ホーム・アローン硫黄島からの手紙

2006年12月09日

敬愛なるベートーヴェン -

*敬愛なるベートーベン
『COPYING BEETHOVEN』
公開:2006/12/09(12/09鑑賞)
製作国:イギリス/ハンガリー
監督:アニエスカ・ホランド
出演:エド・ハリス、ダイアン・クルーガー、マシュー・グード、ジョー・アンダーソン

アンナ・ホルツ・・・ナホル?穴掘る?
いい話なのに最初に聞いた時、このように変換された私はアホです^^;

人気blogランキングへ ←年末はベートーヴェン。ワンワンちゅうことで?ポチっとしてってね♪



☆story☆
1824年のウィーン。“第九”の初演を4日後に控え、未だ合唱パートが完成していないベートーヴェンのもとに、作曲家を志す若き女性アンナがコピスト(写譜師)として送り込まれる。女性のコピストが現われたことに激怒するベートーヴェンだったが、やがて彼女の才能を認め、写譜の仕事を任せるのだった。ベートーヴェンの音楽を深く理解するアンナは苦悩するベートーヴェンを力強くサポートしていく。そして、ついに迎えた“第九”初演の日、難聴のため指揮棒を振ることに怯えていたベートーヴェンだったが、アンナに励まされ指揮台に立つと、彼女の合図を頼りに指揮をやり遂げるのだった。

時間の都合で、今日はこちらを観てきました。
ベートーヴェンはとても好きな作曲家のひとりです。
といっても、大して通なわけでもなんでもないですが、、、

エド・ハリス扮するベートーヴェンは素晴らしかったです!!

自分の思うイメージにぴったりでした v(*'-^*)-☆ ok!!

本当のベートーヴェンもこういう人なのかもしれない・・・と思ってしまいますね。
私は大絶賛しちゃいますよ!!

女性の監督さんらしいやさしい感じの流れでした。
主役はもしかしてアンナですかね?
彼女を中心に話が進んでいきますし。

ベートーヴェンがね、めちゃくちゃな人で勝手な人なのでした。
自分の思い通りにならないと喚くし、甥っ子にはいろいろ強要して困らせるし、アンナにはお尻見せちゃうし、、、
でも憎めないおっさんなのでした(笑)
自家製?の補聴器がすごい^^;

ベートーヴェンとアンナ・ホルツの関係はとても不思議です。
師弟関係であり、父と娘のようでもあり、友人のようでもある。そして、恋人同士にも思えたりして、二人の信頼関係がとても素敵でした。
アンナは架空の人物だそうですが、もしかしたらこういう女性もいたのかもしれませんねぇ。
アンナ役のダイアン・クルーガーはとてもきれいな人でした。見た目だけじゃなくて雰囲気もすごく良かったです。
この当時はコピー機もパソコンもなかったから写譜師が必要なわけですが、大変な仕事だなと・・・
作曲家のくせもあるだろうから、“こんなのわかんないよ~”とかなかったのかな(笑)

なんと言っても「第九」の演奏は感動しましたね☆
なぜか、うるっときましたもん。
音源はスタジオ録音のものを使ったようですが、撮影ではエド・ハリスのタクトに合わせて実際に演奏がされてたというのにはびっくりもんです。スコアも完璧にマスターしてたというのもまたまたびっくり。
そこまで役作りをした上でのあの演技ですもん、本当に素晴らしいものに仕上がってました!
劇場での鑑賞をお薦めしたいですね。
音楽を聴きに行くつもりでも良いかもです。

初演の日・・・アンナがいなかったら成功していなかったんだろうなぁ。
そして、演奏が終わり観客の拍手に気づかないベートーヴェンを、アンナがさり気なく振り向かせるシーンが良いですねぇ。
演奏後の水の中のような音は、あれは難聴でもあるベートーヴェンが聞こえた音なんでしょうね、きっと。
かなりダイジェスト的な「第九」でしたが素晴らしかった。
ちょうど今の時期の日本はどこでも「第九」なので、今にピッタリな作品ですね。
地味だけど良いです。
ちょっと変わったラブストーリーのようにも思えます。

劇中の音楽もCMやドラマなど、どこかで耳にしている曲も出てくるのでベートーヴェンをよく知らない人でも楽しめると思います。
そう考えるとベートーヴェンの曲はかなり日本に浸透してるんですねぇ。
それにしても、合唱が始まるまで1時間ずっーと立ちっぱなしは大変ですな。
そういう曲を作曲してしまうベートーヴェンはやはりすごい人だわ。

私がとても思い入れのある曲は「月光」・・・
なぜかというと、「銀河鉄道999」にて哲郎のお母さんが人間狩りにて倒れたシーンでかかっていたのだ!
これが場面に合っていて思い出しても涙が出る曲なのでした。
知ってる人いるぅ??
これが最初の出会いか?

