琵琶一人旅

琵琶奏者 塩高和之の徒然日記 日々の想いを綴ります。

日々~色々

春の嵐


4

凄まじい春になりました。素人には判断付きませんが、コロナウイルス感染の勢いは多分これからがピークになるのではないでしょうか。どうも当分は演奏会を開くことは出来なさそうです。4月の演奏会もほとんどなくなってしまいました。経済面は勿論ですが、精神面での試練が来ていますね。多様な意見も少しづつ聞こえて来て、考え方の幅が出て来てもいるのですが、この状況は当分変えられそうにないですね。

本当に世の中のシステムが急激に変わる時が来ているのでしょう。経済や政治、教育も働き方も、何もかもが変わらざるを得ない所に来ているように思います。音楽家も今後は頭を切り替えて行かなくてはいけません。
これからどの様に活動を展開して行くべきか、センスと器が問われる時代となりましたね。


ジャケット画像JPGジャケット表

今は曲を作ることが日々の私の仕事です。いつ演奏できるか判りませんが、この機会に、とにかく曲を創って、活動を再開できる時には、即始められるようにしたいのと、この機会に自分の音楽=世界観をもっと洗練させて内容を充実させておきたいと思っています。まあそれまで持ちこたえられれればという事ですが・・・。

シルクロードという視点で書き上げた作品群と、薩摩琵琶による現代作品の両輪が私の作品の基本スタイルなのですが、これを支える根底の部分をもう少し明確にしておきたいのです。これまで数えてみたら60曲以上の琵琶曲を創ってきましたが、ちょうど整理の時期にあるのでしょう。哲学的な側面を少し強化したいと思います。そこで一つの問題は、いつも書いているように、器楽としての琵琶樂という私の基本的な指針において、弾き語りを今後どのようにとらえ扱ってゆくか、というところですね。


7
photo 新藤義久
日々本当に色々な音楽を聴いているのですが、どう考えても、私の音楽の中で琵琶の弾き語りというのは、音楽の形としても、内容としても、自分のセンスとかなり遠い所にあります。もうここまでやって来て、あとは自分思う所以外に行く道はないだろうと思っています。今後は琵琶の音をもっと突き詰めていきたいし、その魅力をリスナーに届ける為にも、より一層器楽に向かってゆくことと思います。今は洋楽器と琵琶の作品に頭も視点も向いています。新たな日本音楽を創るには、洋楽器との組み合わせが今必須だろうと考えています。ちょうど「春の海」がヴァイオリンと筝で演奏され、また尺八と筝でも演奏されているように、グローバルな魅力のある作品にしてみたいですね。

時代はとにかく凄まじいスピードで変わって行きます。新たな時代に対応できないものは衰退して行くのは世の習いです。芯の強さを持ったものは、形を変えながら、感性をも少しづつ変えながら、その芯や核を次世代に残して行きます。少しづつ変えて行くという作業、それこそが受け継ぐという事、そして努力するという事です。どのように変えて、何を継承して行くか、そのセンスが無ければ、次代には受け継がれず、また変るという勇気が無ければ時代の変化に淘汰されてしまいます。人間は世の中と共にしか存在できないので、世の中がどんどんと変化して行く中で、それに沿うことが出来ず、変わることが出来ないという事は、そのまま個体としての死を意味します。

私達の今の生活は、平安時代とは随分違いますが、今でもわらずに桜を愛で、四季の味を楽しみ、風情を楽しみ、歌を歌っています。この風土に育った日本人として受け継がれているものは、心配しなくてもしっかりと受け継がれているのです。世阿弥もそんなことを書き残しています。


8
沙羅双樹Ⅲレコーディング時 Viの田澤明子さんと

今年は世の中の在り方が大きく変化する年になることは間違いないですね。既にBC(before corona) AC( after corona)などという表現をする人も出てきていますが、正に今我々はその境に居ると言ってよいと思います。それこそ挨拶の仕方も変わるんじゃないでしょうか。ものごとの形は勿論の事、今迄当然と思っていたことが否定されていくことも多々あるのではないでしょうか。日本は、邦楽は、その変化を乗り越えて行けるだろうか。今本当の意味での力が試されています。










