クヒオ大佐素直になれなくて(ドラマ)

2010年04月15日

TEN(テン) -

TEN(テン)
【TEN】 2008年 オーストリア 90分
監督:ウルズ・エッガー
出演:クリストフ・ヴァルツ、ジルク・ボーデンベンダー、トビアス・モレッティ、スティーヴン・バーコフ

Story:とある地下室で拷問された若い売春婦の死体が発見される。さらに翌日には両腕を切られた麻薬の売人の死体が見つかり、捜査官のペーターズは捜査に乗り出すのだが…。

イングロリアス・バスターズ』のクリストフ・ヴァルツ主演のサイコサスペンス・・・とありますが主人公ではありません。主人公の同僚の設定で普通の捜査官で不倫中という役どころでした。パッケージも予告編もいかにも主役のようですが、やはりアカデミー賞助演男優賞受賞は影響力ありますなァ。

タイトルのTEN、その名の通り十戒をモチーフにしたお話です。拷問された売春婦の死体、2人目は両腕を切断された麻薬の売人の死体が見つかります。その後も死体は見つかり、すべて関連性があることを示す数字が表されています。

まぁ、似たようなお話はあるので特に新鮮さはないのですが、この手の設定は好き。犯人は影らしき人物がちょこっと見えただけでわかりません。しかしラストでちょっぴり衝撃ラストありです。合間合間に出てくるモノクロのコミック風の映像は何かヒントが?

ちなみに今回は第一章で、続きの第二章は・・・5月7日レンタルだった。しまったー、続きがかなり気になるっっ。これは前後編?として一気観をおすすめします。クリストフ・ヴァルツさんの名前で飛びついちゃったのでうっかり続編ものを観てしまいましたわ。



このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのトラックバック

1. 【DVD】TEN(テン)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2010年04月16日 07:58
【監督】ウルズ・エッガー 【出演】クリストフ・ヴァルツ/ジルク・ボーデンベンダー/トビアス・モレッティ/スティーヴン・バーコフ 【公開...

この記事へのコメント

1. Posted by BlogPetのこうちゃん   2010年04月15日 15:30
yukarinが影響するの?
2. Posted by メビウス   2010年04月16日 07:58
yukarinさんおはようございます♪TB&コメント有難うございました♪

なんか珍しく同じ日にお互いアップしてたみたいなのでyukarinさんの時間帯を見たら自分と1〜2時間くらいのニアピンだったので、今回はほぼドンピシャアップのようになってますね。面白い事もあるものです♪

・・でもこの作品っておそらくヴァルツさんが助演男優賞を受賞しなければジャケットもあんな風にはならなかったんじゃないでしょうかね〜?^^;ヴァルツさん主演を前提に借りたもんですから最初こそ違うじゃんと突っ込んじゃったものの、『セブン』のような見立て殺人を用いた設定は自分も好きなので、主役がヴァルツさんじゃなくても全然気にならなくなってしまいました(笑

ようやくっ所で次回に続くみたいになっちゃったので、これは第2章も必見ですねぇ。あ・・でも第2章のジャケットもまたヴァルツさんだったどうしましょう・・・(汗
3. Posted by yukarin   2010年04月18日 21:47
>メビウスさんへ
こんばんは♪
同じ日にアップでうまく合いましたね(笑)
そうそうヴァルツさんが受賞しなければこの作品も世に出なかったかもしれないしあのジャケット写真にもならなかったでしょうね。
まだ続きなので評価は低めですが続きが気になりますね。
きっと次も多くの人に観てほしいだろうからジャケットはヴァルツさんなんじゃないですかねぇ^^;

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
クヒオ大佐素直になれなくて(ドラマ)