琵琶一人旅

琵琶奏者 塩高和之の徒然日記 日々の想いを綴ります。

春陽2017

すっかり春の陽気ですね。外に出るとカンヒザクラや陽光などはもう満開。その他にもハクモクレンやボケ、ハナカイドウなども咲いているし、今週末辺りにはもうソメイヨシノも咲いて、既に気持ちはお花見気分。花の饗宴ですね。

春は色々なことが始まる季節でもありますし、身体も動き始めます。毎年花粉症が少々つらいところですが、今年は3,11の福島安洞院での法要・奉納演奏会をはじめ、4月には大久保のルーテル教会での演奏会など、春も何かと演奏会が続いています。
大久保ルーテル

大久保ルーテル教会では久しぶりに拙作「春の宴」を、筝の内藤眞代さん、笛の大浦典子さんと私でやります。今回はギターの小二田茂幸さんも入って一層華やかになりそうです。

毎年この時期は作曲する事が主で、演奏はほとんどやっていなかったのですが、やっぱり私は舞台に立っているほうが調子が良いです。週に一度はどこかで演奏しないと、どうも鈍ってくるんです。出来たら週に2回か3回は舞台に上に立っていたいですね。

82016年琵琶樂人倶楽部100回記念演奏会にて
独奏曲はまたまた手直しをして、やっと何とかいい感じになってきました。あとデュオを2曲、トリオを1曲、そして唄ものの曲を夏頃までに創ろうというのが今年の目標。というのもそろそろ年末辺りを目標に次のCDを計画しているのです。弾き語りを数曲と、現代ものをソロデュオで数曲づつ録音しようと思っています。
どんな形のCDにするかまだ未定で、現代ものはネット配信のみにしようかとも考えていますが、いずれにしろ久しぶりの作品集となる予定です。

アーティストにとって作品が世に出て行くということは、とても大事な事。そしてそれが評価されて始めてアーティストになって行くのです。SPの時代だったら、出すだけでもう評価されたと同じ事だったでしょう。選ばれし者だけに与えられたレコードデビューも、今や誰でもCDを作ることが出来る時代になって、出す事よりも中身を問われるようになりました。

orientaleyes  1-s
私の1stCD「Oriental eyes」

それも世界に発信できるのですから、良い時代になったといえますが、世界に通用するものでなければ評価は得られません。日本の物差しで考えているようでは相手にされないのです。ましてや邦楽村・琵琶村の器では、全く通用しません。自分の音楽や存在はあくまで世界という大きな器の中にあるということを認識しない限り、世界に向けて出す意味は無いですね。
今日本の古典音楽を世界の音楽シーンに向けてやる意味は何か。ただの珍しい民族音楽として紹介しているだけなのか?。それとも日本の古典音楽を根底に持ちながら、世界の芸術音楽と同様の土俵に乗って作品を発表して行きたいのか・・・・。

日本人はアートとエンタテイメントの区別をほとんどつけませんが、海外でやってゆくつもりなら、はっきりさせた方が良いですね。売れたいという自己顕示欲に駆られて、
学歴や受賞歴、大学講師云々の看板を掲げてアカデミックな箔をつけて看板にしながら、やっているのはエンタテイメントのライブ、というのはとんだ勘違いです。肩書きを喜んでくれるのは日本だけ。肩書きで自分の存在を誇示しようとするその心が、もはや村意識以外の何者でもないのです。

huji2

世界のルールが判ることは先ず必須。尚且つそこにただ乗っかって、その一員になって喜んでいるのではなく、日本独自のセンスを世界の中で表現して、新たな分野を世界の音楽シーンに確立して行く。理想はここまでやりたいものですね。欧米とは違う日本のやり方やセンスを、文化の違うところにも響かせるには、先ず相手の懐に入らないと!。こちらのやり方を押し付けても受け入れてくれません。
ドイツ楽派全盛の時に、全く違うフランスのセンスで乗り込んでいったドビュッシーやラベル、ロシアの底力を見せ付けたストラビンスキーやラフマニノフ。常に最先端を切り開いたマイルス・デイビス、芸術音楽の分野で今までに無い新しいセンスを認知させたアストル・ピアソラ。こういう人達は今の日本からはなかなか出てきませんね
一過性の珍しいエキゾチックなものは多少ありましたが、ジャズでもクラシックでも、海外のセンスに染まり、向こうのお仲間の一員になって終わる人がほとんど。かの地に於いて日本独自の音楽とセンスを響かせたのは、武満さんと黛さん位でしょうか。あらためてお二人の偉大さに想いが行ってしまいます。

