琵琶一人旅

琵琶奏者 塩高和之の徒然日記 日々の想いを綴ります。

秋月賦2018

先週末は、伊東市のひぐらし会館、極楽寺・稲村ガ崎アートフェス~アナン邸で演奏してきました。今回は二回とも語りの古屋和子さんと一緒で、「修善寺物語」「重衡」を演奏してきました。

2018年チラシs

さて今週は、あの田原順子先生をお招きして日本橋富沢町樂琵会をやります。田原先生は私が琵琶で活動を始めた最初の時に声をかけてくれた先輩でして、それ以来何かと声をかけていただいています。先生は、オリジナルな活動で琵琶楽の最前線を担ってきた、正にパイオニアとも言うべき存在。
田原順子私が今、こうしてオリジナルの楽器を作り、独自の活動が展開できるのも、田原先生のような先駆者が居たからです。
私と田原先生とでは、全く演奏スタイルは違いますが、琵琶の最前線という点では、とても共通するものを持っています。まだ活動がどうなるかわからない最初の頃に、こうした先輩にめぐり合えたのは実にラッキーな事でした。心強かったですね。
いつか御一緒したいとずっと思っていましたが、昨年末、田原先生に出演を打診し田ところ、快く引き受けてくださり、あれからちょうど一年、やっと実現するという訳です。

田原先生と私がジョイントで演奏をするなんて事は、10年前は考えもつかないことでしたが、今、こうして共演の機会が近づいてくると、何ともいえないものが込み上げて来ますね。
このところ、活動を始めたころの感覚が次々に甦ってきているのですが、今回の共演もその一つなのだと思っています。
滅多に聴けないスペシャルな企画。是非是非お越しくださいませ。
18日木曜日19時開演です。

IMG_0105
日本橋富沢町樂琵会にて

最近は色んな部分で自分を取り巻く変化を感じています。身近なところでは、先ず食の好みが変わりました。あまりお酒を飲むほうではありませんが(?)、最近は呑むのはもっぱら洋酒。20代30代の頃の好みに戻ってしまいました。食べ物も少しづつ変わってきて野菜中心になり、小麦粉や卵、甲殻類や鶏肉の摂取もかなり減りました。何故なんでしょう・・?。
音楽面では、より自分らしくなってきて、弾き語りはどんどんとレパートリーから消えて行ってます。今回は「経正」を弾き語る予定ですが、こういう弾き語り曲をやるのも、これからかなり減ってくると思います。

阿佐ヶ谷ジャズストリート2017-2何か一区切りの時期なんでしょうね。まあ自然の流れに身を任せているので、なるようになると思っていますが、私は作品を創り、それを演奏して、私の世界を表現するのが仕事。より自分らしいものが出て来て、自分の表現すべき世界が明確になってきているのは、良いことだと思っています。
また最近は私の音楽的原点でもあるJazzにも自由に接しています。ライブで聴くことも多くなりましたし、楽しみで演奏する事も多くなりました。今年も阿佐ヶ谷ジャズストリートに参加するのですが、その他にもライブハウスで演奏したり、ジャズミュージシャン達と付き合いの場が広がっています。

これからの曲創りについても色々な構想が沸いて来ていますし、これからの活動にこそ、私の本来の姿が素直に出てくるのではないかと思っています。元から肩書きもしがらみも無いので、私自身の心がより開放されれば、どんどん自分らしくなって、自分の表現する音楽が形を現してくるのは当然のこと。
日々多くのものと出会い、また別れもありますが、今、私が自分の向かうべく所に向かっているのだな、という実感があるのです。


ルーテル

写真がなくて残念ですが、先日の鎌倉アナン邸での演奏の夜は、三日月が朧に輝いて、なんともいえない風情を演出してくれました。何のけれんも無く、自在にその姿を変え、与えられた所で存分に輝く月の姿は、自分の一つの指針のように思えます。

これからが楽しみです!!。















風を見る

東洋大学での特別授業、豊田市「てぃいだカンカン」での文弥人形との共演、そして定例の琵琶樂人倶楽部と立て続けにやってまいりました。

1s2s

IMGP07062
上:佐渡の文弥人形「猿八座」のお二人と語りの古屋さん、東洋大学での特別授業にて、
下:琵琶樂人倶楽部 平曲の津田さん、オリジナル筑前琵琶の小二田さんと愛子姐さん


