ココ・シャネルプリズン 211

2010年07月14日

レクイエム -

レクイエム
【FIVE MINUTES OF HEAVEN】 2009年劇場未公開 イギリス/アイルランド 89分
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演:リーアム・ニーソン、ジェームズ・ネスビット、アナマリア・マリンカ、ポーリーヌ・ハットン、アンドレア・アーヴァイン、マーク・デイヴィソン、ケヴィン・オニール


1975年、殺人を犯したアリスターと兄を殺され復讐に燃える被害者の弟・ジョー。30年後にあるテレビ番組を通じて再会することになるが...。

監督は『es [エス]』『ヒトラー 〜最期の12日間〜』『インベージョン』のオリヴァー・ヒルシュビーゲル。

“北アイルランド紛争”の中で、殺人を犯したアリスターと兄をアリスターに殺された弟ジョーとの和解のお話です。難しそうなお話かなと思いましたが、紛争についての知識があまりなくても大丈夫でした。

あの日、何とかしたら止められたはずだと母親に責められ続けた弟のジョー。彼にとってはいつまでも母親の言葉に苦しめられて生きてきました。そして殺人を犯した罪の意識でずっと苦しんできたアリスター。二人は30年間も苦しみ続けてきました。そして、ある日番組の企画で再会することになります。

兄を殺した男がドアの向こうにいる・・・
そして握手を求められこちらも手を握れば和解になるはずだった。

しかし番組の企画は失敗に終わります。やはり和解は難しいのか、被害者と加害者が会うことは無理なんだろうか。しかもジョーはアリスターを刺そうとナイフを忍ばせていたから和解になんてならない。

復讐を繰り返すだけで争いは終わらない。
やはりどこかで終わりにしなきゃいけない・・・
でも簡単なことじゃないんですよね。

これがまたなかなか二人は会わないんですよね。まぁ、二人が会った時、何が起るんだろうというドキドキ感はあります。かなりシリアスなドラマで地味。でもリーアム・ニーソンとジェームズ・ネスビットのお二人の熱演で目が離せませんでした。アリスターとジョーの複雑な心境が痛いほど伝わってきてちょっと辛かったです。

戦争の中で起きた事件、この作品が選択したラストは実際の所どうなんでしょうね。会ってお互いの心に決着をつけ前に一歩踏み出すためのキッカケではあると思いますが。でも実際にその立場にならないとわからないですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:49│Comments(0)ラ行の映画 | ★★★(3/5)

この記事へのトラックバック

1. 【映画】レクイエム…期待とは違ったし内容的にも難敵  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2010年08月09日 15:21
今日からお盆までは夜勤のピロEKです{/face_yaho/} 先日「アイアンマン2」の記事で煩悩を綴ったフィギュア。 そのうちの二つを予約できてテンションが上がっている{/up/}{/up/}けど、支払いを考えると憂鬱{/face_hekomu/}{/down/}なピロEKでもあります(約2万円×2コ)。...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ココ・シャネルプリズン 211