琵琶一人旅

琵琶奏者 塩高和之の徒然日記 日々の想いを綴ります。

初心ということ

ミエザ
先日、ヴァイオリニストの濱田協子さんのリサイタルに行ってきました。濱田さんとは11月に荻窪音楽祭にて、拙作「二つの月~ヴァイオリンと琵琶の為に」を演奏していただくので、このところお付き合いを頂いています。既に一度琵琶樂人倶楽部では演奏してもらったのですが、とても良い感じに仕上がって行きそうで期待が持てます。
今回のリサイタルは、50歳の節目ということで開いたそうで、定番のバッハのシャコンヌから、ピアノの伊藤理恵さんと共に演奏したフランクのソナタまでたっぷり楽しませていただきました。音楽に真摯に取り組む姿勢に、大変好感が持てる演奏会でした。最期の挨拶では「初心を忘れずに」という事をおっしゃっていましたが、気取らず自分のペースで歩んでいる濱田さんの演奏には、言葉通りの初々しさを感じました。
この間の芝先生の演奏会でも、芝先生が吹く笛独奏を聴きながら、多くのものを通り越して、音楽に向かい続ける先生の姿を見て、少年のようにワクワクとして雅楽を演奏している姿が印象的でした。やはり何か初々しいものを感じましたね。

初心を忘れていけないとよく言われますが、初心とは自分の中の港のようなものなのでしょう。自分の中で節目を感じる時、上手くいかない時、絶好調の時・・いずれも帰る港があるからこそがんばれるし、行くべき先も見えてくる。故郷のようなものかもしれません。先日とある方がこんなことを言ってくれました。

「道が拓けた時こそ、足元を~初心時に輝いた玉を磨き直すと、新たな選択肢が増え、また多過ぎる選択肢を減らせる」

今私は、いつもこのブログに書いてあるように、器楽としての琵琶楽に確実に進んでいるのを感じています。8thCDには「壇の浦」の弾き語りを入れましたが、これが私の弾き語りの最後になるでしょう。琵琶唄はどんどんやらなくなって、そのうち「壇の浦」もやらなくなるでしょう。


オリエンタルアイズprofile15Wind way Hiromi Ishii
  左:1stCD「 Orientaleyes」    若き日      右:石井紘美作品集「Wind way」

弾き語りをやることで仕事も増えたし、見えてきたものも多々あります。しかし元々私の音楽に「うたう」という発想はありませんでしたし、やっと自分の本来の位置に戻りつつあるという実感がしています。私の足元にあった輝く玉は、まさに「器楽としての琵琶楽」。今その玉を磨き直そうという訳です。私はオペラや声楽が好きでこのブログにも色々と書いていますが、私がうたうという発想はやはりちょっと湧きあがって来ないですね・・・。よき時に、ピンポイントで良いアドバイスを頂きました。

琵琶を最初に手にした初心の頃創った1stアルバム「Orientaleyes」は、未熟な面も多々あれど、余計な衣が一切無く、正に自分をそのまま出した(出すことが出来た)作品集です。勿論「うた」は入っていません。
2ndアルバム「MAROBASHI」には、ロンドンシティー大学で演奏した石井紘美先生作曲の「HIMOROGIⅠ」をLive 録音の形で入れましたが、これも私には大きな大きな出来事でした。コンピューターと琵琶によるこの作品は、「Wind way」というタイトルの石井先生の作曲作品集にも収録され、ドイツのWergoレーベルから発売されましたが、まだネット配信も無い時代に、世界発売となって世に出た時には、自分の活動に確実なる実感を感じたものです(その後Naxosからも出ました)。


