、。お遊びかぁ。

お話はなーんかぐたぐたな気もしなくもないけど、ヴァンパイア映画としてはまぁギリギリ合格点。バンドのメンバーが次々とヴァンパイア化していくんですが、人間の時よりもビジュアルが良くなっていくのが不思議(笑)。

やはり超色白だからでしょうか。ベースの女性が人間の時は普通だったのがヴァンパイア化したら美人になっていったしどんどん濃くなっていくんだけど化粧映えする女優さんで素敵。やはりバンドはビジュアルも大切!

それにイギー・ポップ、アリス・クーパーなど大物ロック・ミュージシャンの豪華出演も見逃せないですな。見慣れたメイクのアリス・クーパー登場はうれしかったなー。久しぶり♪ 昔好きで聴いてた。映画にもハマる役どころでしたな。それにバックに流れる楽曲もおしゃれで好みの曲ばかり...。

ヴァンパイア・ハンター、ヴァン・ヘルシングといえば、ヒュー・ジャックマンを思い出しますな。こっちはじいちゃんでしたが、かっこよく登場してもな〜んか笑えました。うっかりしてましたが『時計じかけのオレンジ』のあの人だったのですね〜。

でもBIGになりたいからヴァンパイアになる...ってのはどうかね(笑)

ラストはちょっとびっくり。え〜、あいつやっつければそうなるの????
そこはちょっと納得いきませんでしたけど...。
ちょっと変わったヴァンパイア映画でした。



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月05日

ブローン・アウェイ/復讐の序曲 -

ブローン・アウェイ/復讐の序曲 [DVD]
【BLOWN AWAY】 1994/10公開 アメリカ 121分
監督:スティーヴン・ホプキンス
出演:ジェフ・ブリッジス、トミー・リー・ジョーンズ、スージー・エイミス、ロイド・ブリッジス、フォレスト・ウィッテカー

爆発物処理隊員と爆弾作りの天才の脱獄囚との戦いを描いたアクション・バイオレンス。テレ東でちょい前に放送したものを観ました。

おっ、クルー?と思ってしまう若いジェフ・ブリッジスと、冒頭いきなりの長髪のトミー・リー・ジョーンズにビックリ。でもジョーンズさんてば、すぐ脱獄して短髪になっちゃうのが残念。でもいっちゃった感の悪役は良かったな。

ジェフ・ブリッジスvsトミー・リー・ジョーンズの壮絶な攻防を描いたお話ではあるんですが、あまりハラハラしませんでした(笑)。ジョーンズが爆弾しかけてブリッジスが解除するいたちごっこ。赤と青の配線もどちらを切るかお見通しだし(笑)。

でも、後半のジョーンズを追い詰めての大爆破シーンは一番の迫力がありましたけどね。全体的になーんかいまひとつな感じでした。何か足りなかったんだろうか...。

そういえば『スピード』と似たようなシーンがあった。
それとパパ・ロイド・ブリッジス、息子と共演♪
ちょっと好みのおじいちゃんだった(笑)



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月03日

漫才ギャング -

漫才ギャング
2011/03/19公開 日本 137分
監督:品川ヒロシ
出演:佐藤隆太、上地雄輔、石原さとみ、綾部祐二、秋山竜次、新井浩文、宮川大輔、笹野高史、河本準一、長原成樹

コンビ結成10年目を迎える売れない漫才コンビでボケとネタ作りを担当する飛夫は、相方から解散を告げられる。ヤケ酒を飲みトラブルに巻き込まれ留置場に入った彼は、そこで不良の龍平に出会う。龍平と少しずつ会話する中で、彼のツッコミの才能に気付いた飛夫がコンビ結成を申し込むと、意外にも龍平は承諾する...。

『ドロップ』で監督デビューした品川ヒロシ、監督第2作。
前作は未見なんですが、予告編で何だか面白そう〜と思ったので観てきました。
予想通り、全編にわたって爆笑〜クスクス笑いで面白かった!!!!
さすがに監督も芸人さんだから、劇中の漫才ネタも笑えたし、映画の日常での出来事もボケツッコミありでホント楽しかったです。
原作・脚本・監督と3役をこなす品川さん、才能ある人なのね。