私のお隣の女性は、始まるまでずっーと音楽を聴いていたのですがどうやらオペラのよう・・・音がもれてるんですもんっ。かなりの大音量で聞いてたな。ちょっと不思議ちゃんな感じでした。
分かってたけど、やはり人は少なかったーっ。

にほんブログ村 映画ブログへ ←参加してします。ポチッとして頂けるとうれしいです♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのトラックバック

48. 敬愛なるベートーヴェン  [ Yuhiの読書日記+α ]   2011年01月24日 23:12
孤高の天才音楽家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンと、彼のコピスト(写譜師)となった作曲家志望の女性アンナの師弟愛を描いた感動ドラマ。監督はアニエスカ・ホランド、キャストはエド・ハリス、ダイアン・クルーガー、マシュー・グード他。 <あらすじ> 音楽学校に...
47. 敬愛なるベートーヴェン  [ mama ]   2010年02月18日 13:13
Copying Beethoven 2006年:イギリス・ハンガリー 監督:アニエスカ・ホランド 出演:エド・ハリス、フィリーダ・ロウ、マシュー・グッド、ダイアン・クルーガー、ラルフ・ライアック、ニコラス・ジョーンズ 1824年のウィーン。「第九」の初演を4日後に控え、いまだ....
46. 『敬愛なるベートーヴェン』'07・英・ハンガリー  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2008年06月30日 08:17
あらすじ“第九”の初演を4日後に控えた1824年のウィーン。楽譜が完成しない中、ベートーヴェンのもとに写譜師としてアンナが派遣されてくる。ベートーヴェンはアンナを冷たくあしらうが彼女の才能を知り、仕事を任せることに・・・。感想詩人ランボーを描いた『太陽...
45. 敬愛なるベートーヴェン  [ 新!oguoguの日々映画&ビデオ ]   2008年01月30日 23:52
2006年12月上映 監督:アニエスカ・ホランド 主演:エド・ハリス他 孤高の音...
44. 敬愛なるベートーヴェン  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年12月25日 20:56
 『“第九”誕生の裏に、 耳の聴こえないベートーヴェンを 支えた女性がいた。』  コチラの「敬愛なるベートーヴェン」は、年末になると必ず1度は耳にする「第九」、その誕生と彼の晩年を支えた1人の女性にスポットを当てたヒストリカル音楽ムービーです。  主演は....
43. 敬愛なるベートーベン−(映画:2007年134本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年12月02日 14:51
監督:アニエスカ・ホランド 出演:エド・ハリス、ダイアン・クルーガー、マシュー・グード、ジョー・アンダーソン 評価:86点 公式サイト 「初演まであと4日なのに楽譜がまだできていない」なんて話から始まるけど、そんなのありなのか?クラシックの世界はよく...
42. クラシック落語  [ Akira's VOICE ]   2007年11月17日 15:57
「敬愛なるベートーヴェン」 「しゃべれども,しゃべれども」
41. 「敬愛なるベートーヴェン」  [ パンチ部長の日記帳 ]   2007年03月24日 09:53
ついこの前、C-Week合宿がありました。 オケの合奏練習とかその後の反省会とか色々していたら、会場であった代々木のオリンピックセンターについたのは夜11時ごろ 「ほぼ寝に行くって感じぢゃん」とは思ったものの、夜中におしゃべりしたり翌朝は少しMTGしたりできたのは...
40. 敬愛なるベートーヴェン  [ C'est Joli ]   2007年02月11日 02:57
4 敬愛なるベートーヴェン’06:イギリス・ハンガリー ◆監督:アニエスカ・ホランド『太陽と月に背いて』◆出演:エド・ハリス 、ダイアン・クルーガー 、マシュー・グード、ジョー・アンダーソン 、ビル・スチュワート ◆STORY◆音楽学校に通う学生アンナ(ダイアン・クル...
39. 『敬愛なるベートーヴェン』(2006)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2007年01月20日 10:31
交響曲第9番の初演を、四日後に控えたベートーヴェン。しかしながら、未だに終楽章の合唱パートが完成していなかった。そこで音楽学校の優秀な生徒を写譜師として雇おうとしたのだが、そこに現れたのは作曲家を志す女性アンナ・ホルツ。最初は彼女を拒絶するベートーヴェン...
38. 2007年の一本目は!?  [ めそのたわごと ]   2007年01月18日 01:14