大切なもの

外はもう植物が一斉に芽吹いて桜も咲き誇り、正に命の饗宴という感じですが、今年はお花見に浮かれている訳にはいきませんね。東京に居ると、世の中が日常を取り戻したかのように一見思えるのですが、実はこれからが大変なんじゃないでしょうか。行政の対応も考え物ですが、何か大変な事態になってしまうような気がして心配です。

3

3月は震災の記憶もありますし、こうした先の見えない時代になると、毎日を自分らしく生きているか?。そんな問いが自然に沸き上がってきます。
俗世間の中に身を置いていると、ついつい余計な所に目が行ってしまって、本当に自分の人生を生きているか、と問われると反省しきりですね。少なくとも、目の前の小さな欲望に振り回されないようでいたいものです。現代社会には、今やあらゆる分野に虚栄心が満ち溢れ、皆の視野が近視眼的になって、欲望をぶつけ合って疲弊している。私にはそんな風に見えて仕方がないのです。特に今、世にはびこる「エンタテイメント」は現代の病気じゃないかと思う事もしばしばですね。しかしながら自分自身もきっとそういうものに何かしらの影響を受けているのでしょう。

1私はこれまで何か大したことをやり遂げた訳でもないし、肩書も財産もありません。しかしお陰様でやりたい事をやって生きているという充実感は、しっかりとあります。
私は何事にも「振り回されない」という事をいつも念頭に置いているので、組織や業界というものとはほとんど関わりなく、そういう部分でのストレスは感じませんが、一番の大きなストレスは、実は自分の中の卑俗な小さな心かもしれません。誰しも目の前のことに躍起になってしまうのは仕方が無いですが、目の前の小さな視野や欲望に振り回されること程、ばからしいことはありません。最近では承認欲求などという言葉も言われていますが、他と比べて、自分自身を図るという生き方をいくらしたところで、自分の人生は全うできません。自分の所属する小さな社会やレイヤーの中で自分の位置や優位性を確認していても、または目の前の欲望をその場その場で満たしていても、ただ振り回されているだけで、本当の素のままの自分の生は輝かないでしょう。
私は強い人間ではありませんので、時にふらふらと横道に逸れ、振り回されたりしながらも、その時々で軌道修正して、細々ではありますが何とか生きています。そんな感じですね。でもまあありがたいことに色んな面での良きパートナーや仲間達にも恵まれ、自分のペースで仕事をさせてもらって、本当に感謝しています。


rose-s
photo Mori osamu

仏教では、この世は虚仮などと言いますが、最終的に自分で実感できるのは、何なのでしょう。遺した物やお金でもないし、自分の生きて来た軌跡を自慢に思ったところで空しいだけです。以前は気にも留めませんでしたが、年をとったせいか「ただ愛だけが不変である」という宗教家が説く言葉は、年齢が行けば行く程にどこか惹かれてしまいますね。
最近は法華経に少し興味が出てきたのですが、判らないなりに少しづつ亀の歩みの如く読んでいると、法華経の壮大な宇宙観のような世界が、自分にまとわりつく付着物を取り除いてくれる感じがするのです。今やALife(人工生命)という言葉も出てきている時代ですが、人間も植物も全ては限りのある有機体ですので、盛りの頃もあれば、また終わりもあります。しかし最後には肉体を離れ、俗欲とも離れ、愛という意識(存在)だけになって行くというのも判らないでもないですね。H氏の言っていた「愛を語り届ける」という事は、こういう事だったのかもしれません。

これからきっと世の中は大きく変わって行くでしょう。このパンデミックは、現世のあらゆるシステムを変えてしまう事と思います。これからは意識を大きく変えて、これまでの視野を超えて行かないと自分の人生は全う出来ないように思います。

t0
昨年12月の日本橋富沢町楽琵会 能楽師の津村禮次郎先生 ヴァイオリニストの田澤明子先生と

自分が大切なものは何でしょう?。「形」にしがみついても、何も持っては行けません。私は琵琶を弾く事、そして新たな琵琶樂の世界を創ることが自分に与えられた仕事だと思い、日々生きていますが、それも肉体が無くなってしまえば琵琶を手にすることも出来ません。琵琶にだけ視線を送るのではなく、結局はH氏が言い残したように、琵琶を通して「愛を語り伝える」ことが使命なのでしょう。私にとっての大切なものは、琵琶の先の、その視野なのかもしれませんね。このパンデミックは私にそう語りかけているように思います。

