ケイト・ブランシェット

2010年12月11日

ロビン・フッド -

ロビン・フッド ディレクターズ・カット版 (2枚組) [DVD]
【ROBIN HOOD】 2010/12/10公開 アメリカ 140分
監督:リドリー・スコット
出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、マーク・ストロング、ウィリアム・ハート、マーク・アディ、オスカー・アイザック、ダニー・ヒューストン

彼は闘いのカリスマ。その生き様は伝説。

12世紀末、ロビン(ラッセル・クロウ)は十字軍の兵士としてフランスでの戦闘に加わっていた。ある日、イングランドの騎士ロバートの暗殺現場に居合わせた彼はその遺言を受け、ロバートの父(マックス・フォン・シドー)に遺品の剣を届けると約束する。やがてノッティンガムの地を踏んだロビンは、ロバートの身代わり役を頼まれ……。(シネマトゥディより)

白馬に乗った王子(イケメン)ではなく、白馬に乗ったおっさんのお話。いや、人と約束をしたら必ず守れば良いことが待っている(息子にしてもらえた)というお話かも。いやいや、中世のイギリスを舞台にした伝説の義賊“ロビンフッド”のお話である...。

物語としてはあっさり目な感じもしますが、ロビン・フッドの名前は知ってるけどいまいち詳しくないので歴史背景を知る、見るという点では面白かったです。140分の長さも気にならずにあっという間な感じ、特に戦いのシーンは見応えがありましたね。しかし、全くイケメンが出てこないおっさんばかり(笑)。

フランスのお城を攻める十字軍の戦いのシーンで始まる。この頃の話ときちゃ、やっぱり弓矢びゅんびゅんの戦いシーンでしょ。おびただしい矢が雨のように降ってきてワクワクしてきますね。特にクライマックスの海岸の戦いのシーンは見応えありました。あれだけ放ってたら当たらないハズもないな。

ロビン・フッドって実は興味なかったのかよく知らんのです。孤児でたまたまこの剣を返してくれと頼まれて律儀に返しに行ったら、君うちの息子にならないか?と誘われうまいこと息子になる。しかも奥さん付き。相手がケイト・ブランシェットだったら文句もないだろう。

しかし夫の戦死を聞かされてすぐ代わりの夫ができてマリアンの心情はいかに・・・。しかしこの時代の人たちは最愛の人が亡くなっても悲しむヒマもなく“はい、次”と気持ちの整理が早い。

このマリアン、ケイト・ブランシェットだからやはりオトコマエな彼女でもありましたな。こういう役はいつも同じという気も、、、。ラッセルさんはどうもポッチャリなイメージがついてたので、見栄え良くしぼんでくれて良かったです。でも好みではないけれども。

ま、ヒーローものは終わりすっきりなので、どんよりした空と景色、見応えある戦いシーンが観られたので先週のガッカリ作品の気も晴れて楽しめました。

シャーウッドといえば積水ハウスの木造住宅...。

※TOHO cinemas free passport #3



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 22:39|PermalinkComments(28)

2009年02月07日

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 -

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 特別版(2枚組) [DVD]
原題:THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON
公開:2009/02/07
製作国・年度:アメリカ、2008年
上映時間:167分
鑑賞日:2009/02/07

監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライアス・コティーズ、ジュリア・オーモンド、エル・ファニング、タラジ・P・ヘンソン、フォーン・A・チェンバーズ、ジョーアンナ・セイラー

+あらすじ+
80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。時間の流れを止められず、誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、人生の喜びや死の悲しみを知りながら、時間を刻んでいくが……。(シネマトゥデイより)

++
待ちに待ったベンジャさん、久々に長ぁ〜い上映時間です。淡々とベンジャミンの人生が展開していくわけですがワクワクしながらあっという間の167分でした。全体的にさら〜っとした感じでそれほど感動ものというわけじゃないんですが、見終わったあとがとんでもなく切なくなるお話でした。

しわくちゃの赤ちゃんとして生まれ、成長するとともに若返っていくという設定は、最近盗作疑惑が持ち上がっとりましたがまぁよくある設定なんじゃないかと。ある意味作っちゃったもん勝ちですかねぇ。
とにかくブラッド・ピットとケイト・ブランシェットが良かったです〜素敵でした。あまり恋愛恋愛した感じじゃなかったのも良かったです。それぞれに若い頃、年をとって頃と自然で顔やシワが不自然じゃなかったのもすごいですねぇ。ケイトは若い頃はもちろん、シワが増えていっても美しい〜。

まったくベンジャミンの父親はひどいことするなぁと思ってましたがクイニーに拾われて幸せでしたね。しかし父親でさえビックリこいて捨てに行っちゃったのにクイニーをはじめベンジャミンと出会う人はなんで驚かないんだ!数奇な人生うぎゃーっとなるだろふつう・・・。出会う人出会う人がこれまた良い人たちだしうまくいきすぎた人生です。だかしかし、そんなことよりもブラッド・ピットが若返っていくというだけでドキドキワクワクですって〜。20代の頃の薄暗いところでの斜め顔、横顔はいやぁ良かったっす♪それだけでも満足じゃ。