レポートとかで忙しくても 空いた時間にちょくちょく観てます その90分とか120分の間に取り組んでいたとしても その分作業が進むとは限らないしね{/face_warai/} 敬愛なるベートーヴェン “第九”の初演を4日後に控えた1824年のウィーン。楽譜が完成しない中、ベートーヴェ...
37. 敬愛なるベートーベン Copying Beethoven。  [ シネマズJRA ]   2007年01月17日 15:20
7日に観たのですが、まもなく上映が終わってしまいそうなのでさきに感想を書いておき
36. 映画「敬愛なるベートーヴェン」  [ ミチの雑記帳 ]   2007年01月12日 21:42
映画館にて「敬愛なるベートーヴェン」 天才音楽家ベートーヴェンと、彼のコピスト(写譜師)となったアンナの師弟愛を描いた感動ドラマ。 ベートーベンを描いた作品は『不滅の恋/ベートーヴェン』が記憶に新しいが、この作品は“第九”を生み出すまでの彼の晩年にスポット...
35. 【敬愛なるベートーヴェン】神の声を聞く天才音楽家  [ 見取り八段・実0段 ]   2007年01月10日 18:27
音楽家は神に一番近い。神の声を聞く事ができる。。。だから自分は聴覚を失った。神の言葉を伝える天才音楽家の人格は壊れていた。同じアパートの住人には迷惑をかけ、人を貶める天才。大声で怒鳴り散らし、部屋の中で水浴びをし、夜中にかかわらず楽器を鳴らす。しかし、...
34. ★「敬愛なるベートーヴェン」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年01月10日 15:41
今年1本目の劇場鑑賞は、 三連休なので日曜日でもナイトショウを開催してくれてる「TOHOシネマズ川崎」にて。
33. 敬愛なるベートーヴェン  [ ロッタのひなたぼっこ ]   2007年01月09日 23:12
「孤高の音楽家ベートーヴェン、歴史に隠されたもう1つの物語。“第九”誕生の裏に、耳の聴こえないベートーヴェンを支えた女性がいた」 『敬愛なるベートーヴェン』。これは架空の物語です。けれども、ベートーヴェンの音楽に偽りはありません。 有名な交響曲第九番の初...
32. 敬愛なるベートーヴェン  [ Lovely Cinema ]   2007年01月08日 21:53
2006/イギリス、ハンガリー 監督:アニエスカ・ホランド 出演:エド・ハリス(ベートーヴェン)    ダイアン・クルーガー(アンナ)    マシュー・グード(マルティン・ヴゥアー)     家に帰ったら第九が聞きたくなり、ベートーヴェンのCDをひっぱりだして...
31. 【劇場鑑賞142】敬愛なるベートーヴェン(Copying Beethoven)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年01月04日 22:16
4 “第九”誕生の裏に、 耳の聴こえないベートーヴェンを支えた女性がいた。 孤高の音楽家ベートーヴェン、歴史に隠されたもう一つの物語。
30. 敬愛なるベートーヴェン  [ とんとん亭 ]   2007年01月04日 16:50
「敬愛なるベートーヴェン」 2006年  英/洪(ハンガリー) ★★★★★ 1824年のウィーン・・・今からおよそ200年前に遡る。 世界的にその存在を知らない人は居ない有名な音楽家ベートーヴェンの晩年 をドラマチックに、音楽に乗せて展開する。 ...
29. 【劇場映画】 敬愛なるベートーヴェン  [ ナマケモノの穴 ]   2007年01月03日 11:03
≪ストーリー≫ “第九”の初演を4日後に控えた1824年のウィーン。楽譜が完成しない中、ベートーヴェンのもとに写譜師としてアンナが派遣されてくる。ベートーヴェンはアンナを冷たくあしらうが、彼女の才能を知り、仕事を任せることに。尊大で傲慢なベートーヴェンだが、た...
28. [映画] 敬愛なるベートーヴェン  [ Adminではないけれど [ブログ篇] ]   2007年01月03日 03:05
原題:COPING BEETHOVEN 監督:アニエスカ・ホランド 主演:エド・ハリス、ダイアン・クルーガー 制作:イギリス、ハンガリー 公式サイト:敬愛なるベートーヴェン 鑑賞日:2006年12月29日 総論を述べるならとても良かった。思わず涙ぐんでしまう場面があるほど。観に行こう
27. 映画『敬愛なるベートーヴェン』を観て  [ KINTYRE’SDIARY ]   2007年01月02日 23:17
原題:CopyingBeethoven(イギリス・ハンガリー)公式HP上映時間:104分鑑賞日:12月24日 バウスシアター(吉祥寺)監督:アニエスカ・ホランド出演:エド・ハリス(ベートーヴェン)、ダイアン・クルーガー(アンナ・ホルツ)、マシュー・グード(マルティン・バウ...
26. 敬愛なるベートーヴェン  [ りらの感想日記♪ ]   2007年01月01日 18:00
【敬愛なるベートーヴェン】 ★★★★ 2007/1/1 ストーリー 1824年のウィーン。“第九”の初演を4日後に控え、未だ合唱パートが完成
25. 映画 『敬愛なるベートーヴェン』  [ Death & Live ]   2006年12月30日 12:15