ジャケット表


そして今年、1thアルバム「Orientaleyes」でチェロと琵琶のために創った「二つの月」を、8thアルバムでヴァイオリンと琵琶の為に改訂した事は、私にとって大きな転機となりました。この曲に新たな意味が生まれ、CDで共演しているヴァイオリニストの田澤明子さんと何度とく舞台にかけてみて、器楽という自分の原点を確認することができました。1stアルバムからずっと心にある「器楽としての琵琶楽」が色んな変遷を経て、今揺るぎないものとして自分の中に確立してきたのです。8thCDには「まろばし~尺八と琵琶の為に」も、若手の吉岡龍之介君とのデュオで入れましたが、この曲を30代の初ライブ以来ずっと演奏してきて、今確実に自分の音楽となっていること実感しました。

reco-2011-3Reflectionsコンビ 2011年のレコーディング時のショット
そして樂琵琶の作品も、このところ笛以外の楽器とやる機会が多く、自分の中で新しい認識をしている所です。本当に樂琵琶に取り組んで、今までに無い分野を開拓することが出来、器楽の琵琶という事に於いて、薩摩とは別の面をここまで斬り拓くことが出来たことは大変嬉しく思っています。大浦典子さんという音楽のパートナーに出逢ったのも大きかったですね。
もっともっと自分らしく在り続けたいと思っていますので、音楽も自分らしい形に突き進みたいと思います。


古木鳴鴫図枯木鳴鵙図
また最近、上記の方とは別の方から「貴方にとって精神の師となる人は誰ですか」と問いかけらましたが、すっと浮かんでくるのは、このブログでもよく登場する、道元禅師が先ず一番でしょうか。良いもの、良い言葉は沢山あると思うし、気になっ言葉はすぐにメモしておく方なのですが、武道家の遺した言葉なんかも結構好きですね。宮本武蔵の「枯木鳴鵙図」などの作品からも結構刺激を受けました。また北大路魯山人の著作や伝記、作品などからも多くのインパクトを受けています。
音楽的にはもう文句無くマイルス・デイビス。勿論コルトレーンやドルフィーなども良いですね。そしてレッドツェペリン、キングクリムゾン、ジミ・ヘンドリックス、パコデ・ルシア・・。更にドビュッシー、ラベル、バルトーク・・・・ときりなく続きます。何しろプログレッシブでモダンなものが性に合うようです。スタンダードなものは落ち着く反面、どうも湧き上がるような躍動や煌く生命感が薄いものが多いので・・・。古きものに対し寄りかかることをせず、本当に真摯に取り組み、挑戦をしているようなものが少ないですからね・・。


マイルス2道元


そして誰よりも一番影響を受けたのは作曲の師である石井紘美先生かもしれません。20代の頃、石井先生に出逢っていなければ、わたしは琵琶弾きには成っていなかったでしょう。当時音楽的に燻っていた私を見て、私の元々持っている質(玉)を見抜いて、この道を先生が勧めてくれたからこそ、今があるのです。これだけは確実です。

これからは、思うことを思うようにやって行きます。これまでもそうしてきましたが、更に純度を高めて思うことを思うようにやって行きます。あまり経済は伴わないので、派手な活動は出来ないかもしれませんが、どこまでも自分らしい形でやるのが、やはり一番しっくり来ます。そのためにも初心という港に今一度帰る事が必要ですね。

初心の頃輝いていた玉を、今こそ磨く時が来ているようです。


PS:もう一人、気になる人が居ます。それは平経正。何故かいつも気になるのです。














雅道

先日松渓中学校創立70周年記念雅楽演奏会に行ってきました。この中学校は我家の近くなのですが、地元のイベントなどでよくお世話になっているH木さんがここの卒業生で、今回世話人役をやっているとのことで声をかけていただきました。

松渓中学区70周年記念演奏会s

このチラシの通り、芝祐靖先生はこの中学校の第一期生で、今回は自身が音楽監督を務める伶楽舎を率いての公演をやってくれました。第一部は越天楽や陪臚など古典雅楽の演奏と舞楽陵王。そして第二部。これがなんといってもじ~~んと来ました。
芝先生は現在83歳。7,8年前に見た時よりも随分とお年を召されて、杖をついてよろよろ歩くような状態で舞台に出てお話をされたのですが、もう声も絶え絶えであまり聞き取れませんでした。しかし龍笛の独奏をやると言って、先生の龍笛独奏による代表曲「一行の賦」を吹き出したら、ぱっと軽やかに音が響いて、朗々とメロディーが流れ出したのです。