たいそうなことを思わずとも、常識や因習の中からも飛び出して、愛しいものを愛し、皆と心から生きる事を楽しみ、素晴らしい音楽を創り出したいですね。欲に振り回されている人生などごめんです。
大きく変わって行くだろうこれからの世の中で、旺盛に生きようじゃありませんか。











春の彷徨

外では桜の花も咲き始め、正に春の風情というところですが、コロナウイルスの影響は世界に広がって、今や歴史が変わろうかというところまで来ていますね。東京に居ると、正直な所あまり非常事態という感じがしないのですが、そこが怖い所ですね。こういう事態になってみると、あらためて平穏の大切さを感じずにはいられません。

8
昨年の地元善福寺川緑地の桜

そして3月は私にとっては花粉症との闘いの季節でもあります。年によってはほとんど症状が出ないこともあるのですが、震災のあった9年前から、花粉症というよりも、この時期に急に体全体の調子が狂い、一日二日横になっているのが毎年の常となっています。ごろごろしていると自然と収まるのですが、少しめまいがしたりして全体にパワーダウンしてしまいます。
まあ考えようによっては、この時期はゆっくり家に居て、作曲や譜面の見直しをしたりする時間が出来るので、結果的にはこういう時期を強制的に与えられたというのは有り難く、これも「はからい」だと思って毎年を過ごしています。

1
琵琶樂人倶楽部にて photo 新藤義久
今月はバラードを作ってみました。音に出してみないと何とも判らないのですが、フルートと琵琶の組み合わせで、ちょっと今迄とは違うアプローチの作品にしてみようと思いまして、譜面を起こしてみた次第です。合わせてみて全然だめだな、となる可能性もあるのですが、ちょっと頑張ってみます。
私は今迄「これは琵琶ではありえないだろう」「琵琶ってこんなに表現できるんだ」というものを創って来たつもりです。特に樂琵琶ではその自負を持っていますし、薩摩琵琶に於いても、次代を切り開く作品群を創ってきたという想いもあります。
勿論そういう活動が出来たのも、良き相棒に恵まれたからです。笛の大浦典子さんがその筆頭であり、彼女が居たからこそ、これだけの作品を創って来れたと言っても過言ではないのですが、彼女以外にも多くの仲間のお陰で出来上がった作品群だと思っています。この共同作業をずっとやって来れたことが本当に嬉しいですね。今また一緒になってやってくれる人が出来つつありますので、これからもどんどんと創って行こうと思います。例え評価を得られなくとも、予定調和な演奏をして、手慣れた技をお見事に披露するような姿勢になったら、私はもう舞台には立つことが出来なくなるでしょう。


マイルス2この時期はまたいろいろな音楽を朝からずっと聴いています。幸い今まで手に入らなかったものもYoutubeなどで聴けますので、その範囲はかなり広がっていて、一日中ずっと音楽漬け状態です。また10年20年前には聴いても判らなかったものが、今になってみると実にぐっと迫ってくるものも多いですね。私のような凡人は時を経ないとその真価が判らない。何十年も経ってやっと理解が及ぶのです。特に1970年の「Bitches Brew」から晩年までのマイルス・デイビスの作品は、毎回この時期に聴きまくるのですが、やはり毎回多くの発見があります。天才とは正にマイルスの事ですね。常に時代の最先端の音楽を創り出して行く姿勢は、私の永遠の目標と憧れです。楽器を弾いていると、どうしても「上手い」「凄い」等そういう所に目も耳も行きがちですが、それは単なる技芸の問題であって、器の小さい、近視眼的な視野でしかない。「どんな音楽をやるのか、創るのか」という、アーティストとしての根本を忘れがちです。

次は和風に寄りかからない和な作品を考えているのですが、どうなることやら・・「春の海」みたいな曲が出来上がるといいな~。まあ亀の如き歩みなんですが、マイペースでやって行きます。


2020帽子と少女ヒロサロン2020

今月末はフラメンコギターの日野道夫さん、尺八の藤田晄聖君とのライブをやります。ひょんなことから集まった3人ですが、妙に気が合ってしまいまして、リハの後は毎回「お清め」と称し、飲み会に突入しています。そして4月には、このところお付き合い頂いているフルートの神谷和泉さんとのデュオで、毎年恒例の三番町ヒロサロンにて気軽なサロンコンサートをやります。このコンビらしい曲も出来てきているので、今後が楽しみです。

