ハ行の映画

2011年08月17日

ブローン・アパート -

ブローン・アパート [DVD]
【INCENDIARY/BLOWN APART】 2011/01/29公開 イギリス R15+ 100分
監督:シャロン・マグアイア
出演:ミシェル・ウィリアムズ、ユアン・マクレガー、マシュー・マクファディン、ニコラス・グリーヴス

不倫相手との情事中に夫と息子を自爆テロの巻き添えで失ったヒロインの苦悩と、事件の裏に潜む真相を描いたおはなし。
『ブリジット・ジョーンズの日記』のシャロン・マグアイア監督によるクリス・クリーヴの小説『息子を奪ったあなたへ』を映画化したドラマ。続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 13:01|PermalinkComments(0)

2011年08月08日

プルートで朝食を -

プルートで朝食を [DVD]
BREAKFAST ON PLUTO】 2006/06/10公開 アイルランド/イギリス 127分
監督:ニール・ジョーダン
出演:キリアン・マーフィ、リーアム・ニーソン、ルース・ネッガ、ローレンス・キンラン、スティーヴン・レイ

神は、彼にほんの少しの試練を与えた


アイルランドの小さな町に生まれたパトリック。生みの親は彼を教会の前に置き去りにして行方をくらまし、パトリックは近所に住むブレイデン家の養子として育てられる....。続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 00:00|PermalinkComments(0)

2011年08月04日

ホスピタル・オブ・ザ・デッド 〜閉ざされた病院〜 -

ホスピタル・オブ・ザ・デッド~閉ざされた病院~ [DVD]
【PATIENT X】 2009年劇場未公開 フィリピン 90分
監督:ヤム・ララナス
出演:リチャード・グティエレス、クリスティーン・レイエス、TJ・トリニダード、ミリアム・キャンバオ

乳母家族に家族全員を殺害されたルーカスは、外科医として静かな毎日を送っていた。ある日、殺人犯のひとりが捕まったことを知り、彼はその町の病院を訪ねるが...。続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 00:00|PermalinkComments(0)

2011年08月03日

パラドックス PARADOX -

パラドックス ~PARADOX [DVD]
【PARADOX】 2010年劇場未公開 カナダ 86分
監督:ブレントン・スペンサー
出演:ケヴィン・ソーボ、ステフ・ソング、クリストファー・ジャッジ、A・C・ピーターソン、アリセン・ダウン

科学の代わりに魔術が文明の基礎となっている世界・マジックシティ。奇怪な連続殺人事件を担当する刑事のショーンは、捜査の中で科学が支配するもうひとつの世界があることを知る...。続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 00:00|PermalinkComments(0)

2011年08月02日

フレネミー 〜史上最悪の無計画男たち〜 -

フレネミー~史上最悪の無計画男たち~ [DVD]
【LITTLE FISH, STRANGE POND/FRENEMY】 2009年劇場未公開 アメリカ 80分
監督:グレゴリー・ダーク
出演:マシュー・モディーン、ザック・ガリフィナーキス、ポール・アデルスタイン

Mr.ジャックスウィート・スティーブンはアロハシャツを着た店長のバッキーの経営する馴染みのアダルトショップにいくと、いきなり強盗が押し入り...。続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 00:00|PermalinkComments(0)

2011年07月23日

ブルースチール -

ブルー・スチール 【HDリマスター版】 [DVD]
【BLUE STEEL】 1990/04公開 アメリカ 102分
監督:キャスリン・ビグロー
出演:ジェイミー・リー・カーティス、ロン・シルヴァー、クランシー・ブラウン、ルイーズ・フレッチャー、エリザベス・ペーニャ

正義を愛した少女が警官になった…N.Y.野獣のすむ街

念願叶って警官になったメーガンは、初めてのパトロールの夜にスーパーマーケットの強盗を射殺してしまう。ところが犯人の銃は出てこないためメーガンは停職処分になってしまう。やがてその銃を手に入れていた何者かが無差別連続殺人を始め、薬莢にはメーガンの名前が彫られていた。そんな中メーガンは、恋に安らぎを求めるがその相手こそが連続殺人事件の犯人だった...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 18:36|PermalinkComments(0)

2011年07月16日

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 -

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
【HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART II】
2011/07/15公開 イギリス/アメリカ 130分
監督:デヴィッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、ロビー・コルトレーン、レイフ・ファインズ、マイケル・ガンボン、アラン・リックマン、マギー・スミス、トム・フェルトン

これが最後。

ヴォルデモートを滅ぼすべく“分霊箱”を破壊するための旅に出たハリー、ロン、ハーマイオニー。数々の困難に直面し、またヴォルデモートが放つ死喰い人の追撃に苦しめられながらも一つひとつ分霊箱を破壊し、残る分霊箱の発見に奔走していた。しかしそこには、さらなる危機と驚愕の真実がハリーを待ち受けていた...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 00:55|PermalinkComments(0)

2011年07月11日

ホワイトチャペル -

ホワイトチャペル
【WHITECHAPEL】 2009年 イギリス 136分
監督:S・J・クラークソン
出演:ルパート・ペンリー=ジョーンズ、フィル・デイヴィス、スティーヴ・ペンバートン、アレックス・ジェニングス、クリストファー・フルフォード

ロンドンのイーストエンドで発見された女性の惨死体。喉を切り裂くその犯行は、19世紀末にロンドンを震撼させた殺人鬼“切り裂きジャック”の犯行と瓜ふたつだった...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 11:32|PermalinkComments(0)

2011年07月03日

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える -

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える

【THE HANGOVER PART II】 2011/07/01公開 アメリカ R15+ 102分
監督:トッド・フィリップス
出演:ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィナーキス、ケン・チョン、ジェフリー・タンバー、ジャスティン・バーサ、ポール・ジアマッティ、ジェイミー・チャン、メイソン・リー、マイク・タイソン

飛べ、異国の地へ!! 飛ぶな、昨夜の記憶!!

フィル、ステュ、アラン、ダグの4人はステュの結婚式に出席するため、一路タイへ。ラスベガスでのバチェラー・パーティーの二の舞を避けようと、ステュはつつましいブランチを計画していた。しかし、翌朝二日酔いで目覚めると部屋はメチャクチャ、新郎の顔には入れ墨が刻まれ、花嫁の弟は行方不明、代わりに1匹のサルがいて...。
本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 22:27|PermalinkComments(0)

2011年06月30日

バレッツ -

バレッツ [DVD]
【L'IMMORTEL/22 BULLETS】 2011/02/19公開 フランス R15+ 117分
監督:リシャール・ベリ
出演:ジャン・レノ、ジヤン=ピエール・ダルッサン、マリナ・フォイス、ジョーイ・スタール、ファニ・コラローヴァ、カド・メラッド、リシャール・ベリ、リュック・パラン

『レオン』から17年──
愛する者を守るため、
男は再び戦うことを決意する。

かつて、マルセイユの街を支配するマフィアのボスだったシャルリは、いまは愛する家族と平穏な日々を送っていた。しかしある日突然、何者かに襲われ22発もの銃弾を撃ち込まれる...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:52|PermalinkComments(0)

2011年06月24日

僕の大切な人と、そのクソガキ -

僕の大切な人と、そのクソガキ [DVD]
CYRUS】 2010年劇場未公開 アメリカ 91分
監督:ジェイ・デュプラス、マーク・デュプラス
出演:ジョン・C・ライリー、ジョナ・ヒル、マリサ・トメイ、キャサリン・キーナー、マット・ウォルシュ

離婚して以来サエない日々を過ごしていたジョンは、ある晩パーティで理想の女性モリーと出会う。すっかり惚れ込んだジョンだったが、彼女が21歳になる息子サイラスと二人暮らしをしていることを知る...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 13:13|PermalinkComments(0)

2011年06月16日

ヴァーチャル・ウォーズ -

ヴァーチャル・ウォーズ [DVD]
【GHOST MACHINE】 2010年劇場未公開 イギリス 92分
監督:クリス・ハートウィル
出演:ショーン・ファリス、レイチェル・テイラー、ルーク・フォード

イギリス陸軍基地でアバターに仮想戦争を体験させるプログラムを作成していた技術スタッフのトムは、そのソフトを持ち出し廃墟となった刑務所で仲間と共にプレイするが…。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:50|PermalinkComments(0)

2011年06月09日

バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト -

バッド・ルーテナント 刑事とドラッグとキリスト 【デジタルリマスター版】 [DVD]
【BAD LIEUTENANT】1994/06/公開 アメリカ 97分
監督:アベル・フェラーラ
出演:ハーヴェイ・カイテル、ゾー・ルンド、フランキー・ソーン、ヴィクター・アルゴ、ポール・カルデロン

ニューヨークを巡回する警部補のLTは、パトロール中に見かけた売人に麻薬をせびり、ノミ屋を通して巨額の金を野球の試合に賭けるなど、酒とドラッグに溺れ、毎日を悪徳の中で過ごす暴力刑事。今日も交通違反に引っ掛かった若い娘にワイセツな行為を働き、ジャンキーの愛人のもとに通いつめる毎日を送っていた。そんな彼がある日出会った1人の尼僧。暴漢にレイプされながらも犯人を許すと語る彼女のその言葉と眼差しに、彼は次第に混乱をきたしてゆく……。 (allcinema ONLINEより)

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:38|PermalinkComments(0)

2011年06月04日

パラダイス・キス -

パラダイス・キス
2011/06/04公開 日本 116分
監督:新城毅彦
出演:北川景子、向井理、山本裕典、五十嵐隼士、大政絢、賀来賢人、加藤夏希、高橋ひとみ、小木茂光、羽田美智子

自分の可能性を信じなきゃ
何も始まらない

都内有数の進学校に通う女子高生・早坂紫は、親の望むままに学校と塾を往復する日々を送る自分の生き方に疑問を抱き始めていた。そんなある日、ファッション業界を目指す専門学校生の小泉から学園祭のショーモデルにスカウトされる。最初は戸惑う紫だったが、夢をひたむきに追い掛ける仲間と共に過ごすうちに、自分の歩む道を見いだしていく。(シネマトゥディより)

