2006年06月01日

嫌われ松子の一生 -


嫌われ松子の一生
公開:2006/05/27(05/31)
監督:中島哲也
原作:山田宗樹
『嫌われ松子の一生』(幻冬舎文庫刊)
出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明

昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子。お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、やがて中学校の教師となる。しかし、ある事件が原因で20代でクビに。その後、愛を求めて男性遍歴を重ねるたびにますます不幸になってゆく松子。いつしかソープ嬢に身を落とし、果ては同棲中のヒモを殺害して刑務所に服役してしまう…。


松子。人生を100%生きた女。

まさにその通りかもしれない(笑)
といっても幸せいっぱいじゃなくて、不幸せいっぱい〜
ただ普通〜に幸せになりたいだけなのにね。

何をやってもうまくいかない人っているけれど、松子ほどすべてが裏目に出る女性はいないよねぇ。
でもタイトルのように決して“嫌われ”ているわけではないんですよね。
幸せな人生に嫌われてただけ・・・
壮絶人生なのに、明るく楽しく時には涙ありでおもしろかったです。
意外に泣けるところもあるんですよね。
普通に松子の人生を描くんじゃなくて、甥の笙くんからの目線で追っていくのが良かった。
でも笙くん役の瑛太くん・・・最近オダギリジョー化してってる。
といってもそれほど見てるわけじゃあないですけどね。
この人の声は好きなんです。 ←声にはちょっとうるさい(笑)

監督さんは『下妻物語』の監督さんなので期待してました。
前に観た『X'smap 〜虎とライオンと五人の男〜』はかなり好きです。
この時もそうですが、ビビッドカラーな映像が私は好きです。
アニメと実写が一緒になった感じにも見える。
ミュージカル風だったし、内容は悲惨なものなのになぜかかわいらしく見えてしまいます。
中谷美紀が、ここまでやるか!!ってくらいに頑張ってましたね。
でもかわいかった〜とにかく見てて楽しい。
コスプレ三昧でしたね〜。
でも乙女チックなのも似合ってたし、水商売風も似合ってた、ふつうのスーツ姿も・・・
お疲れ様でした〜といいたいです。

現在と過去を交互に出されるのは好きじゃないんですが、これは違いました。
松子のエピソードがすごすぎて気にならなかったですもん。

そもそもは教師時代の修学旅行での事件が転落人生のはじまり?

教師をクビになるし
同棲相手に殴られるし
ソープ嬢になるし
ヒモを殺すし
刑務所行きだし
元教え子とできちゃうし

もう盛り沢山人生ですな〜もう全てに“どうしてそうなるんだ?”と言いたい。

松子の相手役もほんのちょっとなのにはもったいない役者さんばかり。
ふふふ、武田真治ってヒモ似合うね(笑)
オチも似合う(笑)

学校の教頭がカンニングの竹山ってのにも笑った。
二枚目なのにちょっと笑ってしまうキャラになった谷原章介氏。
闇の中でもキラリと光る白い歯がいいよね(笑)スボンを上げる仕草も妙に笑える。

光GENJIのファンってのも笑ったよ〜
ファンレターの枚数にはびっくりさ!

相手の男にボコボコに殴られても、ひとりぼっちよりマシという所はかわいそうになってしまいます。
寂しいから誰かを愛していなきゃダメなのね〜
ラストはちょっと悲しくなります。
でも笙くんのお陰で少しは救われたかな?

昭和の歴史も取り入れられているので、懐かしく思いながら楽しめます。
所々に片平なぎさのサスペンスものが出てくるのも面白いです。
いろいろと詰め込まれているんだけど、詰め込み過ぎでもない…楽しませてもらいました。

とにかく中谷美紀がんばった!


↓私はだらだらしたテキトーな生活を送ってます…人生ぽちっとお願いします♪
人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ ブログランキングくつろぐ



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:48│カ行の映画 | ★★★★(4/5)

