ニコラ・キュシュ

2010年05月14日

猟犬たちの夜 オルフェーヴル河岸36番地―パリ警視庁 (後編) -

猟犬たちの夜 オルフェーヴル河岸36番地-パリ警視庁 【完全版】 [DVD]
【FLICS】 2008年製作 フランス 97分
監督:ニコラ・キュシュ
出演:フレデリック・ディファンタール、ヤン・サンベール、カトリーヌ・マルシャル、マルク・バルベ、グウェンドリーヌ・アモン、アナベル・エトマン

Story:別件で逮捕した凶悪犯が事件に関わっていることを突き止めたヤック。一方で、爆破の犠牲となった同僚の遺留品から事件の手掛かりを掴んだコンスタンティン。互いに競い合うふたりだったが…。

全4話の後編2本です。前編のラストでてっきり二人とも死んだのかと思ってたら職務質問しにいったルイは助かってた...。新人の女性刑事は駅まで送ってもらうために乗ってただけなのにひどすぎるー。あの後、父親がひとり駅のホームで待つ姿がせつなかったですね。

そして後編。こちらもなかなかスリリングなシーンが多くて楽しめました。

張込みしてたターゲットがなかなか現れず、張込みを交代して帰る途中、女性刑事がある店に立ち寄るともまさにターゲットとはち合わせしちゃってもうドキドキ。刑事とバレたら殺される確率は100パーセントなんでこのシーンは一番緊張したかも。でも相手は女性にはやさしかった(笑)。

ヤックとコンスタンティンは周りが見えなくなっててくし誰も止められない。ちょっとこれはやりすぎなんでは?と思う。さすがに単独行動ばかりしていると、やることが裏目にでちゃうので情報を共有するようになって関係回復か?と思われたのですが...。

ヤックたちの強引な行動に同僚も困惑しはじめるし、昔の事件の犯人と今回の事件が絡み、情報屋の裏切りなんかもあってどうするどうする〜な展開。捜査はやはりチームで行うものだし、こう単独行動されちゃうとだんだんイラッとくる場合も。ヤックよりもコンステンティンがそうでしたねぇ。

またしてもそうきたかーでの結末が微妙だった。えっこれで終わりなの〜という感じで終わるんですが、呆然とするヤックの表情が印象に残るラストでございましたよ。もともと事件よりも二人の刑事が破滅に向かう姿を描いたもんだと思うので、じっくり描かれていたのは良かったと思います。やはり・・・すっきりと終わるハズがなくデス。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 13:22|PermalinkComments(1)

2010年05月12日

猟犬たちの夜/オルフェーヴル河岸36番地―パリ警視庁 (前編) -

猟犬たちの夜 オルフェーヴル河岸36番地-パリ警視庁 【完全版】 [DVD]
【FLICS】 2008年製作 フランス 100分
監督:ニコラ・キュシュ
出演:フレデリック・ディファンタール、ヤン・サンベール、カトリーヌ・マルシャル、マルク・バルベ、グウェンドリーヌ・アモン、アナベル・エトマン

Story:パリ警視庁の刑事・ヤックは、爆破事件の犯人逮捕のため、かつての相棒・コンスタンティンと組むことになる。以前は最強タッグとして名を馳せたふたりだったが、ある事件以来不仲に・・・。

あるいは裏切りという名の犬』『やがて復讐という名の雨』のオリヴィエ・マルシャル監督が脚本を手がけたノワールアクションの前編。前後編200分、全4話で構成されているので観やすいです。前編は2話が収録されています。

いきなり冒頭から車が大爆発!! パリ警視庁長官を狙ったと思われる車の爆破事件が発生し運転手が巻き込まれてしまいます。この爆破事件の捜査のために強盗鎮圧班のヤックと殺人班のコンスタンティンが任命されます。かつては親友だった二人、過去の事件をきっかけに不仲に...。それぞれ独自の捜査を始めてしまいます。

気になる過去の事件は、チラホラとフラッシュバックされるので何となく理解はできます。捜査を続ければ次第に協力しあって・・・と行きたいところですが、コンスタンティンの行動が裏目に出てますます溝を深めてしまうんですねぇこれが。

