ヴァル・キルマー

2011年06月21日

エネミー -

エネミー [DVD]
【THE TRAVELER】 2010年劇場未公開 アメリカ 96分
監督:マイケル・オブロウィッツ
出演:ヴァル・キルマー、ディラン・ニール、ポール・マクギリオン、カミール・サリヴァン、ネルス・レナーソン、クリス・ゴーシャー、ジョン・カッシーニ

娘を変質者に殺され憂鬱な時間を過ごしていたアレックス刑事。突然、署に不気味な謎の男が現れ、刑事たちに向かって殺人予告をする。以来、次々と刑事たちが凄惨な殺され方をしていく...。

本文を読む



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 10:24|PermalinkComments(0)

2010年07月30日

バッド・ルーテナント -

バッド・ルーテナント [DVD]
【THE BAD LIEUTENANT: PORT OF CALL NEW ORLEANS】 2010/02/27公開 アメリカ 122分
監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
出演:ニコラス・ケイジ、エヴァ・メンデス、ヴァル・キルマー、アルヴィン・“イグジビット”・ジョイナー、フェアルーザ・バーク

正気か、狂気か。

荒廃した街
ニューオリンズ。
最悪な男が、
躍動する。

ハリケーン・カトリーナの直撃のニューオーリンズ、浸水した刑務所から逃げ遅れた囚人を助け出したことで表彰され“警部補(ルーテナント)”に昇格した刑事テレンス・マクドノー。しかし、救出の際に負傷した腰の痛みのためドラッグが手放せなくなっていた...。

1992年に製作されたアベル・フェラーラ監督の『バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト』のリメイク作品。

ニコラス刑事、うーん、私にはちと退屈でした。ニコちゃん作品はあまり面白いと思ったことがないんですよね。ルーテナントに昇格はしたけれど、裏の顔はドラッグと賭博にどっぷりつかった刑事。それがあの表彰シーン・・・ちょっと警察だまされんなよ〜。ボロは出なかったんかいっ!

それにニコラス刑事の悪徳警官、狂気とかがそれほど伝わってこなかった。まぁお婆さんの酸素注入の装置をはずして脅すところはムカッときたけれども。あのワニいやイグアナ?は幻覚なのか??? つくりもんのような動きしてて思わず笑ってしまいました。

ヴァル・キルマーも大して活躍してなかったような・・・。

どうせなら悪徳っぷりをガンガンいってもらって、あのラストだったら結構衝撃的だったと思いますね。ラストの水族館もあまりインパクトのない終わり方で私にはいまひとつでした。ニコちゃんとは相性が悪いのかな、、、

でも最初に助けた囚人が最後に出てきた時はちょっとホッとした。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:47|PermalinkComments(6)

2010年03月09日

ファイナル・ミッション -

ファイナル・ミッション [DVD]
【COLUMBUS DAY】 2008年劇場未公開 アメリカ 90分
監督:チャールズ・バーマイスター
出演:ヴァル・キルマー、マージ・ヘルゲンバーガー、ウィルマー・バルデラマ、ボビー・J・トンプソン、アシュレイ・ジョンソン

人生最後のヤマは完璧なはずだった・・・

Story:天才強盗犯のジョンは、今回の仕事を最後に足を洗い、疎遠になっていた元妻や娘とヨリを戻し、フロリダで平穏な暮らしを手に入れようと考えていた。裏社会のボス・エスピノーサから奪った上物のヤクを手に、10万ドルもの大金をかけて取引を開始するジョンであったが、仲間の1人レナードの裏切りにより、綿密に練られた計画がもろくも崩れ去ってゆく。

ケヴィン・スペイシー製作、ヴァル・キルマー主演の裏切りと駆け引きが交差するクライムアクション。共演は『CSI:科学捜査班』シリーズのマージ・ヘルゲンバーガー、『ぼくたちの奉仕活動』のボビー・J・トンプソン。

強盗犯のジョンは今回の仕事で足を洗い、元妻と娘とヨリを戻してフロリダで静かに暮らそうと考えていたのですが、最後の仕事で躓いてマフィアに追われ、警察の捜査が迫ってくる・・・というお話。

