ブラック・レイド 死の人体実験を阻止せよ! [DVD]永遠のこどもたち [DVD](BlogPet)

2009年06月16日

永遠のこどもたち [DVD] -

永遠のこどもたち デラックス版 [DVD]
原題:EL ORFANATO
公開:2008/12/20
製作国:スペイン/メキシコ
上映時間:108分

監督:J・A・バヨナ
出演:ベレン・ルエダ、フェルナンド・カヨ、ロジェール・プリンセプ、ジェラルディン・チャップリン、マベル・リベラ、モンセラート・カルーヤ

愛を信じたら、本物の光が見える。

+あらすじ+
孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホームとして再建しようと夫のカルロス(フェルナンド・カヨ)、息子のシモン(ロジェール・プリンセプ)とともに移り住んでいた。だが、シモンは遊び相手のいない寂しさから空想上の友だちを作って遊ぶようになり、その姿にラウラは不安を覚える。そして入園希望者を集めたパーティーの日、シモンはこつ然と姿を消してしまい……。(シネマトゥデイより)

++
パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ製作の愛と哀しみの切ないホラー。

ん?でもホラーというのとはちょっと違うような気もする・・・。中盤あたりまではしっかりホラーで見えない何かがいてドキドキしながら観てたんですけど、後半は母親の深い愛が描かれていて最後は切ないけどやさしい気持ちになりました。

ああ~こういう映像の雰囲気好きー。ちょっとした音とか声にドキドキしちゃうんですが、恐怖感とかそういうのとは違いましたね。息子のシモンが見えないお友達と仲良くなっちゃって精神的な病気があるのかと思ったらホントに見えないお友達がいたのでした。しかもこのお友達とこの家、そして母親にも関係があって、なかなかうまいつながりになっとりました。

突然いなくなったシモン、てっきりお友達に連れて行かれたのかと思ってたのに、まさかまさかの出来事でいなくなってたとは・・・・。原因となった過去のシーンでは思わずアッ!と声だしちゃいましたよ。うわーっあれは母親としてすごくショーック。悲しすぎる・・・

でも、あの家にいた子どもたちはシモンと遊びたかったんじゃなくて、シモンを通して母親のラウラと遊びたかったのかなと。最後は、本当は悲しいはずなのにみんな幸せそうに感じました。シモンとラウラの親子もこれはこれで幸せなのかもと思いましたしね。

ヒジョーに胡散臭かったベニグナ。交通事故のあの顔はめちゃくちゃ怖かったー。ちょっとそれはやりすぎなんじゃ・・・あれこそホラーでしたよ。そのベニグナも母親として考えると同情してしまうところもありましたね。

見終わったあとに余韻の残るお話でして、母親の愛を強く感じるお話となっとりました。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑ ランキング参加してます。
ポチッとしていただけるとうれしいです



このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのトラックバック

30. 「永遠のこどもたち」久しぶりの恐怖  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   2010年12月20日 02:33
スピリチュアルな映画なのは知っていた。 だけど、ホラーだったとは! 誰か教えてくれなきゃ・・・・・(汗) しかし久しぶりに見応えのある、怖いけど愛に溢れて、見応えバッチリ素晴らしい作品に出会えた。
29. 永遠のこどもたち(DVD)  [ ひるめし。 ]   2010年03月23日 20:35
愛を信じたら、本物の光が見える。
28. ’10.2にDVD等で観た映画★気ままにサクッとご紹介★  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2010年03月04日 16:22
旧作DVDの鑑賞メモコーナーで〜す『失われた肌』 監督:ヘクトール・バベンコ 出演:ガエル・ガルシア・ベルナル「幼馴染が結婚。12年の結婚生活の末に離婚した。男はとっとと新しい恋に踏み出すが、女は男に未練タラタラで付き纏う・・・。男はいつまでも元妻の影から逃れ...
27. 【永遠のこどもたち】見えないものを信じなさい  [ 映画@見取り八段 ]   2010年02月19日 02:13
永遠のこどもたち〜EL ORFANATO〜 監督: フアン・アントニオ・バヨナ    出演: ベレン・ルエダ、ジェラルディン・チャップリン、フェル??.
26. 永遠のこどもたち  [ 悠雅的生活 ]   2010年01月06日 10:03
海辺の館。だるまさんが転んだ。宝探しゲーム。
25. 永遠のこどもたち  [ 映画通信みるみる ]   2009年12月22日 10:42
愛を信じたら、本物の光が見える。 海辺にある孤児院で育ったラウラ。30年後、閉鎖されていた孤児院を買い取り、障害を持つ子供たちのの..
24. 「永遠のこどもたち」 幸せは主観  [ はらやんの映画徒然草 ]   2009年12月20日 19:48
2008年の劇場観賞の最後となるのは、本作「永遠のこどもたち」。 ギレルモ・デル
23. 永遠のこどもたち  [ mama ]   2009年08月14日 13:31
EL ORFANATO/THE ORPHANAGE 2007年:スペイン・メキシコ 監督:J・A・バヨナ 製作:ギレルモ・デル・トロ 出演:ベレン・ルエダ、ジェラルディン・チャップリン、フェルナンド・カヨ、マベル・リベラ 海辺の孤児院で育ったラウラは、障害を持つ子どものホームにする...
22. だるまさんがころんだ  [ MESCALINE DRIVE ]   2009年07月24日 23:38
「永遠のこどもたち」を観た。 調子に乗って言葉を連ねていたら、いつの間にかネタを割っていた。本作をま...
21. mini review 09373「永遠のこどもたち」★★★★★★★★☆☆  [ サーカスな日々 ]   2009年07月20日 15:02
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロをプロデューサーに迎え製作されたスペイン発のホラー映画。短編映画やミュージックビデオ制作で活躍するJ・A・バヨーナが初の長編監督を務め、主演は『美しすぎる母』のベレン・ルエダ。『クライムタイム』のジェラルディン・...
20. 『永遠のこどもたち』  [ La.La.La ]   2009年06月28日 17:06
JUGEMテーマ:映画 制作年:2007年  制作国:スペイン・メキシコ  上映メディア:劇場公開  上映時間:105分  原題:EL ORFANATO  配給:ジェネオン  監督:J.A.バヨナ  主演:ベレン・ルエダ      フェルナンド・カヨ      マベル・リベラ   ...
19. 345「永遠のこどもたち」(スペイン・メキシコ)  [ CINECHANの映画感想 ]   2009年06月22日 00:42
きっと生きていると信じている  海辺に建つ古い孤児院で他の孤児たちと楽しく暮らしていた少女ラウラ。やがて彼女は里親に引き取られ、孤児院を後にする。  30年後、医師である夫カルロスと7歳の息子シモンと共に、再びこの地に戻ってきたラウラ。彼女は閉鎖されていた...
18. 永遠のこどもたち/EL ORFANATO/THE ORPHANAGE  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2009年06月18日 23:21
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ監督がプロデュースのミステリーサスペンス。 スペインで大ヒットを記録、 今年のアカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表に選ばれた作品{/kirakira/} 今年観られる映画ももうわずか。 20日公開作品は駆け込みでいっぱい。そ...
17. 映画 【永遠のこどもたち】  [ ミチの雑記帳 ]   2009年06月18日 08:01
映画館にて「永遠のこどもたち」 『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロをプロデューサーに迎え製作されたスペイン発のホラー映画。 おはなし:孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホー...
16. 永遠のこどもたち  [ Memoirs_of_dai ]   2009年06月17日 23:54
死≠不幸 【Story】 孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホー??.
15. 【映画】永遠のこどもたち  [ 新!やさぐれ日記 ]   2009年06月17日 23:10