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 18:30|PermalinkComments(0)

2011年06月03日

ホット・ロック -

ホット・ロック [DVD]
【THE HOT ROCK】 1972/06公開 アメリカ 105分
監督:ピーター・イエーツ
出演:ロバート・レッドフォード、ジョージ・シーガル、ロン・リーブマン、ポール・サンド、ゼロ・モステル、モーゼス・ガン、トポ・スウォープ、ウィリアム・レッドフィールドリー・ウォレス

アフリカ某国の大使から依頼され、ブルックリン博物館から高額なダイヤを奪う事になった泥棒プロフェッショナルたち。計画はうまくいったかに見えたが、ドジった一人がダイヤを呑み込んだまま捕まったために作戦変更、今度はそいつが囚われた刑務所への潜入となる...(allcinema ONLINEより)。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 13:51|PermalinkComments(0)

2011年05月29日

プリンセストヨトミ -

プリンセス トヨトミ
2011/05/28公開 日本 119分
監督:鈴木雅之
出演:堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、笹野高史、和久井映見、中井貴一

大阪全停止。
その鍵を握るのは、
トヨトミの末裔だった。

会計検査院の調査官である松平元、鳥居忠子、旭ゲーンズブールの3人が、府庁など団体の実地調査のため東京から大阪にやってきた。順調に調査を進める中、不審な財団法人を見つけ徹底的に調査するが、変わった様子もなく引き上げようとしたとき、大阪国総理大臣と名乗る男が現れる。そして、大阪中を巻き込む思いも寄らぬ事態へと発展していき...

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 11:48|PermalinkComments(0)

2011年05月21日

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉 -

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉
【PIRATES OF THE CARIBBEAN: ON STRANGER TIDES】 2011/05/20公開 アメリカ 141分
監督:ロブ・マーシャル
出演:ジョニー・デップ、ペネロペ・クルス、ジェフリー・ラッシュ、イアン・マクシェーン、サム・クラフリン、アストリッド・ベルジュ=フリスベ、ケヴィン・R・マクナリー、キース・リチャーズ

相棒ギブスを救うためロンドンに降り立ったジャック・スパロウ。彼はそこで、かつて愛した女海賊アンジェリカと思わぬ再会を果たす。彼女は父親である最恐の海賊“黒ひげ”のために、永遠の生命をもたらすという“生命(いのち)の泉”を目指そうとしていた...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 00:38|PermalinkComments(0)

2011年05月12日

ブラック・スワン -

ブラック・スワン
【BLACK SWAN】 2011/05/11公開 アメリカ R15+ 108分
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー

純白の野心は、
やがて漆黒の狂気に変わる…

ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナは、バレエに全てを捧げて厳しいレッスンに励む日々。芸術監督のトーマスは、花形のベスを降板させ、新しい振り付けで新シーズンの「白鳥の湖」公演を行うことを決定する。そしてニナが次のプリマ・バレリーナに抜てきされる...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 13:31|PermalinkComments(0)

2011年05月09日

フレンチコネクション(午前十時の映画祭) -

フレンチ・コネクション [DVD]
2度目の「午前十時の映画祭」参加です。今日は2日に出勤したので振り替え扱いでお休みでした〜。ってことで私のGWは今日までなりぃ。『ダーティハリー』ほどじゃなかったけれどそこそこ入ってたかなー。だいたいがおじさまでしたね。

こちらの作品もテレビでしか観たことがなくて、あのジーン・ハックマン演じるポパイが電車で逃げる組織の殺し屋を車で追跡するシーンが見たいがために観に行ったようなもの。今観ても緊張感ある追跡シーンはやはり大きなスクリーンで観ると格別ですな。それと建物の上から銃撃されるシーンも見逃せない。実際にあった話ではないけれどそれらしい雰囲気は好きですね。すでに感想はコチラにアップしてあるので簡単に済ませます。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 23:59|PermalinkComments(0)

2011年04月27日

パリ・エキスプレス -

パリ・エキスプレス [DVD]
【COURSIER/PARIS EXPRESS】 2008年劇場未公開 フランス 88分
監督:エルヴェ・ルノー
出演:ミカエル・ユーン、ジェラルディン・ナカシュ、ジミー・ジャン=ルイ、カタリーナ・ドゥニ、ディディエ・フラマン

バイク宅配会社のドライバー・サムは、ある日ロキという人物宛ての荷物を届ける依頼を受けたことをきっかけに何者かに命を狙われるが...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:52|PermalinkComments(0)

2011年04月11日

ベストセラー -

ベストセラー [DVD]
【BEST SELLER】 2010/12/04公開 韓国 PG12 117分
監督:イ・ジョンホ
出演:オム・ジョンファ、リュ・スンリョン、チョ・ジンウン、イ・ドギョン、パク・サラン

悲劇の始まりは22年前だった…

女性ベストセラー作家のペク・ヒスはある日、彼女の最新作が盗作の疑いをかけられその名声は地に落ちてしまう。2年後、再起を図るヒスは執筆に集中するため山奥の寒村に建つ古い別荘に娘のヨニと共に向かう。ほどなく、ヨニがヒスには見えない何者かと会話するようになり、やがてヨニの話す奇妙な物語に興味を抱いたヒスは、それを小説のモチーフに新作を完成させる...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 17:12|PermalinkComments(0)

2011年04月05日

ブローン・アウェイ/復讐の序曲 -

ブローン・アウェイ/復讐の序曲 [DVD]
【BLOWN AWAY】 1994/10公開 アメリカ 121分
監督:スティーヴン・ホプキンス
出演:ジェフ・ブリッジス、トミー・リー・ジョーンズ、スージー・エイミス、ロイド・ブリッジス、フォレスト・ウィッテカー

爆発物処理隊員と爆弾作りの天才の脱獄囚との戦いを描いたアクション・バイオレンス。テレ東でちょい前に放送したものを観ました。

おっ、クルー?と思ってしまう若いジェフ・ブリッジスと、冒頭いきなりの長髪のトミー・リー・ジョーンズにビックリ。でもジョーンズさんてば、すぐ脱獄して短髪になっちゃうのが残念。でもいっちゃった感の悪役は良かったな。

ジェフ・ブリッジスvsトミー・リー・ジョーンズの壮絶な攻防を描いたお話ではあるんですが、あまりハラハラしませんでした(笑)。ジョーンズが爆弾しかけてブリッジスが解除するいたちごっこ。赤と青の配線もどちらを切るかお見通しだし(笑)。

でも、後半のジョーンズを追い詰めての大爆破シーンは一番の迫力がありましたけどね。全体的になーんかいまひとつな感じでした。何か足りなかったんだろうか...。

そういえば『スピード』と似たようなシーンがあった。
それとパパ・ロイド・ブリッジス、息子と共演♪
ちょっと好みのおじいちゃんだった(笑)



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:36|PermalinkComments(0)

2011年03月23日

ほぼトワイライト -

ほぼトワイライト [DVD]
【VAMPIRES SUCK】 2010年劇場未公開 アメリカ 84分
監督:ジェイソン・フリードバーグ
出演:マット・ランター、クリス・リッジ、ケン・チョン、ジェン・プロスク、アンリーズ・ファン・ダー・ポール

トワイライト」シリーズを本当にほぼ忠実に描いたパロディ。監督は『鉄板英雄伝説』『ほぼ300 <スリーハンドレッド>』のジェイソン・フリードバーグ。第31回(2010)のラジー賞でも最低映画賞にノミネートされてましたね。

本家を観てなくても、シリーズが84分でわかるダイジェスト版。知ってる人はクスクス笑いで楽しめることでしょう。メインの登場人物たちがなんとなく似てる。女性陣はなかなかキレイ所が揃ってると思います。

こちらのエドワードのほうがまだいいほうかなぁ。あの顔の白さはせっせとファンデーションで青白くしている。遠目にはカッコよく見える...かも?。ジェイコブは10分ごとに上半身を脱ぐ契約をしているので脱がないといけないらしい。猫を見かけるとつい四つ足で追いかけてしまうジェイコブがちょっと可愛く思える。

一応お話はほぼ忠実に追っているんだけど、思わずテレビに向かってツッコミを入れたくなるメチャクチャぶり。ちょっと下品なところもありです、、、。

『ほぼ300』もそうだけど爆笑的な面白さではないんですよね。どちらかというとちょっと引きぎみ体制での鑑賞なんですがこういうのは嫌いじゃないです。とにかく本家にほぼ(←ここ大事)忠実なのが笑えるんです。もともと本家はナナメ観してるし何やらかしても私はOK。純粋にファンの方にはおすすめできませんな。

ラストはそうきたかー。でもってベッカが・・・。

そうそうベッカのママがつきあってるのはプロゴルファー。
ベッカが手に取ったゴルフ雑誌がタイガー・ウッズには笑いました。

★★★.3



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:49|PermalinkComments(4)

2011年03月21日

バッド・フィンク -

バッド・フィンク [DVD]
【FINK!】 2005年劇場未公開 オーストラリア 92分
監督:ティム・ボイル
出演:サム・ワーシントン、タマラ・クック、ジョニー・ボクサー

コンピューター・ハッカーを殺そうとしたギャングのボス、テレンス。手下が間違って隣人を殺してしまったことから事態はややこしくなり、ハッカーも殺し屋を雇い...。

サム・ワーシントン主演のクライム・アクションということで、観てみたのですがこれがまたまたつまらない、、、。

見始めて状況が全くつかめないし、なんてことない会話が多くてダレる。
サムもなかなか出てこない、出てきても全く印象に残らない。
ギャングのボスがボケボケで、殺しの清掃員と掃除の清掃員を間違えてしまう始末。
結局何だかよくわからない作品でした。ちょっと早送りしちゃったかも...。

手元に新作DVDがなかったのでツタヤに出掛けて借りてきたというのに、またしてもつまらぬものを借りてしまった...というわけです、残念っ。

かなり久々に行ったみたら配置が変わってた。新作〜と観てたらみんな観たものばかり、、、。最近はZ級には手を出さないことにしてるのでスルー。
そしたら、この時期に韓国の『TSUNAMI-ツナミ-』がすべて貸出中だったのには驚きました。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 17:17|PermalinkComments(2)

2011年03月15日

パンドラム -

パンドラム [DVD]
【PANDORUM】 2010/10/01公開 アメリカ/ドイツ PG12 107分
監督:クリスティアン・アルヴァルト
出演:デニス・クエイド、ベン・フォスター、カム・ジガンデイ、アンチュ・トラウェ、カン・リー、エディ・ローズ、ノーマン・リーダス

生存とは、罪なのか?

