殺し屋ってどこにあるかな(BlogPet)ギプスの女

2010年11月08日

ラストプラン -

ラスト・プラン [DVD]
【ABANDONED】 2010年オリジナルビデオ アメリカ 93分
監督:マイケル・フェイファー
出演:ブリタニー・マーフィ、ディーン・ケイン、ミミ・ロジャース、ピーター・ボグダノヴィッチ、ジェイ・ピケット

足を怪我をした恋人ケヴィンを病院まで付き添いに言ったメアリー。1時間ほどで手術が終わるはずだったが何時間たってもケヴィンは戻らず、病院内の記録も全て末梢されていて彼は忽然と姿を消してしまう....。

2009年12月に亡くなったブリタニー・マーフィさんの最後の作品。

この作品もな〜んにも予備知識を入れないで観るのがおすすめですね。ケヴィンがいなくなった時、ホラーがかった病院内の人たちの陰謀ものかと思ってたのですが全く違ってました。そういうの観すぎかなァ。これは『フライトプラン』にかけた邦題なんですかね。内容もちょっと似てるし(笑)。

恋人の行方が分からなくなって病院中を探し回っても見つからず、記録も無し。病院の人たちの陰謀か、それとも外部の人間の陰謀か・・・と思うと、メアリーの周りの人たち全てが怪しくなる。警察沙汰にまで発展、しかしメアリーがバッグから落とした抗うつ剤によって立場が逆転してしまいます。

抗うつ剤の威力はすごいですね。ただ持ってるというだけで即精神病扱いされて、メアリーの言動は何を言ってもすべて妄想ととらえられてしまう。でもこの手のお話は見慣れた人にはその後の展開はわかってしまいますね。でも、後半、真相が分かってからのメアリーの行動がカッコイイ。いざとなったら女は強いなー。それに犯人との駆け引きも面白かった。映画並みの面白さはないけれど、気軽に楽しむには良い作品だと思います。

ブリタニーさん、かなりやつれた感じがありましたね。ちょっと気の毒でした。この作品の雰囲気には合ってましたけど、今思うと切ないですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:54│Comments(3)ラ行の映画 | ★★★(3/5)

この記事へのトラックバック

1. ラストプラン  [ 映画通信みるみる ]   2010年11月09日 01:39
ブリタニー・マーフィー、渾身の遺作 2009年、複数の薬剤服用と肺炎や貧血など、偶発的な原因により、32歳という若さで急逝したブリタニー・マーフィさん、最期の主演作です。 恋人ケビンの手術の付き...

この記事へのコメント

1. Posted by BlogPetのこうちゃん   2010年11月08日 15:22
yukarinが監督するの?
2. Posted by kino   2010年11月09日 01:38
ブリタニーさん、病人みたいに見えますね。
映画内容と現実が、ダブって、ちょっと、痛々しくもありました。
白いタンクトップで、病院内を走る姿は、T2のサラ・コナー風でしたね。
いかにもB級低予算だけど、彼女の表情だけでも、観応えはありました。
最後の作品なので劇場公開だったら、よかったんですけどね。
3. Posted by yukarin   2010年11月09日 13:48
>kinoさんへ
役作りかと思ってましたがそれにしても大丈夫かなと思うくらいでした。
でも後半の活躍は良かったですよね。
うんうんサラ・コナーな感じ!
最後というのが本当に残念ですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
殺し屋ってどこにあるかな(BlogPet)ギプスの女