この時期に小さな箱でライブを開くには色んなご意見がありますが、私は現状を自分なりに判断して、現時点では演奏会はやることにしています。また事態が動くようなら考えようと思っています。









9年

昨夜の月は見事でしたね。しばし見とれて眺めていました。Worm Moonと呼ばれる月だそうですが、その煌々と照り輝く月下の世の中はコロナウイルスのパニックで、未だ騒然としていますね。ウイルスの実態が素人には判らないので、下手なことは言えないのですが、とにかく皆が安心して暮らせるようになって欲しいものです。色々なものが停滞して、社会全体の劣化になって行かないことを願うばかりです。
今年はコロナウイルスに隠れて、震災の話題は少なくなっていますが、忘れてはいけないこととして、今年も想いを持って過ごしたいと思ってます。

私にとって、春は様々な花を愛でる時期であり、命の輝きを一番に感じる時期であり、そしてまた震災の記憶が甦る時期でもあります。花粉症が出ることもあって、この時期は演奏会も少なく、家で地道に譜面と向き合っているのですが、これからずっとこの記憶は私の人生の中にあり続けるのだと思います。

okazaki
岡崎史紘君 昨年、琵琶樂人倶楽部出演時
今年は私の主催する琵琶樂人倶楽部が11日にあるので、これ迄行っていた福島の安洞院さんや、和久内先生が主催している追悼集会ではなく、いつものヴィオロンにて琵琶の音を捧げます。今回は筑前琵琶の岡崎史紘君がゲストです。彼は他には無い個性とキャラの持ち主でして、毎年呼んでいるのですが、どんどんと進化して行くのがとても面白い。お稽古事のステレオタイプばかりな琵琶人の中で、こういう独自の個性を持った人がどんどん現れてくるのは本当に嬉しいです。これからもこんな琵琶人をどんどん応援して行こうと思ってます。こんな時期だからこそ音楽を、琵琶を演奏して行きたいですね。私の演奏が追悼になるかどうか判りませんが、語り継いでゆくべきものとして、この日は毎年演奏して行きたいと思います。

あの震災では、本当に色んな事を考えさせられました。私が今迄思ってもみなかった事を突き付けられ、見させられ、感じさせられ、とても多くの事を問いかけられました。私は被災した訳ではありませんが、その問いによって私の音楽に対する感じ方や、社会の中での在り方など、色々な面が変わってきました。またそれまで縁遠かった、福島ともつながりが出来、人だけでなく様々な分野につながって行きました。


DSC_8461DSC_8424DSC_8538
2018年福島 安洞院3.11祈りの日にて ご住職、出演のみなさんと

震災やウイルスパニック、戦争など、世の中は常に思わぬ方向に動き出して行くものです。人間は常にそういう中に生きていかなければならない。そのためには現状維持だけでは、命は次へとつなげることは出来ないのです。ここで政治談議をするつもりはないのですが、日本全体で頭の中を変えて行かないと、大変なことになりそうです。勿論琵琶樂も同じで、永田錦心や鶴田錦史が強く激しく持っていたイノヴェーションマインドが、今こそ必要なのは明白ですね。

私は音楽をやはり創ることが一つの使命だと、年を追うごとに感じています。薩摩筑前の琵琶はまだ歴史が浅いこともありますが、とにかく様々な作品を創り続けることは、とても大事なことだと思っています。琵琶樂の文化を無くしてはなりません。

1
琵琶樂人倶楽部にて 笛の大浦典子さんと(photo 新藤義久)

緊急事態には、目の前の援助やインフラ整備など、それらが先ず第一ですが、こういう時にこそ文化が必要なのです。そして問われます。それは生きる根底に愛を持てるかどうかということ。人間は大きなストレスを与えられると、身を守るという本能から、無意識で根拠なき差別や中傷、攻撃へと向かってしまいます。現に欧米ではもうそれが始まっています。そこには世の中全体への愛はありません。更にその近視眼的な視野は全体主義や排他主義に傾いてしまいます。だから音楽家は今こそ音楽を奏で、創り広めてゆくべきだと感じています。「炭鉱のカナリア」とも言われますが、音楽家、アーティストこそが先ずは行動して行かなければならないのです。そしてその音楽は、愛を語るものであって欲しい。ラブロマンスという事ではなく、音楽の根底に人類地球への大きな愛に満ちた眼差しが溢れていて欲しいのです。