15日本では古典をやっていれば、なんとなく偉い感じがして、格上の先生という感じになってゆきますが、
古典をやるという事は海外に於いてはアカデミックな研究の分野なので、それだけ論理や哲学が大事であり、少なくとも論文を書き上げるくらいのことをしなければせいぜいエキゾチックな民族音楽で紹介される程度。
西洋東洋の音楽史や芸術史は勿論の事、比較文化論、宗教や文化・社会全般にも精通していないと相手にしてもらえません。
以前コンビを組んでいた尺八のグンナル・リンデルさんは、現在ストックホルム大学で教壇に立っていますが、尺八奏者というだけでなく、正にこの分野の研究家です。私にはとても書けないような、もの凄い膨大な日本音楽の研究論文を書いて、日本の東京芸大にも納めてあります。

何故そういうスタイルが出来上がったのか、そこにはどんな意味があり、またシンボリズムがあるのか。更には自分のやる音楽を、どういう哲学を土台として、どのように表現していこうとしているのか。考えるべきことは色々とあります。
何でも感覚的に「いいんじゃないの」「よいものに理由なんか無い」なんて言って頷きあって、なんとなくなあなあとやり過ごしている日本人には、こういう論理でものを解析してゆく部分はハードルが高いですね。しかしアートの分野で世界を視野に入れて活動するのなら、考え方もやり方も変えて行かなくてはヴィジョンは成就しません。


5


自分の行くべき道をもっと明確にして定めてゆかないと、私の音楽は響かない。この春の陽の中で、これからの自分に想いが巡りました。


和楽器ランキング














六年の祈り

先日3,11の追悼奉納の演奏を、福島の安洞院でやってきました。

6年経つと、もう東京では震災の事も話題に上らなくなりますし、節電なんてことも誰も言いません。いまだ行方不明者も多い中、時間だけがどんどんと過ぎて、記憶の中からは消えて行ってしまいます。しかしながらこの震災は原発事故も含め、多くのことを考えさせられ、現代日本人の価値観が変わったともいえる、とても重要な出来事だったと思っています。毎年追悼の会に参加させてもらっていますが、年を追うごとに新たな課題を突きつけられているようで、今後の日本のあり方を考えずに入られませんね。

祈りの法要チラシ4-01m

この日は慰霊塔での法要の後、全国から募集した震災への想いをつづった手紙を詩人の和合亮一さん、俳優の夏樹陽子さんが朗読しました。心に残るものが多かったですね。近いうちに安洞院さんがWeb上で公開してくれると思いますので、また改めて紹介します。その後は和合さん書下ろしの新作「詩ノ黙礼 白狼」を私と和合さんで上演、そして最後に津村禮次郎先生と私と夏樹さんとで「良寛」をやって来ました。

1和合さんとのデュオ リハ
和合さんは、「どこにも属さず、己が求めるところを行き、全国を歩き回った」良寛を狼と捕らえ、「詩ノ黙礼 白狼」を書きあげました。朗読の時も裸足になって読み上げ、私 とのやり取りはまさに丁々発止の如くで、生き生きとした良寛の姿が浮かび上がりました。
良寛はけっして手まりをついて子供と遊んでいるおじいさんではないのです。その心は正に狼の如くだったろうと思います。当時の形骸化し、堕落した宗門をはっきりと批判し、どこにも属さず、真実を生きたその姿には、夏目漱石を始め、今なお多くの共感が寄せられています。残された詩や書にはその精神が生き生きと見て取れますが、同時に万葉集などの古典に自分の根をおいていた事も伺わせます。深い教養と知性、鋭い感性、ぶれない強固な志、実行力・・・、人が惹きつけられるのは当然ですね。

そして良寛の想いや心は長谷川泰といい人物に受け継がれ、そこから現代の日本の医療の分野に受け継がれました。野口英世や北里柴三郎もその流れの方なんですよ!