緊張感があるかと思えばそうではなく、公園で黒人の少年と出会い心を通わせていくという良い話になってみたり、娘や元妻に足が着きそうな電話をしまくってヨリを戻そうと必死・・・期待してた内容とは違ってました。ヴァルさんはほとんど公園かその電話ボックス、または秘密基地ぐらいしか行動範囲がありません、、、。

ジャンル的にはアクションになってますが、それを期待して観ちゃうとガッカリすると思います。犯罪者が少年と出会い人生を見つめ直すというものなのでちょっとしたドラマが展開されます。なので最後はちょっとジンワリきちゃいました。パッケージの写真はウソです(笑。

応援ありがとうございますっ
↑↑
ポチッとしていただけるとうれしいです



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 13:11|PermalinkComments(0)

2010年02月26日

デフロスト [DVD] -

デフロスト [DVD]
【THE THAW】 2009年劇場未公開 アメリカ 93分
監督:マーク・A・ルイス
出演:ヴァル・キルマー、マーサ・マックアイサック、アーロン・アシュモア、カイル・シュミット

Story:環境学者・クルーペン博士ら一行は北極で調査を行っていた。遅れて到着した博士の娘・エヴリンと4人の大学生も調査に合流するが、行き着いた先に北極グマの死体が転がっていて…。

温暖化の影響により北極に眠っていた寄生虫が目覚めはじめるというパニックホラーです。ヴァル・キルマー主演なんですが、ほとんど出てません、、、。

完全なB級作品ですがわりとちゃんと作られてました。パニックものなのに地味、そんな所が結構怖かったりして。そしてかなりグロイ部分もアリです。冒頭から気持ち悪いシーンから始まって不安を煽ります。

虫が嫌いな人は観ちゃだめ!!

○※■×△・・・・あ゛あ゛〜ちっこい虫でも苦手な私には苦痛でした(泣)。
虫とグロイのが苦手な方はスルーをおすすめします。

ヴァルさんだけに....バルサンが必要。

温暖化が叫ばれてる今、北極などの氷が溶け出しているわけですが、この作品も温暖化の影響で奥深く眠っていた寄生虫が氷が溶けたことによって目覚め、動物に寄生し始めます。卵を産みそして孵化・・・。やがて調査をしにきた人間にも寄生するのです。

博士の娘と学生が調査のために合流するのですが、そこにいた北極グマの死体には虫がついていて・・・ひとり刺されてしまうところからジワジワと恐怖が襲ってきます。

皮膚が爛れて幼虫がうろうろ・・・うぎゃー。気持ち悪いです。そんなのへっちゃらという方は地味な作品なんだろうけど、私にはかなりショックキングな映像多しデス。

後半では博士はとんでもないことをしようとするし、すっきり終わらない、ラストも不安を残しつつ締めくくってます。あ゛あ゛、まるで人類滅亡へのカウントダウン・・・。昨今の原因不明のウイルスなんかを考えると、ただの映画の中のお話とは思えなくなります。

応援ありがとうございますっ
↑↑
ポチッとしていただけるとうれしいです



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:42|PermalinkComments(2)

2010年02月04日

特捜刑事 スパルタン [DVD] -

特捜刑事 スパルタン [DVD]
【SPARTAN】 2004年劇場未公開 アメリカ/ドイツ 106分
監督:デヴィッド・マメット
出演:ヴァル・キルマー、デレク・ルーク、ウィリアム・H・メイシー、エド・オニール、クリステン・ベル

Story:職業軍人出身のシークレットサービスの教官・ロバートは、誘拐された大統領の娘の救出任務を命じられ、相棒・カーティスと共に調査を開始するが…。

誘拐された大統領の娘救出作戦のお話。『アンタッチャブル』や『ハンニバル』の脚本を手掛けたデヴィッド・マメット監督とヴァル・キルマー主演によるアクション作品です。

大統領の娘が誘拐され、軍人出身のシークレットサービスの教官・ロバートと新米カーティスと共に捜索を始めます。しかし突然、娘の水死体が見つかり捜査は打ち切りになってしまいます。そんな中、カーティスが娘の痕跡を見つけたことからロバートは独自に捜査を再開するのです。

