ショーン・レヴィ

2011年02月18日

デート&ナイト -

デート&ナイト [DVD]
【DATE NIGHT】 2010年劇場未公開 アメリカ 88分
監督:ショーン・レヴィ
出演:スティーヴ・カレル、ティナ・フェイ、マーク・ウォールバーグ、タラジ・P・ヘンソン、コモン、ジミ・シンプソン 、ウィリアム・フィクトナー マーク・ラファロ、ジェームズ・フランコ、ミラ・クニス

ごく普通の倦怠期の夫婦フィルとクレアが、ひょんなことからヤバい連中に人違いされ、マフィアや警察を巻き込んだ逃走劇を繰り広げることに...。

トム・クルーズとキャメロン・ディアス主演の『ナイト&デイ』の便乗品ですね。内容もごく普通の夫婦がひょんなことから胡散臭い連中に狙われキャーワーする逃走劇なので似てるっちゃ似てるかも。監督は『ナイト ミュージアム』シリーズ、『ピンクパンサー』(2006)などのショーン・レヴィ。

お話は巻き込まれ系のよくあるドタバタ劇で普通でした。でもスティーヴ・カレルとティナ・フェイの息のあった笑いはまぁ楽しめますね。嫌いじゃないんだけどどうもスティーヴ・カレルとは相性がよくないみたいで爆笑とまではいきませんでした。あっボートシーンは笑える。アクションはなかなかでしたね。どちらかというと奥さん役のティナ・フェイが面白い。衣装や状況によって雰囲気が変わる。

ゲストが豪華。特にマーク・ウォールバーグで笑えた。一度も服を着ずに上半身裸でキメてるマーク・ウォールバーグはカッコイイというよりな〜んかおかしくて笑えましたわ。クールなんだけどね。ツボ!!
あれ? 名前ないけどレイ・リオッタサン出てましたね。

たぶん邦題で損してるのかも。キャストも悪くないし気軽に楽しめるつくりになっているので、便乗してますなタイトルをつけなくてもいいのに。DVDスルーの宿命なのか(笑)。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:40|PermalinkComments(6)

2009年07月30日

ナイトミュージアム2 [映画] -

ナイト ミュージアム2 (特別編) [DVD]
原題:NIGHT AT THE MUSEUM: BATTLE OF THE SMITHSONIAN
公開:2009/08/13
製作国:アメリカ
上映時間:105分
鑑賞日:2009/07/30試写会

監督:ショーン・レヴィ
出演:ベン・スティラー、エイミー・アダムス、ロビン・ウィリアムズ、オーウェン・ウィルソン、リッキー・ジャーヴェイス、クリストファー・ゲスト

+あらすじ+
警備員として夜のニューヨーク自然史博物館を平和に戻して以来、ビジネスも息子との関係も良好なラリー(ベン・スティラー)。ある日、スミソニアン博物館の展示物から、助けを求める電話が舞いこむ。何と、世界征服を企むエジプト王ファラオが、歴史上の有名戦士たちを率いて戦いを始めようとしているとのことだっだ。(シネマトゥデイより)

++
夜の博物館で展示物が動き出しちゃった『ナイト ミュージアム』の続編。監督は前作に引き続きショーン・レヴィ、主演もベン・スティラー、。お姫様から今回は女性初のパイロットになったエイミー・アダムスも参加。予告編からなにやらまたまたドタバタしそうな感じで楽しみにしてました。

今回、TOHOシネマズの試写会に初当選しまして早速観て来ちゃいました!!
ちなみに吹き替え版での鑑賞です。でも声優さんもうまい方でしたし、鈴木おさむさんの監修ということもあり面白く観られました。

またまた歴史上の人物が大暴れ!!

