ヤギと男と男と壁と月の輝く夜に

2011年02月16日

クロスゲーム -

クロスゲーム [DVD]
【LIES & ILLUSIONS】 2009年劇場未公開 アメリカ 93分
監督:ティボー・タカクス
出演:クリスチャン・スレイター、キューバ・グッディング・Jr、クリスタ・キャンベル、サラ・アン・シュルツ

ベストセラー作家のウェス・ウィルソンは、出版パーティが開かれた夜にサマンサにプロポーズ。
しかし、その直後二人は何者かに襲われサマンサは連れ去られてしまい帰らぬ人となってしまう。
一年後、ウェスは貸金庫に預けられていたサマンサの遺品を受け取ろうとするが、怪しげな組織が彼を狙い始める...。

クリスチャン・スレイター主演のサスペンスアクションです。
要するに巻き込まれ系のお話で、ただの作家なのにサマンサと婚約をしたばかりに謎の組織に狙われるというものです。

音楽がスパイ映画っぽい(笑)。
突然さらわれて殺されたと思われるサマンサ、雰囲気からしてだいたい生きていて...というパターンですね。
展開は予想できるし、クリスチャン・スレイターは二人の美女に振り回されて、組織には命まで狙われて・・・本人も言ってるけど、ただの物書きなのにとんだとばっちりでかわいそう(笑)。

命を狙われてるのにあまり緊迫感もないんだけど、カーアクションは面白かった。
車がガツンガツン、そしてぶっ飛んでいく、そこそこハデさがあるんだけどハラハラドキドキというもんではないです。
女性同士の格闘も美女同士だから楽しめる。
今回のクリスチャン・スレイターはもてもてサンね。
だけどえらい目にあわされてボロボロです、、、。
とにかく女性陣がカッコ良いです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 11:32│Comments(0)★★★(3/5) | カ行の映画

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ヤギと男と男と壁と月の輝く夜に