ガーディアン [DVD]519号室 [DVD]

2009年06月11日

おろち [DVD] -

おろち
公開:2008/09/20
製作国:日本
上映時間:107分

監督:鶴田法男
出演:木村佳乃、中越典子、谷村美月、山本太郎、嶋田久作

+あらすじ+
人の世をさまよい、人間の心の闇を見つめてきたおろち(谷村美月)が家政婦として潜り込んだ門前家には、二人の美しい姉妹がいた。当家の女性は29歳を過ぎるころには突然、その美ぼうが崩れ、果ては化け物のように醜く死んでいくという。ある日、妹の理紗(中越典子)は死にゆく母親の口から、もう一つの門前家の秘密を打ち明けられる。(シネマトゥデイより)

++
楳図かずお先生の同名マンガを映画した作品。呪われた宿命に取り憑かれた美人姉妹の悲劇を描く、謎の少女おろちの・・・家政婦は見た!

前にも言っておりますが楳図作品は怖いという先入観で読んでいないので、この作品ももちろん絵は知ってても読んでません。ただし、もうすぐ三十路を迎える女性が、恐怖に脅えながら日めくりカレンダーをめくっているというパロディは読んだことがあります、、、。

“おろち”って大蛇だと思ってて蛇化するお話かと思ってました。てっきり木村佳乃さんが演じる人なのかと勘違い。人間の闇の部分を見守る人だったのですね〜。ファンの方すんませ〜んっっ。

ちょい前にみた『赤んぼ少女』よりずっと面白かったです。こういう人間の愚かさとか醜さをぐっさり描いたお話は大好き。今回は女性には一番の恐怖、美の崩壊・・・。向上するならありがたいが逆ならせめて現状維持はしていたいもの。しかも29歳を過ぎたらシワができるのとは訳が違って、化け物のように醜くなっていくんだから気が狂ったように暴れても仕方がないってもんです。

人間の嫉妬というのは怖いもんです。母親とはちがって、門前家の秘密がもうひとつありましたからね。その後の木村佳乃さんの迫真の演技はあっぱれでございましたよ。一方的だけど中越典子さんとの壮絶バトルは見応えありましたわー。

なーんんか舞台劇を観てるような感じでしたね。舞台で観ても面白そうな気がします。ただ、“おろち”の存在がいまひとつに思いました。ただ見守るだけなら、語りだけでも良かったんじゃないかと・・・。

早い段階でオチはわかったんですが、このお話に関してはわかってても面白い。ラストにビックリこくのもよいけど、つくづく人間の心理ってもんは面白いなと思えてきます。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑ ランキング参加してます。
ポチッとしていただけるとうれしいです



このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのトラックバック

18. 「おろち」★★★  [ ***JoJo気分で気ままにGO!*** ]   2010年10月30日 17:59
'08年制作 監督:鶴田法男  出演:木村佳乃、中越典子、谷村美月、山本太郎、嶋田久作 ほか(敬称略) 嵐の夜、”わたしは”ある洋館に忍び込む。そこは大女優・門前あおいが二人の娘と暮らす邸宅だった。やがて”わたし”は、門前家の哀しい宿命を知り、二人...
17. 『おろち』  [ 『映画な日々』 cinema-days ]   2010年08月22日 02:17
おろち 雨宿りに寄った門前家の運命を 見守るおろち 【個人評価:★☆ (1.5P)】 (自宅鑑賞) 原作:楳図(うめず)かずお
16. 木村佳乃 中越典子 谷村美月 / おろち  [ 中川ホメオパシー  ]   2010年02月24日 19:30
ワケもなくダース・ベイダー どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのチキン・ジョージ担当、ブロッケンです。 楳図かずお原佮..
15. おろち  [ 映画通信みるみる ]   2009年10月18日 01:13
私は、おろち。人の運命を見つめたいだけ・・・ 楳図かずおの同名マンガを「リング」の高橋洋脚本「予言」の鶴田法男監督で映画化。原作...
14. 【映画】おろち  [ 新!やさぐれ日記 ]   2009年06月16日 22:31
■動機 散々見逃した谷村美月をそろそろ・・・ ■感想 木村佳乃・・・ ■満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ■あらすじ 人の世をさまよい、人間の心の闇を見つめてきたおろち(谷村美月)が家政婦として潜り込んだ門前家には、二人の美しい姉妹がいた。当家の女性は29...
13. 251「おろち」(日本)  [ CINECHANの映画感想 ]   2009年06月14日 01:18
それは女の執念と嫉妬が生んだ悲劇  100年に一度深い眠りにつき、美しい姿のまま人間界を彷徨い続け、人間の業が引き起こす悲劇を見つめ続ける??おろち??。ある嵐の夜、彼女は門前家という大きな屋敷に潜り込み、そこで幼い姉妹、一草と理沙を目にする。  やがてその...
12. キャットファイト  [ MESCALINE DRIVE ]   2009年06月12日 23:11
猫目小僧じゃないよ。ウェット&メッシーと云うのだろうか、木村佳乃と中越典子が汗まみれローションまみれの大熱戦。ヌルヌルネチョネチョのリング上では、カウント2.99までジャッジする少女レフェリー、谷村美月が所狭しと跳ね回る。
11. 『おろち』@丸の内TOEI  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2009年06月12日 16:34
代々続く名門一族、門前家の女主人、門前葵は自信に溢れた銀幕の大女優で、いつも自宅の試写室に篭り、自分が出演した場面を繰り返し見ては満足そうに笑っていた。ある日、葵は試写室のスクリーンに映る自分の顔を見て青ざめる。そして、階上にある“決して開けてはいけない
10. ★「おろち」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年06月12日 02:10
今週の平日休みは水曜日ーーーーっ。 ちょっと気になった作品だったので、「MOVIX本牧」まで観に行ってきました。 このシネコン・・・火曜日がメンズデイ1000円なんだけど、 今週はしっかり火曜祭日に仕事したので、ひっさしぶりの1800円鑑賞だよー。
9. おろち  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2009年06月12日 01:10
美の崩壊は、女の最期。29歳を過ぎると、姉妹は壊れ、狂い始める・・・。 不老不死の少女が見つめる美しき姉妹の執念と憎悪! 物語:100年に一度永い眠りにつくことによって、不老不死の体を保ち、人の世をさまよい続ける美少女・おろち。 昭和25年、雷鳴響く豪雨を....
8. おろち  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2009年06月12日 00:48
9月21日(日) 18:40?? ユーロスペース1 料金:1200円(会員料金) プログラム:500円(買っていない) 『おろち』公式サイト そもそも、楳図先生の原作は、幽霊とかの恐怖でなく、人間の心理の怖さを描いた作品である。キャーと怖がれる作品じゃないぞ。おろちは、人...
7. おろち  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP ]   2009年06月11日 23:59
おろち [DVD]楳図かずおの傑作ホラー漫画の映画化だが、謎の美少女おろちは狂言回し。美に執着する姉妹の残酷な運命の物語だ。29歳をすぎる頃に突然美貌が崩れ、化け物のような容姿に変わる門前家の姉妹を描く。ホラーというよりアクの強いガーリー・ムービーの趣で、最も近....
6. おろち/OROCHI  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2009年06月11日 23:54
続々と増えていく楳図かずおコミック原作の映画化{/atten/} いつも期待してないけどやっぱりダメで、、、、。 ここをみてくれてる方なら御存知の通り、楳図マニアなわたしは映画化されると例えダメだとわかってても 気になるので観てしまいますー♪ 今回はファンも多い「...
5. 『おろち』  [ ラムの大通り ]   2009年06月11日 21:06
----今日はムービックスが1000円均一。 でもまさか、これを観に行くとは思わなかったニャあ。 「いやあ、実を言うと前々から興味があったんだ。 監督が鶴田法男。 『リング0〜バースデイ〜』では 呪いのホラーを怪奇映画風に料理してみせただけに 今度の企画も彼にぴったりと...
4. [映画『おろち』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 ]   2009年06月11日 18:24
☆原作は連作短篇で、この門前家のエピソードも、もっとシンプルな話だったと思う。 よくもまあ、これだけ観る者を飽きさせない長篇に仕上げたと思う。 かような邦画につきものの「チープ感」はなく、舞台となる門前家の屋敷のセットを一点豪華主義でキッチリと作り上げて...
3. おろち/木村佳乃、中越典子、谷村美月  [ カノンな日々 ]   2009年06月11日 17:08
原作者は『グーグーだって猫である』に出演されていた日本ホラー漫画界の奇才、楳図かずお先生なんだそうですが、コレはホラーではないと確か主演の木村佳乃さんがコメントされてたような記憶があるようなないような?。別にホラーでもいいんだけど中越典子さんとは壮絶な殴....
2. おろち  [ いやいやえん ]   2009年06月11日 13:53
私の大好きな漫画家、楳図かずおさん原作の「おろち」から「姉妹」「血」を混ぜて作られた一作。私は個人的におろちのエピソードでは、この「姉妹」「血」のほかに、「戦闘」「ステージ」なんかも大好きです。 楳図漫画の映画化作品は色々みてますがどれもかなり微妙でし...
1. おろち  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2009年06月11日 13:43
楳図かずお原作、鶴田法男監督、木村佳乃、中越典子、谷村美月、山本太郎、嶋田久作。おろち=大蛇だから、「上の部屋」の人が、おろちのはずだが、主要登場女性の中で一番普通そうな谷村美月がおろちというのが素朴すぎる謎なのだ。しかし、普通に可愛い谷村美月はなぜかく....

