シャーリーズ・セロン

2010年03月26日

あの日、欲望の大地で -

あの日、欲望の大地で [DVD]
【THE BURNING PLAIN】 2009/09/26公開 アメリカPG12 106分
監督:ギジェルモ・アリアガ
出演:シャーリーズ・セロン、キム・ベイシンガー、ジェニファー・ローレンス、ホセ・マリア・ヤスピク、ヨアキム・デ・アルメイダ、ジョン・コーベット、ダニー・ピノ、J・D・パルド、ブレット・カレン、テッサ・イア

愛の傷なら、いつか輝く。

Story:アメリカ北東部、メイン州の海辺の街ポートランド。高級レストランの女マネージャー、シルヴィアは、心に傷を抱え、自らを罰するように行きずりの情事を繰り返す。ある日、そんな彼女は怪しげなメキシコ人男性が連れてきた12歳の少女マリアの姿に激しく動揺する…。(allcinema ONLINEより)

いまひとつタイトルには惹かれなかったのですが、シャーリーズ・セロン、キム・ベイシンガー出演ということで観てみました。監督は『21グラム』『バベル』の脚本を手がけたギジェルモ・アリアガの監督デビュー作です。

3世代にわたる女性たちを描いたお話でそれぞれの心の内面を描いたお話でした。いくつかのお話が同時進行で、しかも時間や場所がいったりきたりしているので最初は戸惑いました。でも意外とミステリーっぽさがあって引き込まれていきました。

母親の不倫で家庭は崩壊。娘は母親の不倫相手の息子と惹かれ合ってしまう禁断の恋?ってあり得るんかーこの展開。最初に声かけてきたのは向こうでしたが、普通に声かけて普通に会う約束ができちゃうのはどうなんでしょ。誰かに頼りたかったのかな。

母親の不倫といけないのか、それとも不倫にはしらせた夫がいけないのか。家庭は崩壊していくし、娘は心に深く傷を負ってしまいそのまま大人になってしまったわけだし全然幸せじゃないっ。最後に希望の光が見えた終わり方でちょっと救われました。

シャーリーズ・セロンの少女時代を演じたジェニファー・ローレンスが可愛かったしうまかった。娘役の子も可愛いい。

冒頭でのシャーリズ・セロンの脱ぎっぷりにビックリ。シャーリズ・セロンもキム・ベイシンガーも時代が違うので同じシーンでの共演はないんですが、どちらも繊細な演技がとても良かったです。

応援ありがとうございますっ
↑↑
ポチッとしていただけるとうれしいです



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:40|PermalinkComments(6)

2009年10月03日

ディアボロス/悪魔の扉 [DVD] -

ディアボロス [DVD]
原題:THE DEVIL'S ADVOCATE
公開:1998/04
製作国:アメリカ
上映時間:144分

監督:テイラー・ハックフォード
出演:キアヌ・リーヴス、アル・パチーノ、シャーリーズ・セロン、ジェフリー・ジョーン、ジュディス・アイヴィ、コニー・ニールセン

魂を売る。それだけでいいんだよ。

+あらすじ+
フロリダの青年弁護士ケビンは、天才と評判のミルトンという法律家が経営する法律事務所に誘われる。ケビンはニューヨークに移り住み、ミルトンのもとで働くことになる。だが、裁判中に検事補が突然倒れるなど、奇妙な事件が続発する。

++
新作DVDが手元になかったのでこちらを観てみました。キアヌとアル・パチーノ共演のオカルト・サスペンス。頭の良さそうで演技派なキアヌが見られ、悪魔なアル・パチーノが見られる作品。

トイレでの考え事がえらく長い、、、

悪魔ものって大好きなんですが、これは心の悪魔ってやつですかね。微妙に好みとズレましたわ。だけどアル・パチーノの悪魔っぷりは良かった。ラストの演説は長すぎな気もしますが圧倒されますね。劇中でも長い!って言われてて笑ってしまいましたが。

おはなしの内容よりもアル・パチーノが強く印象に残る作品でした。

どんなつまらない作品でもこのお方が出ていればそれなりに面白く見られるんですよね。この作品自体はつまらなくはないんですが、何が言いたいのかは微妙。ただ、人間の本性というものがうまく表現されてはいましたね。ラストは好きなタイプの終わり方じゃなかったのでいまひとつだったんですが、全てわかっていてもう一度観るともしかしたら面白いのかも。

あーこの頃のキアヌはカッコ良かったなぁ〜。
『スピード2』の依頼を蹴ってまで出演したそうですが、そりゃアル・パチーノと共演なら蹴るよなぁ。DVDのパッケージは2人のファンとしてはニヤニヤしちゃう。カッコイイーっ。