西暦2174年。地球は枯渇する資源の争奪で滅亡寸前に陥っていた。そこで人類は、巨大な宇宙船で地球と似た環境の惑星タニスへ移住する計画を進める──。やがて、船内で冷凍睡眠から目覚めた2人の宇宙飛行士。ところが、彼らは記憶を失っており、ミッションの内容はおろか何も思い出せない事態に。しかも、他に乗組員の姿は見当たらず、彼らは手がかりを求めて広い船内を捜索し始めるのだったが…。(allcinema ONLINEより)

『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン製作のSFスリラー。
劇場公開してたのすら知らなかった...。

もろB級映画でもろ『バイオハザード』のノリなんだけどわりと好きかも。
なかなか先が見えないまま、冷凍睡眠から覚めた宇宙飛行士たちがエイリアンみたいな生き物たちと戦いつづけてそのまま最後まで引っ張っていくだけのお話(笑)。

中身は大して無いようなもんなのに、結構ハラハラドキドキ、この先どう展開するんだろうと、最後まで面白く観られましたよ。
『バイオハザード』シリーズが好きなら楽しめると思います。

まぁ設定は無理矢理な感じもするけど、エイリアンっぽいやつらとの攻防の後のラストシーンはとっても美しい光景でした。
デニス・クエイドが主演になってるけどどちらかというと脇役、ベン・フォスターが主演ですね。

※3月7日鑑賞・感想



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:00|PermalinkComments(2)

2011年03月08日

瞳の奥の秘密 -

瞳の奥の秘密 [DVD]
【EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES】
2010/08/14公開 スペイン/アルゼンチン PG12 129分
監督:フアン・ホセ・カンパネラ
出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ、
カルラ・ケベド、ギレルモ・フランセーヤ

ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年──
未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。

刑事裁判所を定年退職したベンハミンは、有り余る時間を使って、彼の人生で未だ忘れることの出来ないある殺人事件を小説にしようと決意する。そしてかつての職場を訪ね、当時の彼の上司で、今では検事に昇格している女性イレーネと再会を果たす...。

2009年、本国アルゼンチンで歴史的な大ヒットとなり、2009年アカデミー外国語映画賞を受賞したサスペンス・ドラマ。
普通にサイペンスものだと思って観たんですが、いやいやこれはなかなかの感動と衝撃的な作品でした。アカデミー外国語映画賞を受賞しただけある、129分無駄な部分が見つからないくらい。

登場人物の心理描写が丁寧に描かれていて、とても見応えのあるお話でした。ある意味、恋愛映画ですかねぇコレ。音楽も美しい...。現在と過去を交互に描いているんですが、それが分かるようにベンハミンの髪型が違うのと、内容も小難しくなくわかりやすいのが良いですね。

妻を殺された夫の衝撃と愛の深さ、強さに感動してしまいます。犯人を憎むよりも妻を亡くした悲しみのほうが大きいことが切なく響きました。このことを思うと死刑を望まないということについて考えさせられます。

犯人については特に意外性もないし、特に伏線もないように思います。あっさり捕まるんですが、それからがまた違う展開になって目が離せなくなるんですねぇ。犯人、妻を亡くした夫、ベンハミンと相棒、なかなかの衝撃的な展開でしたわ。

ただ、どんよりした気分で終わらなかったのは、ベンハミンの恋愛事情が希望に向かって終わっていることもあって、いい作品に仕上がってたように思いますね。

◇今週はlivedoor blogにTBできなくなっててちょっとふてくされてます、、、



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 09:57|PermalinkComments(2)

2011年03月02日

フェアウェル さらば、哀しみのスパイ -

フェアウェル さらば、 哀しみのスパイ [DVD]
【L'AFFAIRE FAREWELL/FAREWELL】 2010/07/31公開 フランス 113分
監督:クリスチャン・カリオン
出演:エミール・クストリッツァ、ギョーム・カネ、アレクサンドラ・マリア・ララ、インゲボルガ・ダプコウナイテ、ウィレム・デフォー

人は
希望で動く。
歴史は
信念で動く。

1981年──ソ連崩壊のきっかけとなった、ひとりの父親の真実の物語。

1981年、ブレジネフ政権下のソビエト連邦。KGB(ソ連国家保安委員会)の幹部、グリゴリエフ大佐は、国家の中枢に身を置くエリートとして何不自由ない生活を送りながらも、国の発展が西側諸国に大きく水を空けられていることに危機感を抱いていた。そして現体制の打破を期して、ソ連の重要機密を西側へ提供することを決断する。(allcinema ONLINEより)

ソ連崩壊のきっかけのひとつとなった実在のスパイ事件“フェアウェル事件”を映画化した作品。

愛する息子と祖国の未来のために危険なスパイ行為を行った男と、民間人で仲介役としてスパイ活動をしたフランス人技師、それぞれの家族との関係を描いています。

さすがに実際にあったことなので重みがあります。どのようにしてソ連が崩壊までいたったかは興味深いものがありますね。

今の体制ではいけないと祖国の未来のために、西側へ機密情報を仲介役のフランス人のピエールに手渡していくグリゴリエフ大佐。
これがソ連崩壊を早めたそう...。

レーガンさんやゴルビー、ブレジネフさんにミッテランさんと懐かしい名前も出てきましたねぇ。

全くエンタメ性はないので、スパイものとは言ってもかなり地味でシリアス。主に大佐が息子と祖国を思い、ちらちらと不倫の話も含ませつつ・・・。しかも淡々としているのでやや眠気が、、、。
ちょろっとですがウィレム・デフォーサンが出ててちょっとにんまり。
歴史の一部を知る点では観て損はない作品だと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 11:06|PermalinkComments(2)

2011年02月19日

ヒア アフター -

ヒア アフター [DVD]
【HEREAFTER】 2011/02/19公開 アメリカ 129分
監督:クリント・イーストウッド
出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、マルト・ケラー、ティエリー・ヌーヴィック

かつて霊能力者として活躍したアメリカ人のジョージ、津波での臨死体験で不思議な光景を見たフランス人のマリー、亡くなった双子の兄と再会したいイギリスの少年マーカス。ある日のロンドンで、死に取りつかれた3人の人生が交錯する...。

硫黄島からの手紙』以来のクリント・イーストウッド監督とスティーヴン・スピルバーグ製作総指揮のスピリチュアル・ヒューマン・ドラマ。

イーストウッド作品にハズレ無しだと思ってるんですが、今回あまりよろしくない評価のようでちょい心配しとりましたが...私は良かったほうです。
死を身近で経験した人たちが前に踏み出していくというお話なのかな。イーストウッド監督らしいていねいな心理描写とセンス良い映像と音楽も素敵でした。

霊能力者のアメリカ人のジョージ、臨死体験をしたフランス人のマリー、双子の兄を亡くしたイギリス人少年マーカスの3人のエピソードが平行して展開されます。そうなると最後に3人が・・・という展開ではあるんですが自然な流れで良かったと思います。でもマリーとのラストシーンはえ?と思っちゃったけど、、、。その展開早すぎ(笑)

冒頭の津波のシーンはリアルな迫力がありましたね。でもその後は何かすごいことが起こるわけでもなくて淡々とお話は進んでいきました。まぁ前半ちとダレた所があったかなぁ。でもセシル・ドゥ・フランスサンがきれいでちと見とれてました。

マット・デイモン、能力を使って何かするのかと思ってたんですが淡々としてて地味でしたね。死者からの言葉を遺族の人に伝えるシーンはジーンときましたよ。少年の兄の言葉を伝えるところは良かったな。帽子の話・・・とか。ただ“戻ってきた...”はちょっとどうかと・・・でもあれは彼なりのやさしさだったのかな。

イギリス人少年には泣かされた。可愛い子でした。霊能力者をはさんでなんとか無くなった兄に会いたい気持ちが切なくてね、痛いほど伝わってきて泣けました。この少年の演技がポイント高しデシタ。

実際にそういう状況になったことがないからわからないけれど、死者からの言葉は聞きたくなかったと思うと怖いから、そういう状況になっても聞けないかもしれないな。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 16:47|PermalinkComments(24)

2011年02月09日

ぼくのエリ 200歳の少女 -

ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]
【LAT DEN RATTE KOMMA IN/LET THE RIGHT ONE IN】
2010/07/10公開 スウェーデン PG12 115分
監督:トーマス・アルフレッドソン
出演:カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナー

怖ろしくも、哀しく、美しい12歳の初恋

ストックホルム郊外の小さな町。集合住宅に母親と2人で暮らす12歳の少年オスカー。同級生のイジメに苦しみながらも、誰にも助けを求めることが出来ず、ただ復讐を夢想してはじっと堪え忍ぶ日々。そんなある晩、彼はひとりの謎めいた少女と出会う...。

いじめられっ子の少年とヴァンパイアの少女との切ないスウェーデン産の初恋物語。
ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト原作の「モールス」を自らが脚色。

ヴァンパイアものなので当然観ました。
舞台は1982年のストックホルム郊外の小さな町。
冬の北欧とヴァンパイアは相性がいいですねー。
昼間も曇ってるし冷たさがよく伝わってきます。

