木村佳乃

2010年06月05日

告白 -

告白
2010/06/05公開 日本 R15+ 106分
監督:中島哲也
出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃

告白が、あなたの命につきささる。

ある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。(シネマトゥディより)

2009年本屋大賞に輝いた湊かなえ原作の同名タイトル作品を映画化。教え子に娘を殺された中学校教師の復讐のおはなし。事件に関わった人たちの告白によって構成されていて事件の真相が明らかになっていきます。106分間緊張感ある作品で、とにかく凄い!!としか言いようがないです。原作は未読です。

中島監督といえば『嫌われ松子の一生』『パコと魔法の絵本』など独特の色彩の映像が印象的なんですが、今回はその映像はなし。

始まって約30分強、松さんの長台詞にくぎ付けになります。生徒が騒ごうが何しようがお構いなしに延々と淡々と無表情で語る姿はだんだん怖くなります。そして予告編でもよく聞いた“娘は事故で・・・”の発言に息をのみます・・・。

復讐ものは大好き。法を犯した者が法によって守られる・・・、だったら法の外で制裁をする、犯人への究極の方法ですね。じっくり犯人たちを追い詰めていく所はそんじょそこらのホラーよりも怖いくらいです、、、。

松さん、冒頭の長台詞の後は後半で出てきますが、中盤は出ていないのに生徒たちの背景にある存在感はすごい。今まで明るい元気なイメージがあったので、ここまでクールな役どころは怖すぎますっっ。でもとてもハマってたと思います。

感想を言葉にするのが難しい作品なんですが、人間の恨みだったり、心の弱さや歪みなどの闇の部分を見事に描かれていたと思います。誰でもこういう部分は持っていると思うし、絶対にあり得ない話ではないと思います。

これって内容的に評価が分かれそうなそうな感じがしますね。結構グロいシーンもあるし救いがない内容だし。だけど、松さんの演技も素晴らしいんですが、犯人Aを演じた子の演技に圧倒されます。少年がこんな役を演じてこの先大丈夫かなと心配してしまう、、、。

めずらしくエンドロールが終わるまで席を立つ人がいませんでした。思ってた以上に衝撃的な作品でしたもんねー。何度も観られるような作品ではないのですが観て損はないですね。

エンドロールで映し出される空の映像が少し気分を楽にしてくれた気もするんですが、すっきり晴れ渡る空ではないのが印象的。実際にも外に出たら同じような空で感慨深い...。かなり雨が降った後で寒かった。



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 22:56|PermalinkComments(32)

2009年09月18日

キラー・ヴァージンロード [映画] -

キラー・ヴァージンロード
公開:2009/09/12
製作国:日本
上映時間:97分
鑑賞日:2009/09/17

監督:岸谷五朗
出演:上野樹里、木村佳乃、寺脇康文、眞木大輔、小出恵介、高島礼子、北村一輝、北村総一朗

死体を連れて、
どこまでも。

+あらすじ+
幼いころからドジな沼尻ひろ子は、ようやくこぎつけた結婚式の前日にアパートの大家を誤って殺してしまう。結婚を逃したくない彼女は死体を隠すために向かった富士の樹海で、何度自殺を試みても死ねない小林福子と出会う。

++
岸谷五朗初監督作品。
結婚したい女と死にたい女が繰り広げる逃亡劇と友情のお話。

予告編での木村佳乃さんが面白そうだったので観てきましたー。
それに主題歌は福山雅治さんだしねー。

最初はこの作品はミュージカルなのか?と思ってしまった。いきなりホラーなメイクのお姉様方が出てきて歌って踊ってるし、樹海では意味わかんない人たちがやはり歌って踊る・・・。

まぁ面白いっちゃ面白いんですがなーんか笑いどころが中途半端な感じがありましたし、全体的にまとまりがない感じがしますね。大笑いすることはないんですがクスクス笑いがちょこちょこと。ただ、無理に笑わそうとしてるところがあってそこは笑えなかった。映画なんだけど舞台っぽい。唐突な展開はそのへんにもあるのかなと思いました。舞台だったらもっと笑えたかなー。

ストーリーは無いようなもんで深く考えずにキャストで楽しむ作品なのかもしれません。

木村佳乃さんの演技は最高でした。死にたい、死ねない、殺してというわりに時に矛盾した行動をとるのがおかしい。感情の起伏が激しくハイテンションっぷりはクスクス笑いのツボでした。ペンションでのシーンでものすごい形相で睨む顔が凄かった。ほんとこの方面白いです、うまいです。

