りしのカレーとお酒と美味しい物の本棚

今までとある口コミ投稿サイトに投稿をしていたのですが、そのサイトの893なやり口にほとほと嫌気がさして、自分でブログを作って、食の記録を残す事にしました。 面白い事、書けません。 笑わせる事、できません。 淡々と、南アジアを中心としたスパイス料理と、お酒と、その他食べた物について書いていくつもりです。 イメージとしては、「読み終わった本に、読書感想文を書き込み、その本を本棚に綺麗に並べていく」という作業。 どうぞ宜しくお願いします。

今月上旬の京都旅行三日目。

四条大宮の「庶民」で飲んだ後、歩いて錦市場まで。

錦市場の中にある「三木鶏卵」で、だし巻き卵を購入。
帰りの新幹線の中で食べる事に。

DSC_1756
京だし巻き小、360円ぐらいです。

購入時に、「新幹線の中で食べるつもり」と言うと、切った物を出してくれ、割り箸もつけてくれました。

日本酒片手に食べてみると、思わず一人で笑っちゃうぐらいに美味しい!
なんだこれ!?京都のだし巻きらしく、甘味は全くなく上品な旨味。
そして、「チーズ入ってないよね?」となるコクと滑らかな舌触り。
これは美味しい、本当美味しい。
けっこうあっという間に食べてしまって、「小じゃなくて中にすれば良かったかな・・・」と思うぐらい。

次回京都行った際も、また買おうと思います。


お勧め度
9

今月上旬の京都旅行三日目。

この日は伏見で昼酒したあと、京都駅まで戻ってきて、散歩しながら四条大宮まで。

DSC_1748
やってきたのはこちら、四条大宮の駅前ロータリーにある「庶民」という立ち飲み屋さんです。

入店したのは14時半ぐらいだったのですが、店内は既にほぼ満席。
なんとかスペース作って入店させてもらいました。

DSC_1753
DSC_1754
メニューの一部です。
まぁとにかく安い。この辺が人気の理由でしょうか。

DSC_1749
暑い日だったので、まずは中瓶300円からスタートです。

DSC_1750
揚げ出し豆腐200円。
豆腐は滑らかで柔らかく、衣はサクッと軽い。
出汁は醤油強めながらしっかりとした出汁を感じられ、とても美味しいです。
とろみは全く付いてませんでした。

DSC_1751
豚の角煮250円。
ほろっと柔らかく煮られ、濃い目の味が染みていて、お酒が進みます。

DSC_1752
純米吟醸、赤石たれくち400円。
お、香りもあって、バランスよく美味しいお酒です。

DSC_1755
活たこ造り350円。
てっきり皮剥きの水だこが出てくるのかと思っていてら、真ダコか柳だこみたいなたこが来ました。
とても弾力が強く、ともすれば食べにくい程なのですが、噛み締めると旨味を感じられて、面白美味しい。

お会計はこれで1500円丁度。
良い立ち飲み屋さんを見つけられました。


お勧め度
8

今月上旬の京都旅行三日目。

この日は日中、伏見の方へ行ってきました。

やはり伏見と言えば日本酒、という事で、伏見のお酒が色々飲める「伏見酒造小路」というところに行く事に。

DSC_1735
伏見桃山の駅から、メインストリートを西に行き、店名の通り、小路を入ったところにある、複合飲食施設です。

色々な飲食店が入った横丁みたいになっているのですが、僕のお目当ては日本酒の利き酒ができる所なので、そのカウンターに座ります。

DSC_1736
飲んでみたかったのがこちらのメニュー。
伏見の17蔵の、17種の日本酒を飲み比べられるセット。
って訳でこれを注文!

DSC_1738
粋酔1700円です。
目の前にするとやっぱり凄い!!w
なんでも2合ぐらいあるとの事ですが、もっとある様に見えますね(笑)

簡単にお勧めの利き酒の仕方を教えてくれます。
なんでも左上の方のやつが、冷たいままの方が美味しいお酒らしく、そちらから飲んでいくのがお勧めとの事。

とはいえやっぱり最初は一口づつ飲んでみたいですよね~♪
って事で順番に全部飲んでみましたが、やはりひとつづつ色々違って面白い。

DSC_1741
これらを飲んだのですが、この中ではやはり英勲が一番好み。
甘味あって、良い香りです。

こちらの店舗自身では、料理の提供はしていないのですが、建物内の他店舗から、出前という形で料理を注文する事もできます。
出前は出前専門メニュー表があり、見た感じちょっと割高な印象。
ですが、一品だけ頼むことにしました。