マエストロ。 『敬愛なるベートーヴェン』  2006年 原題 : Copying Beethoven 監督 : Agnieszka Holland やっぱりダイアン・クルーガーは美しい。 しかし、どうも彼女は作品に恵まれていない気がするが。 エド・ハリスのベートーヴェンっぷりの脇では、 彼女...
24. 敬愛なるベートーヴェン/ Copying Beethoven  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2006年12月28日 10:03
史実に基づいた実話の映画化が増えている昨今、これはあくまでも "音楽家、ベートーヴェンの、歴史に隠されたもう1つの物語" ということで完全フィクション。 今日はクラッシック音楽を聴きながら、優雅に?書いてます{/hikari_pink/}{/hikari_blue/} ルートヴィヒ・ヴァ...
23. 敬愛なるベートーヴェン  [ 週末映画! ]   2006年12月22日 00:24
期待値:95%  原題は「Copying Beethoven」。 エド・ハリスがベートーベンになりき
22. 敬愛なるベートーヴェン Copying Beethoven  [ シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー ]   2006年12月19日 21:09
この曲で音楽が変わる【ストーリー】チラシ「敬愛なるベートーヴェン」より引用。ベートーヴェンが唯一才能を認めた若き女性作曲家との烈火のごとき創作活動、師弟を越えた愛が、ウィーンの街を舞台に描かれる。1824年ウィーンにて、”第九”の初演を控えたベートーヴェ...
21. 敬愛なるベートーヴェン  [ ネタバレ映画館 ]   2006年12月19日 01:24
竹中直人がベートーヴェンの顔真似したかどうか記憶にないのですが、彼が指揮者を演じても影には本物の指揮者がいるはずです・・・
20. 142.敬愛なるベートーベン  [ レザボアCATs ]   2006年12月19日 00:46
キリスト教徒ではないのだけれど、小学生の頃読んだ大人用の本で、ベートーベンが耳が聞こえなくなってしまった、ということがなんだかずっと頭から離れなくて、ジャンヌ・ダルクが最後処刑されたことと同様に、自分にとっては“神の所業”ということを考えさせられてしまう....
19. 敬愛なるベートーヴェン  [ 小部屋日記 ]   2006年12月18日 23:15
Copying Beethoven(2006/イギリス・ハンガリー)【劇場公開】 監督:アニエスカ・ホランド 出演:エド・ハリス/ダイアン・クルーガー/マシュー・グード クラシックファンでなくても見応えあり!! 特に第9の初演シーンは感動しない人はいないかも。 音楽家ベートーヴェン...
18. 敬愛なるベートーヴェン  [ ショウビズ インフォメーション ]   2006年12月18日 20:50
ベートーヴェン役、エド・ハリス アンナ役、ダイアン・クルーガー 天才音楽家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンと、コピスト(写譜師)となった作曲家志望アンナの師弟愛を描いた感動ドラマ。 監督は『太陽と月に背
17. 『敬愛なるベートーヴェン』  [ 唐揚げ大好き! ]   2006年12月17日 20:03
  『敬愛なるベートーヴェン』   ”第九”誕生の裏に、 耳の聞こえないベートーヴェンを支えた女性がいた。   師走の風物詩といえば第九でしょ。 で、月9の『のだめカンタービレ』でクラシック熱も上がってきている今日この頃、配給会社はニヤリとしたのではない
16. 『敬愛なるベートーヴェン』  [ 世界中のトラが溶けてバターになる瞬間 ]   2006年12月17日 13:05
『敬愛なるベートーヴェン』を観ました 監督は『太陽と月に背いて』のアグニエシュカ・ホランド。 主演は『アポロ13』のエド・ハリス、 『戦場のアリア』のダイアン・クルーガー。 音楽学校に通う学生のアンナ(ダイアン・クルーガー)が、 ...
15. 敬愛なるベートーヴェン  [ Good job M ]   2006年12月17日 06:04
公開日 2006/12/9監督:アニエスカ・ホランド 「太陽と月に背いて」出演:エド・ハリス/ダイアン・クルーガー/マシュー・グード/ラルフ・ライアック他【あらすじ】1824年のウィーン、“第九”の初演4日前。ベートーヴェンは、まだ合唱パートが完成してなかった。途方に...
14. 敬愛なるベートーヴェン  [ 明け方シネマ ]   2006年12月17日 02:08
 (ネタバレビューです→→→)ラストが冒頭につながっていく構成がとても印象的。巧いとかじゃなく、ただとても好感を持った。素敵だな〜、という感じ。監督の作品は前に「太陽と月に背いて」を見たことがあったけど、←これはディカプリオがミスキャストだなと思った以外....