この記事へのトラックバック

85. 嫌われ松子の一生  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年07月19日 15:00
松子。人生を100%生きた女。
84. 嫌われ松子の一生  [ Blossom ]   2008年11月15日 22:37
嫌われ松子の一生 MEMORIES OF MATSUKO 監督 中島哲也 出演 中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 香川照之     市川実日子 黒沢あすか 柄本明 ...
83. 嫌われ松子の一生  [ ☆.。.:*Addict*:.。.☆ Cinema Review ]   2008年09月16日 21:20
不幸って何!?『下妻物語』の中島監督が、ベストセラー小説を映画化!!
82. 嫌われ松子の一生  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年06月11日 23:04
 『不幸って何? 松子。人生を100%生きた女。』  コチラの「嫌われ松子の一生」は、山田宗樹さんの同名小説の映画化で、5/27公開になったPG12指定の映画なんですが、公開3週目にも関わらずかなり混雑していました。あの「下妻物語」の中島哲也監督の最新作ですし、...
81. 嫌われ松子の一生  [ 次は何を観ようかな 〜なりのオススメDVD〜 ]   2007年12月17日 20:09
嫌われ松子の一生昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。しかし、20代で教師をクビになり、エリート街道から転落、家を飛び出して風俗嬢になってしまう。その上ヒモを殺害して刑務所へ送られ、壮絶な不幸の連続に...
80. 嫌われ松子の一生&Dグレ  [ 別館ヒガシ日記 ]   2007年06月26日 19:15
嫌われ松子は内山が主演したドラマの方は興味が無くて見なかったけども 映画の方は興味があり見たがチョイ役で色んな人が出演していて悪く無いし 劇中の歌は良かったし内容も大満足とは言えないけども不満は無いけども 不幸な人生を送り過ぎと言うか実際に松子の様な人は...
79. 嫌われ松子の一生  [ いけこのDVD鑑賞記 ]   2007年06月14日 13:56
嫌われ松子の一生 通常版中谷美紀 (2006/11/17)アミューズソフトエンタテインメントこの商品の詳細を見る 2006年 / 日本 / 130 minutes 出演 : 中谷美紀、伊勢谷友介、瑛太、香川照之、市川実日子 監督・脚本 : 中島哲也 原
78. 『嫌われ松子の一生』  [ chaos(カオス) ]   2007年05月14日 01:52
『嫌われ松子の一生』 ミュージカルタッチはどうも苦手だけど・・ 強烈な性(さが)に溺れる女の一生を昭和??平成の歴史と絡めながらコミカルに描く。 桐野夏生の小説にでも出てきそうなキャラだな。。 とはいえ喜劇にせざるを得ないくらい松子の人生は悲惨。 ...
77. 嫌われ松子の一生  [ 夕顔絵夢二郎の江戸ハブ日記 ]   2007年02月25日 08:32
5 嫌われ松子の一生 監督:中島哲也 出演:中谷美紀 , 瑛太 , 伊勢谷友介 , 香川照之 収録時間:130分 レンタル開始日:2006-11-10 Story『下妻物語』の中島哲也監督が山田宗樹の同名小説を中谷美紀ほか豪華出演陣で映画化した異色のコメ...
76. 映画・嫌われ松子の一生〜悲劇かコントか、時々ミュージカル!  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   2007年02月11日 16:28
映画・嫌われ松子の一生ですが、これは結構面白いです。ドラマの内山理名のも見たのですが、中谷美紀の松子の方が私は好きです。 映画だと、次から次へと川尻松子の転落人生、これでもかと続くわけですが、あまり悲壮感もなく、壮大なコントのような気もしてきますが、ラス...
75. 嫌われ松子の一生  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2007年02月01日 01:38
MEMORIES OF MATSUKO [TOHOシネマズ六本木ヒルズ/ART SC/TOHOシネマズ セレクト2006年 邦画傑作選] 公式サイト 『松子。人生を100%生きた女。』 ナイトショーでの観賞です。 ついに実現しました。というか、体験しました。 映写技師さん、八ちゃんのためにご苦労....
74. 嫌われ松子の一生  [ 悩み事解決コラム ]   2006年12月07日 17:56
{amazon}  映画版「嫌われ松子の一生」近年稀に見る秀作。ミュージカル仕立て とスピーディーな展開。不幸と一般的に認知される事は本当に不幸か? 幸せと一般的に認知される事は本当に幸せか?  世の摂理は人智を超える。人間中心主義的な視点から
73. 嫌われ松子の一生  [ 悩み事解決コラム ]   2006年12月07日 17:52
{amazon}  映画版「嫌われ松子の一生」近年稀に見る秀作。ミュージカル仕立て とスピーディーな展開。不幸と一般的に認知される事は本当に不幸か? 幸せと一般的に認知される事は本当に幸せか?  世の摂理は人智を超える。人間中心主義的な視点から
72. 嫌われ松子の一生−(映画:2006年140本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2006年11月18日 19:11
監督:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴崎コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範、谷原章介、宮藤官九郎、劇団ひとり、谷中敦、 BONNIE PINK、武田真治、荒川良々、土屋アンナ、AI、山田....
71. 嫌われ松子の一生−(映画:2006年140本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2006年11月18日 15:01