DSC_1739
おばんざい盛り合わせ850円です。
おばんざいは日替わりらしく、この日は茄子煮浸し、さといも煮、きんぴらごぼうでした。
お料理はどれもオーソドックスにしっかり美味しかったです。

お会計はこれで2550円。
さすがにほろ酔い気分になりました(笑)


お勧め度
6

今月上旬の京都旅行二日目。

この日は日中、レンタサイクルで京都市内を色々回っていたのですが、その過程で今出川の「ル・プチメック今出川」に寄ってパンを買ってきました。

DSC_1694
最寄駅は地下鉄南北線の今出川駅で、そこから徒歩だと、北野白梅町方面に10分強になるのかな?
今出川通り沿いにある、イートイン併設のお店です。

こちらでパンを買い、翌日宿で、朝ごはんとして食べました。

DSC_1724
ローストビーフと青カビチーズのサンド360円です。
ローストビーフは気持ち塩気控えめ。
パンは粉着きの小さなフランスパンみたいなパンで、むっちりした噛み応え。
青カビの風味も控えめで、そんなにクセは無いです。
くるみも入っていて、そのクシュっとした食感が良いアクセント。

DSC_1726
クロックムッシュ260円。
サンドイッチよりも、こちらの方が好みの味。
ハムとチーズとベシャメルソース?みたいなのがサンドされたパンで、美味しかった。
宿にトースターは無いからそのまま食べましたが、トーストし直したらもっと美味しくなる様な気がしました。


お勧め度
6

今月上旬の京都旅行二日目。

「遊亀」を出てから、前日入れなかった居酒屋さんを覗いてみる事にしました。

やってきたのは河原町駅から北に数分の場所、裏寺町と言われる辺りでしょうか?
そこにある「ヨナヨナ」というお店。

とても小さな、7席ぐらいしのカウンターしか無いお店なのですが、覗くと今日はなんとか入れそう。
って事で入店です。

DSC_1719
取り敢えずビールでスタートです。

DSC_1720
お通しの枝豆。

DSC_1721
お刺身盛り合わせ。
かつお土佐造り、本まぐろ赤身中トロ。
本まぐろは地中海の冷凍物と思います。

DSC_1723
たこ食べたみたいですね。
正直三軒目だからほとんど記憶が無いw

料理とかお酒どうこうよりも、お客さん同士、店員さんとの距離が凄く近くて、一人で言っても色々お話できて楽しかった、そういうお店でした。


お勧め度
6

今月上旬の京都旅行二日目。

烏丸の「楽庵」を出て、二軒目に向かったのは、祇園四条の「遊亀」です。
はい、今回も二日連続ですよ!

DSC_1714
この日のメニューです。
ちゃんと前日とメニューが変わってるのがまた良い。

二軒目なので、日本酒からスタートです。

DSC_1715
生はも天ぷら800円です。
衣サクッと、身はふわっと揚がった美味しい天ぷら。
小骨も全く気にならず、幸せ。

DSC_1716
時しらず炙り480円。
これ、かなり塩っ気強いですね。よく見るとメニューの上に「酒肴」って書いてある。
塩っぱすぎて残してしまいました。

DSC_1717
選べるお造り三点盛り。
この日は左からくじら肉刺し、ぐじキズシ、シマアジです。

くじら肉は、上質な、筋の無い赤身肉。馬肉みたいな食感。臭みは全くありません。
ぐじキズシ、ぐじとは関西での甘鯛の呼び名で、キズシとは関西での酢〆の呼び名。つまり〆甘鯛になるのですが、勿論そんな物は初めて食べました。甘鯛自体普通に刺身にすると、少し身が柔らか過ぎると思うのですが、酢で絞める事によって、しっかりした食感を出しています。
シマアジは抜群の鮮度でぐにぐにとしっかりした弾力があり、とても美味しい。