▼動機 「パンズ・ラビリンス」が面白かったから ▼感想 ホラー?ファンタジー?サスペンス? ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホームと...
14. 永遠のこどもたち  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2009年06月17日 22:42
古く広大な屋敷で起こる怪事件と、突然消えた我が子の行方を捜す母親の強い愛を描くスペイン製のサスペンス。 製作は、「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロー。監督は新人のJ・A・バヨナ。ゴヤ賞で脚本賞ほか7部門を受賞。 物語:海沿いにある、ある孤児院...
13. 『永遠のこどもたち』  [ ラムの大通り ]   2009年06月17日 21:00
(原題:EI Orfanato) ----『永遠の子供』って ピーターパンなんかに使われる言葉だよね。 このポスターからは そんなイメージがまったく伝わらないけど…。 「実はもっとショッキングなのもあるんだけどね…。 原題は『孤児院』。 日本の配給や宣伝サイドはホラー色を払拭...
12. 永遠のこどもたち  [ to Heart ]   2009年06月17日 20:58
愛を信じたら、本物の光が見える。 原題 EL ORFANATO/THE ORPHANAGE 製作国・地域 スペイン/メキシコ 製作年度 2007年 上映時間 108分 監督 J・A・バヨナ 音楽 フェルナンド・ベラスケス 出演 ベレン・ルエダ/フェルナンド・カヨ/ロジェール・プリンセプ/ジェラルディン・...
11. 永遠のこどもたち  [ 描きたいアレコレ・やや甘口 ]   2009年06月17日 20:53
ドアは静かに締めましょう...。 ネタバレしてるかな...。 ちょっと前に『ティンカーベル』を観たけど、アレは綺麗な映像に気を使い、小さ??.
10. 「永遠のこどもたち」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2009年06月17日 17:45
思ってたよりも怖かった〜
9. 永遠のこどもたち/ベレン・ルエダ  [ カノンな日々 ]   2009年06月17日 15:55
昨年のこの時期は近場で上映している作品はほとんど観てしまって観るものがなかったような気がするんだけど、今年はカレンダーの兼ね合いなのか、まだまだ観たい映画が何作品か残ってるんですよね。でもとりあえず年内はあと2作品くらいで締めにしようかなぁと思っていると....
8. 永遠のこどもたち◆◇EL ORFANATO ギレルモ・デル・トロ製作作品その2  [ 銅版画制作の日々 ]   2009年06月17日 15:40
 愛を信じたら、本物の光が見える。 ギレルモ・デル・トロ監督、今回は製作者として、この作品に関わっている。スペイン国内でゴヤ賞の7部門を獲得した他、数々の賞に輝いたこの作品ということと、休日というのも重なって大勢のお客さんだった。そういえば、「パンズ・ラ...
7. 永遠のボーイ  [ Akira's VOICE ]   2009年06月17日 14:37
「永遠のこどもたち」 「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」 
6. 永遠のこどもたち  [ そーれりぽーと ]   2009年06月17日 13:44
まーた『シックスセンス』を引き合いに出す映画かと思ってたら、こないだ新作映画が公開されたばかりのギレルモ・デル・トロが2007年にプロデュースしたものとのこと。 これはひょっとしたらひょっとするんじゃ?と期待を胸に、関西では今週公開の『永遠のこどもたち』を観て...
5. 永遠のこどもたち  [ いやいやえん ]   2009年06月17日 10:19
映像と雰囲気が物凄くいいですね。袋をかぶった少年なんかの映像は個人的に好みの部類。ギレルモ・デル・トロ監督の作品かと思ってたらプロデュースらしい。 冒頭の「123壁たたけ」ってあれ日本で言うところの「だるまさん転んだ」?外国にもあるんですね! 「僕はず...
4. 映画「永遠のこどもたち」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2009年06月17日 00:05
原題:EI Orfanato ウノ、ドス、トレス、チョコラーテ・イングレス、いわゆる日本の"だるまさんがころんだ"と同じで、鬼ごっこ遊び??障害を持つ子供に対するイジメと母親の愛?? とあるスペインの海辺に建つ古い孤児院、仲良くだるまさんがころんだ遊びす...
3. 永遠のこどもたち  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年06月16日 20:30
『パンズラビリンス』や「ヘルボーイ」シリーズのギルレモ・デル・トロ製作の作品。監督はフアン・アントニオ・バヨナ、そして主演はベレン・ルエダ。スペイン映画ですが、ここ最近の私はどうもスペイン語率が非常に高かったり。(笑)見過ごしてしまったのでDVD待ちのつ...
2. 『永遠のこどもたち』  [ めでぃあみっくす ]   2009年06月16日 17:54
ホラーとしても素晴らしい。ミステリーとしても素晴らしい。でも母の愛を描いた映画としてはもっと素晴らしい。そう思えるほどに完成度の高い映画でした。『海を飛ぶ夢』や『パンズ・ラビリンス』を始めとする最近のスペイン映画は本当に面白いです。そしてこの映画もその例....
1. 永遠のこどもたち  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年06月16日 12:54
 『愛を信じたら、本物の光が見える。』  コチラの「永遠のこどもたち」は、12/20公開になったスピリチュアル・ミステリーなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪2009年初となる映画館での鑑賞作品です。2006年の「ポビーとディンガン」、2007年の「リトル・ミス・サンシ...