13. 映画:敬愛なるベートーヴェン  [ 駒吉の日記 ]   2006年12月15日 19:06
敬愛なるベートーヴェン@シャンテシネ 「音楽家はもっとも神にちかい存在なのだ」(原題:Copying Beethoven)  写譜師シュレンマーが病のため、初演に間に合わないと代役にアンナという女学生がやってきた。反発し暴言を浴びせるベートーヴェンだったが、彼女の助...
12. 敬愛なるベートーヴェン/エド・ハリス、ダイアン・クルーガー  [ カノンな日々 ]   2006年12月15日 16:36
4 「のだめカンタービレ」の影響でプチクラシックブームが起きているというこの時期に公開されるのは意図したわけじゃないでしょうけど、なかなかのタイムリー。ベートーヴェンの晩年の物語を架空の女性コピィスト(写譜師)・アンナの視点を軸に描いていくヒューマン音楽ドラマ....
11. 敬愛なるベートーヴェン  [ 悠雅的生活 ]   2006年12月14日 12:56
神の声を伝える孤独な天才と 美しき写譜師
10. 敬愛なるベートーヴェン  [ カリスマ映画論 ]   2006年12月13日 03:49
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  彼女は・・・天才の耳となり天使となる  
9. 敬愛なるベートヴェン  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2006年12月11日 22:40
4 “第九”誕生の裏に、耳の聴こえないベートーヴェンを支えた女性がいた。 孤高の天才音楽家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンと、彼のコピスト(写譜師)となった作曲家志望の女性アンナの師弟愛を描いた感動ドラマ。監督は『太陽と月に背いて』のアニエスカ・ホランド...
8. 敬愛なるベートーヴェン (2006) COPYING BEETHOVEN  104分  [ 極私的映画論+α ]   2006年12月11日 20:30
 「バルトの楽園」についで、今年二度目の「第九」でした(笑)
7. 敬愛なる?ベートーヴェン  [ 翻訳blog ]   2006年12月11日 17:06
 第九誕生の裏に、耳の聞こえないベートーヴェンを支えた女性がいた。敬愛なるベー
6. 「敬愛なるベートーベン」  [ てんびんthe LIFE ]   2006年12月11日 16:34
「敬愛なるベートーベン」シャンテシネで鑑賞 銀座ポイントカードで無料鑑賞 エド・ハリスも熱演だけれど、ダイアン・クルーガーがすごかった。というのが終わった後の印象。私も第九好きの日本人だからか、年齢によるものだからか第九を聞いているだけでジンワリしてし...
5. 敬愛なるベートーヴェン  [ ★試写会中毒★ ]   2006年12月10日 23:27
満 足 度:★★★★★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:アグニエシュカ・ホランド キャスト:エド・ハリス       ダイアン・クルーガー       マシュー・グード 、他 ■ストーリー■  1892年・ウ
4. 真・映画日記(2)『敬愛なるベートーヴェン』  [ CHEAP THRILL ]   2006年12月10日 20:33
(1からのつづき) いったん劇場を出て、近くのファーストキッチンで腹ごしらえ。 6時40分に再び劇場に戻る。 今度は4階の劇場。 まだ入場が始まっていなかったので パンフを買いロビーで読む。 しばらくしてから中に入る。 今日が初日だが入りは6割ほど。思...
3. 敬愛なるベートーヴェン   [ シャーロットの涙 ]   2006年12月10日 19:59
シャンテシネでの先行上映を一足先に見て参りました。 原題は「Copying Beethoven」 公式サイトはこちら 今年はモーツァルト&マリー・アントワネット生誕250周年なのですが、何故かベートーヴェン。音楽&クラシックファンには見逃せません。 この作品は交響曲第9番(ニ...
2. 『敬愛なるベートーヴェン』  [ Sweet* Days ]   2006年12月10日 19:12
CAST:エド・ハリス、ダイアン・クルーガー 他 STORY:1824年、ウィーン。音楽学校に通うアンナ・ホルツ(ダイアン・クルーガー)は、ある作曲家の写譜を依頼される。その作曲家とはアンナの尊敬するベートーヴェンだった・・・・ 原題は「Copying Beethoven」。 ...
1. 敬愛なるベートーヴェン  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2006年12月09日 23:32
お馴染みのCD一枚には約74分のサウンドデータを記録する事ができる。これは容量としての目安・限界ではなく、実はベートーヴェンの第九がすっぽり納まる時間だからなのだ。誰でも知っている第九の誕生を描いた物語は美しい舎弟愛に溢れている。