この笛には惹き付けられました。上手いとか下手とかそう云う事でなく、人生を雅楽の発展と研究創作に賭けてきた芝祐靖という一人の人間の軌跡を見るような想いで、引き寄せられるように聴いていました。多分先生が舞台で笛の独奏をやるのは、これがもう最後ではないかと思います。地元の記念行事だけに、外からのお客様はほとんどおらず、いわゆる雅楽ファンも見当たりませんでした。この演奏のことを雅楽ファンに言ったらさぞ羨ましがる事でしょう。とても貴重な時間を体験したという気持ちで一杯です。

雅道芝先生が居なかったら雅楽はどうなっていたんだろう・・?。想像もつきません。先生は笛の名手としては勿論のことですが、作曲家としても200曲以上の作品を書いておられます。オーケストラ作品から、敦煌琵琶譜の復元曲、邦楽器を使った現代曲、などなどそれはもう日本の芸術音楽史に残る作品を数多く残してきました。楽部に居ながら、任期途中で「もっと雅楽の研究創作をしたい」といって退官され、そこから怒涛の如くともいえるようなスピードとウルトラハイレベルで雅楽を芸術音楽として世界に広めました。武満さんの「秋庭歌一具」を世界の名曲にしたのも芝先生です。源博雅、藤原師長に続く日本音楽史に燦然と輝く天才として、現代そして未来の日本音楽を描き出して見せてくれたのは芝先生であり、唯一の偉大なる存在と言っても、誰しも頷くことでしょう

私は先生のCDを何度も聞いて、樂琵琶の作曲に取り組みました。敦煌琵琶譜、天平琵琶譜などの復元曲には特に影響を受けて自分の作曲の参考にしましたし、樂琵琶の1stCDは芝先生に送らせていただき、紀尾井ホールでお会いした際に挨拶もさせて頂きました。

天竺からの音楽」

この日は後半で「迦樓羅」を吹いてくれたのですが、これは伎楽を復元創作したもので「天竺からの音楽」というCDに入っているものです。これを独奏で吹いてくれたのです。私はこのCDにも大変に影響を受け、何度も何度も聴いて来たのです。これらの影響があったからこそ、私と笛の大浦典子さんとのコンビReflectionsの3枚のCDが出来上がったのです。その曲を先生が生でそれも目の前で独奏で吹いてくれるとは・・・。感激を通り越して、こみ上げてくるものがありました。

一人の人間が、人生を賭けてやり通してきたその軌跡が、目の前に見えたようなひと時でした。日本のアジアの文化を背負い、それを次世代へと渡し、研究創作してきたその道のりは壮絶としか言いようがありません。
国家とはその文化を持って現されるもの。政治も経済も全ては文化の基盤があってこ成立するのです。芝先生は正に日本の文化を継承し、創造し80数年を駆け抜けてきたのです。その志と軌跡を受け継ぐ若者を育て、更なる未来を視野に入れて、今また子供の為の雅楽を創作し続けておられるその姿は、正に私が目指す姿そのもの。

本当に何にも替えがたい素晴らしい時間を頂きました。私は分野もちょっと違いますが、及ばずながらもその轍を見据え、自分の道を歩んで行きたい。あらためてそんな想いがこみ上げる公演でした。














無垢な魂

愛知~静岡のツアーから帰って来ました。

小栗3今回は小栗家住宅という、半田市にある古民家の座敷で尺八と琵琶のデュオによる公演、そして豊田市にある地元の農村舞台での公演、ホールでの公演、最期はこのところ定番となっている沼津の牛山精肉店でのイベントと、様々な形での演奏をしてきました。
そして今回はインド舞踊のエミ・マユーリさんの舞踊団、落語の古今亭文菊さんとも御一緒し、最期の牛山精肉店ライブでは、笛の相棒 大浦典子さんも駆けつけてくれて、賑々しくやってきました。
愛知での写真が来てないのですが、沼津では義経の兄 阿野全成(今若)のお墓のある大泉寺や、これまた沼津の定番 柿田川にも寄ってきました。