この記事へのコメント

1. Posted by にゃむばなな   2009年06月16日 17:53
『デビルズ・バックボーン』といい、孤児院を舞台にしたホラー系作品が多いギレルモ・デル・トロですが、この映画も面白かったです。

というか、あんなほっかぶりをした子供がパーティ会場にいるだけで、私にはホラーでしたよ。
思わず『バットマンビギンズ』を思い出すやろが!と言いたくなりました。
2. Posted by KLY   2009年06月16日 20:52
ホラーと聞いて一歩引きながら鑑賞し、馴染んできて油断した瞬間にベニグマが!マジで心臓止まるかと思うほどびびりました。(笑)
賛否両論あるラストですけど、私は魂の安らぎを求めた彼女の切ない愛情に胸打たれたです。^^
3. Posted by kira   2009年06月17日 21:08
TB、有難うございました!
ギレルモ・デル・トロと聞いただけでビビリましたが、
意外と怖いというよりミステリーの要素に惹かれていたので、大丈夫でした。
やはり子供たちに呼ばれて、ラウラは帰ってきたのかな・・・
ラウラの夫も気の毒でしたよね・・
4. Posted by yukarin   2009年06月17日 22:15
>にゃむばななさんへ
そんなに観ていないギレルモ・デル・トロさんですが、このお話は好みでした。ちょっと怖かったけれども。
5. Posted by yukarin   2009年06月17日 22:17
>KLYさんへ
ホラーの種類にもよりますが、ちょっと怖かったけれども切ないお話で好きです。
そーそー、ベニグナのシーンは私かなりビックリもんでしたよ〜ヒィ。そこまでやらなくても・・・あれは怖かったですよね。
あのラストは賛否両論あるんですか〜私もKLYさんと同じかなぁ。
6. Posted by yukarin   2009年06月17日 22:20
>kira さんへ
最初は怖いほうが大きかったんですが、私もミステリー的なところに惹かれますよね。
きっと呼ばれたんでしょうね・・・
ほんとラウラの夫・・・気の毒ですね^^;
7. Posted by ミチ   2009年06月18日 08:03
yukarinさん、こんにちは〜!
ホラーは苦手なんだけど、こういう叙情的なのはオッケー!
ただ、ベニグナのあの顔が出た時は飛び上がっちゃった。
あそこだけホラーだよね〜。
「パンズラビリンス」で大佐(?)が裂けた口を縫い合わせてるシーンを思い出しちゃった。
8. Posted by yukarin   2009年06月19日 13:00
>ミチさんへ
こんにちは♪
私もこういうのは好きです。
ベニグナだけは一番こわかったですぅ〜あのシーンだけは大きなスクリーンで見なくて良かったと思いましたよ。
私も大佐の口裂けシーンを思い出しました。あれも下向いちゃいましたもん。
9. Posted by Wasabi chips   2009年06月19日 17:41
こんばんは。yukarinさんご鑑賞なさったのですね!
丁度公開がGoldenArmyと重なっていて、はしごで観てしまいました。
永遠のこどもたちは劇場内で、パンズ〜の曲がかかっていまして
もう最初から切ない雰囲気に包まれてました。

