琵琶一人旅

琵琶奏者 塩高和之の徒然日記 日々の想いを綴ります。

2018年01月

共に生きる

今週の水曜日は、大久保のルーテル教会にて昨年からやっているシリーズのコンサート「祈りの音 冬の音」をやります。

2018-1-31s

このシリーズコンサートはプロデュース&作曲の小二田茂幸さんが主催するもので、自然と人間との関わりをテーマに、季節ごとにやっているものです。前回は八丈島に伝わる八丈太鼓を中心に構成しましたが、今回はアイヌの文化を自分の命と引き換えにして紹介した若き女性 知里幸恵さんの「アイヌ神謡集」という本からインスパイアされたコンサートで、アイヌの語り部 宇佐照代さんをゲストにプログラムを組んでいます。

アイヌ神謡集この「アイヌ神謡集」を書いた知里幸恵さんは、小さな頃から囲炉裏端で祖母よりアイヌの色々な話を聴いて育っており、その話をまとめたのがこの本です。彼女は元々心臓が悪く、北海道から東京へ出てくるのも大変だったのですが、言語学者 金田一京助氏の勧めで、滅び行くアイヌの伝承と言葉を何とか残したいという強い想いを持って上京し、病身をおして書き綴り、全てを書き終わったその夜に19歳という若さで亡くなりました。彼女の書いたものは金田一氏や柳田国男氏によって出版され、アイヌが日本の先住民族であるということをあらためて世間に気づかせ、また現代に生きる人々にも多くのことを投げかけています。明治の近代化によって失われた民族の誇りを、彼女は命を差し出して歌い上げたのです。

現代人は「奢り」の中に居る。「もので栄えて、心で滅ぶ」正にそんな時代に生きている。私は常々そんな風に感じています。知里さんは本の序文に、自然と共に生きるアイヌの人々を「なんと幸福な人たち」と評して書いていますが、私はその序文を読みながら、彼女の純粋な眼差しと感性に、心の目が開くような感動を覚えました。素晴らしい文章です。ご興味のある方は序文だけでも読んでみることをお勧めします。

アイヌ神謡集 http://www.aozora.gr.jp/cards/001529/files/44909_29558.html
NHKの「そのとき歴史は動いた」でも紹介されていますので、こちらも必見です。
https://www.dailymotion.com/video/x2mt2p5
http://dai.ly/x2mt2p5

人間はこれだけ凄惨な戦争を繰り返してきて、何故未だにパワー主義を振りかざすことでしか生きてゆくことが出来ないのでしょう。力で敵対する相手の土地も生活も文化も言語も歴史も奪って領土を拡大し、支配し、それに勝利したものを王様と崇め、英雄譚を作り歴史とする・・・。現代の世界も全く同じですね。
現代の文明は確かに素晴らしいものも沢山ありますが、欲望を常に掻き立てられ、それによって消費することで成り立っている経済が本当に豊かなことなのでしょうか。歩きながら、食事をしながら四六時中スマホを見入っている姿は、私には人間の劣化としか写らないのですが・・・・。


知里幸恵
知里幸恵さん

異なるものが共存してこそ地球は存在しえるのです。自然、動植物、皆多種多様な命によって成り立っているのに、人間だけは小賢しいイデオロギーやプライドで自らを苦しめ、自分の視点からしかものを見ようとしない。常に人間第一主義なのです。自然を破壊し他を支配し・・・・。現代は特にそれが顕著ではないでしょうか。日本社会を見ても自分と異なるものをなかなか受け入れませんね。太古の日本人は自然との共生をしていたのではないでしょうか。

虹知里さんの言葉は、アイヌの伝承を通して現代人に大きな問いかけをしているように思います。普通に思っていること、やっていることが如何に人間として異常なのか、人間の本来の生活とは何なのか・・・・。今こそ、現代人は振り返ることが必要だときっと思うことでしょう。でなければ後はどんな時代が続くというのでしょうか・・・。