この記事へのコメント

1. Posted by maki   2009年06月11日 14:07
こんにちは♪
トラコメありがとうございました

そうそう、舞台劇のような感じでしたよね〜!
私も赤んぼ少女より全体の出来はよいと感じます
女優陣よりも、なにはともあれ嶋田久作さんに
非常にときめいてしまう作品でした(笑)

パッケージ写真の「蜷川作品」が非常に良い出来で
とくに中越さんの黒アイラインが昔の女優のような顔立ちになっていて、漫画のようなビジュアルイメージに近くしているのかなと思ったのですが、
作品では普通にナチュラルメークでしたね
そこがちょっと残念でした
2. Posted by yukarin   2009年06月11日 14:50
>makiさんへ
こんにちは♪
舞台でやっても面白いかもしれないですね。
嶋田久作さんにときめいちゃいましたか(笑)。
それにしても後半の姉妹バトルは凄かったなぁ。
3. Posted by BlogPetのこうちゃん   2009年06月11日 15:38
こうちゃんはpetarioが恐怖するはずだったみたい。
だけど、向上するはずだったの。
4. Posted by mig   2009年06月11日 23:57
yukarinちゃん

おお〜、★4.5?びっくり

ほんとに楽しめたのネ!(笑)

>楳図作品は怖いという先入観で読んでいない

それ、もったいない!
そんなに怖くないのよ実は。怖いもの好きなわたしが言っても説得力ないか!(爆)

原作知らない方がこれは楽しめるかも。
知ってても比べてみられるから面白いっていうのもあるんだけどね★
5. Posted by yukarin   2009年06月15日 12:58
>migさんへ
これは面白かったです。女優さんたちのバトルに圧倒されましたもん。
原作を読んでないのはもったいないですかねぇ。
今なら結構読めるとは思うのですが・・・
そろそろ読んでみよっかなぁ。
6. Posted by JoJo   2010年10月30日 18:07
yukarinさ〜ん、またまたこんばんは!
このところ、映画頑張って観ているわたしです♪昨夜は天気も悪いしと夜更かししながら
WOWOWの「死霊のはらわた」を観た始めたのですが・・・あまりの恐さに
40分でギブアップです(震)

>“おろち”って大蛇だと思ってて

わたしも!木村さんがやがてなるのだとばかり
思ってました。そうそう、それで”おろち”の役割、いまひとつわかりにくかったですよね。
べつに普通の人でもよかったような・・・
でも原作ファンにはかなり評判が高いので、深く知っていると彼女の役割がわかるのかな!?



7. Posted by yukarin   2010年10月31日 23:16
>JoJoさんへ
こんにちは♪
「死霊のはらわた」は絶対観られないですね。
そういいつつ「ソウ」シリーズは観てるんですけど^^;
私もすぐギブアップしてそう。

原作は読んでないのでいまいち“おろち”の存在がわかりにくいところがありました。
ちゃんと読んでいれば存在の意味があるんでしょうね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ガーディアン [DVD]519号室 [DVD]