ワイルド系イケメンのヤックはあの『Taxi』シリーズのドジな刑事エミリアン。あのオバカなイメージが強いんですが、同一人物とは思えないほどクールでカッコイイ、そして髭もじゃ、、、。一方、コンスタンティンは『トランスポーター3』のヤン・サンベール。どんな役だったか記憶が薄れちゃったんですが、こちらはヤックとは真逆のタイプのすっきり顔のイケメン刑事。

マルシャル監督作品のような重々しさがなく、テンポも良いのでさくさく観られます。メインの刑事も若いのでアクションシーンも多い。最初の爆破事件の犯人を追っていくのですが、過去の事件の犯人も出てきたり他の殺人事件が絡んできたり少しずつ複雑になっていきます。

そして前半終了では衝撃的なラスト。全く想定してなかった人が悲しい展開にはショックでした...。早く続きが観たい!!!



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 11:37|PermalinkComments(0)

2009年08月24日

よげん [DVD] -

よげん(2枚組) [DVD]
原題:DAVID NOLANDE/THE NEXT PREMONITION
公開:2006年TVM
製作国:フランス
上映時間:294分

監督:ニコラ・キュシュ
出演:フレデリック・ディファンタール、エルザ・キコイン、エドゥアルド・モントート、クロード・ファラルド、ジャン=ルイ・フォルキア

+あらすじ+
交通事故で老女を死亡させてしまったダビッド。以来彼の周囲で次々と不幸が起こり、途方に暮れていた矢先、見知らぬ男が現れ「お前が殺したのは偉大な預言者だ」と彼に告げる。

++
Taxi』シリーズのフレデリック・ディファンタール主演のサスペンスホラーです。

車の運転が驚異的にヘタクソなエミリアンが今回は車の運転はうまい、いや普通。普通なんですが、交通事故で老女を死なせてしまうのです。やっぱりヘタクソかぁ・・・ってあのエミリアンとは全然関係ないおはなし。

いやーきたよ!!
294分の大作、すごい面白かった!!!

予言者だの占い呪いだの不可思議な出来事などなど大好きな私には、ほぼ一気観。ちなみに2枚組です。

主人公のダビッドが運転する車の前にワンコが出てきて避けようとしたところ、道路わきにあったトレイラーに突っ込みそこに住む老女を死なせてしまうのです。この事故を境にして主人公が呪いをかけられたかのような不運にみまわれまくります。

その後、謎の男が現れ死なせた老女は偉大な予言者だと言う。人を救う人を死なせてしまったから今度はお前が救えと言われたり、救わなきゃいけない人を救えなかったらお前の大切な人が死ぬと脅かされ、ダビッドは見ず知らずの他人を救わなきゃいけなくなるのです。

もう人助けでいっぱいいっぱいだし、奥さんとの仲もおかしくなっちゃうしで、本人も寝たら悪夢を見るので眠れないしで、もう死ぬんじゃないかと思うほど振り回されていてかわいそう。予知夢で見た時間や場所にたどりつければ何とか救えるのですが、これがなかなかヒネリがきいてまして一筋縄ではいかんのです。何度“アッ!!”“ええーっ!”と思ったことか。

しかもクリアするごとに究極の選択になっていくんですねコレが。最初は助かってよかった〜という人たちなんですが、最後の方はこいつ救わなくてもいいんじゃない?いう悪人だったり・・・。でも救わなきゃ身内がえらいことになるし・・・。

これはパッケージの写真で損してると思う。タイトルもひどいし・・・。しかし見始めたら294分はあっという間で、スピード感ある展開でぐいぐい引き込まれましたわさ。ただ人を救うだけじゃなくて身内の命もかかっているので、ある意味タイムリミット付きという設定なのが緊張感があって面白かったと思います。

それにフレデリック・ディファンタールのやや斜め横顔うつむき加減がちょっと良いデス(笑)

★よろしかったらポチッとしてくださいませ★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 11:53|PermalinkComments(0)