今回の舞台は皆様に何かのきっかけを感じていただけると思います。また一連のシリーズコンサートを通して、私の音楽も、目の前の常識や習慣などを超えて、人間本来の心にどれだけコミットしているのか、あらためて見つめ直す良き機会となりました。



和楽器ランキング













新たな時代(とき)が始まる


総持寺2018-1-21-1 (1)
寒行托鉢の若い僧達

このところのNewCD「沙羅双樹Ⅲ」の発送作業も一段落付いたので、先日気分転換も兼ねて、前から一度は行ってみたいと思っていた総持寺に行って来ました。
昨秋、総持寺近くの鶴見神社での講演の時、早目に行って寄ろうとは思ったのですが叶わず、行かずじまいになっていました。私は13年前に出した「沙羅双樹」シリーズの一番最初のCDに「沙門」という道元禅師のことを歌った曲を入れましたが、道元禅師にはとても惹かれるものがあって、訳判らないながらも本を読んだり、福井県の永平寺や宇治の興聖寺にも行ったこともあります。しかしながら曹洞宗の関東の本山 総持寺には、近場にありながら行ったことがなかったので、やっと想いを遂げたという次第です。ちょうど寒行托鉢を若いお坊さんたちがやっていて、裸足にわらじで町に出てゆくところにあたりました。

stage-1s

私は仏教信者ではありませんし、形式や権威にも興味はありませんが、道元の残した本(勿論解説してあるもの)を読んでいくと、その哲学性や実践主義的なところにとても惹かれるのです。私の理解できる範囲でしか読めないのですが、感じるものは沢山ありますね。道元の他には空海の著作にも大いに興味があります。まあ上っ面しか理解することは出来ないのですが、彼らの言葉は事あるごとに読み返しています。

江ノ島2江ノ島から富士を望む
音楽には道元や空海の言葉のような直接的な力はないかもしれませんが、その音色や音楽には「文化」というものが漲っています。先人の示した哲学や感性、そしてこの日本の風土を土台に育まれ昇華し、具現化した音楽の姿に私は強く惹かれるのです。思想・哲学に生の人の営みが加わり、肉体を得て魂を宿したもの、それこそが我々の音楽であり、我々の歴史だと思うのです。私はその日本音楽の「今」を創り演奏して行きたいのです。



ジャケット表

お陰様でCD「沙羅双樹Ⅲ」は好評を頂いております。エンタテイメント全盛のこの時代に、なんとまあ地味な作品集であり、また反省点もいくつもありますが、とても私らしい作品に仕上がったと思っています。ゆっくりな足取りですが、こうして歩み続けてこられたことに本当に感謝しています。

私はこれまで8枚のCDを出してきて、いわゆる手馴れた曲は収録してきていません。常に新作ばかりを収録してきました。今回収録の「壇の浦」も今までやってきたものに弾法も歌詞も手を入れ、新たな形にしてあります。手馴れたものを上手に演奏し、どうだとばかりに技術や自分の存在を誇示することは私のやるべきところではありません。これは私の矜持です。たとえ古典曲を演奏したとしても、古典を通して現代を表現してこその音楽ですので、至らぬところが多々あれど、今の私を聴いていただくのが仕事です。

今回のCDを出してみて、今後の作品も色々と構想が出てきました。常にNext Oneを期待される音楽家でありたいですね。その為にもこの激動する世の中にあって、世界を見渡す目と、足元を見失わない幅広い感性・姿勢が何よりも必要だとあらためて感じています。私は自分のやり方でやるしかありませんが、きっと何かが始まる。そんな予感のする年明けとなりました。