DSC_1718
席を二度ほど移動したら、「良かったらどうぞ」といただいた水茄子の浅漬け。
これも爽やかで夏らしく、美味しかったなぁ。

この日はお酒は2杯だったかな?それでお会計は3460円でした。


お勧め度
10


今月上旬の京都旅行二日目。

この日の夜は、雑誌で見て気になっていたお店に行く事に。

DSC_1699
烏丸駅の南東すぐ、綾小路通り沿いにある「楽庵」というお店。
17時半のオープン前にお店に着き、待っていると「予約された方ですか?」と。
予約はしてない旨を伝えると、「予約が入っているので、19時過ぎまででしたら」と。
一人飲みだし、1時間半も飲めれば十分なので、それで入れてもらいました。

DSC_1702
メニューの一部です。
このお気に入りメニューだけ全部頼みたいぐらい、魅力亭なの並んでますね(笑)

DSC_1703
取り敢えずの生からスタート。
ハーフ&ハーフもできるとの事で、そうしてもらいました。

DSC_1704
お通しです。
お通しからしてしっかりした料理だし、とても旨い!
左下の魚卵は鯛の卵だそう。なんか鯛を余すこと無く食べるのも京都っぽい。
これはお通しからして俄然期待が高まります。

DSC_1705
琵琶湖産小鮎の天ぷら500円。
小鮎というか、稚鮎サイズで、頭から食べても全く骨が気になりません。
さくっと軽く揚がっていて、とてもビールが進む!

DSC_1706
ビールの後は勿論日本酒にシフト。
一杯目は伏見のお酒、英勲からです。
伏見の酒にしては、しっかり甘めで華やかな香りで好みのお酒。

DSC_1707
琵琶湖産もろこ醤油焼き630円。
一口食べて「おぉ、しっかり魚の味が濃い。旨い!」となる一品。
思わず「これって一夜干しかなんかですか?」と聞いてしまうほど。でも完全なる生だそう。
もろこって初めて食べたけど、美味しい魚ですね~。

DSC_1708
天然活魚造り盛り合わせ1250円。
魚は鰹、鰆炙り、アオリイカ、甘海老、真あじ、わらさ、真鯛、鱸、平目です。
さすがは関西、やはりこちらも白身魚の鮮度が抜群で、とても美味しい!
そして白身魚以上に驚いたのが、鯵。
まるで関アジみたいな見た目と大きさで、食べると歯をぐにんと押し返す弾力。いや~、幸せな美味しさ♪

DSC_1709
徳島産特大天然岩牡蠣980円。
うん、メニュー名に「特大」と付くのは伊達じゃないし、板さんお勧めだけあります。
この特大の岩牡蠣と一緒にいただく日本酒、幸せの味しかしません。

DSC_1711
3杯目の日本酒は、メニューに載ってないけどお勧めがあるとの事で、こちらのお酒を。
長野の蔵元二つのコラボ酒だそうで、こんなの初めて見ました。

DSC_1710
裏ラベルはこんなの。
純米大吟醸らしく、綺麗に美味しいお酒。貴重なお酒も飲めました。

DSC_1712
お会計をお願いすると、最後にフルーツも出してくれます。

ビール一杯、日本酒3杯と上記のお料理で、お会計は合計6700円でした。
とても美味しかったので、是非ともまた来たいと思います。


お勧め度
9


今月上旬の京都旅行二日目。

この日はランチで、烏丸御池駅から北東に5分ぐらい行ったところにある、「タルカ」という南インド料理店に行きました。

DSC_1687
お店の前まで行くと、カレーリーフの鉢が。
まだ6月頭だというのに、こんなにワシャワシャでとても葉っぱが沢山!
これを使ってカレー作ってるのかなー。

DSC_1689
開店時間の12時よりも15分ぐらい早く着いたので、こちらの椅子で待ちます。
僕が一番乗りでしたが、その後続々とお客さん来て、最終的に10人ぐらい開店待ちの状態でした。


開店し、入店すると、まず入口で料理を注文し、先にお会計するシステム。
僕はスペシャルミールす1450円を注文し、席に着きます。

10分ぐらいで、ミールスの登場です。

DSC_1691
スペシャルミールス1450円です。

真下のライスから時計回りにライタ、サンバル、チキンカレー、マトンカレー、ラッサム、ポリヤル、パパダムになります。

ライスはかなり固めに炊いてあり、日本米だけどカレーに良く合っています。
ライタは酸味やや控えめ。塩気がやや多めなのかな?基本的にライタはあまり好きじゃないんだけど、これは嫌な感じは全く無し。
サンバルはどろっと濃い目で、スパイスしっかり香り美味しい。
チキンカレーはオーソドックスな美味しさ。
マトンカレーはかなり獣臭く、羊好きにはたまらない香り。
スパイスもビシバシで、とても美味しい。
ラッサムはさらっさら。酸味や辛味はやや抑え気味。
ポリヤルは香ばしく美味しかったです。