想いを新たに、この一日を過ごしたいと思います。








不穏の時

今年は梅の開花も早く、じっくり楽しもうと思っていたのですが・・・、世の中騒然としていますね。まだこれからがどうなるのか、今回ばかりはただただ祈るばかりです。
予期せぬ事態に直面して国全体に不安が満ち、政治も経済も結構な混乱状態。ちょうど3.11にも重なり、あの時と同じような空気を少し感じます。今年はオリンピック(昨日で、あと147日!! AKIRA)も含め日本の政治や社会に大きな変革が来るかもしれないですね。これからの日本の、そして世界の人間の在り方を問われているような気がします。


梅1
昨年の梅花(皇居)

この時期は毎年花粉症の時期でもありますので、私自身は毎年家で譜面書きをしていることが多く、3月8日の神奈川の貞昌院での演奏会が中止になった以外は特に影響は無いですが、身近な方々の公演も随分と中止になっていると聞きます。
平時はすまして突っ張って生きていても、こういう事態になると、改めて社会の中で生きる「自分」というものを感じますね。自分では冷静なつもりでも、自分の心もどこか動揺しているのでしょう。人間の心など弱いものです。人間は社会を離れて生きて行くことは出来ないし、また音楽も社会と共に在ってこそ成立するもの。こんな時には、一緒に舞台をやる仲間がいることを嬉しく感じます。ともすると一人でつっぱりがちな私ですが、やはり色々なパートナーシップが、私の存在を支えてくれているのだと実感します。

1
ストライプハウスギャラリーにて photo 新藤義久
先日、年明けに創ったフルートとのデュオ曲「君の瞳 EayNayk」の初音合わせをしました。思った以上にいい感じで手応えがあったので、早速細部を手直しして、磨きをかけています。まだまだこれからですが、定番のレパートリーになって行きそうで嬉しいです。そして今、もう一曲デュオの作品に取り組んでいます。曲想としてはバラードです。邦楽のメロディーとは違うのに薩摩琵琶でばっちりとアンサンブル出来て、しっとりとした雰囲気に仕上げるべく奮闘中です。

私は琵琶を手にした時から、いわゆる出来合いの「和風」とは距離を置いてきました。表面の形をなぞったり、ちょっとお着換えした、似非和風のような音楽だけはやりたくないですね。型ではなく、音楽の中に核を感じて欲しいのです。表面の形は時代と共に、どんどんと変化して行き、またその時々で人間の感性も変わって行きます。形が変わっても、時代の好みが変わっても、変わらずに日本の風土に生きる人々が受け継いできた「核」を、私も受け継ぎたいのです。新たな「和風」を創り出すくらいの気持ちで曲創りにチャレンジしたいですね。理想は利休や世阿弥です。新たな時代に、新たな音楽を!!


4
3.11祈りの日 福島安洞院にて 津村禮次郎先生と

震災の時にも思いましたが、こういう不穏な時こそ、音楽や芸術を止めてはいけないと思うのです。ものだけでなく、政治も経済も教育も「刹那」に支配されているかのような現代にこそ、大きな視野、柔軟な視点、多様性を受け入れて行く感性を育てることがとても大事なのです。それを育むのは芸術であり、人間が人間として生きる根底に直結しています。今こそ我々には芸術が必要なのです。また音楽を聴くと免疫力も上がるのは実証済みですので、是非是非、今こそ素晴らしい音楽を聴いてもらいたいですね。

この時代にこそ音楽を響かせたい。その場を盛り上げる賑やかしではなく、じっくりと聴くことが出来る音楽を奏でたい。今色々な演奏会やイベントが中止になっていますが、私は自分の主催する演奏会はやって行こうと思っています。次は3月11日の琵琶樂人倶楽部。個性的なスタイルで独自の活動をしている岡崎史絃君をゲストに開催します。是非お越しください。

音楽が豊かに響く世の中にしたいですね。















プロフィール

hakuga

月別アーカイブ