ジュード・ロウ

2010年09月11日

レポゼッション・メン -

レポゼッション・メン
【REPO MEN】 2010/07/02公開 アメリカ R15+ 111分
監督:ミゲル・サポチニク
出演:ジュード・ロウ、フォレスト・ウィッテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ、カリス・ファン・ハウテン

延命のために、
人工臓器を
高額ローンで買う未来。
払えなければ、
回収(レポ)される──。

人工臓器により長寿が可能になった近未来、高額ローンの返済が滞るとレポ・メンと呼ばれる臓器回収人が強制的に人工臓器を取り立てていた。レミー(ジュード・ロウ)は腕利きのレポ・メンとして恐れられていたが、ある出来事によって人工心臓を埋め込まれてしまう。多額の借金を背負い追われる身になった彼は、謎の女性債務者ベス(アリシー・ブラガ)と出会う。

エリック・ガルシア原作「レポメン」を映画化した作品。MOVIXで期間限定でやっと上映してくれたのでやっと観られました。いつもなら出遅れるとDVDでいいやと思ってしまうのですが設定が好みだったし、なんかジュード・ロウがカッコ良さそう〜ってことで。

人工臓器の支払いが遅れたら即、回収。一応救急車は呼んでくれるみたいだけれど、心臓取られたらアウトですよねぇ。まるで家や車のローンを滞納しちゃったら差し押さえされちゃうような感覚なのが面白い設定ですね。でも、何だか未来のサブプライムローン問題みたい、、、。

レポメンたちの回収の仕方が結構グロいっす。身体にメスを入れて手を突っ込んでるシーンが何度あったことか、、、。消毒もしないでサクサク持って行っちゃう、その後は死のうが生きようが知ったこっちゃないという所が残酷。こんなにグロ系の作品だとは知らなかった、、、。

誰でも人工臓器が手に入る時代、それはそれで良いことでもあるんでしょけど10個も移植してたら、もう立派なサイボーグですなぁ。

そんな中、お仕事中にアクシデントでジュード・ロウ演じるレミーは人工心臓を埋め込まれてしまうのですが、会社のやり方を知ってるだけにこれはイタイ。労災で何とかならんもんかと思ってしまうのですが、そのアクシデントも裏があるからこれまた恐ろしい。今度はレポメンがレポメンに追われる身に・・・。

ちょっとグロい所もあったんですが、なかなか面白い作品でした。ジュード・ロウがカッコ良かったし、アクションシーンも良かった。しかし、人殺しすぎ(笑)。音楽の選曲が良いですね。歌詞がなかなかハマってる。シリアスなシーンにそうじゃない曲を持ってきたりしてうまい使い方してるなと重いました。

ふぅ〜終わった!と思ったのもつかの間、まさかあんなラストが待っていたとは・・・。普通に終わらない所は個人的にかなりポイント高かったです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 23:59|PermalinkComments(15)

2010年04月06日

イグジステンズ -

イグジステンズ
【EXISTENZ】 2000/04/29公開 カナダ/イギリス 97分
監督:デヴィッド・クローネンバーグ
出演:ジェニファー・ジェイソン・リー、ジュード・ロウ、イアン・ホルム、ウィレム・デフォー、クリストファー・エクルストン

脊髄に穴をあけ、そこにバイオケーブルを接続して楽しむバーチャルリアリティゲーム。その最新ゲームをめぐって、天才ゲームデザイナーと反ゲーム主義者たちとの闘いが繰り広げられるというお話。

脊髄に穴をあけてケーブルを接続するゲーム・・・究極のゲームですなぁ。監督は『ヒストリー・オブ・バイオレンス』『イースタン・プロミス』のデヴィッド・クローネンバーグ。

その昔、劇場で衝撃的な予告編を観て気分が悪くなった曰く付きの作品なのですが、ちょっと前にmigさんが紹介されていて今だったら観られるかも!と思い観てみました。

うんうん、今なら大丈夫(笑。なんかの生き物の内臓のようなあのグニョグニョしたコントローラーは本当にインパクトありました。またケーブルも腸みたくて気持ち悪い。今にしてみれば単なる機械じゃなくて内蔵っぽいところが面白い設定ですね。

前だったら絶対途中でリタイアしてたと思いますゥ。コントローラー製作工場は両生類の内臓だらけでグロいです、ゾゾッ。だけどよーく観るとゴム製の手足がブラブラしているのを見て笑ってしまったけれども。従業員のお昼に中華というのもなんとも・・・。スペシャルが一番気持ち悪い〜それをジュードが食べちゃうところは一番のゲロゲロです、、、。

でもバーチャルな世界と現実世界が交錯して、現実に戻った〜と思ったらまだゲーム中で・・・と観てるほうもどれが現実なのかわからなくなる感じはわりと好きです。本当のラストも実はゲームの中?と思ってしまう・・・。

若いジュード・ロウに、今も昔も全く変わらないウィレム・デフォーと実は豪華キャストだったんですねぇ。クローネンバーグ監督の薄暗い独特のどんよりさは好きなほうなので、思ってたよりも楽しめました。ラストのどんでん返しは私にはポイント高かったです〜。

気になってたけどすっかり記憶の奥底にいっちゃってた作品と再会できたのはちょっとうれしいです♪



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:42|PermalinkComments(5)

2010年03月13日

シャーロック・ホームズ [映画] -

シャーロック・ホームズ-
【SHERLOCK HOLMES】 2010/03/12公開 アメリカ 129分
監督:ガイ・リッチー
出演:ロバート・ダウニー・Jr、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムス、マーク・ストロング、ケリー・ライリー、エディ・マーサン

