恐怖のメロディ沈黙のステルス

2008年03月07日

フェイス/オフ -

フェイス/オフ 特別版
【FACE/OFF】
1998/02/年公開
製作国:アメリカ
監督:ジョン・ウー
製作総指揮:マイケル・ダグラス他
出演:ジョン・トラヴォルタ、ニコラス・ケイジ、ジョーン・アレン、アレッサンドロ・ニヴォラ、ジーナ・ガーション、ドミニク・スウェイン

ニコラス・ケイジからジョン・トラヴォルタには皮が足りないのでは?



STORY:
かつて冷酷無比のテロリスト、トロイによって最愛の息子を失っているFBI捜査官アーチャーは飛行場でトロイを捕らえたが、トロイがLAのどこかに細菌爆弾を仕掛けている事が判明。当のトロイは植物人間となっており、唯一の情報源は獄中にいるトロイの弟ポラックスだけだった。FBI特殊班はアーチャーにトロイの顔を移植しポラックスから爆弾の設置場所を聞き出すことに……。

ちょい前までニコラス・ケイジが苦手だったので、当然この作品は観ていません。変幻自在?のヘアチェックが楽しみの今日この頃、今さらですが観てみました。

うーん、自分の最愛の息子を殺したやつの顔が自分の顔に・・・しかも髪が少なくなってるんですよ!ショックですなぁ、、、って違うか。

顔の表面を剥がして違う顔に移植する技術があるなら、MIシリーズのようにベリベリベリっと剥がすように顔の上にマスクをつける技術を開発したほうがよかったんじゃないのか???
細菌爆弾を仕掛けた場所を知るためにここまでやらんでもと思ってしまう。
あっさり場所はわかってしまいましたね。しかもバレバレ。

移植した医者もFBIもトロイが植物人間状態だったのに油断したのはいけない。いつ目覚めるかわからないのに逃げられないトコに置いとかなきゃねぇ。そのへんはストーリー展開上仕方がないんですけどね(笑)

最初のニコラス・ケイジのイカれた悪役が結構良かったのに、ほとんどジョン・トラボルタが悪役だったのはちと残念です。もうちょっと見たかった。

しかし、冒頭から銃撃戦でテンション上がります。そして後半の教会内での銃撃戦にボートチェイスで盛り上げていきます。
味方も顔が入れ替わってるのはわからないから、なぜ撃たれたのか疑問に思いながら死んでしまったのはかわいそうでしたね。
二人が鏡越しで撃ち合ったり、何人かで銃を突きつけあうシーンはかっこいい、好きです。

二大俳優対決となるといまひとつだったりしますが、こちらは面白かったです。お互いの見せ場もちゃんとありましたしね。
見た目はニコラス・ケイジだけど実はジョン・トラヴォルタで、ジョン・トラヴォルタだけどニコラス・ケイジで・・・と頭の中で入れ替えて見てたりして楽しませてもらいました。

途中のCMが“リーブ21”。ニコラスさんを見たあとには悩み無用ですから・・・笑いました。

 

人気blogランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑ポチットとするとニコラス・ケイジ顔になれるかもハートアイコン
ランキングに参加中です。
ワンクリックのご協力お願いしますね〜。



このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのトラックバック

4. フェイス/オフ  [ BLACK&WHITE ]   2008年04月22日 01:10
【FACE/OFF】1997年/アメリカ 監督:ジョン・ウー  出演:ジョン・トラボルタ、ニコラス・ケイジ、ジョアン・アレン、ジーナ・ガーション ...
3. フェイス/オフ / FACE/OFF  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2008年03月07日 22:37
1997年に製作されてから来年でナント10年!! 日本では98年公開。劇場で観てからかなり経つんだなぁ。 この二人の顔合わせだった事を思い出して、廉価版で出ているDVD 安すぎるしまた観たくなって今さらながらに先日買ったの。 やっと観なおしてみた{/star/} なつかし〜{/e...
2. 『フェイス/オフ』  [ めでぃあみっくす ]   2008年03月07日 12:37
ジョン・ウー監督だけでなく、俳優ニコラス・ケイジやジョン・トラボルタを語るうえでも絶対に外せない映画といえば、やはりこれでしょう。 今ではもう見飽きてしまった感があるジョン・ウー印の二丁拳銃や鳩を飛ばすシーンもこの映画では美しささえ感じるほどで、個人的に....
1. フェイス/オフ  [ しーの映画たわごと ]   2008年03月07日 09:14
初見はかなり前だけど、この作品で、ニコラスケイジとジョントラボルタを詳しく知るきっかけになったような作品です。 アイデアがおもしろい本作品。顔がすり替わるなんてあり得ないけど、そこはご愛敬。 ゴリラ・トラボルタの悪役ぶり(いつも思うけどハマリ役)と、....

この記事へのコメント

1. Posted by にゃむばなな   2008年03月07日 12:38
まさに“ジョン・ウー”ってな映画ですよね、これは!

ちなみにこの作品でジョン・トラボルタが女性のお尻を「ピーチ!」と言いながらお触りするシーンが由来となって、福山雅治さんの「Peach!」というCDのジャケットが女性のヒップになっているそうですよ。
2. Posted by mig   2008年03月07日 22:35
5 ゆかりんちゃん☆

わーい、ニコちゃんだートラさんだー(笑)

この映画わたしも好きでオススメ映画リストにいれてます♪

このふたりが顔のカオ剥がしてつけかえるなんて
ほんとありえなくて面白いよね〜
リーブ21のCM
それは笑えるね〜ふふふ♪
3. Posted by ゆかりん   2008年03月09日 12:08
■にゃむばななさんへ
福山さんのCDジャケットにはそんないきさつがあったんですね〜
何気に見てましたが。

■migさんへ
発想が驚きますね〜ありえない(笑)
顔の面積が全然違うんですもん。
うまい具合にCMが入ってて笑えました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
恐怖のメロディ沈黙のステルス