監督:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴崎コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範、谷原章介、宮藤官九郎、劇団ひとり、谷中敦、 BONNIE PINK、武田真治、荒川良々、土屋アンナ、AI、山田....
70. 嫌われ松子の一生(11月17日DVD発売)  [ オレメデア ]   2006年11月15日 11:13
2006年の春に話題となった映画「嫌われ松子の一生」がDVDになって登場することになったので,再び記事としてピックアップ 昭和22年に福岡で生まれた川尻松子(中谷美紀)は,教師として赴任した中学校で事件に巻き込まれ,退職. 作家の八女川徹也(宮藤官九郎)やその友....
69. 嫌われ松子の一生  [ 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α ]   2006年11月12日 23:11
何故かダメ男ばかり好きになってしまう、だめんずうぉ??か???! それでも何故か辛すぎない、ポップなミュージカル♪
68. ◆試写会・嫌われ松子の一生  [ 映画大好き☆ ]   2006年10月20日 19:45
4 雨が降る中、御堂会館に 嫌われ松子の一生の試写会に行って来ました。 監督は、あの前にも笑わせてもらった 下妻物語の中島哲也監督 そりゃぁ〜笑わせてくれるっしょ 【STORY】 女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。 昭和22年・福岡県大野島生ま...
67. 嫌われ松子の一生  [ スーパーヅカン ]   2006年10月19日 23:34
3 昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教師になり爽やかな同僚とイイ感じになるも、セクハラ教師のせいで辞職に追いやられる。ここから、松子の転落人生が坂を転がり落ちるがごとく、始まっていく。愛を求める松子の....
66. 嫌われ松子のとりこに  [ シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記 ]   2006年08月12日 14:49
 映画「嫌われ松子の一生」を観てきました。  観にいくまえに何人かの人に感想を聞いたら、「すっごく楽しいよ」「かなり辛い…へこむよ」と、両極端な感想。  でも、どちらも本当だったのです。  昭和22年生まれの川尻松子。彼女の7歳から53歳を描いているのです...
65. 嫌われ松子の一生  [ CinemA*s Cafe ]   2006年08月11日 22:36
http://kiraware.goo.ne.jp/ 下妻物語の監督がとった最新作ということで期待していた私。 そして期待すると大概裏切られるのだけど、今回はそんなことはなく、期待通り面白かった映画でございます。 面白かっ??
64. 『嫌われ松子の一生』  [ ・*・ etoile ・*・ ]   2006年08月09日 00:58
'06.06.10 KTと『嫌われ松子の一生』@六本木ヒルズ 前回の教訓を生かしKTがネット予約してくれて無事鑑賞。 タイトル通り「嫌われ松子」と呼ばれた女性の一生。転落転落の人生だけど、急にミュージカルになったりして、深刻には描いていない。前半はかなり壮絶なの...
63. 嫌われ松子の一生  [ とんとん亭 ]   2006年07月30日 12:01
「嫌われ松子の一生」 2006年 日本 ★★★★★ もう、最高ヘ(≧▽≦ヘ) きゃーーん♪ この映画は、市内のシネコンでも、郊外に行かなきゃ観れなかったのが(そこに行ってまで観ようとは思ってなかったので^^) 街のシネコンでも先週から上映され、...
62. 嫌われ松子の一生  [ cinema capsule ]   2006年07月29日 14:35
をとことんカラフルにポップにミュージカル調に 描いていく。中谷美紀の熱演もすごい。 ★「嫌われ松子の一生」 2006年日本 130分 監督:中島哲也 出演:中谷美紀    瑛太    伊勢谷友介    香川照之 ★Story 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子。...
61. 「嫌われ松子の一生」  [ Tokyo Sea Side ]   2006年07月29日 10:35
「嫌われ松子」と言うくらいだからどれだけ性格悪いんだろうと思っていたのですが、それほど嫌われてるワケでもなく、どっちかって言うと「あわれな松子」ってカンジでした。ミュージカル仕立てというコトもありテンポが良く、ところどころウケ狙いもあり、とても見やすいと...
60. 映画「嫌われ松子の一生」を観た!  [ とんとん・にっき ]   2006年07月26日 20:17
中島哲也監督は「松子に会いたいから映画にする」と言ってくれた、主演の中谷美紀さんは「松子を演じるために女優を続けてきたのかも知れない」と言ってくれたと、原作者の山田宗樹は、コメントしています。それにしても観る前からこの映画、主演の中谷美紀が中島哲也監督
59. 『嫌われ松子の一生』★★☆・・  [ ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ ]   2006年07月25日 10:24
お姫様を夢見る少女の未来は・・!?『嫌われ松子の一生』公式サイト制作データ;2006日本/東宝 ジャンル;ヒューマン 上映時間;130分 監督;中島哲也出演;中谷美紀・瑛太・伊勢谷友介・香川照之観賞劇場:7/22(土)ヴァージンシネマズ六本木ヒルズ◆STORY◆昭和22年...
58. 嫌われ松子の一生  [ Lemon Tea のマイブーム ]   2006年07月18日 20:14
『嫌われ松子の一生』を観てきました! 『下妻物語』の監督さんらしいですが、『下妻』は意外と おもしろかったのでかなり期待してしまいました。 で、感想は ミュージカル的要素あり、音楽がキーワードな作品ですね。 映像もラブリーでキレイです。 内容はおも...