邦題でスルーされそうな作品だし、最近いまひとつな作品に出演されてるヴァル・キルマーさんですが、今回はなかなかカッコ良い活躍をしてます。お話もただの誘拐かと思われたのですが、実はある売春組織や大統領選に関係する陰謀に巻き込まれるというものでなかなか面白いお話でした。

救出に向かう舞台はドバイ。実際にもドバイでは売春婦が多いらしい。普通の女の子が巻き込まれ売春組織によってドバイに送られる仕組みが妙にリアル感があってこえぇ〜と思いました。このお話によるとアメリカ人は金髪が好まれるらしい...。

多少主人公の活躍に都合良く出来てる感じもしますが、なかなか硬派な内容なのでヴァルさんのカッコ良さが出てました。邦題で損してると思う。

応援ありがとうございますっ
↑↑
ポチッとしていただけるとうれしいですありがとうございますっ



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 11:51|PermalinkComments(0)

2009年08月06日

XIII/サーティーン [DVD] -

サーティーン/XIII [DVD]
原題:XIII
公開:2009/03/28〜、TVM
製作国:フランス/カナダ
上映時間:185分

監督:デュエイン・クラーク
出演:スティーヴン・ドーフ、ヴァル・キルマー、ジェサリン・ギルシグ、スティーヴン・マクハティ

+あらすじ+
アメリカ初の女性大統領が殺害される。同じ頃、山中で記憶喪失の男を発見。彼の胸には「XIII」の文字が刻まれていた。

++
記憶を失った主人公が、自分探しをしながら巻き込まれた陰謀に立ち向かうサスペンスアクション。

185分の長さを感じさせず最後まで謎が謎呼ぶ展開で楽しめました。90分を過ぎた頃、いいところでクレジットが流れたので・・・・シマッターシリーズものか?と思ったんですが、どうやら前後編でのTVM作品だったようです。でも全部つなげば立派に映画としても観られそうなくらい出来は良かったと思います。

主人公は記憶喪失の特殊工作員というジェイソン・ボーンを思わせる設定。失った記憶を探しつつ、自分と同じ胸に数字が刻まれたやつらに命を狙われます。狙うのはちょっと重たそうなヴァル・キルマー。記憶はなくても訓練された技術は身体が覚えていてめちゃくちゃ強い。そんな彼の見た目はジェイソン・ステイサム・・・ジェイソン違い。

冒頭の大統領暗殺から始まり、暗殺を企てたのは誰なのかそして目的はなんなのか・・・とまぁよくあるようなおはなしなんですが、この誰と目的が一筋縄ではいかない。やっと解決してめでたしめでたしと思っていたところ新たな謎が浮上してきてまさかの展開にはビックリこきました。このラストには思わずニヤニヤしちゃった。好きーっ。

原作はベルギーでは1000万部を越える人気作品だそうで、発売されたのは1984年。ということは『ボーン・アイデンティティ』の18年前の作品だったりします。ボーンシリーズが好きな人は楽しめるかも。原作はまだ完結していないようなんですが、できたら続編も映像化して欲しいです。

★よろしかったらポチッとしてくださいませ★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:52|PermalinkComments(8)

2008年07月24日

バットマンフォーエヴァー -

バットマン フォーエヴァー [DVD]
【BATMAN FOREVER】
1995/06/公開
製作国:アメリカ
監督:ジョエル・シューマカー
出演:ヴァル・キルマー、トミー・リー・ジョーンズ、ジム・キャリー、クリス・オドネル、ニコール・キッドマン、ドリュー・バリモア

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:42|PermalinkComments(5)

2007年04月06日

ブロンディー/女銀行強盗 -

ブロンディー/女銀行強盗 [DVD]
【THE REAL McCOY 1993/10】
製作国:アメリカ
監督:ラッセル・マルケイ
出演:キム・ベイシンガー、ヴァル・キルマー、テレンス・スタンプ、ゲイラード・サーテイン、ザック・イングリッシュ

裏切りにあい刑務所暮しをしていた銀行強盗カレン・マッコイ。6年後、ようやく仮釈放される。
前夫に預け、離れ離れになっていた息子との暮しをやり直そうとするが、かつてのボスから再び銀行強盗の誘いが!
一度は断るものの、息子が人質となりやむなく仲間になることに・・・

人気blogランキングへ
 ↑
ちょっとキム・ベイシンガーにうっとりの私にポチッとお願い☆

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:41|PermalinkComments(4)

2007年03月17日

デジャヴ -

デジャヴ
『DEJA VU』
公開:2007/03/17(03/17)
製作国:アメリカ
監督:トニー・スコット
出演:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン、ヴァル・キルマー、ジム・カヴィーゼル

その時彼は強烈な“デジャヴ”に襲われたというが、私にはただの一目惚れにしか思えなかった。そうじゃなきゃあんな命がけの無茶はしないって!