最近のヴァンパイア映画はゾンビ化してて好みじゃないのが多かったんですが、こちらは正統派な感じで良かったです。
まぁ、ちょっと少女のお食事としてはガッツキすぎではありますが、、、。
ちゃんと首筋ねらってるし、吸われた人ヴァンパイア化してるし燃えるしー。
人間とヴァンパイアの切ない恋愛物語としては『トワイライト』シリーズよりずっと良いです。

結構地味な作品なんですね。
子供たち、そんなに可愛くないんだけど繊細な心理描写がうまいな。
エリは見た目12歳なんだけど、ふと見せる表情や雰囲気が大人に見える時があった。
ああ、200歳だもんね、大人か。
ヴァンパイア映画にはお約束は大歓迎。
ラストはある意味ハッピーエンドのようなそうでないような・・・微妙な感じが好き。
モールス信号がいきてましたねー。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:39|PermalinkComments(14)

2011年02月08日

フローズン -

フローズン [DVD]
【FROZEN】 2010/08/07公開 アメリカ 93分
監督:アダム・グリーン
出演:ケヴィン・ゼガーズ、ショーン・アシュモア、エマ・ベル

スキー場でひょんなことからリフトに置き去りにされてしまった3人の男女を襲う身も凍る恐怖を描いたサスペンス・スリラー。

まぁ自業自得...というか。

自分たちのワガママでもう一滑りしようとするからいけないのだよ。しかも、あのオッチャンがその場にいなかったのが敗因ですねー。やはり係員の言うことは聞かないといけない...という教訓。

まさかずっとリフトのまま?と思ってたら、本当にリフト上でのお話でした。しかし、よく93分も引っ張れたなー。まず、あんなトコから飛び降りようとも思わないし、一晩過ごしてしかも寝てしまったら普通死んでそうだけどと思いつつ、そこそこ緊張感あって退屈せずに観られました。部屋がちょうど寒かったのでいい感じ。

とにかく“寒さ”という心理的な部分の恐怖は丁寧に描かれてますね。多少のツッコミ所はあるんだけど、絶対にありえないとは言い切れないし、もかしたらそういう状況あるかもしれないと思っちゃう所で恐怖。それに高所恐怖症だからそんな状況になったら、私はおとなしく眠って凍死する方向にいきます、、、。彼らの行動も自然というかわざとらしい演出もなかったし低予算の作品としては損せずに観られるほうだと思います。

一度もスキーに行ったこともないし、ましてわざわざ極寒の地に早起きまでして行こうとは思わないので、まずリフトには乗らないので大丈夫だな。ケイタイ持参で滑ることはできないのかなぁ。でも電波悪そう...。

★★★.7



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 11:02|PermalinkComments(10)

2011年01月27日

昼下りの情事 -

昼下りの情事 [スタジオ・クラシック・シリーズ] [DVD]
【LOVE IN THE AFTERNOON】 1957/08公開 アメリカ 134分
監督:ビリー・ワイルダー
出演:オードリー・ヘプバーン、ゲイリー・クーパー、モーリス・シュヴァリエ、ジョン・マッギーヴァー、ヴァン・ドード

私立探偵クロードの娘アリアーネは、父親のファイルから、アメリカの富豪フラナガンの資料を盗み読み、彼に恋をしてしまう。ある日、フラナガンに逢う機会を得たアリアーネは、恋愛に慣れたプレイガールのフリをして彼に近づくが...。

「午前十時の映画祭」50週目、そして最終週ラストの作品、DVDで観ました。すでに終わってしまったお祭りなので2本まとめてupデス。

情事っていうから大人の恋愛ものかと思うと、少女とおじさまのオシャレなロマンスだったんですよねぇ。一体年齢差いくつ??。昔の作品の邦題はナイスと思ってましたが、コレいやらしくない??

こちらもオードリーの可愛らしさ美しさを堪能する作品ですね。『ローマの休日』よりも後なんだー。若返ってない??? パパの仕事を覗き見するところが可愛いし、フラナガンの女性遍歴に背伸びしてウソを言ってるトコがこれまた可愛すぎー。そこにフラナガンが嫉妬してるのがおかしい。プレイボーイが本気になってどうするよ(笑)。

でも探偵のパパが良いですね。娘のことをとても大事に思ってるんだけど、娘の恋愛に対してうるさいこと言わずに見守ってるトコは素敵。最後はどうするのかと思ったら最後まてやさしいパパでした。

フラナガン御用達の楽団が笑えた。いつでもどこでもどんな場所でもちゃんと演奏してるのが凄い。ボートの上だったり、サウナの中だったりして高価な楽器それでいいのかー(笑)。
よく流れる曲は映画を観たことなくても知ってる音楽。今でもCMとかで流れてますね。

ビリー・ワイルダー作品は面白いですね。テンポが良いしクスッと笑えるのがよろしい。『お熱いのがお好き』は最高に面白かったし『アパートの鍵貸します』も楽しかった。機会があったら他も観てみようと思います。

+++
2010年2月から始まった「午前十時の映画祭」も50本が終了しました。あっという間の1年ですね。結局1本も劇場で観ることができませんでしたが、48本全て見終りました。残念ながら2本は未VHS・未DVD化なので観ることはできませんでした。でも後追いで観きった達成感はあります。こういう企画がなかったら先延ばしになってたでしょう。二度と劇場で観られない作品もあるかと思われます。やはり時間がねー最初の頃は夕方6時頃も上映してくれたんだけどな。第2弾としてまた始まる映画祭、今度こそ劇場で観たいものです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 10:09|PermalinkComments(2)

2011年01月20日

パラレルライフ -

パラレルライフ [DVD]
【PARALLEL LIFE】 2010/07/24公開 韓国 PG12 110分
監督:クォン・ホヨン
出演:チ・ジニ、イ・ジョンヒョク、ハ・ジョンウ、ユン・セア

彼らは同じ運命をたどる
リンカーンとケネディのように……

かつてケネディとリンカーンが同じ運命を辿ったように、時を隔てて2人の人間が同じ運命を繰り返す法則“パラレルライフ(平行理論)”により、自分の死を知ってしまった判事がその謎を解き明かし、運命を変えようとするミステリー・サスペンス。

ちょっと無理矢理のような気もしますが、私の好きなどんでん返し系の作品で面白かったです。

冒頭にタイトルの“パラレルライフ”について説明があるのですが、アメリカ大統領のケネディとリンカーンの二人が議員当選年、大統領選、そして暗殺者の誕生年がぴったり100年違い。しかも、死亡した曜日、場所はフォード劇場でケネディがフォード自動車で同じ、ここまでくると単なる偶然ではなく何か不思議な力によるものなのかと思わされます。 ←こういうの好き。

時を超えて韓国、30年前のハン判事と同じ運命を辿ろうとしている判事・ソクヒョン。はじめは“パラレルライフ”の理論をただの偶然だと思ってたのですが、次々と起る出来事に次第に“パラレルライフ”の理論を認め始め、ハン判事の過去を調べ始めます。

もとは100年違いだったのを30年に縮めたことと、ハン判事の家族に起きた事件を調べられることで緊張感ある展開で楽しめました。さすがに100年まえじゃ捜査資料もないだろうしね。うまいことパラレルライフに当てはまるように、簡単に犯人がわからないように作られてます。なので最後まで緊張感あったし、二転三転もする展開に楽しませてもらいました。

しかし、真犯人がねぇ・・・。
なかなか振り回されましたわ。
そうきたかーと。

ソクヒョン役の俳優さんがたまに堤真一さんに見えてきて、もし日本でリメイクするなら堤さんでお願いしたい〜なんて思ってしまったっ。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:51|PermalinkComments(6)

2011年01月13日

秘密 THE SECRET -

秘密 THE SECRET [DVD]
【THE SECRET/SI J'ETAIS TOI】 2007年劇場未公開 フランス 92分
監督:ヴァンサン・ペレーズ
出演:デヴィッド・ドゥカヴニー、オリヴィア・サールビー、リリ・テイラー、ブレンダン・セクストン三世 、ジェーン・ウィーラー

東野圭吾原作「秘密」をリュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープによるリメイク?作品。

ある日、妻・ハンナと娘・サムが乗った車が事故を起こし、妻は息を引き取り、娘は一命を取り留めるが、意識が戻ったサムは自分は妻のハンナだと告白する...。

リュック・ベッソンにしてはめずらしくじっくり見せてくれる良いドラマでした。日本の原作なんですがちゃんと外国仕様にアレンジされているので変に意識しないで観られましたよ。それに原作、オリジナル映画は観ていないので、かえってそれが良かったのかもしれません。先が読めるだけにちょっと切ないですね。

見かけは娘のサムなんだけど中身は母親だから、娘の交友関係や学校で驚きの連続だった部分は笑える所がありました。夫のほうは、娘を心配しているはずが、中身は妻だから娘の男友達に嫉妬しちゃったりしてるのがおかしい。これでは怪しいおっさんじゃん(笑)。

元気だった頃のハンナとサムはぶつかり合っていてなかなかお互いを理解しあえなかった。でもハンナがサムの身体を借りて暮らしていくうちにサムの気持ちを理解することができたことで、あそこで親子の絆が深まったと思います。

ラストの母親から娘へのメッセージはほろっとさせられました。タイトルの“秘密”とは身体が入れ替わったことを秘密にするのとはまた別にあった本当の“秘密”にはジーンときました。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 10:03|PermalinkComments(2)

2011年01月11日

フローズン・リバー -

フローズン・リバー [DVD]
【FROZEN RIVER】 2010/01/30公開 アメリカ 97分
監督:コートニー・ハント
出演:メリッサ・レオ、ミスティ・アッパム、チャーリー・マクダーモット、マーク・ブーン・ジュニア

光を信じて

ニューヨーク州最北部
2人の母親は家族のために
凍てついたセント・ローレンス川を渡り、
犯罪に手を染めていく…

2008年のサンダンス映画祭グランプリを受賞したヒューマン・ドラマ。監督は長編がデビューとなるコートニー・ハント。ふとしたことから出会った二人のシングルマザーが、苦境を乗り越えるために密入国を手助けする違法な仕事に手を染めていく様子を描いたお話。