なら、なぜ今まで観てなかったんだ?というツッコミは無しでお願いします(笑)

★よろしかったらポチッとしてくださいませ★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 23:16|PermalinkComments(2)

2009年06月30日

バトル・イン・シアトル [DVD] -

バトル・イン・シアトル [DVD]
原題:BATTLE IN SEATTLE
公開:2007年劇場未公開
製作国:アメリカ/カナダ/ドイツ
上映時間:99分

監督:スチュアート・タウンゼント
出演:アンドレ・ベンジャミン、ジェニファー・カーペンター、イザック・ド・バンコレ、ウディ・ハレルソン、マーティン・ヘンダーソン、ジョシュア・ジャクソン、レイ・リオッタ、シャーリーズ・セロン

+あらすじ+
1999年11月、シアトル。WTO(世界貿易機関)の閣僚会議が予定される中、地球温暖化や発展途上国での低賃金労働を懸念した活動家たちによる、大規模な非暴力デモが行われた。市長が市民と武力行使を行わないことを約束していたが、突如街中のウィンドウガラスが割られ、テレビでは警察がデモ隊に催涙ガス弾を撃つ、衝撃的なニュースが流れた。避難勧告が発令され、道はデモ隊と警官隊との衝突で塞がれ、街中が荒れ始めて行く。(Amazonより)

++
1999年11月30日シアトルで開催されたWTO閣僚会議に抗議しようと集まった平和的デモ行進が、いつの間にか一般の人までを巻き込んで大騒乱へと発展していく5日間をいろいろな人からの視点で描いた作品。

シャーリーズ・セロン主演とあるんですが、妊娠中の一般の女性を演じているので主役ではなかったです。デモに巻き込まれた一市民の役どころなのでほとんど出番はないんですが、その時の緊迫した演技はさすがです。

内容は特に知らずに観てしまったので、最初はあちゃー好みじゃないかも〜と思ってたんですが、実際のデモの様子を流しているのかと思うほどリアルなのと、活動家たちの信念の強さにだんだんと引き込まれてしまいました。実際に抗議デモでWTOの閣僚会議を止めさせた事件をベースにしたお話だそうですが、人々の行動力の凄さを感じましたわ。

市長と活動家たちの間ではお互い非暴力を約束していたのに、最初に手を出したのは警察で、催涙ガスを撃ったのをきっかけにデモ隊と警官隊との衝突が始まる・・・。やっぱり暴力なしでは難しいんですかね。

大騒乱となったデモが沈静化するまでの5日間を、活動家たちやニュースキャスター、警官とその奥さん、市長、会議に参加したアフリカ代表などそれぞれの視点から描かれていてなかなか興味深い内容でした。この撮影は「ユナイテッド93」の方だそうで納得。とても臨場感ある映像でした。

エンドロールでは関連する出来事が流れるのですが、日本の名前がなかったのが印象に残ります、、、。日本はおとなしすぎるのか、感心がないのか・・・政府に不満があってもここまでの行動は起こさないですもんね。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑ ランキング参加してます。
ポチッとしていただけるとうれしいです



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 10:32|PermalinkComments(3)

2009年01月21日

告発のとき -

告発のとき [DVD]
原題:IN THE VALLEY OF ELAH
公開:2008/06/28
製作国・年度:アメリカ、2007年、PG-12
上映時間:121分

アメリカが目を背けた衝撃作

監督:ポール・ハギス
出演:トミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドン、ジョナサン・タッカー、ジェームズ・フランコ、フランシス・フィッシャー

+あらすじ+
退役軍人のハンク・ディアフィールド(トミー・リー・ジョーンズ)は、イラクから帰還してくるはずの息子マイク(ジョナサン・タッカー)が脱走したという知らせを受ける。息子を探すために現地へ向かい、地元警察のサンダース刑事(シャーリーズ・セロン)と捜索を開始。真実が明るみに出るとともに、ハンクは知らなかった息子の素顔を知ることに……。(シネマトゥデイより)

++

監督・製作・原案・脚本とほとんど関わってつくられたポール・ハギス監督作品。イラク戦争から帰還した一人の兵士を巡る実話を映画化した作品。残念ながら予告編でもこちらでは見かけなかったくらい思いっきりスルーされた作品だったりします、、、

さすがポール・ハギスですなぁ。観ていくうちにどんどん引き込まれていく内容でした。これまた日本では宇宙人ジョーンズでおなじみのトミー・リー・ジョーンズがほとんど表情を変えない演技なのにしっかり胸の内が伝わってきたという・・・なんとも切ない演技がぐっときましたねぇ。くたびれた・・・いや哀愁漂う演技はピカイチのこのお方。

