琵琶一人旅

琵琶奏者 塩高和之の徒然日記 日々の想いを綴ります。

Cinema Paradiso

ギャラクシティードームでの演奏会をやってきました。

プラネタリュウム
ギャラクシティードーム(ネットで拾った写真なので、近いうちに差し替えます)

前にも書きましたが、ここは25年前に開館した当時、私が映写技師として働いていたところです。このドームは東京で初めてのIMAX常設シアター(プラネタリュウム併設)で、私はIMAXの研修を受けて、毎日フィルムを巻いて映していました。まだデジタルに移る前で、フィルムや音声テープをカットして、予告編を付けたりする手作業の編集をやっていた、完全アナログの時代です。

IMAXの映写機でかけられる作品は、当時はドキュメンタリー作品ばかりで、今のようなエンタテイメント作品はまだ当時はほとんどありませんでしたが(ストーンズのライブがあるくらいでした)、しかし何といっても当時最先端の技術でしたから、スペースシャトルから撮った映像や、深海の映像など、他では見ることが出来ないものばかりで、大迫力の画面とSONIX社の音響設備から出る音に本当にびっくりしました。最初に見た時の感動は未だ忘れていません。

y30-230代の頃 日暮里にあった邦楽ライブハウス和音にて 若い!
ただ公共施設のせいか宣伝をあまりしていませんでしたので、いつもお客さんは少なく、入場者0で上映中止の事も多々ありました。私はそんな時、ドームの真ん中に陣取って、ずっと琵琶の練習をしていました。そのお陰(?)で、たっぷりと練習することが出来たのです。ある意味そういう職場に導かれたのも一つの縁。5年程給料をもらいながら練習をしていたようなものです。


館を辞める時には、IMAXや音響のSONIXから「こっちで働かんか」とも言われましたが、私は音楽の道を選びました。正に人生の分かれ道でしたね。琵琶奏者と言っても、現実に琵琶で食べている人など、宝塚出身の上原まりさんくらいで、他には誰もいませんでしたので、前例もなければ道も無い状態で、山彦が海の中にある釣り針を探しに飛び込むようなものでした。「もう30もとうに過ぎたお前が音楽で食ってけるのか?」「現実を見ろ」などと色んな人に言われ、また自分でも思い悩みました。何の宛がある訳でもなかったのですが、在職中から長唄横笛の 寶山左衛門先生の舞台のお手伝いなどして、退職する頃には、寶先生の舞台(紀尾井ホール)でも出演の機会があり、すぐ後の大分能楽堂では共演もさせていただきました。今から思えば幸運なスタートでしたね。ありがたいことに、すぐに色々と仕事の声がかかり、ジャズ系のレーベルから1stCD「Orientaleyes」をリリースするという機会にも恵まれ、琵琶奏者として飛び出していったのです。当時は勢いこそが己の寄るべきものだったのでしょうね。

y30-1
30代の頃のプロフィール写真 誰別人?

私の人生などドラマにもなりませんが、考え悩み、時に恋もあり、ただ勢いだけで生きていた、そんな人並より遅い遅い青春時代だったのです。今回いつも練習していたドームの真ん中の場所で琵琶を弾かせてもらって、しみじみ「あれから20年か」という気持ちが湧き上がってきました。
私はここを飛び立ってから、やっと遅まきながら自分の人生を自分の脚で歩みだすことが出来たと思っています。今回は、当時一緒に働いていた仲間も来てくれて話をしましたが、なんだかニューシネマパラダイスのトトのような気分でした。
何事においても、人より時間がかかり、失敗を繰り返さないと前に進めない、亀の歩みの様にのろい私ですが、そんな私にとってこのドームは原点であり、私の「Cinema Paradiso」なのです。
このドームではこれからも公演のお話を頂いています。乞うご期待。


2ドーム公演の二日後にやった日本橋富沢町楽琵会 筑前琵琶の鶴山旭翔さんと 20年経つとこうなります
たまにこうした原点に立ち返るのも良いですね。あの頃の自分を想い出すことで、今後の自分の活動にも大きな励みになります。懐かしい仲間にも会えましたし、これまでの自分を振り返る良いきっかけにもなりました。音楽家の道に進んで良かったな。有難うギャラクシティードーム。














秘かな想い

このところ安田登先生に連れられて、ビジネスセミナーで演奏する機会が続いています。

色々な話を聞いていると、別角度からの視点で自分を見ることが出来ます。「自分はこうでありたい」という想いは良いと思うのですが、その深化を求めるあまり、新たな探求をしなくなるという事はビジネスでも芸術でも同じですね。言い方を変えると、何かを創り出すには、一見余計なものにも関心を持って体験し、時に失敗をし、今までに無いものとの出会いと刺激、そして組み合わせを求め続ける姿勢が大切という事がよく判ります。かのスティーブン・ジョブズも何度も失敗を繰り返したそうです。