どんより冷たい曇り空、周りには雪が積もっていて寒そうな背景。しかも登場人物たちの心の中も同じような中で、先住民モホーク族の女性と白人女性レイが乗った車が氷の上を何度も横断する映像がこれほど緊張感があるとは思わなかったです。

二人は生きることに切羽詰まってたしやるしかない!わけなんですが、無事に渡り終えたあともパトカーが止まってたりしてもうハラハラドギドキもんでした。母親は強し...と思ってしまった。

途中、パキスタン人の夫婦を密入国されるシーンはアメリカらしいなと。で、大きなバッグの中身に警戒して途中で捨ててしまうんだけど実はその中には・・・というエピソードはうまいなと思った。そこから今まで他人を思いやる余裕もなかったレイが、忘れていた思いやりの気持ちを解凍していくように取り戻していく様子が良かったですね。

どんよりした曇り空が、希望のような青空が見えてきたラストは良かったです。

★★★.7



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:43|PermalinkComments(10)

2010年12月27日

フィールド・オブ・ドリームス -

フィールド・オブ・ドリームス [DVD]
【FIELD OF DREAMS】 1990/03公開 アメリカ 107分
監督:フィル・アルデン・ロビンソン
出演:ケヴィン・コスナー、エイミー・マディガン、ギャビー・ホフマン、レイ・リオッタ、ティモシー・バスフィールド、ジェームズ・アール・ジョーンズ、バート・ランカスター、フランク・ホエーリー、 ドワイヤー・ブラウン

失ったものたちは帰ってくる--若き日の父に姿をかえて。

「午前十時の映画祭」46週、DVDで観ました。

ある日「それを作れば彼が来る」という“声”を聞いた農夫が、とうもろこし畑を潰して野球場を造り始める...。W・P・キンセラの「シューレス・ジョー」を原作とした作品。

かなり久々に観ましたが、やっぱり素晴らしい作品ですな。とにかく、あーだこーだ書く気が起きない。とにかく観ればわかる!そんな作品ですね。若い頃に観た時よりもトシ食った今のほうがグッときますね。大人のファンダジーでございます。

この作品を初めて観て以来、どこかでトウモロコシ畑を見つけるとワクワクしてくるんですよね。もしかして野球場あったりして、誰かが現れたりして・・・と勝手に妄想してる時が多々ありますね。

主人公の家は貧乏農家。広いトウモロコシ畑を謎の声によって野球場を作ってしまう。どんどん家計は苦しくなる一方で土地も家も手放なさなければならない状況、なのに奥さんは反対も文句も言わずにダンナを温かく見守る出来た妻。豪快な笑いが好きです。

普通なら謎の声、死んだハズの野球選手が現れてホラーだかオカルトになりかねない設定ですが、しっかり感動できるファンタジーに仕上がってるのが素晴らしいですよねー。彼らが出てくるのは夜だけじゃなくて昼間もバッチシ出てるし、握手もできるから全然怖くない...あ゛あ゛、大人になるとこんなことも考えてしまうのが悲しい、、、。

お話かなり忘れてた。感動どころだけは覚えてましたが、改めて観る機会があって良かったわ。ちょこちょこ感動シーンがあるんですが、特にバート・ランカスターが球場から去るシーンでぐわっときて、ラストのあの二人のキャッチボールのシーンで泣きどころ最高潮でした。ほんと良かったねー心残りなくなったねーと感動いたしました。へんに恩着せがましい演出もなく淡々としてたのがこれまた良いのですよね。

実はシューレス・ジョーがレイ・リオッタだったり、テレンス・マンがダースベイダー(声)だったのは今回初めて知りました。テレンス・マンの声・・・なんか懐かしく聞き覚えのある低音のイイ声だなーと思って聞いたました(笑)。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:58|PermalinkComments(4)

2010年12月16日

ブレイキング・ポイント -

ブレイキング・ポイント [DVD]
【WINGED CREATURES/FRAGMENTS】 2009年劇場未公開 アメリカ 100分
監督:ローワン・ウッズ
出演:ケイト・ベッキンセイル、ガイ・ピアース、フォレスト・ウィッテカー、ダコタ・ファニング、ジェニファー・ハドソン、ジョシュ・ハッチャーソン

平和な日常で突然起きた無差別銃乱射事件、その場に居合わせた人たちのその後の日常の変化とある真実を描いたお話。

キャストは豪華、だけど劇場未公開。冒頭の乱射事件から始まり引き込まれるのですが、その後は事件から受けた精神的な状態をゆったりとした雰囲気で描かれて特に盛り上がりもなく静かに終わります。キャストは豪華だけど劇場公開までは難しいと思う作品でした。

何を伝えたいのかはいまひとつわからないんですが、映像的には雰囲気的には悪くはないです。私の好きなケイトが出てるしねー、ダコタちゃんの切ない演技が良かったしねー、ジョシュくんが可愛かったしねー等などキャストで観る作品なのかも。

事件の詳細はお話が進んでいくに従って少しずつ明らかになっていくものでした。事件の真相を追うものでもなく、ひたすら居合わせた人たちの日常の変化を丁寧に描いてありました。ひとつ、ダコタちゃん演じる少女の父親の最期の真実を描くエピソードはちょっとウルっときましたね。こういう切ない演技はうまいな....ということでおまけしちゃいます。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:52|PermalinkComments(0)

2010年11月26日

プレシャス -

プレシャス [DVD]
【PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL PUSH BY SAPPHIRE】
2010/04/24公開 アメリカ R15+ 109分
監督・製作:リー・ダニエルズ
出演:ガボレイ・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン、マライア・キャリー、シェリー・シェパード、レニー・クラヴィッツ、チャイナ・レイン

プレシャス・ジョーンズ16歳。

2人目の子供を身ごもり、愛を受けずに育った少女。
ある教師との出会いが、彼女に奇跡を起こす──。

1987年のハーレムを舞台にした、読み書きがほとんど出来ない16歳のプレシャスが、両親による虐待に耐えながら孤独に生きる日常と一人の女性教師と出会い希望の光を見出していく...というお話。

実際にハーレムでソーシャルワーカーや教師の経験を持つ原作者のサファイアが、そこで出会った黒人の貧困家庭の実態を書いた小説を映画化した作品。2009年アカデミー賞では、助演女優賞(モニーク)、脚色賞(ジェフリー・フレッチャー )を受賞。

虐待、レイプ、妊娠そして出産、エイズなど難しい内容が盛り沢山のこの作品。とんでもなく重いお話かと思ったら、あまり重たくならずに観られました。きっと主人公のプレシャスが前向きだからでしょうか。それに、良い人と出会えたこともありますね。

プレシャスもパッと見に迫力がありましたが、それ以上に母ちゃんがド迫力ありましたわ。怖すぎ、、、。確かに絶賛される演技してますわ。

マライア・キャリー・・・とは気づかずに見てました、あわわっ。誰かに似てるなー思い出せないと思いつつ(笑)。スッピン、なんだ可愛いじゃんよと。でも女性教師を演じたポーラ・パットンがキレイ〜とうっとりしながら見てました。

よくよく考えると出てるのはほぼ女性だけなんですよね。みなさん個性的でよかったな。画面からはみ出しちゃうんじゃないかと思ってしまうガボちゃんの存在感はすごかった。妄想シーンが可愛かった。

てっきり泣けるような感動ものだと思ってたのですが、変に押しつけがましくないさり気なさげな感動作でしたね。一応ハッピーエンドっぽいんですが、あの後にはプレシャスにとって別の苦難もありそうですが・・・。

★★★.8



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:49|PermalinkComments(10)

2010年11月20日

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 -

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 (1枚組) [DVD]
【HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART I】 2010/11/19公開 イギリス/アメリカ 146分
監督:デヴィッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、ロビー・コルトレーン、トム・フェルトン、レイフ・ファインズ、ブレンダン・グリーソン、リチャード・グリフィス、ジョン・ハート、ジェイソン・アイザックス、ヘレン・マックロリー、ビル・ナイ、ミランダ・リチャードソン、アラン・リックマン、マギー・スミス、ティモシー・スポール、イメルダ・スタウントン、デヴィッド・シューリス、ジュリー・ウォルターズ、ボニー・ライト

17歳に成長し、ホグワーツ魔法魔術学校の最終学年7年生となったハリー。親友のロン(ルパート・グリント)とハーマイオニーと共に、宿敵ヴォルデモート卿の魂が宿った分霊箱捜しの旅に出るが、すぐには見つからず、困難な旅の中で仲間割れが起きてしまう。(シネマトゥデイより)

ハリー・ポッターシリーズ第7弾、最終章の前編。監督は前作から引き続きデヴィッド・イェーツ。いよいよハリーとヴォルデモート卿との最終決戦!!。もはや長すぎておさらいをする気力もないのですが、ここまできたら最後まで見届けないと!ということで観てきました。ちなみに時間の都合で日本語吹替版、本職さんを起用しているので安心して観られます。

もう子供向けファンタジーじゃないっすね。今回、映像もやや暗めだしお話も重々しいし暗い、映像のせいかみんな顔色悪い、、、。今回はハリーとロン、ハーマイオニーの3人がほとんどのシーンを占めております。分霊箱捜しの旅であちらこちらに瞬間移動。箱はなかなか見つからないし仲間割れ?しちゃうしで大変っ。箱捜しの途中の▽の中に○のマークの謎は面白い話でした。

冒頭の全員集合にはちと興奮した。ハリー分身の術は見ちゃいけないものを感じた(笑)。ブラジャーしてるハリーは爆笑〜。別のシーンでハリーが上半身裸になるとこでは、うっすら胸毛と・・・には軽くショック。ファンタジーなのに胸毛はないっしょ(笑)。ダニエルくん、わりと毛深いのね。体格はロンのほうが大きく思えたけれども。この3人を見てたら吸血くんと狼くんを思い出したわ。別に取り合ってはいませんが、、、。