まずこれが実話だったことが何よりも衝撃的ですね。ほとんどというかノイズだらけのケイタイの動画でちょこっだけしかイラクでの戦争状態が映っていないのに、戦争の怖さ、狂気を感じました。

最初は行方不明の息子を探すというミステリーっぽい流れだったので、あまり深刻に観てなかったのです。しかし意外にも早く息子の行方がわかりまして、これがただの謎解きではなく、戦争を体験した人たちの心の傷や闇などがテーマになっとりました。

母親が息子の遺体を部屋のガラス越しに見てポツリと言うセリフが切なかったですねぇ。それでも気丈に振る舞う父親が余計につらいです。ラストのほうでの犯人を前にして怒りを必死でこらえている姿はすごく印象に残りましたね。

感動ものというわけではないのですが、ラストの逆さまの国旗が上がるシーンではぐっときちゃいましたねぇ。このシーンがすべてを現しているようで泣けてきたー。
逆さまの国旗は国家の緊急事態・・・
新しい大統領就任というめでたい日にこの作品を観たのもなんなんですが・・・大統領がチェンジしたからといってもこういった心の問題は山積みですなぁ。


人気blogランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑
ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです☆



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:30|PermalinkComments(10)

2008年09月01日

今日のビストロSMAP -

今日のビストロSMAPは2本立て。その中で『ハンコック』が公開中のウィル・スミスとシャーリーズ・セロンが来店!

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 23:27|PermalinkComments(4)

2008年08月23日

ハンコック -

ハンコック エクステンデッド・コレクターズ・エディション 【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [DVD]
【HANCOCK】(吹替版)
2008/08/30公開(8/23先行にて鑑賞)
製作国:アメリカ
監督:ピーター・バーグ
出演:ウィル・スミス、シャーリーズ・セロン、ジェイソン・ベイトマン

スーパーヒーロー、始めるぜ。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 17:07|PermalinkComments(29)

2008年04月11日

ミニミニ大作戦 -


【THE ITALIAN JOB】
2003/06/21公開
製作国:アメリカ
監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:マーク・ウォールバーグ、エドワード・ノートン、シャーリーズ・セロン、セス・グリーン、ジェイソン・ステイサム、ドナルド・サザーランド、モス・デフ、フランキー・G

会社の郵便受けの2ケタでさえ開けられないので、金庫破りはまずムリ。配線なら得意なんだけど・・・

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 11:08|PermalinkComments(6)

2006年10月06日

イーオン・フラックス -


『AEON FLUX』
公開:2006/03/11
監督:カリン・クサマ
出演:シャーリーズ・セロン、マートン・ソーカス、ジョニー・リー・ミラー、アメリア・ワーナー、ソフィー・オコネドー、フランシス・マクドーマンド、ピート・ポスルスウェイト

☆story☆
西暦2011年、人類は新種のウィルスにより99%が死滅、科学者トレバー・グッドチャイルドが開発したワクチンのおかげでなんとかぎりぎりのところで全滅を免れた。生き残った500万人は汚染された外界から隔てられた都市ブレーニャで安全かつ平和な生活を送るようになる。しかし西暦2415年、トレバーの子孫と科学者で構成された政府は秩序維持の名の下に圧政を敷いていた。そんな政府に強い疑いを抱く反政府組織“モニカン”は、最強戦士イーオン・フラックスに君主暗殺を命じ、政府の中枢である要塞へと送り込むのだった…。(allcinema)

女性版スパイダーマンか、ミュータントか?

かっこいい女性は大好きですよん♪
身体柔らかいのがとてもうらやましい限りです。
私はメチャクチャかた〜いもので、、、

人気blogランキングへ←身体がかたい私にポチッとお願いしますん♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:37|PermalinkComments(28)

2005年10月05日

ノイズ -


NASAの宇宙飛行士スペンサー(ジョニー)が乗り込んだスペースシャトルが宇宙空間で2分間交信が途絶えてしまう。
でもなんとか地球に帰還することができた。
でも奥さんは、宇宙に行く前の夫との変化に気づく。
交信が途絶えた2分間になんかあったらしく、彼と行動を共にしていた同僚が変死したり・・・だんだん何かが違ってくるなんなんだろってお話・・・ですかね。

これもよくわからない映画のひとつ。
結局交信が途絶えた時に宇宙人に身体を乗っ取られちゃったんでしょうね。

DVDでは、エンディングは劇場公開とは別にもう一つあります。
あまり変わらないような気もする・・・

これもジョニーファンはとりあえず1回見ればいいのでは?←ひどい?(笑)


■ 2000.01公開


↓…ぽちっとお願いします♪
人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 21:34|PermalinkComments(2)