マーク・ウォールバーグ

2011年04月02日

ザ・ファイター -

ザ・ファイター
【THE FIGHTER】 2011/03/26公開 アメリカ PG12 116分
監督:デヴィッド・O・ラッセル
出演:マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、メリッサ・レオ、ジャック・マクギー

頂点へ。

地域の期待を一身に背負う名ボクサーだが、短気でだらしない性格から破綻した日々を送っている兄ディッキーと、才能に恵まれていないボクサーの弟ミッキー。過保護な母アリスや兄に言われるがままに試合を重ねるが、一度も勝利を収められず...。

実在するアイルランド系ボクサー、ミッキー・ウォードの波瀾のボクシング人生を描いた作品。今年のアカデミー賞ではクリスチャン・ベイルとメリッサ・レオが助演賞をダブル受賞。1週間遅れでMOVIXにて観てきました。

これはボクシング映画でもあるけど兄弟や家族の絆を描いたお話のほうが強いかも。ちょっとさわがしい映画だなーというのが最初の印象。主人公はいたって普通、普通じゃないのがまわりの家族。

兄のディッキーは元ボクサーで短気でだらしないどうしようもない。過去の栄光にすがって生きてるだけ...。姉妹はごろごろいて最初は近所の人かになにかかと思ってました。母親は過保護過ぎで自分勝手でうるさい。息子を大切に思うのわかるけど肝心な所をわかっちゃいない。一番マトモなのは父親か。せっかくの才能もあの家族がガヤガヤしてたら成功するものも成功しない。ちょっとイライラしながら観てました。

ミッキーのためにとやってることが自分たちの都合で、対戦相手が変更になってお金が入らないからといって9キロも重いやつと対戦させるとは何事??。死んじゃうかも〜とハラハラしてた。ミッキーに恋人ができて流れが変わって、母親と姉妹らが乗り込んでいくってのも最悪。とどめは兄のせいで大事な商売道具を傷めてしまい...。さすがにミッキーも家族と距離を置くようになるけど...。

あまりにもあの家族が強烈で思ってたよりもいまひとつかなーと思ってたら、後半盛り返しましたな。クライマックスの試合シーンすごかったー。激しい打ち合い、だめかも〜と思ったら!!思わずガッツポーズでそうになったわさ。ちょい小さめで。こういうシーンがあるからボクシング映画はいいな。またこれが実話というから感動的ですね。エンドロール中、本物の兄弟(ですよね?)が映ってて、ディッキーがまんまでしたわ。

クリスチャン・ベイルとメリッサ・レオの怪演でダブル受賞はわかるけど、私の中でいまいちパッとしないイメージだったマーク・ウォールバーグが今まで観た中で一番良かった。それにしてもクリスチャン・ベイル、外見はまるっきりかわっててすごいな。

★★★★.4

*こちらの記事へのトラックバック・コメントはお手数ですが
 [ザ・ファイター]へお願いいたします*



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 17:47|PermalinkComments(10)

2011年02月18日

デート&ナイト -

デート&ナイト [DVD]
【DATE NIGHT】 2010年劇場未公開 アメリカ 88分
監督:ショーン・レヴィ
出演:スティーヴ・カレル、ティナ・フェイ、マーク・ウォールバーグ、タラジ・P・ヘンソン、コモン、ジミ・シンプソン 、ウィリアム・フィクトナー マーク・ラファロ、ジェームズ・フランコ、ミラ・クニス

ごく普通の倦怠期の夫婦フィルとクレアが、ひょんなことからヤバい連中に人違いされ、マフィアや警察を巻き込んだ逃走劇を繰り広げることに...。

トム・クルーズとキャメロン・ディアス主演の『ナイト&デイ』の便乗品ですね。内容もごく普通の夫婦がひょんなことから胡散臭い連中に狙われキャーワーする逃走劇なので似てるっちゃ似てるかも。監督は『ナイト ミュージアム』シリーズ、『ピンクパンサー』(2006)などのショーン・レヴィ。

お話は巻き込まれ系のよくあるドタバタ劇で普通でした。でもスティーヴ・カレルとティナ・フェイの息のあった笑いはまぁ楽しめますね。嫌いじゃないんだけどどうもスティーヴ・カレルとは相性がよくないみたいで爆笑とまではいきませんでした。あっボートシーンは笑える。アクションはなかなかでしたね。どちらかというと奥さん役のティナ・フェイが面白い。衣装や状況によって雰囲気が変わる。