東洋大学はこのところ御縁のあるところなのですが、今回は学生に向けての授業という事で、琵琶の歴史に日本の歴史を搦めて、ざっとですが説明させてもらいました。学生達は皆とてもフレッシュで、中にはジャズ研に入っている生徒もいて、何かと話も盛り上がりました。
豊田の会場は小さなスペースではありましたが、二回公演で二回とも満席。お客様の反応も結構なものがありました。猿八座とは初めての共演でしたが、この形には可能性を感じますね。人形の表情の豊かな事!。人間の役者よりもずっと身に迫るようなリアルさで語りかけてくれます。また是非共演してみたいですね。

先日の京都もそうでしたが、最近何か風のようなものを感じます。それもとても新鮮で新しいさわやかな風を感じるのです。

オリエンタルアイズmarobashi
1stCD「Orientaleyes」2ndCD「MAROBASHI」

最近は目まぐるしいほどに仕事に追われていますが、ほとんど弾き語りはやっていません。語りものををやる時は語り部の古屋和子さんと組みますし、他は器楽演奏で独奏やデュオがほとんどで、弾き語りはせいぜい祇園精舎程度です。つまりやっと自分の思う形になってきたことで、妙なストレスも無くなり、本来の水を得て、泳ぎ回っているという気がします。琵琶で演奏活動を始め20年、ようやく一巡したのか、1stアルバムの「琵琶に可能性しか見ていなかった」頃と同じような風が自分を取り巻いている、そんな感じがしているのです。やはり私の音楽は器楽に極まるのでしょう。

語りの古屋和子さんとやっている時にも、伴奏ではなく共演という意識で弾いているのですが、自分で弾き語ると、どうしたって声に意識が行ってしまうし、声で表現しようとしてしまう。琵琶奏者は琵琶で表現出来てナンボ。声に寄りかかってはいけません。歌で表現したのなら、歌手として歌に専念すべきです。中途半端では魅力ある音楽は創れないので、やはり私は器楽に重きを置いてゆくこのやり方が合っているようです。

326 (3)
若き日 京都清流亭にて
何しろ琵琶のこの音色をもっと聴かせたいですね。声は素晴らしい歌手や語り手が沢山いるので、私は琵琶に専念して、この妙なる音でリスナーの心を揺さぶる位の演奏家になりたいです。私が20年舞台活動して来て思うことは、リスナーの方も演奏家も、「珍しい楽器」というところで終わってしまっているという事。つまり音楽を聴いていないのです。
琵琶という楽器が珍しい飛び道具のようなものではなく、素晴らしい音色を湛えた素晴らしい楽器であり、且つそこから魅力ある、人を惹き付けてやまない、そんな楽器であって欲しい。それをやるのが私の仕事なのです。その為にはリスナーが最初に琵琶に対して漠然と抱くイメージの数段上を行くような音楽を演奏する事。決して上手やお見事という、旧い価値観で演奏せず、またリスナーのイメージに媚びるような予定調和の演奏をしない事。これに尽きます。先ずはなんと行っても魅力的な曲でなければ人は聴いてくれません。

私はスガシカオさんの曲が結構好きなんですが、彼の描く詩の世界の深さには、聴く度に本当にやられてしまいます。加えてあのハスキーな声と独特のメロディーで歌われると、もう曲が流れ出したとたんにすっと世界に入ってしまうのです。
私の音楽性とは全く違うのですが、琵琶でもあれくらい人を惹きつける曲が出来ないものかな~~と何時も思います。大声出して、こぶし回してて忠義の心なんかうたうものには、誰も付いて来ないのは解りきっているのに、その旧い旧い、今の世の中に到底理解されないような価値観にしがみついて、音楽をやっているのは、私には理解ができません。

2
舞台「良寛」にて

琵琶と声は中世以降密接な関わりがあります。だから私は器楽を第一に追及しますが、同時に声に関しても、今迄の琵琶歌のあり方を根底から覆して、琵琶と声との新たな関係を創り上げたいと思っています。
実はこれから声を使った四季を寿ぐ作品を、とある方と組んで作曲する予定なのですが、歌をメインにするのではなく、器楽の中に声が入るという形になります。あくまで歌ではなく、楽曲として琵琶の音色が生きるものにしようと思っています。感性も内容も普遍的に幅広い世代に通じるものを専門家にお願いしています。
琵琶の歴史をみれば確かに言葉と共に在ったのですから、言葉を軽んじることはできません。しかし言葉に寄りかかり、魅力的な音色が出せないのでは琵琶を弾く意味がありません。こちらは来年の秋ごろをめどにお披露目をしようと思っています。乞うご期待!。

