琵琶一人旅

琵琶奏者 塩高和之の徒然日記 日々の想いを綴ります。

旅路にて

今週は木曜日から松江に行ってまいります。

表新

先日の焼津を含め、東京、新潟、熊本と小泉八雲を巡るツアーも松江で最後となります。今回はゆかりの地、松江にて「破られた約束」「耳なし芳一」を上演してきます。声をかけていただいた安田登先生には本当に感謝しかないですね。特に今回は八雲の直系である小泉凡先生も一緒なのです。昨年1月の愛知県大府での公演で御一緒して以来ですので、お会いするのは久しぶり。凡先生とはお互いにちょっと乗り鉄気質なので、とても楽しみなのです。

年内の地方公演は、これで終わりです。あとは都内での演奏会だけですが、定例の琵琶樂人倶楽部の他、17日にVnの田澤明子先生をゲストに迎えての日本橋楽琵会があります。これが今年の最後のメインイベントですね。
田澤先生の演奏は、先日聴きに行った中島ゆみ子さんの演奏とは対極にありまして、その音色は私を大いに刺激し、私のポテンシャルをぐいぐいと引き出してくれます。もう何度も御一緒していますが、Vnが鳴り出したとたん、その音色に命が宿ったかの如くうねり出すので、隣に居ていつもドキドキします。私も気合を入れてかからないと、田澤先生のVnとは対峙できません。今回は8thCD「沙羅双樹Ⅲ」にも収録した「二つの月~Vnと琵琶の為の」も久しぶりに演奏しますので大変楽しみなのです。お時間のある方は是非とも聴きに来てください。一押しですよ。

田澤1s

12月17日(金)第23回日本橋楽琵会「古から現代へ」
時間:開場18:45 開演19:00~20:30

会場:小堺化学工業㈱本社 B1(1F玄関から地下へお入りください)
    中央区日本橋富沢町11-7 
   (東横イン税務署前一軒となり・まいばすけっと正面)

料金:2000円
出演:塩高和之(琵琶) ゲスト 田澤明子(Vn)
演目:経正 花の行方 君の瞳~Vnと琵琶の為の 
   二つの月~Vnと琵琶の為の 
御予約:
小堺化学工業㈱ 担当:広報室長 小堺 03-3662-4701 kosakai_h@kosakai.co.jp
出来ればご予約をくださいませ。


5
琵琶樂人倶楽部にて Vnの田澤先生と photo 新藤義久

コロナ禍にありながら、私は昨年も今年も数多くのお仕事を頂き、地方公演も随分とやらせてもらいました。来年は前にお知らせした横浜日ノ出町の7artscafeでのサロンコンサートシリーズも始まります。都内でも定例の琵琶樂人倶楽部や上記の楽琵会など、自分の音楽を表現できる会を順調にやらせて頂く事が出来、本当に感謝しております。
音楽家はともすると、お仕事を頂いて飛び回っている事で満足してしまいがちです。せいぜい面白いライブを時々やる程度で、技術の切り売りのようになってしまう事も多いので、どんな状況でも自分の目指す世界を持って、自分の音楽を創り続けて行かないと、結局お仕事の依頼も長続きしません。
若き日に「琵琶ではなく、塩高で呼ばれるようになれ」と言ってくれた先輩の言葉を、年を追うごとに噛みしめていますね。

琵琶で活動をしてきて、まだまだ到達という感じには程遠いものの、それでも少しばかりは自分らしいスタイルを築けてきたように思っています。
邦楽というとお教室という感じですが、私はあくまで舞台人として活動したかったので、琵琶を手にした最初から、お教室の先生という発想がありませんでした。流派協会という組織のにも馴染みが無かったです。更にはエンタテイメントやショウビジネという所からも遠く、邦楽=江戸文化という風潮にも違和感があるという、凡そ邦楽からは感覚がかけ離れた輩ですので、活動も作品も全て独自に活動を展開して来ました。
何にも媚びない、群れない、どこにも寄りかからないというのが私の信条で、この調子で天邪鬼の如くこれ迄作曲・演奏をやって来ましたが、今になってみると、これ迄このスタイルで続けてきて、本当に良かったと思っています。

5
池袋あうるすぽっと「能でよむ~漱石と八雲」公演にて

まだまだ私は旅の途中に居るのだと思っています。ずっと一人旅ですが、まだやりたい事も色々とありますし、これからも先へと歩みを進め、もっと自分から沸き起こる音楽を創りたいのです。いつかその旅が終わる時が来るかもしれませんが、その時にはきっと今とは違う風景が見え、これ迄とは違う音楽が流れ出て来るのだと思います。しかしまたそれは次の新たな旅の始まりだったりして・・?。終わりはありそうにないですね。

のんびりと自分の行きたいところに旅をするのが、琵琶弾きとしての私の生涯なのでしょう。行けるところまで行きたいと思います。





行く道

急に寒くなってきましたね。先日は月食もあり、何だか時代の変わり目を感じさせるようなことが、この頃多いような気がします。
先週から今週は、演奏会がちょっとお休み状態なのですが、ちょうど良いタイミングで、ヴァイオリニストの中島ゆみ子さんのコンサート「中島ゆみ子と仲間たちvol.13」があって、久しぶりに魅惑の音色を聞いてきました。