想いを受け継ぐという事は今、一番日本にとって大事なことだと思います。形ではなく、あくまで想いや心こそ一番大切ということをこの震災で実感しました。その意味でもこの3,11に「良寛」を上演した事は大きなでことでした。


4    「良寛」の終章 魂の舞(舞:津村禮次郎 作曲・樂琵琶:塩高和之)
日本は腰をすえて次世代を見つめ生きて行かなくてはいけない時代に入ったと思うのは私だけではないでしょう。今が楽しい、便利、快適ならOKという時代ではない。この震災が一つのきっかけになったことは間違いないし、今、次世代へのビジョンを考えなくては、本当に未来が無い。政治は勿論、社会の構造的問題や人々の価値観や哲学の問題、世界との関わり等々、あらゆることがこれから大きく変化せざるを得ない時代だと思っています。
何を受け継ぎ、次世代に渡してゆくことが出来るのか。これが今を生きる我々の大きな大きな課題でしょう。

       リハ1打ち合わせ1  
                      リハーサル中 夏樹陽子さん、津村禮次郎先生、和久内明先生(脚本)、和合亮一さん、横山住職


人は刹那に生き、目の前の人生に振り回されるがごとく日々を消費してゆくものです。今の邦楽や琵琶の世界を見ても、受け継ぐなんていうことを口では言いながら、意味も考えず形ばかりをなぞり、「こぶしを如何に歌い上げるか」なんていう「お上手」に執心し、ほとばしる心の表現や創造性はどこへやらというものばかり。形骸化の一番良い例です。何事もこうして中身の意味を失い、滅んで行くのです。

震災の時も思いましたが、形など簡単に壊れてしまう。例えば、地域の民俗芸能をお祭りのように再現したところで、心が戻らない限り、形ばかりの笛の音が響いても意味は無いのです。
逆にたとえ形はなくなっても、心を失うことさえなければ、笛の音に、唄に想いをはせ、新しい音楽を創ってゆく事は出来る。新しい次世代の音楽を創ってゆくことが出来る。今我々に求められているのは、形を守る事ではなく、想いや心を新しい形にして、次代へ伝えて行く事ではないでしょうか。受け継ぐ事が出来るのは形ではない。心や想いしかない。私はそう考えています。
もう今まで通りやれば何とかなる時代ではありません。世界と簡単につながり、世界のものや人が押し寄せてくる時代に入ったのです。生活はこれからも続いてゆくのです。琵琶楽のように衰退するわけには行かないのです。形骸化し、硬直した感性や哲学、形式はどんどん変えて、日本の心を受け継がなくては!



32

今回はいつもの大きな舞台でやっている「良寛」でなく、夏樹さんのナレーションが入った1時間バージョンでしたが、かえってすっきりとして、内容も判りやすく、洗練されたものになりました。夏樹さん津村先生とも本当に大ベテランなので、とてもスムースに展開し、私としてはとてもやり易かったです。それにしてもお二人とも絵になりますね。こういう存在感はなかなか身につくものではありませんな。

1522


震災のこうした集いが、ただの形式的なイベントになって行かない為にも、色々な形で語り継ぐ事はぜひとも必要だと思います。今回、全国から寄せられた手紙の朗読を聴いていて、これは続けなくてはいけないな、と強い想いを持ちました。
私はエンタテイメントの人ではないので、客寄せ的なことは出来ませんが、良寛の持っていた次世代への眼差しを自分なりに持ってこれからも生きて行きたい。