和楽器ランキング













The Newest CD「沙羅双樹Ⅲ」リリース!!②曲目解説編

ジャケット表

今回は収録した曲の解説を載せてゆきます。

「まろばし~尺八と琵琶の為の」
この曲は私の1stCD「Orientaleyes」の第一曲目でもあります。同時に私がプロの演奏家として、やってゆくに当たって、そのスタイルを宣言した曲であり、私の一番の代表曲です。
「まろばし」とは剣の極意のこと。まさしく剣術の立会いのような場面を想定し、理論や技術を越えた、音と音との究極の一瞬を生み出すような作りになっております。
1stではスウェーデン人のグンナル・リンデルさんに吹いてもらいました。その後、若手からベテラン迄かなりの数の尺八奏者、能管の演奏家たちと共演を重ねてきました。ウズベキスタンのイルホム劇場では、アルチョム・キムさん編曲により、ミニオーケストラをバックにネイの奏者と私がフロントになって、平成のノヴェンバー・ステップスのような形でも演奏したことがあります。今回は若手の吉岡龍之介のフレッシュな感性で対峙してもらいました。

「西風~琵琶独奏の為の」
読み方は「ならい」と読みます。東日本の海沿いの地で冬に吹く風の名前です。向きはその地方で色々なのですが、琵琶が西からやってきたことを踏まえて「西風」と表記しました。
シルクロードを渡って日本へと辿り着いた琵琶は、日本の文化の土壌で、薩摩琵琶という新たな琵琶を生み出しましたが、その中にはシルクロードを渡る風が失われること無く残っていて、日本の他の楽器とはまた違った独自の楽器として日本音楽の中に存在しています。ただの弾き語りの伴奏楽器ではない、楽器本来の音色を日本の土壌で花開かせたい、そんな想いからこのメロディーと力強いリズムが生まれでました。

「二つの月~Viと琵琶の為の」
この曲も1stCDに収録した曲です。曲は9.11のNYでのテロに衝撃を受けて作曲したもので、二つの相反するものが出会い、探り合い、反発を繰り返し、最後にはお互いの違いを認め合って共生の道を辿る、というストーリーになっています。
1stではチェロの翠川敬基さんとのデュオでしたが、あれから16年以上経って自分の中でも色々な想いがが出てきましたし、世界情勢も刻一刻と変わってきていることもあって、大幅に手を入れて、今回はViとのデュオにしました。Viと琵琶で音色が合うか、バランスが取れるか心配しましたが、名手 田澤明子さんの素晴らしい演奏で、見事に新たな命が吹き込まれました。これは「まろばし」と共に私の代表曲になって行くと思います。

「彷徨ふ月」
この曲は「二つの月」で使われるモチーフを別の形で発展させた曲です。「二つの月」のようなストーリー性は無く、もっと抽象的な作品になっています。
9.11以降、世界は戦争へと進み、その後の難民問題など出口の見えない状況が各地で続いています。我々はどんなヴィジョンを持てば明日を生きることが出来るのか???。政治や経済のことはよく判らない私ですが、こんなことをつらつらと思っていた時に降りてきた音を、そのまま琵琶に移してみました。

「祇園精舎」
解説は必要無いと思いますが、今回は従来の都節とは違うチューニングと節でやっています。実はもう何年も前からこのスタイルでやっていたのですが、13年前に出した「沙羅双樹」シリーズの一番最初にも祇園精舎を入れていましたので、なかなか新しいヴァージョンを録音しないままになっていました。私は大体が都節特有のしゃくりあげる歌い方が好きではないし、なるべくコブシを入れないように歌おうと思っていますが、別に邦楽とは別物にしたいという訳ではありません。あくまで近世邦楽独特の大衆音楽的「けれん」や、意味の無い因習などの垢の無い、魅力を持った邦楽にしたいというだけです。あのチューニングにはオリエンタルな香りがするという方もいらっしゃいます。

「壇の浦」
「壇ノ浦」はとてもドラマチックで、色々と語るべきテーマもあり好きな演目ですので、普段からよくやっているのですが、いわゆる琵琶の弾き語りからはもうそろそろ卒業しようと本気で思っています。この「壇ノ浦」がいわゆる琵琶弾き語りの最後の収録になるかも・・・・という気がしています。今後創る作品はもっと違う形で声と琵琶を合わせてみようと思っています。今回はオペラのようにドラマを歌い上げるというつもりでやってみました。また歌詞については、旧来の薩摩筑前の琵琶では結構変えてあるものが多いのですが、今回は原文をなるべくそのまま入れるようにしました。15年前に2ndCDで入れた時とは随分と変わっています。弾法は一聴するとT流っぽい雰囲気を持っていますが、私らしい形にオリジナルに変えてみました。