DSC_1692
スペシャルミールスにはチャパティも付いてるのですが、このチャパティがとても美味しかった!
焦げるぎりぎりまでしっかりと焼かれていて、とても香ばしいのです。
やや厚めの生地は、そのまま食べても滋味深い美味しさがあるし、勿論カレーと一緒に食べても美味しい。

全体として、とてもバランス良く美味しいミールスでした。


お勧め度
7

今月上旬の京都旅行二日目。

この日は早くに目が覚めたので、四条河原町から、聖護院の方までお散歩しながら向かいましょう。

DSC_1658
早朝の、誰もいない祇園を通ったり、

DSC_1667
涼やかな風の吹く鴨川沿いを歩いたりして、聖護院へ。

DSC_1663
やってきたのはこちら、製麺所の一角で、早朝から営業してるうどん屋さんです。
ビニールシートで覆われた一角が飲食店となっています。

DSC_1664
メニューはこんな感じ。
うどんだけでなく、らーめんとそばも一品づつとはいえあるんですね。

DSC_1665
外国人のお客さんも多いのでしょうか?写真と英語のメニューもありました。

僕は、一番オーソドックスと思われる、おかあちゃんのうどんを注文。

DSC_1666
おかあちゃんのうどん400円です。
気持ち細めのうどんを、卵とじで覆ったうどんになります。

食べてみると、「あぁ、優しい、優しいけど旨い」。
塩気も旨味も、やや控えめで、一瞬物足りなく感じるかもしれません。
けど、すぐに気づきます。物足りないんじゃなくて、優しいんです。必要以上に主張しないだけ。じんわり美味しい。特に朝食にはこれぐらいがちょうど良い。
塩気も優しいので、汁も最後まで飲めてしまいます。

麺は京都らしく、コシはほとんどない(けど伸びてるのとは違います)、柔らかい麺。
こういううどんも良いものですね。


お勧め度
6

今月上旬の京都旅行一日目。

祇園の遊亀で飲んだ後、河原町のあるお店に二軒目として行こうと思ったら、満席。
で、雑誌に載ってて気になったお店、「鳥獣戯画」に、ちょっと遠かったんだけど、歩いていく事に。

烏丸御池と四条大宮の中間より、少し烏丸御池に近いぐらいのところにあるお店です。

入店すると、先客は無し。
お店を出るまで終始客は僕一人でした。


DSC_1649
食事メニューです。
見た感じ、和食屋さんというよりも、メニュー数を絞り込んだ居酒屋さん、という感じでしょうか。

DSC_1650
日本酒メニューです。
10種類程あるし、飲み比べセットというのがあるので、これにしましょう。

DSC_1648
安芸虎と至の飲み比べセット。
コップ一杯半合ぐらいでしょうか?
右の料理はお通しです。

DSC_1651
飲み比べセットを頼むと、小鉢が付いてくるシステム。
小鉢は自分で選べるので、鯖の塩焼きをチョイス。
一口大のサイズですが、こういうの付いてるくのはありがたいですね。

DSC_1652
お刺身、1000円程度で盛り合わせも作ってくれるとの事で、作っていただいたのがこちら。
キハダと思われるまぐろと、養殖ぶりと、イサキ炙りです。
キハダは生まぐろっぽいけどまぁ脂無くて普通。
養殖ぶりも特別見るものはなく。
イサキは炙りになっているので香ばしい。魚体も大きそうです。
鮮度は普通でしたが、まぁ美味しかったです。

DSC_1653
続いての日本酒飲み比べセットは、こちらをチョイス。
楯野川はやはり美味しいですね。

DSC_1654
選べる小鉢は炙り明太子を。
半生なので、これ食感も良くて美味しかった。

お会計は合計3300円だったので、お通しは300円かと思われます。

終始客が自分一人だったからか、店員さんとも楽しくお話させてもらって、とても居心地が良かったです。


お勧め度
6

↑このページのトップヘ