売れない芸人が留置場で知り合った不良と漫才コンビを組むという時点で面白いんだけど、どうやって芸人が留置場に入るんかなーと思ってたら違和感なかった。

佐藤クンのお腹ギュルギュルは爆笑もんでしたわ。それと心の声がこれまた面白すぎ。上地クンの不良役もカッコ良くて特にケンカシーンはカッコ良かったなぁ〜。けんかっ早いけど本当は心優しい青年ってトコが好みだ。ツッコミ方も良かったなぁ。

デブタクとかシャアデブとか結構ツボだったしイイ味だしてたな。宮川大輔サン演じる取り立て屋さんもかなりツボ。普通あんな取り立て屋なんてありえなさそうだけど憎めない、小窓コント?は最高でした。そうそう成宮寛貴クンがちょい役で贅沢な映画〜。石原さとみちゃんは可愛いねぇ。

前半はたくさん笑わせてもらって後半はちょっぴり感動ものになってて、ラストも気持ちよく終わってとても良い作品でした。
やっぱり目標を持ったりやりたいことを見つけるのは良いよね。どんな落ちた人間でも変われる!!なんか元気をもらえる映画でした。

鑑賞中・・・60万円の所で地震が来た!うわうわっ来た〜と思ってたら大したことなかったんですが数秒後にエリアメールの警報音が鳴ってビックリ。
しかし音よりも地震のほうが先に来たので、“おっせ〜よっ!”と心の中でツッコミ入れてみましたよ...。

※TOHO cinemas free passport #5

*こちらの記事へのトラックバック・コメントはお手数ですが
 [漫才ギャング]へお願いいたします*



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月02日

ザ・ファイター -

ザ・ファイター
【THE FIGHTER】 2011/03/26公開 アメリカ PG12 116分
監督:デヴィッド・O・ラッセル
出演:マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、メリッサ・レオ、ジャック・マクギー

頂点へ。

地域の期待を一身に背負う名ボクサーだが、短気でだらしない性格から破綻した日々を送っている兄ディッキーと、才能に恵まれていないボクサーの弟ミッキー。過保護な母アリスや兄に言われるがままに試合を重ねるが、一度も勝利を収められず...。

実在するアイルランド系ボクサー、ミッキー・ウォードの波瀾のボクシング人生を描いた作品。今年のアカデミー賞ではクリスチャン・ベイルとメリッサ・レオが助演賞をダブル受賞。1週間遅れでMOVIXにて観てきました。

これはボクシング映画でもあるけど兄弟や家族の絆を描いたお話のほうが強いかも。ちょっとさわがしい映画だなーというのが最初の印象。主人公はいたって普通、普通じゃないのがまわりの家族。

兄のディッキーは元ボクサーで短気でだらしないどうしようもない。過去の栄光にすがって生きてるだけ...。姉妹はごろごろいて最初は近所の人かになにかかと思ってました。母親は過保護過ぎで自分勝手でうるさい。息子を大切に思うのわかるけど肝心な所をわかっちゃいない。一番マトモなのは父親か。せっかくの才能もあの家族がガヤガヤしてたら成功するものも成功しない。ちょっとイライラしながら観てました。

ミッキーのためにとやってることが自分たちの都合で、対戦相手が変更になってお金が入らないからといって9キロも重いやつと対戦させるとは何事??。死んじゃうかも〜とハラハラしてた。ミッキーに恋人ができて流れが変わって、母親と姉妹らが乗り込んでいくってのも最悪。とどめは兄のせいで大事な商売道具を傷めてしまい...。さすがにミッキーも家族と距離を置くようになるけど...。

あまりにもあの家族が強烈で思ってたよりもいまひとつかなーと思ってたら、後半盛り返しましたな。クライマックスの試合シーンすごかったー。激しい打ち合い、だめかも〜と思ったら!!思わずガッツポーズでそうになったわさ。ちょい小さめで。こういうシーンがあるからボクシング映画はいいな。またこれが実話というから感動的ですね。エンドロール中、本物の兄弟(ですよね?)が映ってて、ディッキーがまんまでしたわ。

クリスチャン・ベイルとメリッサ・レオの怪演でダブル受賞はわかるけど、私の中でいまいちパッとしないイメージだったマーク・ウォールバーグが今まで観た中で一番良かった。それにしてもクリスチャン・ベイル、外見はまるっきりかわっててすごいな。

★★★★.4

*こちらの記事へのトラックバック・コメントはお手数ですが
 [ザ・ファイター]へお願いいたします*



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年04月01日

定休日(日記) -

yukarinの定めた休日のためお休みいたします...

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:48|PermalinkComments(0)日記