中島ゆみ子音友ホール

中島さんとは合唱指揮者 郡司博先生の主催する「おんがくの共同作業場」の演奏会で御一緒させてもらって以来、この「中島ゆみ子と仲間たち」のシリーズコンサートには毎回駆けつけています。言うまでもなく素晴らしいクオリティーなのですが、何というか変な言い方ですが、毎回聴く度に中島さんらしくなって行く、そんな風に今回も感じました。
以前共演した時には、拙作のシルクロード系の曲をやって頂いたり、新作で共演したりしてクラシック以外での共演だったのですが、とにかく素直な表現というのが、中島さんの一番の魅力ではないでしょうか。彼女はとても穏やかな人柄で、いつも微笑んでいるような方なのですが、その人柄がそのまま曲に乗って音楽が流れだすように感じられるのです。音色がとにかく自然で、これ見よがしな表現は全く無く、聴いている者の身体に静かに満ちて行くようです。技術が高い事は言うまでもないですが、そのスタイルは「何も足さない何も引かない」。私は中島さんの演奏を聴く度にそう思います。


7131da942012年郡司敦作品初演 北とぴあつつじホールにて。Vn 中島さん Ms 郡愛子さん
前に書いたパット・マルティーノ氏の言葉「自分が自分で在る事を幸せに思う。それにまさる成功はない」という言葉を、私は座右の銘にしているのですが、コロナ自粛が空けて久しぶりに聴いた中島さんの音色に、中島さんが今、自分らしく生きていることを感じました。気持ちの良い演奏でした。私のように業の深い人間は、どうしてもどこかに、まだ捨てきれない偏狭なこだわりが澱として残ってしまう。まだまだ修行が足りませんね。中島さんの演奏を聴きながら、自分もああいう境地で音楽に接したいな、と思いました。


3
新宿御苑

世の中は今、何でも数値で表され、物事はスペックで判断され、計量的時間に管理されています。大臣自ら「老後はこれ位お金がないと生きて行けない」なんて煽り、ネット上にはFXや株をAiに任せ楽して稼ぐ広告ばかりが増えて、お金を持っていることが豊かな暮らしの条件という具合に、どんどんと未来に対する不安を掻き立て、一定の方向へ民衆を追い立てようとしています。現代人は自分で好きに生きているようで、実は管理社会の枠の中に、気が付かないまま生かされ、計量的に刻む時間に支配されているとしか、私には思えません。現に世の中便利になったはずなのに、現代人は以前よりもっとせわしなく、且つ不安を抱えながら動き回って、その生活に余裕や優雅さはどんどんと無くなっている。そこには自らの中に脈々と流れる雄大な時間を感じ、豊かな人生を歩んでいる姿は見えないですね。これは人間としての危機ではないでしょうか。

この危機に瀕した状態にあって、芸術の在り方がこれからの時代のキーワードとなると思っています。何故ならば音楽・芸術は人間の心や命に直接アクセス出来るものだからです。そしてそれは管理支配された現代社会の中で、自分本来の生と時間を取り戻すとても有効な手段でもあります。
日本人は古来より季節の移りゆく姿を見て、それを歌に詠み、様々な想いを表してきました。和歌の他にも能や平家語り等、計量的時間を自由自在に飛び越え、過去から未来まで好きなように辿り、自分の身体の中に流れる生々しく、また永遠の時間を躍らせてきたのです。古典の世界観から見ると、現代はあらゆるものに追われ、毎日が窮屈でせわしないですね。

1
photo 新藤義久

現代人は、自分の人生を全うに生きているでしょうか。目の前の利便性やエンタテイメントに踊らされ振り回されていて、そこには自由は無いのかもしれません。
中島さんの音色は、まごうことなく中島さんのものでした。私も私の道を行きたい。そして自分の音を出して、自分の人生を歩みたいのです。軸は私の中にあるのです。





ざわざわする

この所、朝の陽射しが素晴らしいですね。私は割と早起きなんですが、近頃は毎朝とても清々しい気分で目覚める事が出来て嬉しいです。
9月半ば辺りから毎週続いた地方公演も一段落ついて、今はしばしお休みをしていますが、ここへきて来年の活動が色々と決まってきました。

solo5
photo 新藤義久

毎月の琵琶樂人倶楽部は来年も一年間のスケジュールが決まり、楽琵会も年4回が決まりました。更に横浜の7artscafeというスペースでも年4回のシリーズが決まりました。この7artscafeはJCPMという団体を主宰するジョセフ・アマトさんが立ち上げたもので、様々なジャンルのアートの発信基地として毎月イベントを開催しています。

