大脱走ファンボーイズ

2010年05月12日

猟犬たちの夜/オルフェーヴル河岸36番地―パリ警視庁 (前編) -

猟犬たちの夜 オルフェーヴル河岸36番地-パリ警視庁 【完全版】 [DVD]
【FLICS】 2008年製作 フランス 100分
監督:ニコラ・キュシュ
出演:フレデリック・ディファンタール、ヤン・サンベール、カトリーヌ・マルシャル、マルク・バルベ、グウェンドリーヌ・アモン、アナベル・エトマン

Story:パリ警視庁の刑事・ヤックは、爆破事件の犯人逮捕のため、かつての相棒・コンスタンティンと組むことになる。以前は最強タッグとして名を馳せたふたりだったが、ある事件以来不仲に・・・。

あるいは裏切りという名の犬』『やがて復讐という名の雨』のオリヴィエ・マルシャル監督が脚本を手がけたノワールアクションの前編。前後編200分、全4話で構成されているので観やすいです。前編は2話が収録されています。

いきなり冒頭から車が大爆発!! パリ警視庁長官を狙ったと思われる車の爆破事件が発生し運転手が巻き込まれてしまいます。この爆破事件の捜査のために強盗鎮圧班のヤックと殺人班のコンスタンティンが任命されます。かつては親友だった二人、過去の事件をきっかけに不仲に...。それぞれ独自の捜査を始めてしまいます。

気になる過去の事件は、チラホラとフラッシュバックされるので何となく理解はできます。捜査を続ければ次第に協力しあって・・・と行きたいところですが、コンスタンティンの行動が裏目に出てますます溝を深めてしまうんですねぇこれが。

ワイルド系イケメンのヤックはあの『Taxi』シリーズのドジな刑事エミリアン。あのオバカなイメージが強いんですが、同一人物とは思えないほどクールでカッコイイ、そして髭もじゃ、、、。一方、コンスタンティンは『トランスポーター3』のヤン・サンベール。どんな役だったか記憶が薄れちゃったんですが、こちらはヤックとは真逆のタイプのすっきり顔のイケメン刑事。

マルシャル監督作品のような重々しさがなく、テンポも良いのでさくさく観られます。メインの刑事も若いのでアクションシーンも多い。最初の爆破事件の犯人を追っていくのですが、過去の事件の犯人も出てきたり他の殺人事件が絡んできたり少しずつ複雑になっていきます。

そして前半終了では衝撃的なラスト。全く想定してなかった人が悲しい展開にはショックでした...。早く続きが観たい!!!



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
大脱走ファンボーイズ