ゲストが豪華。特にマーク・ウォールバーグで笑えた。一度も服を着ずに上半身裸でキメてるマーク・ウォールバーグはカッコイイというよりな〜んかおかしくて笑えましたわ。クールなんだけどね。ツボ!!
あれ? 名前ないけどレイ・リオッタサン出てましたね。

たぶん邦題で損してるのかも。キャストも悪くないし気軽に楽しめるつくりになっているので、便乗してますなタイトルをつけなくてもいいのに。DVDスルーの宿命なのか(笑)。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:40|PermalinkComments(6)

2010年01月20日

ラブリーボーン [映画] -

ラブリーボーン [DVD]
原題:THE LOVELY BONES
公開:2010/01/29
製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド
上映時間:135分
監督:ピーター・ジャクソン
出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ、シアーシャ・ローナン、ローズ・マクアイヴァー、クリスチャン・トーマス・アシュデイル、リース・リッチー、キャロリン・ダンド

Story:スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛娘を守れなかった罪悪感に苦しむ。崩壊していく家族の姿を見てスージーは……。(シネマトゥディより)


アリス・シーボルド原作「ラブリー・ボーン」を「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が映画化した作品。わずか14歳で殺されてしまったスージーが天国へ旅立ってからのお話。

有給取らないと行けないのをわかっていながらMOVIXで応募したら当たっちゃいました。しかも同日のTOHOシネマズで『ゴールデンスランバー』も当選という何というダブルブッキング(泣)。こんな幸運はもうないだろうな。

青春・サスペンス・ちょぃホラー・ファンタジーありでいろんな要素がつまった作品でした。ややサスペンスが強かったかなーと。最初からスージーは死んでしまうことはわかっているので、生前の何気ない出来事にもドキドキしてしまいます。主人公が最初に亡くなってしまうという設定はあまりないですね。

早い段階で犯人が分かってしまうので、てっきりスージーがお父さんに犯人を気付かせ捕まえさせるんかなーと思ってましたがちょっと違う。スージーの目線から残された家族や殺人犯の様子を描いたもので、犯人をどうこうするもんじゃなかった。スージーの無念さや家族の喪失感が伝わってきてとても切ないお話でした。

あの世とこの世の間にある世界がまるでファンタジーの世界でとにかく美しい。これは大きなスクリーンで見て良かったーと思いました。

とても悲しく切ないお話なのだけれど見終わった後は、ちょっぴり感動して素敵な作品だったなという気分でした。最後にスージーの願いが叶った時はグッときてちょっぴり感動の涙しました。だけどあの終わり方でスージーはちゃんと天国に行けるのだろうか・・・。

後から考えるとあれはどうなの、これはどうなの、あれは伏線じゃなかったの?とツッコミ所も出てくるんですよね。せっかく妹が危険を冒してまで潜入したのに・・・とか。とは言っても全体的には良かったーと思ったし、大霊界映像がとても美しかったのがポイント高いですね。それとスージー役のシアーシャ・ローナンちゃんが可愛かった♪

※2010/01/19、MOVIX 試写会にて

応援ありがとうございますっ
↑↑
ポチッとしていただけるとうれしいですありがとうございますっ



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:51|PermalinkComments(28)

2009年05月08日

アンダーカヴァー [DVD] -

アンダーカヴァー [DVD]
原題:WE OWN THE NIGHT
公開:2008/12/27
製作国:アメリカPG-12
上映時間:117分

監督:ジェームズ・グレイ
出演:ホアキン・フェニックス、マーク・ウォールバーグ、エヴァ・メンデス、ロバート・デュヴァル、アントニー・コローネ

+あらすじ+
名門警察一家に生まれながら、家族に背を向け、マフィアが経営する人気クラブのマネージャーとして生きる弟ボビー(ホアキン・フェニックス)。父(ロバート・デュヴァル)の後を継ぎ、エリートコースを歩む警察官の兄ジョセフ(マーク・ウォールバーグ)は、そんな弟に対し、マフィアを裏切って潜入捜査に協力するよう持ちかけるが……。(シネマトゥデイより)