最終決戦とは言っても、その序章的なもの。旅で始まって旅で終わった感じだったし、PART2に全て詰められてるようなので公開が待ち遠しいですね。ラストのヴォルデモートから一筋の光が放つシーンで幕はなかなかカッコ良かったです。吹替えの“俺様”には違和感ありました。

あ〜ん、スネイプ先生、ほんの少ししか見られなかったわ(泣)

ドビー、カッコ良かったよ(泣)

始まる前に『トロン:レガシー』の8分間の予告編を3Dで観ました。本来ならばそのまま装着してハリーも観るハズでしたが、言われたとおり映像のクオリティが確かに。内容も内容なだけに薄暗いし、気のせいか前よりもキレイじゃなかったような・・・。2Dで正解。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 00:23|PermalinkComments(36)

2010年10月25日

バッファロー'66 -

バッファロー'66
【BUFFALO '66】1999/07公開アメリカ118分
監督:ヴィンセント・ギャロ
出演:ヴィンセント・ギャロ、クリスティナ・リッチ、アンジェリカ・ヒューストン、ベン・ギャザラ、ケヴィン・コリガン、ロザンナ・アークエット、ミッキー・ローク、ジャン=マイケル・ヴィンセント

最悪の俺に、とびっきりの天使がやってきた

5年の刑期を終えて出所してきたビリー。まず最初になかなかトイレに入れなくて見てるこっちもトイレ行きたくなったわさ(笑)。

早速、両親の元に帰ろうとするビリーは意外にやさしい人なのかもしれないと思った。でも結婚してるとウソついてたからすんなりとは戻れない、、、。トイレ探しの時に思わぬ天使に出会ってしまいました。やはりこれは運命の出会い?。

一応拉致なのだけれど、その天使ちゃん・レイラは脅されてたとは言え、彼の言いつけ通り両親の前で妻の演技をしてる時はまんざらでもない様子でしたね。ビリーがカッコ良かったからですかねぇ。これがブサイクさんだったら隙を見て逃げ出したに違いないっ。

ビリーを演じたヴィンセント・ギャロは監督も務めているんですね。観た後から知った・・・。一応、恋愛映画なんでしょうけど一風変わった作品で意外に好きかも。グレーの映像や面白いスロー?映像も凝ってる。ラストのちょい前のシーンは見事に騙されましたわ。でも最後は、はぁ〜良かった良かった、と後味は悪くない作品。

ビリーの“クソッ”は一体何十回言ったんだろ・・・。
俺様な所が感じ悪いビリー、だけどお風呂やベットでのシーンはなんか憎めない、可愛さがありましたな。全く強がっちゃってぇ〜(笑)

熱いココアが飲みたくなったーっ。

でもでも・・・・クリスティナ・リッチ、こんなにムッチリとは。後ろから見たらオバサンっぽかったなぁ。つい、太い足に目がいっちゃた(泣)。あの服がいけないなー。でも可愛かったんですけどね。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 23:59|PermalinkComments(8)

2010年10月22日

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い -

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
【THE HANGOVER】 2010/07/03公開 アメリカ R15+ 100分
監督:トッド・フィリップス
出演:ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィナーキス、ヘザー・グレアム、ジャスティン・バーサ

昨日の記憶が、全くない!?

結婚式を目前にした花婿と悪友との4人は、ラスベガスに繰り出すがハメを外しすぎて記憶をなくしてしまい、挙げ句に花婿が行方不明となってしまう。そんな一大事に悪友3人がとんでもない状況に振り回されながら花婿捜すというドタバタコメディ。

アメリカでは口コミが拡がってヒットし、ゴールデン・グローブ作品賞までいただいちゃったという作品なんだそう。

独身最後にベガスに繰りだそう〜と出掛けたのは良かったのに、翌朝目が覚めるとホテルの部屋はグッチャグチャ。全く昨日の記憶が無くなってるし、部屋にはニワトリはいるわ、でかいトラはいるわ、赤ちゃんはいるわで何が何やら・・・。困ったことに花婿のダグが行方不明の一大事。

悪友のフィルとステュとダグの義理の弟となるアランの3人はかすかな記憶をたどって何としてでも明日の結婚式までにダグを捜さなきゃいけない・・・のに、変な中国人がすっぽんぽんで現れたり、金返せと脅されたり、マイク・タイソンまで出てきちゃうしでトンデモない方向にいっちゃうんですよね。なかなか彼らの昨夜の行動が見えないので見てるこちらも何が何やら。

どうやら誠実そうな売人から買ったドラッグが最初の原因だったらしい(笑)。そんな誠実な売人って・・・。でも悪い人じゃない所がウケだ。名前もダグだし。

爆笑〜とまではいかなかったけれど、ちょっとお下品だけれども男友達のドタバタは楽しそうだな〜と、ラスベガスだからこそ何でもアリなんだなと。そして、何よりもイケメン、ブラッドリー・クーパーに見とれながらの鑑賞だったんで楽しめました(笑)。それに3人の悪友たちが個性的なのもよろし。

ラスト、彼らのハメを外しまくった夜を紹介する写真はかなりウケた!!
かなり大暴れとりましたなぁ〜。あれなら記憶は無くすハズ。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:45|PermalinkComments(21)

2010年10月08日

北北西に進路を取れ -

北北西に進路を取れ 特別版 [DVD]
【NORTH BY NORTHWEST】 1959/09公開 アメリカ 137分
監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:ケイリー・グラント、エヴァ・マリー・セイント、ジェームズ・メイソン、ジェシー・ロイス・ランディス、マーティン・ランドー、レオ・G・キャロル

キャプラという男と間違えられてしまった広告マン、ロジャーは謎の人物タウンゼントからある仕事への協力を要請される。そして、人違いが判明すると今度は泥酔運転に見せかけて殺されそうになる。窮地を脱したロジャーは、翌日、真相を確かめようと国連ビルへ赴くが、そこに現れたタウンゼントは全くの別人だった...。

「午前十時の映画祭」36週目、初のBlu-rayレンタルで鑑賞。

古い映画が初のBlu-rayってどうよ!という話ですが、これが意外とキレイでして驚きました。ま、新作となればさらに美しい映像なんでしょうけどね。

今回初めて観たのですが、いやぁ~面白かった!
主人公巻き込まれ系のサスペンス。

申し訳ないが・ヒッチコック作品を楽しむというより007好きとしてはニヤリとしてしまう内容で楽しめましたわ。不純な見方ですみません、、、。
そんなんでケイリー・グラントとショーン・コネリーの顔がちょいダブってしまいましたっっ。
ボンドガールのようなイブ・ケンドール演じるエヴァ・マリー・セイントが美しい~♪

勝手にキャプラというスパイに間違われて殺されそうになるのですが、実はそう思われるように仕組まれたもので、何の関係もないロジャーはとんだトバッチリですね。しかも真相を確かめようとしたら殺人犯として追われるハメになってしまい、踏んだり蹴ったりです。しかし美女との出会いから後半は楽しそう(笑)。

さすがに昔の作品なので物語の展開はゆっくりなんですが、二転三転する展開で最後まで飽きさせないのはさすがです。トウモロコシ畑やラシュモア山でのシーンはハラハラさせてくれました

なんちゃってスパイが最後は本物のスパイっぽくなっちゃうのもどうなのーと思ってしまうけれど楽しめたのでOK。まるでボンドと敵の女性がいちゃつくようにこちらでもいちゃついてますが、そこには思惑があって・・・という流れからしてもニヤニヤしちゃう。

ラストはいきなり終わっちゃって笑った。

エヴァ・マリー・セイント・・・お初かと思ってたら『スーパーマン リターンズ』のマーサ・ケントを演じてたと知ってパンフを探しちゃった。おばあちゃんになってた←あたりまえ



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:43|PermalinkComments(0)

2010年10月06日

フェーズ6 -

フェーズ6 [DVD]
【CARRIERS】 2010/04/24公開 アメリカ 85分
監督:アレックス・パストール、ダビ・パストール
出演:クリス・パイン、ルー・テイラー・プッチ、パイパー・ペラーボ、エミリー・ヴァンキャンプ

致死率100%全世界感染
生き残ることに、意味はあるのか──

致死率100%の謎のウイルスが蔓延した世界を舞台に4人の男女が希望の宛がない道を行く...というお話。感染者との接触を避けながら車でひたすら走りつづけ、ウイルスの死滅を待つという宛のない旅。

フェーズ6とは、
世界保健機関(WHO)が定めた最高度の感染警戒レベル。世界的なパンデミック状態。

どうしてもウルイス感染して・・・というとゾンビが襲ってくる気がしてならない(汗)

しかし、この作品はゾンビ化して襲ってくるわけでもないし、死んでいるか死にそうな状態の人がいるだけです。でも実際にワクチンもなければ何の対策もされてない状況だったら、こんな感じなんだろうなという世界を描いてるんですね。

もし仲間が感染したら・・・生きるか死ぬかの世界でどう行動をとるか、同情は自分の死へつながるわけだし、途中、感染した親子に出会うんですが、彼らのとった行動は良いとも悪いともいえないし難しいですね。

仲間が一人ずつ感染していく恐怖感はありましたが、致死率100%だというウイルスなのに手袋とマスクと消毒液だけというのはどうなんだろ、、、。感染者を乗せた車もビニールで仕切をしただけ・・・怖すぎる。

結局、ウルイスが何なのか、どうして発生したのかはわからず。折角、人間の心理をうまく描いていたのに、この辺の説明がなかったのはちょっと残念ですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:49|PermalinkComments(6)

2010年09月23日

ハンニバル (2) -

ハンニバル [DVD]
【HANNIBAL】 2001/04/07公開 アメリカ R-15 131分
監督:リドリー・スコット
出演:アンソニー・ホプキンス、ジュリアン・ムーア、ゲイリー・オールドマン、ジャンカルロ・ジャンニーニ、フランチェスカ・ネリ、フランキー・フェイソン、レイ・リオッタ