今回、アメリカ自然史博物館では改装のために休館することになり、展示物たちはスミソニアン博物館に保管されることに。みんなが木箱に入れられてるオープニングは用無しになっちゃったとちょっと悲しくなりましたよ。

しかし残されるはずだった石版が猿のデクスターのいたずらでスミソニアン運ばれちゃったもんだから、夜にはえらいことになっとります。規模が規模だけに前作以上の大騒動には笑った。

てなわけで、舞台は自然史博物館からスミソニアン博物館に移っての大騒動です。もう登場人物が多くて覚えるのに大変っっ。それにそれぞれコメントしたいのに多すぎて無理っ。

前回登場した人たちも勢揃いし、新たに女性初のパイロット・アメリア・イヤハートやイワン雷帝、ナポレオンに巨大リンカーン、デクスターと同じ種類の宇宙飛行をしたエイブルや、古代エジプトのファラオ・アクメンラーの兄ちゃんなどこれまた個性的な人物が加わってて楽しかったです。歴史上の人物を知ってるとより楽しめますね。

今回お猿組が可愛かった。それにとってもテキパキと動き、男性にもとても積極的なアメリアが素敵。個人的にはアクメンラーの兄ちゃんがツボでした。一応このお話では悪役なわけですが、手を組む連中が、イワン雷帝やナポレオン、アル・カポネってところがなるほどなと思う。でも折角アル・カポネ一味が銃を持ってるのに撃ちまくってくれなかったのだけはちょっと残念かな。あまりにも大物揃いでかすんじゃいましたね。

航空宇宙博物館では思わず、『トランスフォーマー・リベンジ』に出てきたあの人?を探してました〜。夜になって変形してたら笑えるな。でもどちらの作品でもメチャクチャにされてましたけど。

個人的には予告編から楽しみにしてたあの方が登場したひにゃ、テンション上がりましたよん。20世紀フォックスつながりだと思ってたんですが、『スター・ウォーズ エピソード6』の撮影に使われたダース・ベイダーのライトセーバーが所蔵されてたというのを忘れておりました。

まぁお子様向けだし展開は一緒だし、それに続編なので思ったほどの驚きはないのですが、歴史上の人物が動いてるのは面白い。派手なコスプレ大会というお祭り騒ぎな感じで楽しめました。

それと生まれ変わった自然史博物館はさらにすごいことになっていて、実際にあんな状態だったら絶対楽しいと思う!! これはこれで続編つくる気ならつくれそうですね。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ
★よかったらポチッとしてくださいませ★



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 23:03|PermalinkComments(29)

2007年03月10日

ナイトミュージアム -

ナイト ミュージアム2 (特別編) [DVD]
『NIGHT A TTHE MUSEUM』
公開:2007/03/17(03/10)
製作国:アメリカ
監督:ショーン・レヴィ
出演:ベン・スティラー、カーラ・グギーノ、ディック・ヴァン・ダイク、ミッキー・ルーニー、ビル・コッブス、ジェイク・チェリー、ロビン・ウィリアムズ

むかし蝋人形に近づいたらいきなり人間のように動いたので逃げ出したらただの作業員でした。服が似てたんだもん。そういう経験はありませんか?

人気blogランキングへ 
 ↑
ここのミュージアムなら夜警してみたいという人はポチッと♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 18:32|PermalinkComments(27)

2006年10月04日

ピンクパンサー -


『THE PINK PANTHER』
公開:2006/05/13
製作国:アメリカ
監督:ショーン・レヴィ
出演:スティーヴ・マーティン、ケヴィン・クライン、ビヨンセ・ノウルズ、ジャン・レノ、クリスティン・チェノウェス、エミリー・モーティマー、ヘンリー・ツェーニー

☆story☆
フランス代表チームが中国代表に勝利した直後、フランス代表を率いるイヴ・グルアン監督が何者かに殺される事件が発生する。そして混乱の中、彼が身につけていた高価なダイヤの指輪“ピンクパンサー”が消えてしまう。捜査を指揮するドレイフェス警視は、意外にもドジなクルーゾー警部を捜査に抜擢する。そうして世間の注目を彼に集中させ、自分はのびのびと捜査を進めて手柄を独り占めにしようという魂胆だったのだが…。


クルーゾー警部はインターネットが唯一の友達、、、

恥ずかしながら「ピンクパンサー」はこれが初めての鑑賞です。
だから本家のクルーゾー警部はわかりません。
比べようもないのでかえって良かったかも。
あのテーマソング・・・ドリフを思い出してしまうのでした、、、

人気blogランキングへ ←ポチッとやってくださいまし。あ、ピンクパンサーがっ♪うそ

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:53|PermalinkComments(18)