7
「沙羅双樹Ⅲ」録音時レコーディングスタジオにて

私は表面を真似することは伝承でも何でもないと常々思っております。先生と同じようにコブシを回せても、流派や協会などの小さな世界では褒められるかもしれませんが、そんなお上手さを追いかけていても音楽にならないと思っています。現在はCDを出したとたんに世界がマーケットという時代です。日本文化の感性や本質を日本のみならず世界の次世代に届けるためにも、表面上のお上手さや余計な衣はどんどんと剥ぎ取って、その魅力を海外に向けて響かせたいのです。

2この妙なる音をどうやって世界に知らしめ、日本の感性と文化の素晴らしさを持って一音楽家としての想いを伝えられるか。私は最近ずっと考えています。
いろんなやり方があってよいと思いますが、既成の洋楽ジャンルを邦楽器でやることよりも、出来ることなら日本から新しいジャンルを世界に向けて発信して行きたいですね。

発売記念演奏会は、2月15日(木)の日本橋富沢町樂琵会にてやります。ゲストは勿論尺八の吉岡龍之介君とヴァイオリンの田澤明子さんを迎えます。こちらも是非宜しくお願いいたします。

これからがまた面白くなってきました。是非CDをお聴き下さい。ネット配信は2月14日より各社で取り扱いが始まります。宜しくお願いいたします。



和楽器ランキング










The Newest CD「沙羅双樹Ⅲ」リリース!!①メンバー紹介編

ジャケット表

このところお知らせしている私の8枚目となるCD[沙羅双樹Ⅲ」が完成し、ご予約の方に送付を始めています。まあエンタテイメント音楽ではないので、世に溢れている音楽からすると大変地味なものではあるのですが、等身大の今の私がそのまま収録できたかな??と思っています。
今回からネット配信も同時にやることになりました。配信はちょっと遅れて2月14日からになりますが、時代に合わせてCDの作り方も色々と変えています。レコーディングもホールからスタジオになり、ワンポイント録音からマルチ録音へと変わりました。

ジャケットは「沙羅双樹」シリーズの最初よりずっと使わせてもらっている、版画家の澤田惠子先生の作品と、白石和楓先生の書を使わせてもらっています。しかし今迄とは違い、ネット配信のお陰で、世に出した瞬間から世界がマーケットという時代ですので、海外の方にも判りやすいようにということで、表ジャケットに琵琶の画像を入れることになりました。そして今迄はライナーノーツに結構色んな情報を書いて、CDとして完結するような作りをしていたのですが、今回はジャケットも見開きのみのシンプルな作りになっています。という訳で、このブログでゲストの方々のプロフィールや曲の解説など、これまでライナーノーツに書いてきたことを、こちらに載せて行きます。

田澤明子先ずはなんといっても今回のスペシャルゲスト、田澤明子さんのプロフィールから。田澤さんはヴァイオリンをやっている人なら知らない人はいないだろうという位のベテランのヴァイオリニストです。
このCDを創るにあたっては、どうしても「二つの月」という作品を入れたいと前々から思っていました。この曲は私の1stアルバム「Orientaleyes」にチェロの翠川敬基さんと私の琵琶のデュオで入れた作品です。15年以上経って、もう一度自分の中でこの曲を今の形に書き直すべきだという想いが湧きあがり、譜面を書きました。
昨年夏頃に「だめもと」で田澤さんに譜面を見ていただき、演奏をお願いしたのですが、ありがたいことに良いお返事を頂き、今回の録音に至りました。田澤さんと一緒に私の曲を録音するなんてことは、少し前には考えられないことでしたので、今回は私にとって正に夢の共演です。このCDは田澤さんなくしては創れなかったですね。本当に感謝しています。