バッファロー・ビル事件から10年。レクター博士との面談をヒントに犯人逮捕の手柄を立てたクラリスは、今やFBIのベテラン捜査官。だがある事件の失敗で内外の厳しい追及を受け、彼女は窮地に陥っていた。そのクラリスに目をつけたのが、かつてレクター博士のせいで顔を失った大富豪のヴァージャー。博士を執拗に追う彼は博士とクラリスの特殊な関係を知り、彼女を利用して博士の居所を突き止めようとするが…。 (allcinema ONLINEより)

かなり久しぶりにツタヤで5枚1000円レンタルをやってたので物色してた所、前に地上波で観たんですけど肝心な部分をバッサリ切られてしまって微妙な印象だったこの作品を借りてきましたー。かなりお話は忘れておりました、、、。

バッサリいくほどグロいトコなんじゃんかーと思ってたら、おいしいものは最後にとっておくタイプの作品だったのですね。さすがにパカッと開けちゃうシーンは地上波では無理かー。ちょっと脂身な感じでしたな。ホントに美味しいのかなぁ。

すっかり内容を忘れてたのでゲイリー・オールドマンも出演してたのを忘れてた。あれだけ顔が変わってれば無理ない、でも声で認識。あの顔を直視できるクラリスもさすがといえばさすがですね。でも裸の脳みそよりはマシだけど。

お話はやはり1作目のような引き込まれる感じではなかったけれど、レクター博士の存在感は大きいですね。アンソニー・ホプキンスの目に吸い込まれそう。クールで芸術性があってやることなすことスマートで素敵だ。見た目はスマートではないけれども(汗)。

クラリスへの歪んだ愛情も何ともいえませんな。
これは一応、恋愛映画だったのかな・・・と。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 22:09|PermalinkComments(4)

2010年09月16日

ボーダー -

ボーダー [DVD]
【RIGHTEOUS KILL】 2010/04/24公開 アメリカ PG12 100分
監督:ジョン・アヴネット
出演:ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、カーティス・ジャクソン、カーラ・グギーノ、ジョン・レグイザモ、ドニー・ウォールバーグ、トリルビー・グローヴァー、ブライアン・デネヒー

互いに尊敬しあい、強い絆で結ばれたタークとルースターは長年パートナーを務めてきたニューヨーク市警のベテラン刑事。正義感ゆえに熱くなりがちなタークと冷静沈着なルースターの名コンビで、幾多の悪党たちを刑務所送りにしてきた。それでもなお、多くの重犯罪者たちが法律を盾に警察の追及をかわし、のうのうと暮らしていた。ところが、そんな悪人ばかりを狙った連続殺人事件が発生、容疑者が警察関係者である可能性が高まる中、やがてタークに疑いの目が向けられていくが…。(allcinema ONLINEより)

ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノ共演、凶悪犯人ばかりを狙う謎の連続殺人を追う刑事ものサスペンス。

正義感が強く熱くなりすぎるターク(ロバート・デ・ニーロ)と冷静沈着なルースター(アル・パチーノ)。うーん、ピッタリの役どころ。それにしてもパチーノさんはくたびれたオッサンがハマりますなぁ。デ・ニーロさんはジョギングがちょっとしんどそうで心配になりました、、、。

もしかして、お二人共演は『ヒート』以来ですかねー。あの時は同じ画面に映ることはなかったけど、今回はツーショットありで、んもーそれだけで内容がどうでもテンションが上がります。

お話の設定は好きだし、それに2大スター共演なのにイマヒトツ世間では盛りあがってなかったし、地元での上映もなしでした(泣)。うーん、それぞれ貫禄があって良かったし、やはり演技力が素晴らしい方々なので惹き付けられる所はあります。でも全体的には物足りない感じがしました、、、。

ダーティハリー』の名前が出てくるのは大変うれしい。法で裁けない悪人を殺していくという設定は好き。それを考えると、もうちょっと早くに共演して欲しかったなーというのが正直なところです、、、。お二人とも年取っちゃったしな........。

ラストのどんでん返しもなんとなく予想がついてたので驚きはなかったです。

なんだかんだ言っても、ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノが同じ場面で見られるだけで幸せです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:50|PermalinkComments(8)

2010年09月04日

バイオハザード IV アフターライフ (3D字幕版) -

バイオハザードIV アフターライフ [DVD]
【RESIDENT EVIL: AFTERLIFE】 2010/09/10公開(09/04先行) アメリカ PG12 97分
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、キム・コーツ、ショーン・ロバーツ、セルヒオ・ペリス=メンチェータ、スペンサー・ロック、ボリス・コジョー、ウェントワース・ミラー、シエンナ・ギロリー

新たな物語は「東京」から始まる。

ウイルス感染のまん延で世界は荒廃し、人間は滅びつつあった。そんな中、生き残りの人間を探して世界中を旅するアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、ロサンゼルスの刑務所に隠れて生き残る人間たちを見つける。彼らを刑務所から脱出させるため、アリスはアンデッドとの闘いに挑む。(シネマトゥディより)

『バイオハザード』シリーズ第4弾、そして初の3D。2Dでの上映がなかったので仕方なく3D字幕版で観ました(泣)。『アバター』と同じシステムで撮影したそうですが、確かにおおっと思う所はあったけど私にとっては目が疲れるだけなので2Dでいいじゃんかよと、、、。ごめんね監督。

渋谷のスクランブル交差点から始まる、中島美嘉ちゃんの感染者第一号。襲ってるトコもっと近くで見たかったな。アンブレラ社なだけに、しとしと雨が降る交差点は皆傘をさしてる〜。

その後はアリスが地下のアンブレラ社へ突撃。アリスが何人も出てきてビックリ、何々?? でも、やっぱり彼女のアクションはカッコ良いわ〜、激しい銃撃戦に蹴りは最高♪さっきの疑問はどこへやら(笑) 一体何人いたんだ?

そして舞台は東京からアメリカのある刑務所へ。外はアンデッドたちがうようよう。しかも侵入者もあって、人間vsアンデッドの戦いはワクワクしますなぁ。それまではちょっとヒマ←おいおい。デカイ斧をもったアンデッド?は怖い〜。あの斧がぶっ飛んでくるシーンは3Dならでは迫力がありましたね。どうせ脱出するなら装甲車でアンデットたちを蹴散らして欲しかったです。ちょっぴり物足りない脱出劇に思えました。

アンブレラ社のエージェント・スミス(みたいな人)はやることも『マトリックス』っぽくて笑えた。あの弾避けもどき(笑)。でもターミネーターのようでもありなかなか死なない。ちょっと気になるキャラでした。

ずっとジルの登場を今か今かと観てたんですが出てこない・・・もしかしてエンドロールの途中に出てきた人かな。先行上映があると最近まで知らなかったので、来週おさらいしようと思ってたんですよね。うっかりミス。

んもー続編作る気満々。てっきりこのIVで終わると思ってたのに(笑)

バイオハザード
バイオハザードII アポカリプス
バイオハザードIII



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 20:19|PermalinkComments(31)

2010年08月08日

ベスト・キッド(2010) -

ベスト・キッド
【THE KARATE KID】 2010/08/14公開 アメリカ/中国 140分
監督:ハラルド・ズワルト
出演:ジェイデン・スミス、ジャッキー・チェン、タラジ・P・ヘンソン、ハン・ウェンウェン、ワン・ツェンウェイ、ユー・ロングァン

最高の師匠がくれたもの──
それは、逃げずに立ち向かう勇気。

あの伝説が北京で甦る!

母親の転職でアメリカから北京に引っ越して来た11歳のドレ。言葉や文化がまるで違うことからいじめに遭ってしまう。そんなある日、ドレはカンフーの達人であるハンに出会い猛特訓を始める。

『ベスト・キッド』のリメイク作品。監督は『エージェント・コーディ』『ピンクパンサー2』のハラルド・ズワルト。

原題“THE KARATE KID”より“THE KUNG-FU KID”でしょー、空手じゃないし。ジャッキーが出てるからカンフーになっちゃうよね。ちぃとばかりジャッキーが苦手なので今回スルーしようと思ってたんですが、ジェイデン君がすごく良い!!とのことで迷うなら観てしまえ〜と思い先行上映観てきました。

残念ながら日本語吹替、、、。
字幕はなかったのが残念。

オリジナルの『ベスト・キッド』は4作あるけれど1作目は観た記憶がある。でも内容の記憶がない・・・ので、変な先入観なく観られたのは良かったです。

結果、ジェイデン君にくぎ付けよ!!

最初、ジャケットを掛けて、着て、脱いで・・・の繰り返しの毎日でなんなのーと思ってたら、なるほど。そのうちジャッキー先生が本気で教える段階に入ったらあれがカンフーの基礎だったとは、すごい。

すごいのはジェイデン君。相当鍛えたんでしょうね。最後のほうはすっかり鍛え抜かれた身体になってたー。すごく様になってたしカッコ良かったな。もうちょっとジャッキー先生との訓練風景が観たかったです。バックの景色も良かったしね。途中、ちょっとコックリコックリきちゃった所もあって長く感じました。その時間をちょっと削って練習にあてて欲しかったかも。

クライマックスの大会のシーン、手に汗握る試合っぷりでテンション上がりました。中には反則する子がいたけれど、あれは指導者が悪い。あんな人に教わってたら人間的にダメになっちゃうね。いじめっ子君はずっと嫌なヤツ!!と思ってたんですが、試合の後の礼のシーンを見て、ホントはいい子じゃんかーと思いましたよ。

あっそうそう、“氣”について教わるシーンでは、スターウォーズのフォースみたいなもんでしょには笑った。あれこれ教えるよりはアメリカ人には理解しやすいですね。

細かく評価すると...
作品★★★.8
ジェイデン・スミス★★★★

※2010/08/07先行上映にて



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 00:00|PermalinkComments(29)

2010年08月06日

ベン・ハー -

ベン・ハー 特別版 [DVD]
【BEN-HUR】 1960/04公開 アメリカ 240分
監督:ウィリアム・ワイラー
出演:チャールトン・ヘストン、ジャック・ホーキンス、ヒュー・グリフィス、スティーヴン・ボイド、ハイヤ・ハラリート、マーサ・スコット、キャシー・オドネル

ユダヤの都エルサレム。豪族の息子ベン・ハーは、ローマ軍の新将校としてやってきた幼友達メッサラと再会する。しかし、今やふたりの間は対立関係にありベン・ハーはメッサラの裏切りによって奴隷として軍船に送り込まれてしまい、母と妹は投獄されてしまう。

やがて海賊軍隊との激戦の中、ローマ艦隊司令官アリウスの命を救ったベン・ハーは、アリウスの養子となる。やがて故郷に帰るが、母親と妹が獄中死したと聞かされ、仇を討つために宿敵メッサラと対決するため戦車競技に出場する事を決意する...。

「午前十時の映画祭」25週目、DVDで観ました。折り返し地点は、第32回アカデミー賞、作品・監督・主演男優・撮影等アカデミー賞史上最多の11部門受賞した作品。助監督にセルジオ・レオーネ監督の名前が!!