57. 「嫌われ松子の一生」  [ 塩ひとつまみ ]   2006年07月14日 20:23
松子の壮絶な人生を私も見てきました。 予告でこれを見た時に友達と「面白そうだねー」なんて言ってたんだけど あれ?あれ?泣けちゃいましたよ。ものすごく…
56. 【 嫌われ松子の一生 】  [ もじゃ映画メモメモ ]   2006年07月10日 00:40
『下妻物語』の中島哲也監督の最新作。壮絶な不幸な目に合いながらも愛を求め続けるヒロインの一生を描いたドラマ。主演は中谷美紀。 中島監督の相変わらず凝りに凝った映像は健在ですね。ヒロインに次々と襲いかかる不幸は観ていて痛々しい限り。合間合間に明るく楽し...
55. 嫌われ松子の一生 06年134本目  [ 猫姫じゃ ]   2006年07月06日 15:46
嫌われ松子の一生 中谷美紀 ≒ 濱田マリ ≒ 柴咲コウ ≒ あたし > 山田花子 2006年  中島哲也 監督  山田宗樹 原作中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 原作って、感動ミステリー巨編 (Official HP)?なの??
54. 嫌われ松子の一生  [ 丼 BLOG ]   2006年07月06日 14:47
(06年6月鑑賞) 「近年稀に見る傑作。極めて悲惨な一生の物語を見せられて何故こんなに清々しい気持ちになれるのか。それはきっと人間讃歌になってるから。単なるカタルシス以上の物がそこにある。」監督:中島哲也。出演:中谷美紀、ほか。 先日、4回目を観に行っちゃいま...
53. 「嫌われ松子の一生」中谷美紀は代表作を手に入れた  [ soramove ]   2006年06月24日 20:34
「嫌われ松子の一生」★★★★オススメ 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介主演 中島哲也監督、2006年 リアルを排除し、劇画タッチで夢のような作品。 悪趣味に近い表現が随所に散りばめられて、 「これは映画じゃない」と 正統派の心の声が叫ぶが、 「一人になるより...
52. 嫌われ松子の一生  [ ブログ:映画ネット☆ログシアター ]   2006年06月19日 09:44
映画、嫌われ松子の一生の一生を見てきました。ネタバレです。最初に松子が死んでいるところから話が始まるのですが本人は、いないのにどうやってこの先話を進めていくのだろうと思っていたらうまい具合に話が繋がっていって見ていて飽きなかったです。もともとの素材として...
51. 嫌われ松子の一生  [ ブログ:映画ネット☆ログシアター ]   2006年06月19日 09:43
映画、嫌われ松子の一生の一生を見てきました。ネタバレです。最初に松子が死んでいるところから話が始まるのですが本人は、いないのにどうやってこの先話を進めていくのだろうと思っていたらうまい具合に話が繋がっていって見ていて飽きなかったです。もともとの素材として...
50. ★「嫌われ松子の一生」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2006年06月17日 02:41
たまには邦画でも・・・(なんでーーー) たまにはTOHOシネマズ川崎に・・・(なんでーーー) 下妻物語の監督の最新作だから・・・(なんでーーー) 見てみることにしてみました。 そう、この映画の主人公は「何でーーーー」ばかりの人生。
49. 嫌われ松子の一生  [ 勝弘ブログ ]   2006年06月16日 21:54
http://kiraware.goo.ne.jp/最寄りの映画館で鑑賞。テレビでやっていた下妻物語を録画し見ていて15分ぐらいして見に行くことを決めたのが昨日でした(ぉでまだ下妻物語は見終わっていません(汀
48. ついに観ました!嫌われ松子の一生  [ 銅版画制作の日々 ]   2006年06月16日 21:45
「嫌われ松子の一生」はかなりの人気らしいあちらこちらのブログでも、皆が絶賛しているという事で、水曜日のレディースディに観に行ってきた。上映時間までは、まだ30分以上あったので、それほど人もいなかったが・・・・時間が経つにつれて、来る!来る!次々と大半は2...
47. ついに観ました!嫌われ松子の一生  [ 銅版画制作の日々 ]   2006年06月16日 21:43
「嫌われ松子の一生」はかなりの人気らしいあちらこちらのブログでも、皆が絶賛しているという事で、水曜日のレディースディに観に行ってきた。上映時間までは、まだ30分以上あったので、それほど人もいなかったが・・・・時間が経つにつれて、来る!来る!次々と大半は2...
46. 嫌われ松子の一生  [ 東京には空がないと言う ]   2006年06月16日 17:57
あたしはこの上なく、幸せで。 お久しぶりです。 今回は『嫌われ松子の一生』です。 主演は中谷美紀(『ケイゾク』、『電車男』)。 監督は中島哲也(『下妻物語』) そのほかにも、劇団ひとり、クドカン、Bonnie Pink、等見ない顔はありません。 原作は山田宗樹。 暗くて、...
45. 嫌われ松子の一生(5月27日公開)  [ オレメデア ]   2006年06月16日 11:47
平成13年,荒川の河川敷で,松子(中谷美紀)の遺体が発見された. 松子のアパートの整理を任された松子の甥(おい)の笙(しょう:瑛太)は, 少しずつ,松子の数奇な一生を知ることになる……. 昭和22年,福岡県の大野島という街に生まれた,川尻家の長女・松子. 幸せな....
44. 嫌われ松子の一生見てきました。  [ よしなしごと ]   2006年06月16日 04:10
 正直最初は見なくても良いかなと思っていたのですが、他の方のブログを読むとかなり評判がよいので嫌われ松子の一生見てきました。
43. 映画よりも面白い 『嫌われ松子の一年』  [ 海から始まる!? ]   2006年06月16日 01:23