人気blogランキングへ
 ↑
デジャヴに良く襲われると思ったらただ忘れてるだけという私にポチッとお願いします♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 16:10|PermalinkComments(34)

2006年10月13日

マインドハンター -


『MINDHUNTERS』
公開:2006/02/25
製作国:アメリカ
監督:レニー・ハーリン
出演:LL・クール・J、ジョニー・リー・ミラー、キャスリン・モリス、ヴァル・キルマー、クリスチャン・スレイター、パトリシア・ヴェラスケス、クリフトン・コリンズ・Jr 、アイオン・ベイリー、ウィル・ケンプ

安全だと確信した時は?

人気blogランキングへ←ポチッとしても死にませんのでクリックしてみてください♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:34|PermalinkComments(14)

2006年09月22日

キスキス,バンバン−L.A.的殺人事件 -


『KISS KISS, BANG BANG』
公開:2006/04/08
製作国:アメリカ
監督: シェーン・ブラック
出演: ロバート・ダウニー・Jr、ヴァル・キルマー、ミシェル・モナハン、コービン・バーンセン

☆story☆
ニューヨークのしがない泥棒ハリー・ロックハート。ある時、警察に追われていて思わず逃げ込んだのは、ハリウッド映画のオーディション会場。俳優に間違われたハリーはオーディションをパスし、探偵役のスクリーンテストのためにロサンジェルスへ。彼はそこで役作りのため、通称“ゲイ”と呼ばれている本物の私立探偵ペリーに弟子入りすることに。一方でハリーは、女優を夢みてハリウッドへやって来た幼なじみハーモニーと再会する。やがてハリーとペリーは奇怪な事件に遭遇。さらに、ハーモニーの妹も謎の自殺を遂げ、事態は混沌の度を深めていく…。


ハリー・ロックハートの災難事件簿・・・

殺人事件に巻き込まれての大騒動で、人がたくさん殺されているのに何故か楽しいお話でした。
ハリーとハーモニー、そしてペリーの3人の絡みが面白すぎー。
タイトル通り女性とキス、男性とキス、バンバンと撃ちまくっておりましたよ。
そして私好みのオープニングがおしゃれでした。

人気blogランキングへ ←一日1回ポチッと私にスイッチ入れてくださいまし♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:41|PermalinkComments(12)

2006年07月14日

トップガン -

トップガン 
『TOP GUN』
公開:1986/12
監督:トニー・スコット
出演:トム・クルーズ、ヴァル・キルマー、ケリー・マクギリス、メグ・ライアン

カリフォルニア州ミラマー海軍航空基地。そこにF−14トムキャットを操る世界最高のパイロットたちを養成する訓練学校、通称“トップガン”がある。若きパイロットのマーヴェリックもパートナーのグースとともにこのトップガン入りを果たし、自信と野望を膨らませる。日々繰り返される厳しい訓練も、マーヴェリックはグースとの絶妙なコンビネーションで次々と課題をクリアしていく。しかしライバルのアイスマンは、彼の型破りな操縦を無謀と指摘する。その一方で、マーヴェリックは新任の女性教官チャーリーに心奪われていく。


いやぁ、トムはかっこいいですねぇd(^^*)
あ、トムキャットです(笑)
ホントは『HOT SHOTS! 』が観たくなって5分ほど観たんですが、モトネタを見直しからの方が楽しめるかなと思って予定外で観てしまいました。
音がかなり良かったのでこれはいじったやつかな?