Story:新たな難事件に挑むことになった名探偵シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)。相棒のワトソン博士(ジュード・ロウ)とともに宿敵ブラックウッド(マーク・ストロング)に立ち向かう。そんな中、国の崩壊をもくろむ巨大な陰謀を暴くための壮絶な闘いが、ホームズとワトソンを待っていた。(シネマトゥディより)

知らない人はいない私立探偵シャーロック・ホームズ。ガイ・リッチー監督によって全く新しいシャーロック・ホームズが描かれています。

ホームズといえば昔NHKで放送されていたジェレミー・ブレットの紳士なホームズのイメージが強いのですが、こちらのホームズはおなじみの衣装は一切なく、仕事がない時は引きこもりしてたりちょっと小汚い風貌、格闘技までこなして全くイメージとは違ってました(笑。

しかし原作では二面性がありボクシングはプロ級の腕前ということなので今までイメージしてきたホームズより原作に近いわけですねっ。

ロバート・ダウニー・Jrとジュード・ロウが共演ということでとても楽しみにしてました。もうイメージが違くても何でもいいの。この二人のコンビが楽しいんですもん。会話のやりとりも面白いし相性もバッチリ。

ロバートホームズはほどよい所でクスクス笑かしてくれて楽しい。すっぽんぽんでベットに繋がれてたのには笑ったー。初めて知った時は不安でしたが、全く新しいホームズが思ってたよりもハマっていて良かったです。始まる前『アイアンマン2』の予告を観ちゃったせいか、変なもの実験しててアレを装着してたらどうしようといらぬ妄想が膨らみました、、、。

お話はラングドン教授が出てきそうな謎解き展開でしたが、さくさくいってくれたので観やすかった(笑。一番気になってたワトソンの誤診?がすっきりできて良かったー。

最後のほうでモリアーティ教授の名前が出てきてワクワクしてきました。続編はあるんですかねぇ。ぜひぜひ続編作っていただ期待!!

※2010/03/13、TOHOシネマズにて

応援ありがとうございますっ
↑↑
いつも応援ありがとうございます。
ポチッとしていただけるとうれしいです



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 22:26|PermalinkComments(34)

2008年10月10日

スルース【探偵】 -

スルース 【探偵】
【SLEUTH】PG-12
2008/03/08公開
製作国:アメリカ
監督:ケネス・ブラナー
出演:マイケル・ケイン 、ジュード・ロウ

男の嫉妬は世界を滅ぼす。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:39|PermalinkComments(6)

2007年10月19日

オール・ザ・キングスメン -

オール・ザ・キングスメン コレクターズ・エディション [DVD]
【ALL THE KING'S MEN】
2007/04/07公開
製作国:アメリカ
監督:スティーヴン・ザイリアン
原作:ロバート・ペン・ウォーレン
出演:ショーン・ペン、ジュード・ロウ、アンソニー・ホプキンス、ケイト・ウィンスレット、マーク・ラファロ、パトリシア・クラークソン、ジェームズ・ガンドルフィーニ

1949年、ルイジアナ州メーソン市。郡の出納官を務める実直な男ウィリーは、小学校建設に絡む役人の汚職を告発して逆に自分が職を追われるハメに。上流階級出身の新聞記者ジャックは、そんなウィリーに興味を抱き交流を持つ。やがてその小学校で欠陥工事が原因の事故が起こり、ウィリーは一躍注目の存在となる。それに目を付けた州の役人タイニーに担がれ、いきなり知事選に出馬するウィリー。しかしそれは、対立候補の票を割るためのタイニーの策略だった。ことの真相をジャックから聞かされたウィリーは、与えられていた演説原稿を破り捨て、自分の言葉で聴衆に語り始めた。この演説が貧しい人々の心を打ち、ウィリーは地滑り的勝利を収め、ついに知事の座を射止めるのだったが…。

人気blogランキングへ
 
汚職はポチッと成敗じゃ♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:36|PermalinkComments(5)

2007年08月15日

ホリデイ -

ホリデイ 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]
【THE HOLIDAY:2007/03/24公開】
製作国:アメリカ
監督:ナンシー・マイヤーズ
出演:キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ、ジャック・ブラック、イーライ・ウォラック、エドワード・バーンズ、ルーファス・シーウェル

ロンドンの新聞社に勤めるアイリスは、未だに忘れられずにいた元恋人の婚約発表を目の前で見せられ動揺する。一方、ロサンジェルスで映画の予告編製作会社を経営するアマンダは、相手の浮気が原因で同棲中の恋人とケンカ別れしてしまう。そんな傷心の2人は、インターネットを介して出会い、“ホーム・エクスチェンジ”することに。それは、お互いの家を交換し、相手の家具や車を自由に使えるという休暇の過ごし方。こうして、まったく違う環境で2週間のクリスマス休暇を送ることになったアイリスとアマンダ。やがて、アイリスはアマンダの仕事仲間マイルズと、一方のアマンダはアイリスの兄グラハムとそれぞれ出会い、そして恋に落ちるのだが…。

人気blogランキングへ
 ↑
ポチッとすると素敵な出会いがあるかも♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 10:42|PermalinkComments(16)

2006年10月26日

リプリー -


『THE TALENTED MR. RIPLEY』
公開:2000/08/05
製作国:アメリカ
監督:アンソニー・ミンゲラ
原作:パトリシア・ハイスミス
出演:マット・デイモン、グウィネス・パルトロー、ジュード・ロウ、ケイト・ブランシェット、フィリップ・シーモア・ホフマン

別人に成りすますにはサインの偽造から!?

人気blogランキングへ ←友人名義のチケットで友人に成りすましたことありますけど、まぁポチッとおねがいします♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:37|PermalinkComments(6)