田澤明子プロフィール

桐朋学園大学音楽学部卒業、同研究科修了。在学中48回日本音楽コンクール第2位入賞。民音室内楽コンクール第1位、齋藤秀雄賞受賞。タングルウッド、霧島国際音楽祭等に参加し各種の賞を受ける。1981年ヨアヒム国際コンクール(ウィーン)入賞。1982年イイノホールにてリサイタル、以来浜離宮朝日ホール、サントリーホール、みなとみらいホール、フィリアホール等でリサイタルを開催。小澤征爾指揮サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団の海外公演やレコーディングに参加。ジャンルを超えて積極的に活動をしている。これまでに村山信吉、江藤俊哉の両氏に師事。


次ぎは尺ハの吉岡龍之介君。私がよく共演している吉岡龍見さんの息子さんです。ハイテクニックで器用な若手演奏家がどんどん出てくる中、彼はどちらかといえば不器用なタイプ。しかしその分、親父さんと同じく、弱音にこだわり、音色や息の研究に精進している逸材です。


吉岡龍之介

吉岡龍之介プロフィール
幼い頃より父、吉岡龍見に尺八の手ほどきを受ける。東京藝術大学卒業後、NHKにて開講されていた邦楽技能者育成会に参加し、さらなる音楽技術の向上に邁進する。古典本曲を得意とし、精神性の深い楽曲を好んで演奏する。最近は他ジャンルとのコラボレーションにも力を入れ、国内海外問わず演奏会や記念行事などに多数参加し、好評を得ている。

吉岡君は、いつもこのブログの登場する尼理愛子さんと「朧月」というグループで活躍しています。

また今回はCDにはしませんでしたが、尺八二重奏による作品「二つの月」も録音しました。演奏は吉岡君と、いつも色々な舞台で共演している田中黎山君にお願いしました。タイプも流派も音色も違う二つの尺八が、いい感じでドラマを歌い上げています。この「二つの月」は田澤さんと私のVi&琵琶のヴァージョン、そして尺八二重奏のヴァージョン、そしてモチーフを基にした琵琶独奏のヴァージョン(タイトルは「彷徨ふ月」にしています)の3つが存在しています。尺八二重奏の方はネット配信のみになりますが、是非とも聴いてください。

今回はこの方々が参加してくれたからこその成果だと思っています。笛の大浦さんをはじめ、よきパートナーというのは本当にありがたい。音楽は独りでは響きませんね。年を経るごとに、こうしたパートナーの存在の大切さに気づかされます。ゲスト演奏家の方々には深く感謝しております。
次回は収録した曲の解説を書いてみます。是非是非御贔屓に。


和楽器ランキング












新年快楽2018

今年も無事に年が明けました。世の中何かと不安なことが多いこの頃ですが、是非今年も豊かな心を忘れないような一年としたいと思っております。

ジャケット表年明けはなんといっても私の8枚目のCD「沙羅双樹Ⅲ」!!。CDの発売は1月11日。ネット配信は2月14日から世界に向けて発信を開始します。新年の幕開けとしては幸先良いスタートです。
何事にも完璧というものはないですが、今回のCDは今の私の等身大の姿がそのまま入ったと言える内容となりました。最初に琵琶でCDを出してから16年が経ちましたが、ようやく何とかなったという感じです。樂琵琶では既に一つの世界を創ることが出来たという実感があるので、これは自分の軌跡として一つの充実感を持っていますが、薩摩琵琶は今一つその充実感が持てなかったのです。それは私が目指している薩摩琵琶の器楽という分野での作品がまだちょっと少なかったことによると思います。更にこれまでの作品は、音楽が結構前衛的ということもあり、実演のためにメンバーを集められなかったり、集客などの問題で演奏会を開催することが難しかったりしたことが大きいです。舞台で実演しなくては作曲しても世には響きません。私は自分で作曲して、自分で演奏会を企画して、自分で演奏するということをずっと最初からやってきていますので、舞台で実現しないかぎり音楽は完結しないのです。

