ボーダーうぬぼれ刑事、最終回。

2010年09月17日

レインマン -

レインマン (アルティメット・エディション) [DVD]
【RAIN MAN】 1989/02公開 アメリカ 134分
監督:バリー・レヴィンソン
出演:ダスティン・ホフマン、トム・クルーズ、ヴァレリア・ゴリノ

高級外車のディーラーをしているチャーリー(クルーズ)の元に、自分を勘当した父の訃報が届く。遺産目当てに故郷に戻った彼だったが遺産の300万ドルは見た事もない自閉症の兄、レイモンド(ホフマン)の手に渡る事を聞かされる。なんとか金を物にしようとチャーリーは施設にいるレイモンドを誘拐まがいに連れ出し、ロスに戻ろうとするのだったが……。(allcinema ONLINEより)

「午前十時の映画祭」30週目、DVDで観ました。1988年アカデミー賞、作品賞、主演男優賞(ダスティン・ホフマン)、監督賞、脚本賞を受賞。

久々に観てもやっぱりこの作品は良いですね。
父親に勘当されたチャーリーが父の訃報をきっかけに、自閉症の兄・レイモンドと出会い忘れていた愛情を取り戻すという心温まるお話。

存在すら知らなかった兄に遺産の300万ドルが渡ると知ったらそりゃビックリ。仕事もうまく言ってないし、何とかお金を物にしちゃおうと、兄のレイモンドを施設がほぼ誘拐のように連れ出してしまう。

しかし、レイモンドは自閉症のため思うようにコミュニケーションが取れず苛立つチャーリー。このあたりは自己中で、父親の死よりもお金、お金ですごく嫌なヤツなんですが、二人で行動していくうちに、だんだん兄の存在を認め始めて、そして理解しようとしていく自然な流れが良かったですね。それとチャーリーの恋人の存在も重要ですね。

トムの演技も良かったけれど、やはりダスティン・ホフマンは素晴らしかった。初めて観た時は、ダスティン・ホフマンの自閉症の演技がもはや演技ではなくて、本当になっちゃったの?と思うほど驚いたんですよね。小走り気味に歩く姿や首をちょっと傾げた感じがなんか可愛く思えちゃう。落ちた楊枝の本数を一瞬で分っちゃうシーンが妙に印象的だったのを覚えてます。ただモンじゃねぇ〜と思ったもんでした、、、。

かなり時が経ってから観た今でも素晴らしい〜。2人が頭をくつけるシーンは泣ける〜。エンドロールの旅の写真が素敵。見終わった後にかなり余韻が残る良い作品でしたね。



このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのトラックバック

3. レインマン  [ 象のロケット ]   2010年09月18日 00:33
10代で家出したまま高級外車ディーラーを営むチャーリーは事業上のトラブルでお金が必要になる。 そんな時、父の訃報が届き遺産目当てに帰郷するが自閉症で永い間入院したままの兄の存在を知ることになる…。 ヒューマンドラマ。
2. レインマン  [ 悠雅的生活 ]   2010年09月17日 19:59
Kマートは最低。
1. レイン・マン  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2010年09月17日 17:11
 実を言うとこの映画は、似たような時期に公開されたシュワちゃん&ダニー・デヴィートの双子コメディの「ツインズ」とごっちゃになっちゃっていて、てっきりコメディだと思っていたんです。だから観てびっくり!とてもいい映画だったんですねぇ。  ってそんな勘違いをし....

この記事へのコメント

1. Posted by にゃむばなな   2010年09月17日 21:03
この主演の2人、年齢的・イメージ的に不釣合いのように感じても、やはり2人とも背が低いこともあって絵的には兄弟っぽく見えちゃうのが凄いですよね。

ちなみに昔地元にあったユニクロにこの映画のポスターが飾ってありました。
個人的にこのポスターを選ぶお店のセンスは本当に好きでしたよ。
2. Posted by yukarin   2010年09月18日 23:24
>にゃむばななさんへ
そういえば二人とも背が低いんですよね。
そうそう年齢的にも兄弟という感じではないのにすんなり兄弟と思えてしまいますね。

ユニクロにポスターがあったんですか?
なかなかセンスいいですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ボーダーうぬぼれ刑事、最終回。