この記事へのコメント

1. Posted by 八ちゃん   2006年12月09日 23:19
こんばんは〜。早速のTB・コメありがとうございます。八ちゃんの観たところは配給会社の人もぴあの出口調査も来るシャンテですんで、9:30スタートとは言え、ほぼ満席でした。
劇場とアンプと使わない生の楽器を響かせるホールとは根本的に音響設計の段階で作りが違うので、迫力はかないませんが、音楽には酔いしれました。

八ちゃんの隣のおばさんは、やはり酔いしれていたようで首を揺さぶって聞いていました。
2. Posted by おたか   2006年12月10日 01:54
こんばんは。ゆかりんさん。
へ〜そんな映画公開されたんですね。
知らなかったです。

ゆかりんさんの感想をよんだだけで、ものすごくみたくなりました。
機会があれば見に行ってみたいです。
機会があればですけどねf(^^)
3. Posted by charlotte   2006年12月10日 20:03
こんばんは。初日鑑賞ありがとうございます〜♪
私はさっさと見てしまってのですが、映画ブロガーさんたちが早く見てくれないと、語り合えないからつまらなかったのでしたー。笑
エドのベートーヴェンはちょっと下品な面もありましたね。私にはなんとなく芸術家肌で気難しいイメージにぴったりはまりました。
あの第9のシーンは鳥肌物です。もう一度見たいなと思ってます。
4. Posted by エクスカリバー   2006年12月10日 21:51
上映館数が少なめなので、ちょっと見辛いのが難点ですね、この作品。
早いところ観に行きたいのですが。