ずっと観たかったんですが長いし、また今度と先延ばしになってしまってました。きっかけがないと観られないもんですが、いやぁ~素晴らしい、なんでもっと早く観なかったのかと激しく後悔しました。

“今、なお 映画史上不滅!”“映画史上、最高のスケールと最高の感動!”とコピーがハマる作品もそうそうないでしょうね。デジタルなんとか処理してるんでしょうけど赤がとても印象的でした。これが50年も前の作品とは思えないほど見入ってしまいましたよ、素晴らしい。物語も難しいものではなくとてもシンプルなので入り込みやすいですね。

でも、その前に一言・・・チャールトン・ヘストン素敵♪

不純な見方ですがイイ男が主人公ならば240分なんてあっという間ってなもんですよ。それに復讐に燃える男、好きです。しかも友に裏切られ豪族の息子から奴隷となって、母と妹とも引き離されてしまうどん底人生。しかし、あのお方との出会いが人生を変える、2度も。スケールのデカイお話でした。

字幕ではユダ、作品情報で見るとジュダとなっているんですが発音がジュダと聞こえてたので字幕はちょっと違和感ありました。

最大の見せ場でもある戦車レースは大迫力でした。今観ても手に汗握るレースでしてここまで迫力あるとは思ってもみなかった。メッサラがバランスをくずしたシーンなんてヨッシャー!と力入った(笑)。あの白いお馬さん、ものすごく可愛いい。飼い主のおっちゃんとじゃれる?トコなんか表情が可愛すぎ。

ベン・ハーの数奇な運命と、キリストの誕生と最期をからめたこの作品、とてもうまく融合されていて見応えがありました。キリスト自身は顔をちゃんと見せない所が存在感をより大きくしていてこれまた良い。なので、あの奇跡は違和感なしで納得です。ここまでの題材を240分にまとめてしまったのもすごいですね。もっと長い期間公開してくれてたら劇場で観られたのにな。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:45|PermalinkComments(4)

2010年07月30日

バッド・ルーテナント -

バッド・ルーテナント [DVD]
【THE BAD LIEUTENANT: PORT OF CALL NEW ORLEANS】 2010/02/27公開 アメリカ 122分
監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
出演:ニコラス・ケイジ、エヴァ・メンデス、ヴァル・キルマー、アルヴィン・“イグジビット”・ジョイナー、フェアルーザ・バーク

正気か、狂気か。

荒廃した街
ニューオリンズ。
最悪な男が、
躍動する。

ハリケーン・カトリーナの直撃のニューオーリンズ、浸水した刑務所から逃げ遅れた囚人を助け出したことで表彰され“警部補(ルーテナント)”に昇格した刑事テレンス・マクドノー。しかし、救出の際に負傷した腰の痛みのためドラッグが手放せなくなっていた...。

1992年に製作されたアベル・フェラーラ監督の『バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト』のリメイク作品。

ニコラス刑事、うーん、私にはちと退屈でした。ニコちゃん作品はあまり面白いと思ったことがないんですよね。ルーテナントに昇格はしたけれど、裏の顔はドラッグと賭博にどっぷりつかった刑事。それがあの表彰シーン・・・ちょっと警察だまされんなよ〜。ボロは出なかったんかいっ!

それにニコラス刑事の悪徳警官、狂気とかがそれほど伝わってこなかった。まぁお婆さんの酸素注入の装置をはずして脅すところはムカッときたけれども。あのワニいやイグアナ?は幻覚なのか??? つくりもんのような動きしてて思わず笑ってしまいました。

ヴァル・キルマーも大して活躍してなかったような・・・。

どうせなら悪徳っぷりをガンガンいってもらって、あのラストだったら結構衝撃的だったと思いますね。ラストの水族館もあまりインパクトのない終わり方で私にはいまひとつでした。ニコちゃんとは相性が悪いのかな、、、

でも最初に助けた囚人が最後に出てきた時はちょっとホッとした。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:47|PermalinkComments(6)

2010年07月28日

パーフェクト・ゲッタウェイ -

パーフェクト・ゲッタウェイ [DVD]
【A PERFECT GETAWAY】 2010/01/23公開 アメリカ 97分
監督:デヴィッド・トゥーヒー
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ティモシー・オリファント、キエレ・サンチェス、スティーヴ・ザーン、マーリー・シェルトン、クリス・ヘムズワース

容疑者6人 犯人2人

ハワイに新婚旅行にやってきたクリフとシドニーは、トレッキングで秘境を越えた先にある美しいビーチを目指す。しかしカップルを狙うカップル2組の猟奇殺人犯が潜伏しているという噂に不安になっていると、怪しげなカップルと遭遇してしまう...。

これはなかなか面白かったです。襲われるほうもカップルなら襲うほうもカップル。とにかくカップルばかり出てくるんですが、犯人は3組のうち1組でこの中の誰かなんですが、それぞれ怪しげな言動や行動をしてきます。しかし、人は見かけでは判断できないもんですね。

途中だらだらしてる所もありましたが、は!?こいつらもしかして犯人?と思い始めたあたりからスピード感が増してきて面白くなってきました。でもこれ、勘の良い人なら早くから分かってたでしょうね。細かいことをすっ飛ばす私のような鈍感さがあれば面白く感じるでしょうねぇ。すっかり騙されました。

ミラ・ジョヴォヴィッチだから、きゃー怖いっなんて言ってるキャラじゃないなとは思ってましたが、たまにはこういう役もいいかーと。でもちゃんとアクションシーンはありましたね。やっぱりこうでないと、かっこいいわぁ♪

劇場で観るほどではないかな。
DVDで観るのがちょうどいい面白さでした。

カウアイ島の風景はキレイでちょっとしたバカンス気分は味わえましたが、新婚旅行で秘境越えのトレッキングはしたくないデス。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:38|PermalinkComments(12)

2010年07月15日

プリズン 211 -

プリズン211 [DVD]
【CELDA 211】 2009年劇場未公開 スペイン/フランス 110分
監督:ダニエル・モンソン
出演:ルイス・トサル、アルベルト・アンマン、マルタ・エトゥラ、アントニオ・レシネス、マヌエル・モロン、カルロス・バルデム

刑務所の新任職員・フアンは、突如勃発した囚人たちの暴動に巻き込まれてしまう。咄嗟の判断で囚人を装った彼は、凶悪犯に囲まれながら脱出の機会を狙うが…。

スペインのアカデミー賞と呼ばれるゴヤ賞で8部門を受賞した刑務所を舞台にしたお話です。とは言っても、タイトルからして、B級のにおいがプンプンしていまひとつな感じがしたので全く期待してなかったのですが・・・

これがなかなか面白かったのです!!
しかもイケメンくんが出てるんで気合いも入る!!!!!(笑)

刑務所の看守として一日前に出勤したフアン。突然のアクシデントで気を失い、211号監房に置き去りにされてしまうのです。その頃所内では囚人たちの暴動が起こりどえらいことになってました。やがて目をさましたフアンはこの事態に気付き慌てて囚人になりすまして救助の機会を待つことに・・・。

なんで仲間の看守たちはすぐに医務室へ運ばなかったんだろー。しかも所内での騒ぎはテレビで放送されて、看守の家族、囚人の家族たちが安否が気になり刑務所に集まってくるのですが、あれよあれよと刑務所の外でも暴動と化してしまうのです。フアンの身重の妻も全く状況を教えてもらえないので刑務所へ向かうのですが大騒ぎになってる中で思わぬアクシデントに見舞われてしまいます。

この暴動の発端は囚人への不当な扱いだったりします。そのために病気で命を落としたり痛みに苦しみ自ら命を絶つ囚人もいました。ここで冒頭の囚人の自殺の意味がわかり気の毒に思えてきます。リーダー格のマラマドレがとても存在感があり、強面ながら筋の通ったやつでだんだん悪いやつに思えなくなってくるから不思議。結局は囚人たちも同じ人間であることを感じさせられます。あまりにも看守側のやり方に腹が立ってきてだんだん囚人側に味方して見てしまうんですよね。さらに看守、囚人側それぞれに善と悪が潜んでいて裏切り者が出てくるんです。

まずは予想する展開にはなるんですが、これがまた思わぬ展開で終わるもんだからこりゃ面白いわ!と。適度の緊張感があってなかなか見応えある作品でした。今年の未公開作品中では上位の作品かも。

オマケしちゃった評価はフアン役のアルベルト・アンマンがなかなかのイケメンだったことがテンション上げてますね♪ 看守たちのやり方に怒りを感じた彼が少しずつ変貌していくところはカッコ良くて思わずニヤニヤしちまいましたさぁ。冒頭、すっぽんぽんになるシーンもあるサービスもあります(笑)。

カルロス・バルデム?・・・ハビエル・バルデムのお兄さんなんですねー。

これ、パッケージで損してるかも〜。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:41|PermalinkComments(8)