 映画『嫌われ松子の一生』は、  ??主人公・松子の堕ちっぷりが見事  ??その松子を演じる中谷美紀の“ここまでやるか”感が凄い!  ??宮藤官九郎、劇団ひとり、武田真治、荒川良々、伊勢谷友介等、松子をめぐる男たち&その他のキャストが豪華で、ゴージャス!  な...
42. 嫌われ松子の一生  [ 空想俳人日記 ]   2006年06月11日 07:57
空仰ぎ 曲げて伸ばして 星になる   そういえば、「無法松の一生」ってありましたね。それが何って、別に何でもないけど。  この映画、「おもろいやんけ、でも、ちと浅いかなあ」タイプと「つまんねえけど何かぐっと感じるんだよね」タイプと、そんな狭間を行った...
41. 嫌われ松子の一生  [ 39☆SMASH ]   2006年06月10日 20:43
『嫌われ松子の一生』 あらすじ 『20代で教師をクビになった川尻松子は、エリート人生から転落。これをきっかけにソープ嬢になり、店のトップになるものの、同棲中の愛人に裏切られ彼を殺害。その後、自殺未遂を起こすが、やがて刑務所に入り服役することにな...
40. 嫌われ松子の一生  [ ナナシ的エンタメすたいるNet ]   2006年06月10日 01:18
「嫌われ松子の一生」を見てきました。 山田宗樹の同名ベストセラー小説を 「下妻物語」の中島哲也監督が映画化。 不幸な悲恋の生涯を遂げた松子というヒューマンストリードラマ。 主演の松子には「電車男」でエルメス役を演じた、 中谷美紀が波乱万丈の川尻松子を演じる。 ...
39. 嫌われ松子の一生  [ 東京ミュービー日記 ]   2006年06月08日 20:13
嫌われ松子の一生 監督:中島哲也 出演:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介ほか 昨日は前の会社の先輩と恵比寿で飲む。 「50/50」という店。 久々に明石焼きを食べる。 懐かしくて旨い。 東京で明石焼きってなかなか食べられないからなぁ。 先輩はまたまた
38. 『嫌われ松子の一生』  [ アンディの日記 シネマ版 ]   2006年06月08日 14:04
感動度[:ハート:][:ハート:]   5/27公開       公式サイト(壁紙、特別映像あり) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 衝撃度[:!:][:!:][:!:] 映像美[:結晶:][:結晶:][:結晶:][:結晶:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監...
37. 嫌われ松子の一生/感想  [ 映画★特典付き前売り券情報局 ]   2006年06月07日 22:31
2006年05月27日公開の中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介出演の映画「嫌われ松子の一生」を見ました。 重いものを貰ってしまうのでは、と思っていたのですが…なんだかよくわからないものを耈
36. 【嫌われ松子の一生】不幸階段ミュージカル  [ 見取り八段・実0段 ]   2006年06月07日 18:53
この人の人生には、幸せの文字がない。選択する事はことごとく裏切られ、愛する男には捨てられ、家族からも捨てられて。。。そして、こんな人生の結末。映画全体は、歌や、ちょっとしたコメディに包まれているが痛すぎて笑えない。赤のコントラストが強すぎる映像の中に吸...
35. 嫌われ松子の一生  [ *アンチハリウッド的* 映画論 ]   2006年06月07日 13:13
公式サイトはコチラ→ 【制作年】2006 【制作国】日本 【監督・脚本】中島哲也 【原作】山田宗樹 【鑑賞場所】ユナイテッドシネマキャナル 【主なキャスト】 ○中谷美紀(川尻松子) ○瑛太(松子の甥:笙) ○伊勢谷友介(松子の教え子:龍) ○香川照之(松
34. 嫌われ松子の一生  [ It's a Wonderful Life ]   2006年06月06日 20:05
これはスゴイ傑作でした。期待以上に圧倒されましたよ。 「下妻物語」の中島哲也監督の新作。 全編派手な演出で、テンポが速くて、 スクリーンから溢れる情報量が半端じゃないのに ちゃんと芯の通った部分があるのは前作に共通する部分。 主演の中谷美紀も、語り...
33. 「嫌われ松子の一生」は、もう、ぶっ飛んでいる。 最高の映画だ。  [  本と映画の日々  そして、ゆめのつづき ]   2006年06月06日 12:28
 中谷美紀 「嫌われ松子の一生」は、もう、ぶっ飛んでいる。 最高の映画だ。 「ムーラン・ルージュ」か、「シカゴ」か、 はたまた「親切なクムジャさん」 え!これが中谷・・!? 映画が始まって、まず びっくりした。 いままで中谷美紀が、コメディぽかったのは「...
32. 嫌われ松子の一生  [ 欧風 ]   2006年06月06日 06:23
「下妻物語」と言えば、前も書きましたが、私の終身名誉映画。永遠の1位です。未だに観ていないなどと言う不届き者は、日本にはもう居ないと思いますが、万が一観てない場合は今すぐレンタル屋にダッシュして観るべし! その終身名誉映画を撮った、終身名誉監督の作品が...
31. 嫌われ松子の一生  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2006年06月06日 00:39
ある日、荒川の河川敷で女性の他殺体が発見されます。川尻松子(中谷美紀)、53歳。今まで彼女の存在を知らずにいた甥の笙(瑛太)は、松子の弟である父親(香川照之)に頼まれ、松子の住んでいた部屋の後片付けをすることになります。乱雑jな部屋を片付けながら、笙は、松...
30. 嫌われ松子の一生  [ inentrance ]   2006年06月05日 00:55
「下妻物語」の中島哲也監督の「嫌われ松子の一生(http://kiraware.goo.ne.jp/)」を観た。 一般公開は、5月20日とのことで、約1ヶ月先行の上映会だった。 会場はやけに関係者だらけで、配られたアンケートも4枚とかなりの多め。 会場入りしても「前のほうから詰めて...
29. 【劇場鑑賞55】嫌われ松子の一生(MEMORIES OF MATSUKO)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年06月04日 23:36
