堀北真希

2011年02月24日

映画 クロサギ -

映画 クロサギ「毎度あり」エディション [DVD]
2008/03/08公開 日本 120分
監督:石井康晴
出演:山下智久、堀北真希、加藤浩次、市川由衣、田山涼成、奥貫薫、岸部シロー、大地真央、竹中直人、飯島直子、笑福亭鶴瓶、石橋蓮司、峰岸徹、哀川翔、山崎努

悲しみも喰らって、生きろ。

かつて詐欺の被害に遭い、家族を失った青年・黒崎。復讐のために詐欺師を狙う詐欺師“クロサギ”となった彼は、詐欺師業界の大物・桂木の情報でレイコという女性からの依頼を受ける。新たなターゲットとなった詐欺師・石垣に関する調べを進めると、知能犯係の刑事・神志名や大企業のみを標的にする詐欺師・白石もまた、石垣を追っていることが分かってくる。そこへ、石垣の過去を知るというさくらが現われ、黒崎に衝撃の事実を告げる。(allcinema ONLINEより)

山下智久主演のテレビドラマの映画版。
先日、ドラマが再放送してたんで全部見てなかったなーと思ってつい見てしまったら・・・面白くて映画DVDそっちのけで見てしまった(笑)。実は本放送の時に2話まで見てて感想載せてたみたい、、、。あの頃は見たかったんだけど毎日更新のために諦めたんだよなー。

で、今さらながらもついでに映画版まで観ました。

んー、これはドラマだけでとどめて欲しかったかも。山Pの映画初出演はめでたいんだけど、テレビドラマのほうが面白かった。それになんでドラマの映画化になると妙にシリアスになっちゃうんだろう。映画だから気合い入った物語にするのはわかるけど、ドラマの持ち味が活かされてなかったように思いますね。

黒崎と氷柱のやりとりが好きだったのに、氷柱はだたのゲスト状態。もともと明るいお話じゃないけど、テンポ良かったし笑えたし山Pの様々人物なりきりが楽しめたのに、なんか中途半端で残念。やはり内容がシリアスだから仕方ないのかな。でも山Pのカッコ良さはわかるけど、、、。

たぶんドラマ終わってしばらくしてから映画化だから、帰ってきたクロサギという感じで良かったのかも。私みたいに一気観しちゃうといまひとつになってしまうのかもね。映画だけは観に行こうと思ってて結局見そびれてしまったんだけど、DVDで十分でした、、、。アマゾンの内容紹介によると、大ヒット・・・そうなんだ。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 00:00|PermalinkComments(0)

2007年10月07日

アルゼンチンババア -

アルゼンチンババア [DVD]
2007/03/24公開
製作国:日本
監督:長尾直樹
原作:よしもとばなな 『アルゼンチンババア』(幻冬舎刊)
出演:役所広司、堀北真希、鈴木京香、森下愛子、手塚理美

高校生のみつこは両親との3人家族。ある日、その中心だった母が闘病の末に息を引き取る。墓石彫り職人の父・悟はその日に限って病室に姿を見せず、そのまま行方をくらましてしまう。それから半年後、悟は町はずれの草原にぽつんと建つ古ぼけた小さなビルに独りで暮らしている風変わりな女のもとにいた。町の人からアルゼンチンババアと呼ばれている彼女は、昔はタンゴやスペイン語を教えていたらしいが、今では気味悪がって誰も近づかない。みつこは父に会うため、勇気をふるってアルゼンチンババアの屋敷を訪ねるが…。

人気blogランキングへ

ポチッとすると“ムラサキババア”(地元ネタだけど、、、)が出てくるかも♪続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 18:05|PermalinkComments(5)

2005年10月20日

予言 -


これはリングですか?(笑)

いやリングの新聞バージョン?と思ったら 「リング0 〜バースデイから」の監督さんだったんですね。

展開が似てた・・・

中学の頃「恐怖新聞」を何冊か読んで二度と読めないマンガの一つだったんです。
で、これをモチーフに映画になったわけですが・・・

ホラーというより、家族愛が全面に出てたような感じですかね。

車で帰省中の里見(三上博史)と妻(酒井法子)と娘。途中立ち寄った電話ボックスで「自動車に大型トラックが衝突して炎上する」という新聞記事を見つける。その直後に娘を乗せた車に大型トラックが激突してしまう。その後、里見のところに再び未来を予言した新聞が届く・・・

あまり怖くなかったです。
三上博史とのりぴーがなかなか良かった。
というか三上博史が好きなのだった。
そういえばこの人も変人やらせら上手だし・・・何やっても上手な俳優さんだしねぇ。

「恐怖新聞」が届いたら必ずその新聞のとおりに死ぬ・・・
んじゃ里見は死ぬの?
でもなんとか助かるんじゃないの?リングみたいに。
と思ってたら、ああっそうくるか・・・ってな感じ。

最初は二本立てだった「感染」の方がおもしろいかも〜と思ってたけど、「予言」は家族愛をやられたらねぇ・・・私としてはどちらもそれなりによかったです。
新鮮さにはちょっとかけましたけどね。

でも、私はこういう切なさを感じるホラーは好き です。


■鑑賞日:2005.10.20
■2004.10.02公開


↓…ぽちっとお願いします♪
人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 22:28|PermalinkComments(0)