大家さん役の寺脇康文さんは最初わからなかったんです。ちょっとしてもしや寺脇さん?と思ったらおかしくておかしくて。死体役最高でした、きもいし、、、。オタクな部屋に笑い、オタクな写真にクスクス。大家とはいえ、からくり屋敷かよっっ。

このお二人が出演していたからそこそこ楽しめたかなというところですかね。いろんな要素を詰め込みすぎ???。

ラストの主人公とおじいちゃんとのエピソードはほろっとさせられるんですが、このお話にこのエピソードは浮いてる感じがしますね。無理矢理泣かせようとしてるのがアリアリ。だけど、うちの祖父を思い出してしまってちょっと泣けちゃった。あんな帽子かぶってたもんな・・・しみじみ。

★よろしかったらポチッとしてくださいませ★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:48|PermalinkComments(7)

2009年06月11日

おろち [DVD] -

おろち
公開:2008/09/20
製作国:日本
上映時間:107分

監督:鶴田法男
出演:木村佳乃、中越典子、谷村美月、山本太郎、嶋田久作

+あらすじ+
人の世をさまよい、人間の心の闇を見つめてきたおろち(谷村美月)が家政婦として潜り込んだ門前家には、二人の美しい姉妹がいた。当家の女性は29歳を過ぎるころには突然、その美ぼうが崩れ、果ては化け物のように醜く死んでいくという。ある日、妹の理紗(中越典子)は死にゆく母親の口から、もう一つの門前家の秘密を打ち明けられる。(シネマトゥデイより)

++
楳図かずお先生の同名マンガを映画した作品。呪われた宿命に取り憑かれた美人姉妹の悲劇を描く、謎の少女おろちの・・・家政婦は見た!

前にも言っておりますが楳図作品は怖いという先入観で読んでいないので、この作品ももちろん絵は知ってても読んでません。ただし、もうすぐ三十路を迎える女性が、恐怖に脅えながら日めくりカレンダーをめくっているというパロディは読んだことがあります、、、。

“おろち”って大蛇だと思ってて蛇化するお話かと思ってました。てっきり木村佳乃さんが演じる人なのかと勘違い。人間の闇の部分を見守る人だったのですね〜。ファンの方すんませ〜んっっ。

ちょい前にみた『赤んぼ少女』よりずっと面白かったです。こういう人間の愚かさとか醜さをぐっさり描いたお話は大好き。今回は女性には一番の恐怖、美の崩壊・・・。向上するならありがたいが逆ならせめて現状維持はしていたいもの。しかも29歳を過ぎたらシワができるのとは訳が違って、化け物のように醜くなっていくんだから気が狂ったように暴れても仕方がないってもんです。

人間の嫉妬というのは怖いもんです。母親とはちがって、門前家の秘密がもうひとつありましたからね。その後の木村佳乃さんの迫真の演技はあっぱれでございましたよ。一方的だけど中越典子さんとの壮絶バトルは見応えありましたわー。

なーんんか舞台劇を観てるような感じでしたね。舞台で観ても面白そうな気がします。ただ、“おろち”の存在がいまひとつに思いました。ただ見守るだけなら、語りだけでも良かったんじゃないかと・・・。

早い段階でオチはわかったんですが、このお話に関してはわかってても面白い。ラストにビックリこくのもよいけど、つくづく人間の心理ってもんは面白いなと思えてきます。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ
↑↑ ランキング参加してます。
ポチッとしていただけるとうれしいです



このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:50|PermalinkComments(7)

2008年03月14日

伝染歌 -

伝染歌 プレミアム・エディション [DVD]
【伝染歌】PG-12
2007/08/18年公開
製作国:日本
監督:原田眞人
企画・原作:秋元康
出演:松田龍平、伊勢谷友介、阿部寛、木村佳乃、大島優子、秋元才加、小嶋陽菜、前田敦子、AKB48

電線歌。スズメが3羽とまっちゃうかも。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:44|PermalinkComments(4)

2006年10月24日

寝ずの番 -


『寝ずの番』
公開:2006/04/08
監督:マキノ雅彦
原作:中島らも  『寝ずの番』(講談社刊)
出演:中井貴一、木村佳乃、堺正章、笹野高史、岸部一徳、長門裕之、富司純子

そ、そんなお下品な〜っ

人気blogランキングへ←一日1回ポチッと私にスイッチ入れてくださいまし♪

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
risheehat51 at 12:39|PermalinkComments(14)