先日、ドキュメンタリー映画「ヨーヨーマと旅するシルクロード」を観てきました。

ヨーヨーマと旅するシルクロード

周りの友人達からもかなり勧められていて、私自身もヨーヨーマの主催しているシルクロードアンサンブルの音楽は大好きなので、楽しみにしていたのですが、期待以上の内容で、久しぶりに映画を観て興奮する気分を味わいました。何だか勇気をもらったような気分になって、「自分がやってきたことは間違っていない」という確信が心にムクムクと沸きあがりました。

profile10-s
樂琵琶に取り組み始めた頃の私 若い!!

私はこれまで薩摩琵琶と樂琵琶の両輪で活動をしてきました。薩摩琵琶では現代曲を創ったり、アンサンブルもやっていますが、これは先人が既にやっていることを私なりに発展させていると感じています。まあ琵琶の器楽面を私のように強調した人は少ないかもしれませんが、ある意味で、現代邦楽という分野の最先端という意識があります。

reco-2011-3Reflections「風の軌跡」録音時風景2011年
一方、笛の大浦さんと私の樂琵琶でコンビを組んでこれまでやってきている活動は、私のような演奏・作曲の形態自体の前例が全く無いのです。このコンビで作ってきた曲はもうかなりの数になり、台湾の演奏家達が演奏会で何度も取り上げてくれたり、尺八やフルート、ヴァイオリンなど色々な楽器の方々とも共演をしてきました。しかし樂琵琶に於いては、雅楽を土台にしながら、シルクロードを視野に入れて作品を発表するという事自体が、今迄に無いスタイルでしたので、自信を持ってやっているものの、迷いがなかったと言えば嘘になります。つまり今一つ確固たる自信が自分の中に出来ていなかったということです。しかしこの映画を観て、「これでいいんだ」というエールを頂き、強く背中を押された気分になりました!!。

そしてこれまでは見ている範囲が小さかったのだという事も認識しました。何かの枠にはまらないのは相変わらず私流ですが、大きな視野を持っているつもりで、まだまだ意識が出来ていなかった。シルクロードアンサンブルのメンバーの活動振りを見ていて、そこが一番感じたところです。

1

もっともっと自分なりにやっていこう、自分の思う通りにやっていいんだ、という気分になりましたね。自由にやっているつもりでも、どこかに気負いがあったのでしょう。これからはより純粋に音楽に向かって行けそうです。まあ元々しがらみも肩書きも無いので、やりたいようにしかやって居ませんでしたが・・・・。
ほんと頭がすっきりしました。ここ数年で活動の方も大分いい感じでまとまってきましたし、ショウビジネスとは違うところで動いてゆく自分のやり方も筋道がはっきりしてきました。



2017年チラシs

さて、今週は20日に第8回日本橋富沢町樂琵会。尺八の吉岡龍見さんをゲストに、そして能の津村禮次郎先生を特別ゲストに迎えてやります。そして土曜日には語りの古屋和子さんの一人語り「戦の場にて」で小宰相の語りに琵琶を付けてまいります。
また月末27日にはナレッジ&カルチャーアカデミー主催の講座&食事会があります。麻布十番の善福寺で、雅楽を中心に樂琵琶と平安貴族の関わりをレクチャーさせていただきます。終わってからは、イタリアンレストラン ファンタジスタドゥエにて食事会というなかなか無い企画ですので、是非是非ご参加下さい。詳しくは私のHPをご覧になってくださいませ。

花粉症もやっと過ぎ去りましたし、これからどんどん我が絃を鳴らし世界を旅したいですね。琵琶の音を広い世界に響かせたいのです!!。


和楽器ランキング