3 『私、川尻松子。大きくなったら素敵な王子様と結婚するんだぁ♪』 だけど、現実は・・・ 教師をクビ 家出 同棲相手の暴力 不倫相手に捨てられ ソープ嬢になり ヒモを殺害 自殺未遂 刑務所行き ヤクザの女に 松子。人生を100%生きた女。
28. 嫌われ松子の一生  [ うぞきあ の場 ]   2006年06月04日 16:35
〜思わず、予期せず、何度も泣いてしまった〜 予想に反して、切なさがいっぱい。 でも、この作品は、人によって感じ方がいろいろあるんだろうナァ・・・。 ということで、短評でまとめてみました。 中谷美紀 ★ 少なくとも私には、ヨク演じてたと思います。 瑛  ...
27. 嫌われ松子の一生 / MEMORIES OF MATSUKO  [ きょうのあしあと ]   2006年06月04日 01:39
「不幸って何?」 監督:中島哲也 原作:山田宗樹 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、市川実日子、黒沢あすか、ゴリ、武田真治、荒川良々、劇団ひとり、マギー、谷原章介、竹山隆範、甲本雅裕、片平なぎさ、他 公式HP:http://kiraware.goo.ne.jp/ 鑑賞:TOHO Cinemas ...
26. 嫌われ松子の一生(評価:◎)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2006年06月04日 01:17
【監督】中島哲也 【出演】中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本明/他 【公開日】2006/5.27 【製作】日本 【ストーリー】 昭和22年。福岡県に??
25. 嫌われ松子の一生  [ 映画をささえに生きる ]   2006年06月03日 16:51
4 監督は中島哲也。キャストは、前作の『下妻物語』がここ10年の邦画の中で最高傑作だと思っています。そんな訳で期待度大だったんですが、充分応えてくれる内容でした。観にいこうかどうしようかと悩んでる人にも自信を持ってお奨めできます。
24. 『嫌われ松子の一生』  [ *Sweet Days*  ~movie,music etc...~ ]   2006年06月03日 16:41
監督:中島哲也 CAST:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介他 平成13年、東京に暮らす川尻笙(瑛太)は、父親に叔母の川尻松子(中谷美紀)が住んでいたアパートを片付けるよう頼まれる。松子は荒川河川敷で遺体となって発見された。松子のことを知らない笙は仕方なく松子のア...
23. 「嫌われ松子の一生」  [ わたしの見た(モノ) ]   2006年06月03日 14:00
「嫌われ松子の一生」 「下妻物語」は、 嶽本野ばらの小説の面白さと、中島哲也監督の映像センスの相乗効果で、 最近ではもっとも好きな作品である。 中島監督の最新作ということで、当然のことながら期待して、 公開初日に劇場に足を運んだが、 「下妻」に比べると満...
22. 【嫌われ松子の一生】  [ 空の「一期一会」 ]   2006年06月03日 11:04
★とても不思議な作品でした。原作はずっと、読むのを我慢していたので映画を観たこ
21. 映画のご紹介(137) 嫌われ松子の一生  [ ヒューマン=ブラック・ボックス ]   2006年06月03日 10:23
4 ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(137) 嫌われ松子の一生-生きること、愛すること。 三人兄弟の長女。 真ん中は男、末っ子は病弱な女。 こんなきょうだい関係なら、長女は父親から顧みられることが少ないだろうということ....
20. 嫌われ松子の一生  [ Digital-Shell Weblog ]   2006年06月03日 06:40
『下妻物語』の中島哲也監督がメガホンを取った話題作『嫌われ松子の一生』を観てきました。 松子=人生を100%生きた女。 女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。 昭咀ons.inc
19. 映画「嫌われ松子の一生」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年06月03日 03:10
昭和22年福岡で生まれ、男に恵まれず堕ちて53年の生涯を荒川の河川敷で閉じた一人の女性。山田宗樹の小説"嫌われ松子の一生"の映画化。 川尻松子(中谷美紀)、物語は松子の生涯に興味を抱いた甥(瑛太)が、彼女に成り代わり一生を回想するように進む。...
18. 嫌われ松子の一生  [ 映画評論家人生 ]   2006年06月03日 02:48
ナビオTOHOプレックス 長い期間、同じ予告を何度も見せられた。撮影の進捗状況にあわせて、違った長めの予告も何度も見せられた。正確ではないが、50回は見せられた。こういうことをされると、期待は膨らむ
17. 嫌われ松子の一生(2006/日本/中島哲也)  [ CINEMANIAX! ]   2006年06月03日 02:22
【新宿ジョイシネマ】 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子(中谷美紀)。お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、やがて中学校の教師となる。しかし、ある事件が原因で20代でクビに。その後、愛を求めて男性遍歴を重ねるたびにますます不幸になって...
16. 嫌われ松子の一生  [ そーれりぽーと ]   2006年06月03日 00:40
劇場コマーシャルの出来がサイコーな「嫌われ松子の一生」 きっとコマーシャルの出来が良過ぎるだけで、内容はイマイチに違いないと期待薄に観に行きました。 ★★★★★ ごめんなさい、今のところ今年一番面白かったです。 このシーズン公開作の感想をまだあと4つ書けてい...