++
すごく観たかったんですけどコチラでは上映されなかったのでやっと観られました。
主演のホアキン・フェニックス、マーク・ウォールバーグのご両人そろって製作にも関わられておりますね。

1980年代のニューヨークが舞台。兄はエリート警察官、弟は裏社会に生きる兄弟の運命を描いたお話。あらこの設定と展開は、細かいとこは抜きにしてちょっと前に観た香港映画と似てる。結局は血のつながりには勝てないもんなんですなぁ。

最初から最後まであっさりした展開でしたね。まぁ好みの作品ではあるんですが普通の面白さでした。わざとクールに描いてるのかなーともとれますがさて。もっと兄弟のしっかりした絆があったり、父親の仇討ちも兄弟できっちりカタを付けるもんだと思ってました。あまり感情移入できるもんでもなかったです。

しかし、普通ならカッコ良くテンション上がるカーチェイスシーンですがが、雨が降るどんよりとした中で行われていて冷たく切ない。このシーンは気に入ってます。

で、どうしても気になっちゃうのは弟のボビーはそんな簡単に職業替えできちゃうもんなのかというところ。家族が家族なもんだから特別にってことみたいですけどそれはアリなんですかね。これにはビックリでした。ここでちとテンションさがった、、、。

とは言っても、薬の工場みたいなとことか、取引現場でのシーンは緊張感があって良かったですけどね。こういうお話はどちらかいうとくさいドラマが好きなのでさら〜っとしすぎだったかな。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑ ランキング参加してます。
ポチッとしていただけるとうれしいです



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:45|PermalinkComments(12)

2009年04月18日

マックス・ペイン [映画] -

マックス・ペイン (完全版) [DVD]
原題:MAX PAYNE
公開:2009/04/18
製作国:アメリカPG-12
上映時間:100分
鑑賞日:2009/04/18

監督:ジョン・ムーア
出演:マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス、ボー・ブリッジス、クリス・ブリッジス、オルガ・キュリレンコ、アマウリー・ノラスコ、クリス・オドネル

愛を奪われた男の
冷たい怒りが燃え上がる

+あらすじ+
妻子を殺された刑事、マックス・ペイン(マーク・ウォールバーグ)。ただ独りで捜査を続けるマックスは、ナイトクラブで薬漬けの美女、ナターシャ(オルガ・キュリレンコ)と出会う。同じ日の夜、何者かがナターシャを惨殺。妻子とナターシャの殺害を結ぶあるひとつの共通点、“羽”のタトゥーの謎をマックスは追うが……。(シネマトゥデイより)

++
予告編を観て派手な銃撃戦を目当てで観てきました。妻子を殺された刑事が逃した犯人を追っていくうちに陰謀に巻き込まれていくというよくあるパターンです。

マーク・ウォールバーグは悪くないと思うんですけど、いまひとつインパクトが弱い気がします。それに妻子を殺された憎しみはあまり感じられなかったし。まぁクールだといえばそれまでだけど、、、。

確かに銃撃戦はそこそこカッコ良かったけれど、目玉はそれだけかなという感じです。お話も淡々としてシーンが終わったらハイ次・・・みたいなゲームっぽいつくりだと思ってたらあららゲームの映画化でした、、、。どうりで話に深みがないわけだ。

しかし映像はわりと好みでした。青みがかかった映像はダークな世界を魅力的に描いてましたしね。でも背景がアニメっぽいです。そして背中に羽が生えたものが人を襲ってくる時の影の使いかたもなかなかよろしい。最初はデビルマンでも出てくるのかと思ったわぁ(笑。

オルガ・キュリレンコが出ていたのにあっという間に出番が終わってしまったのは残念でしたね。主人公ともっと絡むのかと思ってたのにあっさり。話はその姉のモナほうにいっちゃった。

お目当ての銃撃戦はとあるオフィス内での撃ち合い。その後だーっ駆け抜けていって粉々になるガラスがきれいだったなぁ。銃撃の時の音も良かった。でも普通なんですねぇ。でも主人公が背後から狙われた時、気配を感じ後ろに倒れながら相手を撃つというシーンはカッコ良かった~。そこだけはマーク、かっこいいじゃんかと。

