狂気(BlogPet)ジャスティス

2008年03月26日

フライボーイズ -

フライボーイズ プレミアム・エディション [DVD]
【FLYBOYS】
2007/11/17公開
製作国:フランス/アメリカ
監督:トニー・ビル
出演:ジェームズ・フランコ、ジャン・レノ、マーティン・ヘンダーソン、ジェニファー・デッカー、タイラー・ラビーン、フィリップ・ウィンチェスター、アブダル・サリス、デヴィッド・エリソン

戦争映画っぽくない戦争映画。



STORY:
第一次世界大戦下の1916年。農場を差し押さえられ、州外への退去を余儀なくされたローリングス(ジェームズ・フランコ)は、フランスのラファイエット戦闘機隊に参加することになる。
そこで同じくアメリカからやって来た仲間たちと出会った彼は、司令官のセノール大佐(ジャン・レノ)の下、パイロットとしてのトレーニングを受ける。

ジャン・レノが出演しているのでうっかり観てしまったこの作品。ドンパチで人がやられるのは平気なくせに、戦争映画は苦手。なるべく敬遠してたのに。
しかし、これは良かったです。
志願兵としてアメリカから第一次世界大戦下のフランスにやってきたパイロットたちの活躍や友情、ちょこっとだけ純愛なロマンスなんかもあったりして暗すぎないので観やすかったです。

第一次大戦の頃の戦闘機はおもちゃみたいな飛行機ですね。時代を感じさせます。むき出しの操縦席にはかなり風の抵抗があっただろうなぁ。
総製作費70億円をかけたという空中戦はなかなか見応えがありました。
今のに比べたら迫力は違いますけどねー。
言い方がおかしいかもしれませんが、空戦がとても優雅に思えてしまう描かれ方でした。大きなスクリーンで観たかったです〜。

最近見かけるジャン・レノはなんでこんなの出たのーと思うような作品が多かったんですが、今回はフランス軍司令官役です。とてもまじめで理解のある人の役で良かった〜。あまり出演シーンがないけれど良しとする(笑)

主役のジェームズ・フランコは「スパイダーマン」のハリー。英語が話せない女性に恋しちゃって会いに行くんですが、うまく気持ちが伝わらなくて一生懸命さが良かったですね。
あるときは、ドイツ兵が彼女の家の近くまで迫ってきたときに命の危険を顧みず助け出しにいったり、陸での戦闘中に敵と味方の真ん中に不時着した仲間を助けにいったりとそりゃ無茶だろう〜というのも難なくこなしてしまう好青年役。

なのであまり戦争映画という感じがしませんね。
今日は何機戻ってきた・・・、仲間がやられた・・・という複雑な心境のシーンもありますが決してお涙頂戴ではないんです。
戦争映画というよりも戦争が舞台の青春ものっぽい感じでしたね。

 

人気blogランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑平和を祈ってポチッとハートアイコン
ランキングに参加中です。
ワンクリックのご協力お願いしますね〜。



このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのトラックバック

5. フライボーイズ  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年07月25日 21:49
俺は飛ぶ。信じるものの為に──。
4. フライボーイズ  [ ☆.。.:*Addict*:.。.☆ Cinema Online ]   2008年08月12日 23:41
第一次世界大戦下のフランスを舞台に、中立の立場を貫くアメリカを離れ、志願兵として連合軍に加勢したアメリカ人パイロットたちの活躍を描の..
3. 『フライボーイズ』 2008年7本目  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2008年03月29日 10:32
4 ラファエット戦闘隊:第一次世界大戦中にフランス空軍が編成したアメリカ人の義勇空軍。アメリカは国としては第一次世界大戦には末期まで参戦しなかったが、多くの若者が海を渡り義勇軍として馳せ参じた。 『フライボーイズ』 2008年7本目 1/19(土) 仙台フォーラム ...
2. 若者たちの大空の伝説  [ CINECHANの映画感想 ]   2008年03月27日 00:43
317「フライボーイズ」(アメリカ)  1916年、第1次世界大戦が激化する中、アメリカは中立の立場を取っていた。テキサスに住むローリングスは実家の農場を差し押さえられ、フランスに渡り、パイロットに志願する。彼が参加したのはラファイエット飛行中隊。ローリ...
1. フライボーイズ/ジェームズ・フランコ  [ カノンな日々 ]   2008年03月26日 23:31
4 この映画が公開されるのを知ったのはわりと最近の事なんですよね。どこだかは覚えてないけど渋谷のミニシアターでたまたま予告編を目にして知りました。「ピーナッツ」の中でスヌーピーがフライングエースに成り切ってレッドバロンと空中戦をするのが子供心にも好きだった私....

この記事へのコメント

1. Posted by 健太郎   2008年03月29日 10:34
4 こんにちは。
遅くなってしまいましたが、コメント&TBありがとうございました。

この時代って『紅の豚』の少し前なので、飛行機ってホントに初期の物でのどかなんですよね。
それこそ、
「エンジンの回転数は耳で、速度と高度は目で感じろ」
って時代です。

空戦は十分に満足でしたし、もろ青春物のドラマパートも良かったです。

やっぱり複葉機にはロマンがありますね。
2. Posted by ゆかりん   2008年04月02日 15:46
■健太郎さんへ
この時代の飛行機の良さみたいなのはありましたね。
一応、戦争のお話ではありますがちょっと外れて、謙太郎さんのおっしゃるロマンを感じました。
大きなスクリーンで観たかったです〜
3. Posted by Mary   2008年08月12日 23:21
ホント、これは戦争映画と言うより青春映画って感じでしたねぇ♪♪
私もお気に入りの映画デス☆
トラバさせて頂きます♪♪
応援ポチ━ヾ○´∀`)人(´∀`●ノ━!!!!
4. Posted by ゆかりん   2008年08月14日 09:54
■Maryさんへ
暗めのお話かと思ってましたけど青春映画っぽかったですね。
なかなか良い作品でした〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
狂気(BlogPet)ジャスティス