ずいぶん前だからトムも若いんですが、基本的には変わりませんな。
かな〜り久々に観たのに、“わか〜い”ってビックリするほどではなかったし。
この人やっぱり今でも若いと思います。
白い歯が印象的な素敵な笑顔はやっぱりいいですねぇ。

ドッグファイトは、今見てもかっこいいです。
古さを感じなかった。
でも機体はもう古い?‐”‐;
特にラストの方ね。あ〜久々に観てテンション上がったーーーっ!
ちょい前に観た『ナイト・オブ・ザ・スカイ』も良かったけれど、やっぱり『トップガン』の方が好きですわ。
ストーリーもそこそこあるし、ちょろっと恋愛ものもあるし、お約束の主役のお悩みもあるし、、、
今見るとチャーリーがマーヴェリックに恋に落ちるの早すぎっ(笑)
主人公についての心理描写についても適当に流されてますね〜^^;
人間性よりも戦闘機のかっこよさだけの映画・・・
今も昔も単純にかっこよければ良しの私にはそんなの気になりませ〜ん (゚∇^*)
そうそうカワサキ?のバイクも素敵〜ニンジャーっ ←違う

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:04|PermalinkComments(6)

2006年05月12日

ヒート -


公開:1996/06
監督:マイケル・マン
出演:アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ、ヴァル・キルマー、ジョン・ヴォイト

犯罪のプロフェッショナル、ニール・マッコーリー(デ・ニーロ)は、クリス(キルマー)、チェリト(サイズモア)等と現金輸送車を襲い有価証券を奪う。捜査にあたるロス市警のヴィンセント・ハナ(パチーノ)は、少ない手掛かりから次第にマッコーリー達へ近づいていく。マッコーリーは本屋の店員イーディ(ブレネマン)と出逢い、次の銀行強盗を最後に堅気の暮らしに入ろうと決意していた。やがて決行の時、タレ込みを受け現場に駆けつけたハナ達と、マッコーリー一味は、壮絶な銃撃戦を繰り広げるのだった……。


久々にテレビで観ました〜♪
昔、試写会で観ましたよ、コレ。
あの長い銃撃戦が売りで、かなりテンションあがったもんです。
ストーリーはほとんど忘れかけてましたが (^▽^;)>゛

結構豪華な出演陣です。
特に大好きなアル・パチーノとロバート・デ・ニーロが共演ですからねぇ!!
だからどっちの視点で見ればいいか悩みます(笑)
この後は共演はないからかなり貴重ですね。
ショットガンを持って現場を仕切ってるアル・パチーノがもうメチャクチャにカッコイイっす d(^^*)

ヴィンセントとニールの出会いもこんなんじゃなかったら、親友同士になってたんだろうなと思います。
イメージ的にヴィンセントは動で、ニールは静という感じ。
でも性格は似ている感じがします。
刑事と犯罪者の立場ではあるけれど、どちらも信念があってそれを貫く姿はカッコいい!
個人的には2人でコーヒーを飲みながら話をするシーンはお気に入りです!

お気に入りといえば、クリスが奥さんと会うシーン。
その奥さんがさりげなく警察がいることをダンナに教えるシーンが良かったです。

病院でのヴィンセントと奥さんの会話とかもね…う〜ん、書き出したらキリがないですなぁ。

あまり二人が絡むシーンはないんですけど、それがかえっていいのかな?
ラストにおいしい所を持って行くあたりがいいね、もうっ。
私はあのラスト30分あたりが好きです。
アル・パチーノvsロバート・デ・ニーロですよ!!
飛行場のシーンでは、飛行機のジェット音を効果音としてうまく使ってるなと思いますよ。
でも、やっぱり多少はカットされてるのかな?
もっと長かったような気がする・・・あの銃撃戦もね。

しぶ〜い男たちのお話でした。
この頃のアル・パチーノとロバート・デ・ニーロが一番カッコ良かったかな〜と思ったりする。

でも、この2人の役が逆だったらどんなだったんでしょーね。
ん〜でもデ・ニーロは悪役であって欲しいからなぁ〜

そうそう、忘れてはいけないのがナタリー・ポートマンですよ。
ほとんど出てこないけれど、やっぱりかわいいです。


↓ハードボイルド好き、そうでない人もぜひ…ぽちっとお願いします♪

人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ ブログランキングくつろぐ



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:53|PermalinkComments(12)