大きな課題を背負っている事を感じた3.11でした。




和楽器ランキング












にぎやかな風

昨日は琵琶樂人倶楽部第111回「独自の活動を展開する琵琶人達」をやってきました。今回はヴィオロン始まって以来の大入り満員で(といってもキャパが小さいので大した事はないのですが)ぎゅうぎゅう詰めのむんむんの熱気の中での演奏でした。

愛子&龍1愛子&龍 朧月
出演は、おなじみの尼理愛子姐さん&尺八の吉岡龍之介君コンビの朧月、そして琵琶樂人倶楽部初登場の岡崎史紘君に演奏してもらったのですが、お二人とも本当に独自の世界があって、普通の琵琶の会では体験できない。実に面白い内容となりました。岡崎君の写真が撮れなかったのが残念。

また今回は篠笛の長谷川美鈴さんも、琵琶樂人倶楽部初参戦。拙作「花の行方」を吹いていただきました。

長谷川1
長谷川美鈴さん

とにかく自由な発想で琵琶に取り組む人が出てきて嬉しい限りです。ともすると○○流だの、何とか門下だのと枠にはめ込み、それ以外を認めようとしない閉ざされた雰囲気がまだ琵琶の世界には強いので、こういう方々にどんどんと活躍してもらって、風穴を開けていただきたいと思います。またこういう方々を一般のリスナーに紹介する事も私の役目と感じています。

音楽はどこまでも自由であるのが本来の姿。「教育する」ことと「仕込む」ことを履き違えているようなことがまかり通っているようでは希望は持てないですね。音楽をろくに教えないで、技だけ仕込もうとしたって、良いものが出来る筈がない。音楽をやる根本も無くして、自分の色に生徒を染めようなんてことは教育とは程遠い。先ず音楽に対する自由な精神をこそ教えるべきでしょう。ライブも作曲もどんどん自由にやらせて、先生とは違う音楽を創り出すことを推奨すべきです。そういう中で個性が羽ばたき、また同時に先生からの教えの深さや影響を自分で感じてゆくんです。「あれやるな」「これはだめ」では個性も何も育たない。当たり前でしょ!。次世代を考えるなら、もう流派優先の組織論は取り払うしかないと私は思います。


高科&塩高sn30年ぶりにお逢いした地元の知り合いTさん
ちょっと話がずれました。
今回は懐かしい人も色々と来てくれました。20年ぶり、30年ぶりで会う人もいたし、舞踊家、パフォーマー、琵琶人、映画関係など芸術に関心のある方が沢山集ってくれたのが本当に嬉しかったです。この琵琶樂人倶楽部が芸術を愛する人達にとって気軽に集ることが出来る場所になってくれるのは嬉しいし、自由な精神が常に溢れる場であって欲しいと思います。10年毎月やってきて、本当にやりがいを感じますね。

永田錦心が明治という新しい時代に、高らかに新たな琵琶楽を立ち上げ、世に響かせていったように、今こそ、新たな時代の琵琶楽が生まれなくては、次世代に託すものが無くなってしまう。曲は勿論の事、スタイルも、感性も、やり方も、時代と共に変遷していってこそ音楽。明治大正の懐メロやりたいのだったらまだしも、世界の音楽の歴史の中でも(日本の中でも)一番の長さと深さを誇る琵琶楽を次世代につなげたいのなら、創るしかない!!。時代と共に変わる事ができないのは、変わる勇気が無いからです。新たなものを受け入れられないのは、自分のやっていることが否定されるようで怖いからです。時と共に変われないものが滅ぶのは世の習いというもの。形骸化した組織や感性からは何も生まれない。ぜひとも永田錦心の志を持った人物がどんどん登場して欲しいものです。

これからも独自のやり方で、新しい音楽を創ってゆく琵琶人を応援したいですね。

祈りの法要チラシ4-01m

さて明日からは福島に行きます。追悼の会ですので、音楽に心込めて捧げたいと思います。また和合亮一さん、夏樹陽子さんとの初共演もしっかり努めたいと思います。
琵琶楽の新しい時代の扉をぜひとも開けたいですね




和楽器ランキング














livedoor プロフィール