こういうお話の設定はいろいろ考えちゃうから困る。赤ちゃんですでに老人、白内障も患ってたのだから内臓も老人?脳の機能は?人生の逆回しなのだから少年時代の症状はありで逆回しならそれはおかしいわけで・・・。いや赤ちゃんで生まれたのなら死ぬ時は老人なハズ・・・アレ?あ゛ーよくわからなくなってきたぁ、まっいいかファンタジーだもん♪

とにかくうまくこのお話に乗れたら楽しめるってことですね。
出演者の平均年齢がとても高かったー。
そうそう個人的には7回カミナリに打たれたおじいちゃんの再現シーンがツボでした。



人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑ ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです☆

■お知らせ■
★の評価が曖昧になってきてしまってて少しだけ見直しました。全体的に基準を下げたのでコメントと評価が合ってないという事態が出てきてしまってますがご了承くださいませ。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 15:09|PermalinkComments(32)

2008年10月08日

ヘヴン -

ヘヴン
【HEAVEN】
2003/03/08公開
製作国:ドイツ/イギリス/アメリカ/フランス
監督:トム・ティクヴァ
出演:ケイト・ブランシェット、ジョヴァンニ・リビシ、レモ・ジローネ、ステファニア・ロッカ、アレッサンドロ・スペルドゥーティ、マッティア・スブラジア

愛してる もっと強く、もっと高く

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:41|PermalinkComments(2)

2008年08月17日

エリザベス -

エリザベス
【ELIZABETH】
1999/08/公開
製作国:イギリス
監督:シェカール・カプール
出演:ケイト・ブランシェット、ジョセフ・ファインズ、ジェフリー・ラッシュ、クリストファー・エクルストン、リチャード・アッテンボロー

その瞳が、唇が、その存在が革命<ヴァージン・クイーン>25歳。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 18:10|PermalinkComments(6)

2008年06月25日

再びインディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 -

インディ・ジョーンズ
一度(ひとたび)インディ・ジョーンズ、そして再び(ふたたび)インディ・ジョーンズを観てきました。三度(みたび)はあるのか?ちなみにスターウォーズエピ3は三度した。

時間的に吹き替え版しか選択肢がなかったので、吹き替え版で観ました。とりあえず・・・内容は前回載せたので、声について思うところをいくつか。とりあえず、

吹き替えの方々は上手かったのでOK!!

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 00:16|PermalinkComments(3)

2008年06月14日

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 -

インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 スペシャルコレクターズ・エディション 【2枚組】
【INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL】
2008/06/21公開(06/14先行にて鑑賞)
製作国:アメリカ
監督:スティーヴン・スピルバーグ
原案:ジョージ・ルーカス、ジェフ・ナサンソン
出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、レイ・ウィンストン、カレン・アレン、ケイト・ブランシェット、ジョン・ハート、ジム・ブロードベント

“全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!”

インディは不滅なのだ。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 15:41|PermalinkComments(38)

2008年02月16日

エリザベス:ゴールデン・エイジ -

エリザベス:ゴールデン・エイジ 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD]
【ELIZABETH: THE GOLDEN AGE】
2008/02/16年公開(02/16鑑賞)
製作国:イギリス/フランス
監督:シェカール・カプール
出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、リス・エヴァンス、ジョルディ・モリャ、アビー・コーニッシュ、サマンサ・モートン

オトコマエなケイト・ブランシェットに惚れたねぇ。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 22:30|PermalinkComments(10)

2008年02月14日

さらば、ベルリン -

さらば、ベルリン [DVD]
【THE GOOD GERMAN】
2007/09/22年公開
製作国:アメリカ
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
原作:ジョゼフ・キャノン『さらば、ベルリン』(早川書房刊)
出演:ジョージ・クルーニー、ケイト・ブランシェット、トビー・マグワイア、ボー・ブリッジス、トニー・カラン

1940年代がよく似合うジョージ・クルーニー。
ということは古い人間なのか?いやシブイのよ。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:45|PermalinkComments(2)

2007年11月09日

あるスキャンダルの覚え書き -

あるスキャンダルの覚え書き [DVD]
【NOTES ON A SCANDAL】R-15
2007/06/02公開
製作国:イギリス
監督:リチャード・エアー
原作:ゾーイ・ヘラー
    『あるスキャンダルについての覚え書き』(ランダムハウス講談社)
出演:ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット、ビル・ナイ、アンドリュー・シンプソン

ジュディおばさま〜恐すぎます。
お付き合いはほどほどに。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:04|PermalinkComments(9)

2007年04月28日

バベル -


【BABEL:2007/04/28】04/28鑑賞
製作国:アメリカPG-12
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子、二階堂智、アドリアナ・バラーザ、エル・ファニング、ネイサン・ギャンブル

一発の銃弾は国境を超えて、孤独な魂を抱える人々をつなぎあわせていった。銃を手にいれたモロッコの山羊飼いの少年、銃の所有者である日本人男性、彼の聾唖(ろうあ)の娘、そして子守の女がメキシコへと連れていった子供たち。果たして、生命と魂の危険にさらされた彼らの運命は?