私も、とても余韻が残りましてね〜。
新鋭バヨナ監督のフォーカスもとても良かったです。
このままではGoldenArmyは観れないんじゃないかとは思いましたが(笑)

ベレン・ルエダも不思議な空気を持った女優さんだったので心に残り、
「海を飛ぶ夢」をDVDで観ました。
こちらは当作品より古いのですが
やはりとても若く見えたり、凄く年老いて見えたり
Mysticな魅力が伺えました。
10. Posted by yukarin   2009年06月19日 23:34
>Wasabi chipsさんへ
こんばんは♪
GoldenArmyと一緒だったんですね〜
関わってる方は一緒ではえらく違う作品ですしね^^;
後に観たい作品ですね。私も余韻が残りました。

「海を飛ぶ夢」は観ていないのですがちょっと気になります。時間があったら観てみようと思います♪
11. Posted by mig   2009年06月25日 16:23
4 これ、また昨日夜観てなかった人とみたんだけど

やっぱりよく出来た作品だった★
監督は怖さと感動を同時に感じてほしかったって言ってたけど本当、それに成功してるよね!
チャップリンの娘の霊媒師の方、すごく怖い雰囲気あってよかった!
12. Posted by yukarin   2009年06月26日 18:51
>migさんへ
これはよかったですねー。
確かに怖さと感動・・・大成功です。
今頃気付いたーっ。チャップリンの娘さんだったんですかー。
見終わって調べてた時に気にはなったんですが・・・
13. Posted by せつら   2009年06月28日 17:10
yukarinさん今晩は!

まるでアザーズのような作品でしたね、ラストのは悲しかったですね
壁をたたく音ですぐに気がついてさえいればこんなことにはならなかったのに
でも終わってみると怪奇現象と息子の行方不明は別だったってこと
ですね・・・子供時代の友達たちが主人公が帰ってきたことで自分たちに
起こったことを訴えていたわけですね
14. Posted by yukarin   2009年06月28日 22:51
>せつらさんへ
こんばんは♪
アザーズはまだ観ていないんです〜っ
似てるんですね。
怪奇現象と息子とはつながってるんだとばかり思ってたので、真相にはビックリでしたよ。
15. Posted by kimion20002000   2009年07月21日 22:12
TBアリガトウ。
最後のシーンはベニグナとその子供に対する、包容力みたいなことを感じました。
ベニグナも哀しい母親ですね。
子供は、悪気なく、残酷なことをしちゃう存在ですし・・・。
16. Posted by yukarin   2009年07月23日 12:54
>kimion20002000さんへ
最期は怖かったベニグナですけど、彼女も哀しい母親なんですよね。
子どもは悪気がないというところがこわいです。
17. Posted by ノルウェーまだ〜む   2010年12月20日 02:37
yukarinさん、ようやく見たよー
さすが素晴らしい作品でした!
でも、近年味わったことの無い恐怖を体験しちゃったわ。
私は倉庫を探していた時点で、結末を予想しちゃったけど、まさかお部屋まであったとは気が付かなかった〜
ベニグナの事故と、トマスの顔は、ちょっとやりすぎじゃ?って思ったけど、(だってそんなに地下に閉じ込めておくくらいの子だったら、ビデオに顔を撮らないよね)違和感を感じる暇も無く、ぐいぐい惹きつけられる映画でした☆
18. Posted by yukarin   2010年12月22日 12:46
>まだ~むさんへ
おお観ましたか~良かったですよね。
じわ~っと怖かったです。
未だに覚えてるベニグナの事故、、、
あれはやりすぎでしたね^^;

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ブラック・レイド 死の人体実験を阻止せよ! [DVD]永遠のこどもたち [DVD](BlogPet)