7artscafe 

これで私が企画する年間のシリーズライブは、3シリーズ20本となりました。いずれも毎回ゲストを迎え、琵琶樂の様々な形を聴いて頂くのが趣旨ですので、場に合わせ色んな音楽家に声をかけています。それに伴って曲もどんどん創って行かないといけないので、只今頭の中で色んなアイデアが渦巻いて、ざわざわしているという訳です。

①ライブ活動をしている若手のゲストを迎えて、演奏からレクチャー迄何でも気軽にやるのが、
阿佐ヶ谷の琵琶樂人倶楽部。年に12回

②古典系のベテランをゲストを迎え、演奏中心にやるのが
日本橋の楽琵会。年に4回

③アート系の音楽家を招いて、ジャンルを超えたコラボをして行く
7artscafe。年に4回

という3つのヴァリエーションで展開して行きます。

琵琶は地味な音楽ですし、私自身派手なものはあまり好きではないので、大きなホールなどでの開催はなかなか出来ないのですが、上記のような数十人規模のサロンコンサートだったら何とかなります。コロナの影響も少なくなったので、自分の出来るところをどんどんと攻めて行こうと思っています。
器楽としての琵琶樂を標榜している私としましては、これまでにない琵琶の魅力を提示して、琵琶の持っているポテンシャルの高さをどんどん発表して行こうと思っています。

1s
2019年の楽琵会にて、Vnの田澤明子先生、笙のジョウシュウ・ジポーリン君と
photo 新藤義久

今考えている作品は色々とあるのですが、今迄あまり組んでいなかった楽器との組み合わせを考えています。笙なんか面白そうです。他には、この所少しづつ取り組んでいる、声と絃を分けた古典の語り物を形にして行きたいです。三味線音楽が声と絃に分かれ、声は声専門の人、絃は絃専門の人になって音楽として深まって行った様に、琵琶も声を極める人と、絃を極める人それぞれに発展して行ったら良いなと、琵琶を手にした頃からずっと思っていましたが、最近その想いをさらに深めています。これは洋の東西を問わず、どんなジャンルでも言えますね。

熊本新聞記事熊本公演の新聞記事
この所のツアーでは、能楽師の安田登先生、浪曲師の玉川奈々福さんと共に回ったのですが、二人とも声がとにかく素晴らしい。京都の公演では第二部が金剛流の半能「忠度」で、若宗家の謡も聴きましたが、それはそれは惚れ惚れするような素晴らしい声でした。こういう方々と御一緒していると、琵琶歌の貧弱さがどうしても気になってしまうのです。色んなやり方やスタイルがあって良いと思いますが、100年程しか歴史がない薩摩筑前の近代琵琶樂が、大正や昭和初期の頃の曲に未だ留まっているのでは、お話になりません。近世近代の邦楽の各ジャンルは今でもどんどんと新作を創っています。琵琶樂がこれから歴史を紡いで行くにも、旺盛なる創造力を持って、リスナーにしっかりと届く声で、魅力的な曲を創って行って欲しいものです。
そして琵琶の器楽の面の発展も大きな課題と考えています。せっかく魅力的な音色を持ち、打楽器的要素も含めかなり表現力の高い琵琶が、この現状では何とも切ない。だから私は琵琶を手にした最初から自分で曲を作り、活動も独自に展開して行く事にしたのです。

今、浪曲や講談では、若手がどんどんと新たなスタイルを打ち出して大変な人気を獲得しています。薩摩筑前の琵琶も、がんばって欲しいですね。

1
先月収録に出向いた焼津の「帆や」にてのインタビュー
静大の小二田誠二先生、能楽師の安田登先生、俳優の佐藤蕗子さんと。後ろには何故かコルトレーン

という訳で、来年に向けて何とも頭の中がざわついて、あれやこれや考えているこの頃ですが、これが私のスタンダードな状態です。だから今、ざわざわあたふたしているという事は、とても幸せな時間の中に居るということなのかもしれません。来年も幸せの中に居たいものです。







プロフィール

hakuga

琵琶の作曲・演奏をしています。日本だけでなくオリエント全体に視野を向け、古典雅楽から前衛的な創作作品まで幅広いレパートリーで活動。
演奏活動の他、大学の特別講座や市民講座などレクチャーにも力を入れています。
琵琶を使った作曲作品は60曲以上にのぼり、40曲以上はCD化され、世界に向けてネット配信されています。CDは現在までに8枚のリーダーアルバムと、配信のみのベストアルバムが2枚、教則DVDを1枚発表。

活動のテーマは「創造と継承」。

演奏活動の他、琵琶樂人倶楽部を主催。琵琶楽を文化として捉え紹介すべく、毎月東京阿佐ヶ谷にてレクチャーコンサートを開催。現在14年目で、160回を重ねています。

2009年シルクロードの国々へコンサートツアーに行ってきました。ブログにツアー後記を載せています。ぜひお読み下さい。

このブログでは、琵琶については勿論の事、私が見聞きし、感じた芸術作品への想い等も書いています。

活動状況等はHPをご覧下さいませ。

オフィスオリエンタルアイズ  オフィシャルサイト biwa-shiotaka.com


記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