2016-12江ノ島5

この風が私には目に見えるような気がするのです。20年前の風と同じものではあるのですが、20年経ってまた吹き来るこの風は、もう一つステップを上がったように感じます。この風は私が待ち望んでいた風であり、また自分自身の身体に元々吹き渡っていた風のような気がします。この色というのか、温度というのか、匂いというのか、表現は難しいですが、この風を身に感じ、今私の視界に見えているという事は、とても素敵な事なんだろうと思うのです。















響く声 渡る音

京都烏丸今出川にある光明寺にて、声明と邦楽の演奏をやってきました。このお寺は御所のすぐとなりにあるのですが、いわゆる観光寺ではないので俗な感じが無く、すっきりと気持ちの良い御本堂でした。ご住職は声明の指導者として全国で活躍されている方なのですが、何度もお世話になっている滋賀の常慶寺さんの関係で、常慶寺演奏会は元より、5月の百万遍知恩寺での演奏会にも駆けつけてくれて、今回の演奏会を企画してくれました。

1滋賀 常慶寺での親鸞聖人御遠忌法要記念演奏の時の様子
今回は第一部が声明、第二部で私と笛のいつもの相方 大浦典子さんと邦楽の演奏をするという内容。今回は九州や広島、名古屋そして関東から住職のお弟子さんたちが駆けつけ、彼らの朗々とした声明が響き渡り、堂内はすがすがしい気に溢れた空間となりました。
真宗の声明には雅楽が付くので、今回は笙・篳篥・龍笛の方も来て40分ほどたっぷりと声明を聴かせていただきました。以前滋賀の常慶寺や還相寺でも私と笛の大浦さんとで、声明に合わせて楽をつけ、親鸞聖人御遠忌法要記念の演奏をやったのですが、声明と雅楽はいい感じで合うのですよ。

「真宗大谷派の声明は声が大きく、オペラで言えばイタリアオペラのようです」と御住職が紹介していましたが、今回は若手のお坊さんたちが、目一杯声を上げてやってくれましたので、正に華やかで、且つけれんの無い、清い声々が饗宴していました。倍音がビンビンと聴こえてきましたよ!。

4
福島 安洞院にて能楽師の津村禮次郎先生と

こういう演奏会は本当に好きなんです。邦楽はともすると「芸」に陥ってしまい、マニア向けの中途半端な形で終わってしまうことが多く、個人的なお楽しみの世界に入っているものが多いのですが、今回の声明には、そんな中途半端な演奏家意識が無く、またレベルも高くとても新鮮でした。あくまで仏道の一環として、精魂込めて歌うという姿勢には、声明を歌うことに対しての喜びが溢れていました。音楽家もそうでありたいですね。
どんなジャンルでも、アーティストは自ら作品を作って、それを披露して評価を頂いているのです。文学も美術も芸術といわれるものは皆、創り出しています。古典をやっても、ただなぞっているだけではなく、研究を重ね、明確な視点と哲学を持って取り組んでいるからこそのアーティストなのです。「お見事」な芸を披露している訳ではないのです。ここが邦楽人の意識と芸術家の意識が一番ずれているところですね。


reco-2011-3声明を聴いていて、もっともっと音楽を創ってゆきたいなと思いました。笛の大浦さんとはこれまでも沢山の曲を創ってきましたが、都の秋風に当たりながら、あらためて今後も新作を創り演奏して行こうと話が弾みました。
今年は私が薩摩のCDを出した事もあって、Reflectionsコンビの演奏会がなかなか出来なかったですが、来年はまた新作を引っさげて色んな場所で演奏して廻りたいです。

今回も終わってからは大宴会。二次会にも参加してカラオケを歌ってきましたが、さすが毎日お経と唱えているお坊さんたちは声が良いですね。


ラネージュ4
京都ラ・ネージュにて

さて、ここ秋はなかなかの大忙しです。明日土曜日は東洋大学での特別授業。続く連休は豊田市にて、文弥人形の猿八座との共演。戻ってすぐには琵琶樂人倶楽部の第130回定例会、静岡の伊東市、鎌倉のアートフェスと立て続き、18日は第16回日本橋富沢町樂琵会。今回はいよいよ満を持して、筑前琵琶の田原順子先生をお呼びして、薩摩筑前の聴き比べの会を開催します。その後も埼玉のお寺での公演・・・とどんどん続きます。またその合間を縫って、久々にジャズのライブハウスや地元阿佐ヶ谷のジャズフェスティバルでも演奏するので、横になっている暇が無いです。ありがたいことですね。
魅力ある音楽を創って行きたいのです。


















プロフィール

hakuga