私の作曲の師 石井紘美先生は当時20代の私に「実現可能な曲を作曲しなさい」とよく言ってくれていましたが、活動を展開すればする程この言葉は身に沁みて、今またこの言葉が大きなメッセージとして私の中で響き渡っています。

Wind way Hiromi IshiiこれはWergoから出た石井先生の作品集。もう10年以上前ですが、ロンドンシティー大学での演奏会で、先生書下ろしの新作 コンピューターと琵琶の為の「HIMOROGI」という作品を私が初演し、そのライブ録音が入っています。
演奏会当日、会場の客席の周りを取り巻くようにいくつものスピーカーが置かれ、音響関係のセッティングだけでもかなり大掛かりなものでした。これだけの作品をロンドンシティー大学で企画して、現代音楽界のトップレーベルWergoで作品集まで出すということは並ではないです。日本人でも数人いるかどうかというオリンピックのメダリストレベルですが、ここまでやってやって音楽は世に出て評価されるのです。

石井先生からはこういう音楽家としての姿勢を目の前で見せて教えてもらったので、私も演奏会で実演の所まで持っていけない限り、どうにも消化不良状態なのです。だからとりあえず順調にお仕事として数多くの舞台の機会は頂いていても、「本当に自分の音楽をやれているのか」という自問自答がずっとありました。

profile10-s

自分の音楽を自信を持って舞台に立って演奏したい。そんな想いは常に自分の中にあり、それが年々強くなって来ていました。勿論年を重ねるごとに充実して来てはいたのですが、薩摩琵琶に関してはもう一歩という感じが拭えなかったので、50代の今、この「沙羅双樹Ⅲ」を出すことは自分にとって大きな意味があったのです。
今回はベテランヴァイオリニスト 田澤明子さんを迎えて納得の行く演奏が収録できました。田澤さんには、これからの私の演奏会でも色々とお願いしようと思っています。他に尺八の若手 吉岡龍之介君にも私の代表作「まろばし」を吹いてもらいました。

今回収録したヴァイオリンと琵琶の為の「二つの月」は田澤さん以外では考えられない作品です。ハイレベルな技術、感性、経験、どれもが田澤さんでなければ成り立たない。譜面から紡ぎ出される独自の世界は、彼女だけのものだと思います。別の人が演奏したら、良くも悪くもまた別の作品となって行くだろうと思えるような曲に仕上がりました。

また今回のCDで、私は旧来の薩摩琵琶のスタイルでもある「弾き語り」に関してもきっぱりと区切りをつけました。今回、私なりの「壇ノ浦」を収録しましたが、私は基本的に演奏家であって歌手でも語り部でもありません。声はこれからも使ってゆきますが、それは私の音楽の中のほんの一部でしかありません。少なくとも旧来の弾き語りに関しては、この「壇ノ浦」を境としてどんどんやらなくなるだろうし、やるにしても、もっともっと私らしい形に変わってゆくことでしょう。
明治後期から大正昭和という軍国時代に大衆芸能として人気を永田錦心2博した薩摩琵琶はどうしても多分に右寄りで、私には父権的パワー主義が強過ぎると感じてなりません。私が尊敬する永田錦心先生は、そんな軍国の時代にあって、新しい芸術音楽の創造を目指し、洋楽を取り入れた新しい琵琶楽を創造する天才が現れるのを熱望する」と強く願い、常に発言を繰り返していました。私はその言葉を自分なりに受け止め、新たな琵琶楽を創って行きたいのです。

演奏会1
高野山常喜院演奏会にて

これまで20年ほどの活動の中で、私が思う薩摩琵琶の音楽はだいぶ形となって舞台で響かせることが出来るようになってきました。これからはもっと自分らしい音楽をやって行きたい。今この「沙羅双樹Ⅲ」を出すことは、喜びであり新たな挑戦なのです。今後はこのCDをきっかけにもっと充実してくると思います。今年をその新たなスタートとして一歩を出そうと思います。

今年も宜しくお願い申し上げます。



和楽器ランキング











プロフィール

hakuga

月別アーカイブ