琵琶湖の朝日s
昨年旅行で寄った琵琶湖の朝
また、いつも書いていることではありますが、無駄ともいえるぼーっとした時間も大事です。安田先生から教えてもらった言葉に、論語の「而」の字に当たる意味として「魔術的時間を呼び出すための無為の重要性」というものがありますが、正にこれです!。やっとお墨付きを頂きました。ぼーっとするのも仕事の内。芸術もビジネスも人間の営みですから、共通する部分は多いですね。


1
ストライプハウスギャラリーにて photo 新藤義久

探究と言えるかどうか判りませんが、私はジャンル別なく多方面の物事、出来事にも関心があるので、自分の周りには様々なジャンルの人が居て、色々な話を聞きます。当然多くの刺激を受けるので、それゆえ多方面に対し小さな願望、秘かな想いが常に沢山湧き出てきます。中には次第に忘れてしまうものも多いのですが、秘かな想いを持っていると、いつも何かワクワクしていられます。例えば、「あの人に会いたい」「あそこに行ってみたい」「あれやってみたい」「あれ欲しいな」などという小さな秘かな想いが常に自分を取り巻いて、ワクワクしているのです。ただ激しく熱望しません。熱望するとその想いに振り回されてしまいますので、なんとなく忘れしまう程度に思っているだけなのです。この大上段に構えない、小さな秘かな想いは、ニューロンの様に自分を取り巻くあらゆるものや社会、環境とつながって行くのです。そしてそのつながりの中で自分が熟成し、生かされていると感じています。知らないうちに自分が、何かしら自分の望む方向に行動をしているという事だと思いますが、ニューロンによって繋がった環境が熟してくると、自然と自分の想う方向に物事が流れ、ふと気が付くと実現しているという事がとても多いのです。



ドミニクチェンさんが開発した「NukaBot」

先日のセミナーでは豪華な懇親会(知的コンバットと言っていました)があり、ドミニク・チェンさんとご一緒でしたので、「ぬか床」の話を色々聞かせてもらったのですが、私はとにかく筋金入りの「御新香ッ食い」ですので(食べ物屋のレベルは御新香で判ると思っているようなやつです)、興味深くお話しさせていただきました。自分はぬか床の中の野菜が微生物で生かされているように、自分を取り巻くあらゆる環境、時代、社会や人間関係という中で自分は生き、生かされていると感じてなりませんね。自分がジャズを通りこしてきたことも、今琵琶を生業として生きていることも、ネット配信の技術によって、世界で私の曲が流れるようになった(細々ですが)ことも、時代や環境、人間関係の中でもたらされてきたことです。人との出会いによって、多くの仕事が実現し、シルクロード迄行くことが出来たのも、別にロビー活動を展開したという訳ではなく、自分が「何となく」思っていたことが、ニューロンのつながりで環境と人と時代が整って熟したからこそ実現したという事だと思っています。ナスやキュウリがちょうど良い漬かり具合になったという事と同じですね。

自分の中の小さな秘かな想いを沢山持っていると、ニューロンが増え、色んな所に展開して行きます。今も秘かな想いは色々と持っています。「話をしてみたい」と感じている方も何人か居ますし、中には何かパートナーシップを持てたらいいなと思う方もいます。欲しいものもありますし、やりたいことも色々とあります。このワクワク感が世界を広く大きくし、日々を楽しくし、発酵して素敵な作品となって具現化して行くのです。


2020年チラシm

さて、今週は二つの大事な演奏会があります。先ずは西新井のギャラクシティープラネタリュウムでの演奏会。このプラネタリュウムは25年前に都内初のIMAXシアターとして、プラネタリュウムと併設で誕生しました。私はこのギャラクシティーが出来た当時、ここで映写技師として働いていたのです。暇な時にはドーム内で琵琶の練習をさんざんやらせてもらい、5年ほどみっちりと修業(?)して琵琶演奏家の道へと旅立って行った場所なのです。だから今回はいわば20年ぶりの凱旋公演という訳です。
予約が必要なようですので、是非アクセスしてみてください。お待ちしております。

そして木曜日には今年最初の日本橋富沢町楽琵会。今回は現在の筑前琵琶のトップを走る鶴山旭翔さんを迎えての開催。平家対決となりっております。

色んなことが次々とはじまり、面白いことがあちらこちらで寄ってくる。生きているな~と感じますね。秘かな想いはこれからもずっと、秘かに沢山持って生きて行こうと思ってます。

