お話は薄っぺらいのですが銃撃戦でストレスは発散できそうな作品ですね。弾もったいない~ってくらい撃ってますから。私のような銃撃戦大好き人間にはそこそこ楽しめると思います(笑。

ブツっとした終わり方だったのでもしやと思ったら、エンドロールの後にも映像がありました。作る気なら続編できそうな終わり方だったけど・・・さて。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑ ランキング参加してます。
ポチッとしていただけるとうれしいです



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 22:11|PermalinkComments(10)

2008年07月26日

ハプニング -

ハプニング (特別編) [DVD]
【THE HAPPENING】PG-12
2008/07/26公開(07/26鑑賞)
製作国:アメリカ
監督:M・ナイト・シャマラン
出演:マーク・ウォールバーグ、ズーイー・デシャネル、ジョン・レグイザモ、アシュリー・サンチェス

人類は滅びたいのか。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 20:32|PermalinkComments(32)

2008年04月11日

ミニミニ大作戦 -


【THE ITALIAN JOB】
2003/06/21公開
製作国:アメリカ
監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:マーク・ウォールバーグ、エドワード・ノートン、シャーリーズ・セロン、セス・グリーン、ジェイソン・ステイサム、ドナルド・サザーランド、モス・デフ、フランキー・G

会社の郵便受けの2ケタでさえ開けられないので、金庫破りはまずムリ。配線なら得意なんだけど・・・

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 11:08|PermalinkComments(6)

2008年03月15日

ビッグ・ヒット -

ビッグ・ヒット
【THE BIG HIT】
1999/01年公開
製作国:アメリカ
監督:カーク・ウォン
製作総指揮:ジョン・ウー他
出演:マーク・ウォールバーグ、ルー・ダイアモンド・フィリップス、チャイナ・チャウ、クリスティナ・アップルゲイト、エイヴリー・ブルックス

アクションとコメディで一石二鳥。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 23:34|PermalinkComments(0)

2007年06月02日

ザ・シューター/極大射程 -

ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
【SHOOTER:2007/06/01】(06/02)
製作国:アメリカ PG-12
監督:アントワーン・フークア
原作:スティーヴン・ハンター 『極大射程』(新潮社刊)
出演:マーク・ウォールバーグ、マイケル・ペーニャ、ダニー・グローヴァー、ケイト・マーラ、イライアス・コティーズ、ローナ・ミトラ、ネッド・ビーティ、ラデ・シェルベッジア

アフリカのエリトリアで偵察任務に就いていた米海兵隊の敏腕狙撃手ボブ・リー・スワガー。だが、その攻防で援軍に見捨てられ、相棒のドニーが命を落としてしまう。3年後、スワガーは一線を退き、愛犬サムとワイオミングの山中で隠遁生活を送っていた。そんなある日、彼の元に退役したアイザック・ジョンソン大佐とその部下たちが訪ねてくる。そして、全米各地を遊説する大統領に対する暗殺計画が発覚したと語り、スワガーの経験から犯人が狙撃に及ぶ都市を割り出してほしい、と要請してくるのだった。やがて、その都市をフィラデルフィアに絞り、現場で監視にあたるスワガーだったが…。

人気blogランキングへ
 ↑
狙い定めてポチッと♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 17:02|PermalinkComments(20)

2007年02月23日

NYPD15分署 -


『THE CORRUPTOR』

公開:1999/11
製作国:アメリカ
監督:ジェームズ・フォーリー
出演:チョウ・ユンファ、マーク・ウォールバーグ、リック・ヤン、ポール・ベン=ヴィクター

劇団ひとりと森進一の夢の共演??? どんよりとした刑事もの好きにはたまらんです。

人気blogランキングへ
 ↑
男くさ〜い刑事もの好きはポチッと♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 11:47|PermalinkComments(2)

2007年01月20日

ディパーテッド -

ディパーテッド
『THE DEPARTED』
公開:2007/01/20(01/20鑑賞)
製作国:アメリカ
監督:マーティン・スコセッシ
製作:マーティン・スコセッシ、ブラッド・ピット
出演:レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マーク・ウォールバーグ、マーティン・シーン、レイ・ウィンストン

まっとでいも〜んの画面いっぱいのアップで吹いちゃった、、、

人気blogランキングへ
 ↑
顔の見分けが難しいぞと思ったらポチッと♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 21:31|PermalinkComments(39)