ところで『999』に流れていたのは、実は「月光」ではありません。
良く似た曲をオリジナルで作ったんですよね。
サントラ盤に収録されていますよ。
5. Posted by ゆかりん   2006年12月10日 23:58
◇八ちゃんさん
こんばんは♪
劇場とホールでは違いますが、十分満足して聴き入ってしまいました。
やはり地方は大作の方に流れてしまったようです^^;
6. Posted by ゆかりん   2006年12月11日 00:00
◇おたかさん
こんばんは♪
同じ日に目玉作品が公開されたので隠れてしまったようですね^^;
機会があったらぜひ!!
7. Posted by ゆかりん   2006年12月11日 00:02
◇charlotteさん
こんばんは♪
あまり初日に行かれた方が少ないようですね。
いろいろと感想が読みたいのですが・・・
私も気難しい姿がぴったりだと思います。
もう一度観たいですね。
8. Posted by ゆかりん   2006年12月11日 00:06
◇エクスカリバーさん
う〜ん、サントラの解説を見て知ったハズなんですが。
確かにそのシーンの曲はサントラに入ってますね。そこに途中から流れてたと記憶してたのですが・・・記憶違いですかねぇ^^;
何分古い話なので、、、
9. Posted by エクスカリバー   2006年12月11日 22:52
自分は「999」のサントラ(組曲)を聴いて、逆にベートーヴェンの「月光」を知ったクチですから、あんまり偉そうなこと言えないんですけどね・・・(汗)。
10. Posted by ゆかりん   2006年12月12日 13:03
◇エクスカリバーさん
同じですね!
いずれにしても999のおかげですけどね♪
11. Posted by 八ちゃん   2006年12月13日 10:29
穴掘るには凄い笑っちゃいました。こういうブログが大好きです!
12. Posted by ゆかりん   2006年12月13日 22:07
◇八ちゃんさん
へへへ、ふっ・・・と頭に浮かんだんですよ(笑)
こういう方向を狙ってます〜
頑張らなきゃ!←違うって
13. Posted by りら   2007年01月01日 18:04
明けましておめでとうございます♪今年もどうぞよろしくお願いします。
観てきましたよ〜。この作品って意外に人気?出遅れた私は前から二列目の席で、場内は満席でした〜。
さてさて、エド・ハリス。素晴らしかったですね〜。いつもの彼と違ってたので、戸惑いましたけど、さすがの演技でした。それに第九の演奏。圧倒されちゃって。 お正月からいいもの観たわ〜(笑)と満足して帰ってきました(^^)
14. Posted by ゆかりん   2007年01月03日 10:43
◇りらさん
明けましておめでとうございます☆
今年もどうぞよろしくお願いします〜

満席でしたか!
私が観に行った時は大作と重なってたせいか少なかったです、、、
第九の演奏はホント圧倒されますね。
新年早々素敵な映画を観られて良かったですね。
15. Posted by ひらりん   2007年01月11日 00:55
トラバ・コメントどうもです。
ひらりんの中学時代の音楽の先生は・・・
ブラスバンド部の顧問もやってました。
音楽室に飾ってある各音楽家の顔写真らと、
並べても遜色の無い音楽家系の髪型でした。
とっても笑えますけど・・・恐い先生でしたねっ。
ちなみにひらりんたちが卒業する年に、
その先生の自家用車はボコボコにされてました。
うちの学校・・・不良が多かったものでっ。
16. Posted by ひらりん   2007年01月11日 00:56
トラバ・コメントどうもです。
ひらりんの中学時代の音楽の先生は・・・
ブラスバンド部の顧問もやってました。
音楽室に飾ってある各音楽家の顔写真らと、
並べても遜色の無い音楽家系の髪型でした。
とっても笑えますけど・・・恐い先生でしたねっ。
ちなみにひらりんたちが卒業する年に、
その先生の自家用車はボコボコにされてました。
うちの学校・・・不良が多かったものでっ。
17. Posted by ゆかりん   2007年01月11日 14:23
◇ひらりんさん
お話を聞いただけでも笑ってしまいます。
見たかったです(笑
うちの学校にはそういう先生はいませんでした。
体育の先生が女子プロレスラーみたいだったくらいですかね、、、
でも車をボコボコにされたなんて・・・かわいそ^^;
18. Posted by ミチ   2007年01月12日 21:51
こんばんは♪
良かったです〜。
この映画ヒットしていないのかしら?
年末に見れなかったのは残念ですが、地元で公開されただけでもありがたいです。
第九をダイジェストじゃなくてずーっと聞いていたい気分でした。
19. Posted by ゆかりん   2007年01月13日 21:50
◇ミチさん
こんばんは♪
ヒットしてるのかしてないのか・・・地味ですね、、、私は好きでしたけど。
私も第九をちゃんと聞いていたかったです。
20. Posted by エクスカリバー   2007年01月21日 08:16
あれ?TBが一杯飛んでる!?
すみませんでした〜(汗)。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ホーム・アローン硫黄島からの手紙