人気blogランキングへ
 ↑
評価が難しいところ。ポチッとしていただくと、ちと安心します♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 19:22|PermalinkComments(37)

2006年10月26日

リプリー -


『THE TALENTED MR. RIPLEY』
公開:2000/08/05
製作国:アメリカ
監督:アンソニー・ミンゲラ
原作:パトリシア・ハイスミス
出演:マット・デイモン、グウィネス・パルトロー、ジュード・ロウ、ケイト・ブランシェット、フィリップ・シーモア・ホフマン

別人に成りすますにはサインの偽造から!?

人気blogランキングへ ←友人名義のチケットで友人に成りすましたことありますけど、まぁポチッとおねがいします♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:37|PermalinkComments(6)

2005年11月24日

アビエイター -

アビエイター 通常版 [DVD]
実在した映画監督でもあり飛行家でもあるハワード・ヒューズのなんだか大変な半生を描いたお話。  

とっても長〜いです。しかもちょっと退屈しちゃいました。

スコセッシ監督ってやはり私には合わないみたいです

でもレオさんと良く組むんですよねェ。

ハワード・ヒューズという人についてあまり説明がなく始まったので、いまいち世界に入り込めなかったのかもしれない。
とにかく飛行機が大好きな人だということはわかりました。
しかも大好きな飛行機の映画をつくるためにえらいお金を使ってるしィ。

淡々とストーリーが進んでいく・・・
もうちょっとわかりやすくしてくれ〜と思うんですがねェ。
スコセッシ監督はそうなのだと言われたら仕方がない。

ハワードが精神的な病気に悩まされているところはレオさんさすがであります。
こういうのはうまいんですよね。
手の汚れが気になって気になって仕方がない、同じ言葉を繰り返してたりするところは本当に病気?と思わせる演技でしたね。
前に見た「ギルバート・グレイプ」でも驚かされましたもん。

しかし、素っ裸で部屋にこもっていたり、潔癖症のような状態なのに尿をためておいたりとなんとも不思議な行動だ。ためたものを順番通り置いてるし・・・
とてもむずかしい病気なんですね。
スゴさが伝わってきました。

そしてもうひとつ、上院議員との戦い?は見応えあったかなと思います。
結構迫力ありました。かっこええっ〜ッ
ここのシーンはお気に入りです。

それ意外は、レオさんのいいところは生かし切れてなかったような気がする…
キャサリン・へプバーン役のケイト・ブランシェットといてもレオさんがお子様に見えてしまった。
非常に残念であ〜る。
もうちょっとうまく魅せられてたらオスカーはもらえたのかなァ。
これは監督?脚本?のせいなのか…
演技は良かったと思うのにィ〜くぅ〜ッ

残念ついでに、航空会社についてもなんか中途半端だったような…
そういやパンナム、TWA…今はもうありませんねェ。

キャストみてあれれ?と思ったのが“ジュード・ロウ”。
出てたのに気付きませんでした。
へーそー出てたんだで終わってしまいました。
すみません。

ハワード・ヒューズの人生の一部を横から覗き見した感じの作品でした。

もう一度見れば良さはわかるかな?

次回作・・・どうしようかなァ


■鑑賞日:2005/11/23 ぽ
■2005/03/26公開

すべての夢をつかんだ時、いったい何が見えるのだろう。
監督:マーティン・スコセッシ
製作:レオナルド・ディカプリオ
出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ブランシェット、ケイト・ベッキンセール、ジョン・C・ライリー、ジュード・ロウ


↓…ぽちっとお願いします♪
人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 21:40|PermalinkComments(4)

2005年11月09日

ギフト -


人の運命を見ることができる女性が、町で起こった失踪事件を解き明かすお話。  

キアヌちょっとしか出てこないじゃんっ。

しかもイケてな〜いっ(笑)

でも似合ってない役どころもいいかもーーっ えっ? 

・・・です。

ストーリーはよくある感じだしとくに盛り上がりがあるわけでもないのに、なんかいいかも。

ケイト・ブランシェットがとても良かった。

ファンは必見?すぺってパンチラあります(笑)
それはおいといて・・・
どこがといわれても困るんですが、雰囲気というかこの役がすごくあってた。
たぶんこの作品は、彼女のおかげでよい作品になったと思いましたね。

タイトルからするとほのぼのした感じかと思ったんですけどちがった・・・
そういうギフトではないのね。

映像と音楽がうまくあってて、そのへんは良いです。
不思議な能力を持ってしまったことでの苦悩がよく表現されてました。


■鑑賞日:2005/11/08 P
■2001/06/16公開


↓…ぽちっとお願いします♪
人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 23:18|PermalinkComments(6)