Various facets 2020

今年は年明けから、実に様々な方々と共演しています。

torio 2音金image148m
左:ストライプハウスにて坂元美蘭さん、藤田晄聖さんと
中:音や金時にて、日野道夫・伊藤アツシ・藤田晄聖各氏と
右:大府こもれびホールにて、玉川奈々福さんと

年明けは、トランスジェンダーパフォーマーの坂本美蘭さんとストライプハウスで共演。今まで何度も一緒にやってきましたが、今回が最高の出来でした。琵琶樂人倶楽部と衎芸館では筝の内藤眞代さん、笛の長谷川美鈴さんと久しぶりに「春の宴」を演奏。ブログ記事にも書いた愛知の大府では、小泉八雲のメモリアルイベントにて八雲の曾孫でもある、小泉凡先生、アンソロジストの東雅夫先生の講演と共に、能楽師の安田登、浪曲師の玉川奈々福、人形師の百鬼ゆめひな各氏と共演。

輪五の舞
舞踊「輪五の会では、日舞の花柳面先生はじめ、中国舞踊、韓国舞踊、モダンダンス、フラメンコの方々が拙作「Sirocco」で踊るという何とも面白い企画があり、先日はフラメンコギターの日野道夫先生、アラブPerの伊藤アツシさん、尺八の藤田晄聖君、そしてパフォーマーのナガッチョさんと共演。今月もヴァイオリンの濱田協子さんと共演します。聴く方も吉岡龍見さんの尺八古典本曲や三曲合奏、ジャズなどを聴きに行きました。


節操が無いとも言えますが、実に私らしい展開ですな。いずれも興行的にさして売れるものでもないですが、大府の公演や舞踊の会ではホールが満席になるなど、お客様もそれなりに来てくれて、本当にありがたい限りです。こうして世の流れの中で日々色んな舞台に接していると、音楽や舞踊の在り方も変わるべき時代に来ているのだなと、そんな思いが募りますね。民族色の強いものは、どうしても歴史、民族、アイデンティティーなどいろんなことが頭に浮かんでしまいますが、こうして色々なものが集い合うというのは平和な証拠でもあります。また私がギタリストだったら、なかなかこれだけの多岐に渡るジャンルとは交流が出来なかったようにも思います。どんなジャンルにも適応するギターよりも、日本のものしか出来なさそうな琵琶だからこそ、そこに今迄に無い新たな可能性を見てくれる。ありがたいことです。こちらに広い心さえあれば、色んな方面から声がかかるのです。

音金image6
音や金時にて パフォーマー ナガッチョさんと

現代はネットで世界のものが見聞き出来、何処にでも行ける時代ですが、果たして多様なものが共存し得ている世の中でしょうか。私にはそうは思えないのです。確かにいろんな国のものは見聞き出来ますが、何事においても刹那的な面白さが優先し、面白おかしいものだけが溢れかえっているのが現状ではないかと思います。日々ディアに誘導され、実際に目にしている範囲はとても小さいのではないでしょうか。華やかなものだけを観させられ、生き生きとした人々の営みは、ネットや海外旅行では見えない所にあるように私は思います。

基本的に人間の心はなかなか多様なものを受け入れません。身を守るという本能がある限り、排他主義に傾いている方が楽なのでしょう。今回のコロナウイルス騒動でも、ヨーロッパのレイシズム的な部分が浮かび上がりましたし、9.11も同様だと思います。便利なものや楽しいものは受け入れますが、それ以外はなかなか交流はままならないというのが現実ではないでしょうか。
しかしここを乗り越えて行くのが芸術家だと私は思っています。芸術家は常に時代の最先端のセンスを世に示し、次世代へと誘う存在です。囚われた観念や、因習を開放し、次の世界を見せるのが芸術家です。歴史を創るのは武将でも政治家でもなく、芸術家と言っても良いのではないでしょうか。芸術家がどのように動いて行くかで世界は変わると私は思っています。今のままで世界が動いて行ったら、人間も地球も疲弊してしまう。新しい概念や哲学が必要な時期に来ているように思います。


10
2年前の日本橋富沢町楽琵会 鶴山旭翔さんと

さて今月20日は筑前琵琶の鶴山旭翔さんを迎え、日本橋富沢町楽琵会をやります。琵琶の聴き比べなど、現代のエンタテイメントとは程遠いと思う方も多いでしょう。しかし琵琶樂は日本音楽の根幹をなすものだと私は信じています。琵琶樂の多様で豊かな魅力を、どうこの世に響かせて行くか、そこが私の使命であり、腕の見せ所。琵琶樂という命を次世代に繋げるためにも、どんどんと色々な形でやっていきたいと思っています。ご興味のある方は是非お越しくださいませ。詳しくはHPのスケジュールをご覧ください。

豊かさとは何か、今こそ考えて行きたいですね。














プロフィール

hakuga

月別アーカイブ