15. 「嫌われ松子の一生」(山田宗樹著)  [ 京の昼寝〜♪ ]   2006年06月03日 00:15
  「嫌われ松子の一生」(山田宗樹著)【幻冬舎文庫】 川尻松子の波乱万丈な人生を描いた作品。主人公川尻松子、昭和22年、福岡県大野島生まれ。20代で教師をクビになり、エリートから転落して家を飛び出しソープ嬢に。やがてヒモを殺害して刑務所へ…。  話題にな...
14. 『嫌われ松子の一生』  [ ラムの大通り ]   2006年06月02日 23:55
----『下妻物語』の中島哲也監督の新作。 前作が大絶賛されただけに注目度も高いよね。 「う〜ん。これはある意味、スゴい問題作だね。 どう評価していいのか、 一言で言えばこんな映画観たことがない。 これまで彼が豊川悦司&山崎努の卓球対決(『サッポロ黒ビール』)など...
13. 嫌われ松子の一生  [ シャーロットの涙 ]   2006年06月02日 23:31
ポップでディズニー的?なミュージカル仕立ての底抜けに明るい映画と思いきや…ちょっとほろり(いや、涙ぽろり)とさせられる映画だった。 昭和という時代背景に、そこに生きた一人の不運続きの女性の一生。 それが嫌われていたかというとそんな事もなく、好かれている事...
12. 嫌われ松子の一生  [ こっちゃんと映画をみまちょ♪ ]   2006年06月02日 23:01
めくるめく転落人生。この映画の中で、荒川良々との出会いが一番ハッピーに見えたこと、そのものが一番悲しい...(つд⊂) 松子さん、あなたの人生っていったい.... 【2006年 日本映画/映画館にて鑑賞】  初公開年月2006.05.27 嫌われ松子の一生(公式HP) 【...
11. 嫌われ松子の一生/memories of matsuko  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2006年06月02日 22:57
"嫌われ松子"の転落人生をギュッと凝縮した130分! 試写にてちょっとだけ早く観てきました{/kirakira/} 面白かった〜{/onpu/} {/onpu/} 長さなんて全然感じさせないほどテンポ良く魅せる{/kirakira/} 原作は同名の山田宗樹のベストセラー本。 嶽本野ばら原作のハイパーパワ...
10. 「嫌われ松子の一生」史上最悪の男運でも男を愛し続けた一生  [ オールマイティにコメンテート ]   2006年06月02日 22:46
3 「嫌われ松子の一生」は昭和22年(1947年)福岡県大野島生まれの川尻松子の波乱万丈の一生を描いた作品である。これだけ不幸で、史上最悪な男運の女性がそれでも男たちを愛してやまなかった人生をコミカルに描いている。
9. 映画 「嫌われ松子の一生」  [ ようこそMr.G ]   2006年06月02日 22:33
映画 「嫌われ松子の一生」 を観ました。
8. ★「嫌われ松子の一生」  [ スナフキン・レポート♪ ]   2006年06月02日 21:52
原作を二日で読み、映画を見たと言うスナJr.の「面白いよ〜。でも原作読んでからの方が・・」とのアドバイスも・・ふり切って「嫌われ松子の一生」見てきました。公式サイトはこちらしかし“映画として”ホント面白かったですミュージカル・ファンなら・・必見です。この...
7. 『嫌われ松子の一生』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2006年06月01日 17:26
松子。人生を100%生きた女。 ■監督・脚本 中島哲也■原作 山田宗樹(「嫌われ松子の一生」幻冬舎文庫)■キャスト 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ□オフィシャルサイト   『嫌われ松子の一...
6. 嫌われ松子の一生/中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介  [ カノンな日々 ]   2006年06月01日 17:20
3 レディスデイということを差し引いても平日の昼間の回にしてはけっこうなお客さんの入りで、しかもこの作品にはあまり似つかわしくないような年配の女性も多くてちょっとビックリ。逆に男性はほんの数人しかいなくて、もしかしてコレは女性映画なのかもと思ってしまうくらい....
5. 嫌われ松子の一生  [ ネタバレ映画館 ]   2006年06月01日 17:19
 波乱万丈転落人生、でも松子は神や天使のような存在。だって相手の男が、クドカン、劇団ひとり、荒川良々etcだもん・・・恋なんて嘘だな・・・
4. 『嫌われ松子の一生』  [ 試写会帰りに ]   2006年06月01日 17:14
『嫌われ松子の一生』試写。 終盤からラストまで、涙が止まらなくなりました。 何故なのか? 自分でもわからないほどに。 松子は、女の子なら誰もが持っている感情の固まりで、その行く末も、哀しいけれど、誰でも行きつく先なのです。 少女の頃は、誰でも白馬の王子様を夢....
3. 嫌われ松子の一生  [ Akira's VOICE ]   2006年06月01日 16:18
色彩豊かに歌い上げる人間への愛に満ちたドラマ!
2. 映画vol.59『嫌われ松子の一生』※舞台挨拶付試写会  [ Cold in Summer ]   2006年06月01日 15:26
 映画 vol.59 『『嫌われ松子の一生』』※舞台挨拶付試写会 監督:中島哲也(「下妻物語」) 出演:中谷美紀 (あんどう)瑛太!!  公式サイト ◇BONNYPINKさん 舞台挨拶 曲のイメージとはほど遠い、どちらかといえば大人しいお...
1. 嫌われ松子の一生  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2006年06月01日 14:47
“生れて、すみません。” 松子の一生は、駆け足のように足早に・・・ ・・・その中で人を愛し・・・ ・・・誰よりも前向きに精一杯に生きた一生でした。 その松子の人生に、私は・・・ 涙がでました! “意気消沈”している日本映画において、こんなにも...

