ギャラクシティードームでの演奏会をやってきました。

プラネタリュウム
ギャラクシティードーム(ネットで拾った写真なので、近いうちに差し替えます)

前にも書きましたが、ここは25年前に開館した当時、私が映写技師として働いていたところです。このドームは東京で初めてのIMAX常設シアター(プラネタリュウム併設)で、私はIMAXの研修を受けて、毎日フィルムを巻いて映していました。まだデジタルに移る前で、フィルムや音声テープをカットして、予告編を付けたりする手作業の編集をやっていた、完全アナログの時代です。

IMAXの映写機でかけられる作品は、当時はドキュメンタリー作品ばかりで、今のようなエンタテイメント作品はまだ当時はほとんどありませんでしたが(ストーンズのライブがあるくらいでした)、しかし何といっても当時最先端の技術でしたから、スペースシャトルから撮った映像や、深海の映像など、他では見ることが出来ないものばかりで、大迫力の画面とSONIX社の音響設備から出る音に本当にびっくりしました。最初に見た時の感動は未だ忘れていません。

y30-230代の頃 日暮里にあった邦楽ライブハウス和音にて 若い!
ただ公共施設のせいか宣伝をあまりしていませんでしたので、いつもお客さんは少なく、入場者0で上映中止の事も多々ありました。私はそんな時、ドームの真ん中に陣取って、ずっと琵琶の練習をしていました。そのお陰(?)で、たっぷりと練習することが出来たのです。ある意味そういう職場に導かれたのも一つの縁。5年程給料をもらいながら練習をしていたようなものです。


館を辞める時には、IMAXや音響のSONIXから「こっちで働かんか」とも言われましたが、私は音楽の道を選びました。正に人生の分かれ道でしたね。琵琶奏者と言っても、現実に琵琶で食べている人など、宝塚出身の上原まりさんくらいで、他には誰もいませんでしたので、前例もなければ道も無い状態で、山彦が海の中にある釣り針を探しに飛び込むようなものでした。「もう30もとうに過ぎたお前が音楽で食ってけるのか?」「現実を見ろ」などと色んな人に言われ、また自分でも思い悩みました。何の宛がある訳でもなかったのですが、在職中から長唄横笛の 寶山左衛門先生の舞台のお手伝いなどして、退職する頃には、寶先生の舞台(紀尾井ホール)でも出演の機会があり、すぐ後の大分能楽堂では共演もさせていただきました。今から思えば幸運なスタートでしたね。ありがたいことに、すぐに色々と仕事の声がかかり、ジャズ系のレーベルから1stCD「Orientaleyes」をリリースするという機会にも恵まれ、琵琶奏者として飛び出していったのです。当時は勢いこそが己の寄るべきものだったのでしょうね。

y30-1
30代の頃のプロフィール写真 誰別人?

私の人生などドラマにもなりませんが、考え悩み、時に恋もあり、ただ勢いだけで生きていた、そんな人並より遅い遅い青春時代だったのです。今回いつも練習していたドームの真ん中の場所で琵琶を弾かせてもらって、しみじみ「あれから20年か」という気持ちが湧き上がってきました。
私はここを飛び立ってから、やっと遅まきながら自分の人生を自分の脚で歩みだすことが出来たと思っています。今回は、当時一緒に働いていた仲間も来てくれて話をしましたが、なんだかニューシネマパラダイスのトトのような気分でした。
何事においても、人より時間がかかり、失敗を繰り返さないと前に進めない、亀の歩みの様にのろい私ですが、そんな私にとってこのドームは原点であり、私の「Cinema Paradiso」なのです。
このドームではこれからも公演のお話を頂いています。乞うご期待。


2ドーム公演の二日後にやった日本橋富沢町楽琵会 筑前琵琶の鶴山旭翔さんと 20年経つとこうなります
たまにこうした原点に立ち返るのも良いですね。あの頃の自分を想い出すことで、今後の自分の活動にも大きな励みになります。懐かしい仲間にも会えましたし、これまでの自分を振り返る良いきっかけにもなりました。音楽家の道に進んで良かったな。有難うギャラクシティードーム。