阿野全成1柿田川3
左が阿野全成のお墓 右は柿田川、第一展望台からの眺め

旅をすると色々な出会いがあります。初めて会う方も多いですし、久しぶりに会う方も結構います。とにかく沢山の人と出会うのです。私はこれが実に楽しみなのです。音楽の現場というものは非日常ですので、そこで出会う人も、日常とは違う新鮮な気持ちで接してくれる事が多いですね。今回も10代の若者から80代の方まで実に多くの人と出会いました。

非日常の場に居ると、常識や因習から解き放たれるのか、皆さんのはつらつとした無垢な心を感じる事が多いです。小栗家住宅で共演した尺八の矢野司空さん(現役のお坊さん)が、法話の中で言っていましたが、「人は皆無垢な魂で生まれてくるけれども、生きていく中でそれが捻じ曲がってしまう」と・・・。私もご他聞に洩れず、随分と捻じ曲がって歪みの中で今生を生きていることと思いますが、この歪みを開放し、無垢な状態に戻してくれるものが音楽・芸術なのかもしれません。

150918-s_塩高氏ソロ
岡田美術館にて

感動という言葉は安易に使われている感もありますが、感動を覚える時、人は自分を取り巻く常識や因習、しがらみなどから開放されているのではないでしょうか。関心するという程度では、この開放は味わえない。全てを放り投げて心を奪われるからこそ、日常から開放されるのだと思います。音楽だけでなく、自然の風景に触れた時にも心が開放され、無垢な魂が甦りますね。

そして人が無垢な心の状態で居る時、何かそこには大きな、そして静かなエネルギーが満ちているような気がします。そういうエネルギーを感じる時はいつもさわやかな感触があり、こちらの心のこわばりも、いつしか消えてゆきます。今回も行く先々でそのエネルギーを感じました。

柿田川6柿田川第二展望台からの眺め
音楽や芸術が自然ととても近い存在であるのは、夫々が持っている無垢なエネルギーが共通しているからなのでしょう。表面の形ではなく、内側の心の問題です。いくら伝統の形のものを演奏しても、演奏者に捻じ曲がった心が満ちていたら、やはりそこにはエネルギーも無垢な心も見えてきません。むしろ少しばかり上手なために、自分の存在を誇示するような低俗な精神が、かえって浮き彫りになってしまいます。音楽家は常に音楽に対して、真摯且つ無垢な心で接しないと何も響かせる事は出来ないのです。
この柿田川の滔々と湧き出る富士山からの湧水を眺めていると、輝くばかりの生命を感じます。またその生命を見つめていると、自分の中のひずみや余計な衣が剥がれ落ちて行くようで、自然と無垢な状態へと誘ってくれるのです。

社会と共に生きざるを得ない人間は、どうしても社会の常識やルールを無視しては生きられない。他者とのコミュニケーションから愛が育まれると共に、大いなるストレスも生まれるのは世の常です。そういう中でいつしか無垢な魂がゆがみ、様々なものに囚われ日々を過ごしています。

そこをもう一度この湧水のようにまっさらで無垢な生命に戻すには、音楽が必要なのかもしれません。世界中どの民族にも独自の音楽があることを思うと、音楽を創り出すという事は、人間に与えられた、生きてゆく為のとても大切な特殊能力なのかもしれませんね。

3
笛の大浦典子さん,俳優の伊藤哲哉さんと

今年は夏から秋にかけて地方公演が続き、多くの場所で、沢山の出会いを件検する事が出来ました。私はこうして色々な場所に連れて行かれ、その旅の中で多くの事を学び、考え手行くのが、与えられた人生なのでしょう。
この度はまだまだ終わりません。来月は頭に京都、そしてまた愛知、静岡、鎌倉、秩父と続きます。この人生を全うしたいですね。















プロフィール

hakuga