この記事へのコメント

1. Posted by なぎさ   2006年06月01日 14:46
5 ゆかりんさん、こんにちは〜♪
この映画、私はことごとくツボにはまってしまいました!
中谷美紀ってあまり好きな女優ではなかったのですが、本作を観てそのド根性ぶりにすきになりましたよ。
光GENJIの「内海クン」のファンだったという最後の「オチ」まで、目いっぱい楽しめて、泣けました。
キングコングにもTBさせてくださいね!
2. Posted by ゆかりん   2006年06月02日 21:27
◆なぎささん
私も同感です。
中谷美紀は昔一言もしゃべらない役のドラマを見たことがあるんですが、結構惹きつけられたことがありました。
今回もド根性ぶりはすばらしいですね。
笑えるけど泣ける作品でしたね。
3. Posted by スナッチャー   2006年06月02日 21:55
管理人様
TBありがとうございます。

「光ゲンジ」ファンのエピソードは
原作には、ないらしいです。
(本を読んだ人が言ってました)
映画独自の松子の性格設定とか・・。


4. Posted by 冨田弘嗣   2006年06月03日 02:52
 トラックバック、感謝します。辛辣を通り越し、批評を通り越し、酷評を書いてしまったのに、トラックバックいただきました。多くの映画ファンから直接、メールで私への罵倒が絶えないのだけど、書き直すつもりはなく、それが、絶賛したファンをさらにイライラさせているようです。
 私のような評にトラックバックしていただき、感謝します。ありがとうございます。  冨田弘嗣
5. Posted by    2006年06月03日 11:03
ゆかりんさん、こんにちは!
TB&コメント、ありがとうございました(^^)
松子の最期は、衝撃的でしたね。あのシーンは観ていて、とても怖くなりました。
瑛太さんの声!私も好きです。いまだに、「アンフェア」の印象が強いのですが・・・。笙のヨレヨレTシャツが、ずっと気になってました(苦笑)
中谷美紀さんも素晴らしかったですね!中谷さんの本も読んでみたいデス♪
6. Posted by ゆかりん   2006年06月03日 11:39
◆スナッチャーさん
こんにちは♪
原作にはないんですか・・・
でもあのエピソードはインパクトありましたよね。

◆冨田弘嗣さん
こんにちは♪
ひとそれぞれの考え方がありますから!
そういう意見もあるんだ〜と思ってます。

◆空さん
こんにちは♪
最期はかなり衝撃的でした。
中谷美紀は素晴らしい女優だと改めて思いました。頑張ったかいがありましたね。
瑛太くんの声いいですよね〜!
7. Posted by hito2km   2006年06月06日 12:17

>相手の男にボコボコに殴られても、ひとりぼっちよりマシ・・・。

ひとりぼっちよりかマシ

結局 松子は、父に愛されなっかたというトラウマが、一生を左右したのですかね・・・?

TBさせていただきました。
8. Posted by ゆかりん   2006年06月06日 21:02
◆hito2kmさん
やはり父親がかなり影響してたんですよね。
もっと愛されてたら違った人生だったんだろうなと思います。
9. Posted by 猫姫少佐現品限り   2006年07月06日 20:06
5 こんばんは!
コメ入れなかったんだケド、、、
この女、イタすぎて、ぜんぜん笑えなかったですyo、、、
同情できないし共感も出来ないし。
運が悪いんじゃなくて、自分で不幸になりに行ってるし、、、
でも、最後は泣いてしまいました。
変な映画、、、
10. Posted by ゆかりん   2006年07月06日 22:28
猫姫さん
こんばんは♪
あれ?調子悪いですかね・・・
たまにコメントが反映されてないこともあったりします。どうして?

共感はできないけれど、多少は同情しちゃいました^^;
確かに自分から不幸になりに行ってましたね。
笑ったりうるうるしたり、ホント変な映画ですね、、、
11. Posted by ミマム   2006年07月14日 20:30
こんばんは。トラバさせていただきました。
私は「下妻物語」は見てないのでわからなかったのですが、「X'smap 〜虎とライオンと五人の男〜」は好きだったので、ああなるほど〜と思いました。
不思議な魅力のある映画でしたね。
武田真治のヒモ役、似合いすぎてました。
12. Posted by ゆかりん   2006年07月15日 17:49
ミマムさん
こんにちは♪
「X'smap」を観てた方は初めてです。うれしい♪
なるほど〜と思いますよね。
不思議な魅力があります。

武田真治って何故かこういうのが似合ってしまいますね(笑)
13. Posted by PINOKIO   2006年11月12日 23:13
こんばんわー!
不幸体質の女っていますねぇ。。
ドラマは不幸すぎて笑えないけど、映画のほうは全く違って面白かったです。
>片平なぎさ
出すぎ!!
火曜も土曜も深夜のサスペンスまで出てましたねww
14. Posted by ゆかりん   2006年11月13日 10:37
◇PINOKIOさん
あ、おはようございます^^;
ドラマは一度も見ていないんですがそんなに違うんですか、、、笑って見られたのが良かったと思うんですけどね。ドラマは見られないかも。
片平なぎさは女王だしぃ〜(笑)
最近はテレビドラマは見てないや、、、

15. Posted by Mary   2008年09月16日 21:01
これ最近また見返したんですよぉ♪♪
面白かった★
内海ファンとか最高でしたよねぇ★
最後は感動やったし、やっぱりお気に入りの映画デス★
トラバさせて頂きます♪♪
16. Posted by ゆかりん   2008年09月17日 22:04
>>Maryさんへ

私も観たくなりましたー。
すごいお話でしたけど最後はいいお話で面白かったですね。