琵琶一人旅

琵琶奏者 塩高和之の徒然日記 日々の想いを綴ります。

ギャラリー蒼

扉Ⅱ

「琵琶響宴」と題するサロンコンサートをやってきました。御来場のお客様ありがとうございました。初日は尺八の田中黎山君をゲストに薩摩琵琶の弾き語り。二日目は笛の大浦典子さんをゲストに楽琵琶の演奏、という内容でした。会場のギャラリー蒼ではもう3回目の演奏会となり、毎回想い出に残る時間を頂いています。オーナーさんの細やかな心遣いが全てに渡っていて、今回もお客様との良い交流の場となりました。

     2012-12012-5

音楽的な反省は勿論多々ありましたが、それとはまた別に、今回は心の持ち方をあらためて学びました。実はこの演奏会の一週間前ほどから喉を痛めてしまい、しゃべる事もままない状態で、初日の弾語りは本当に心配だったのです。
これまでも時々、曲の途中で急に高音が出なくなってしまう事がよくあって、自分でも原因不明でしたが、以前言われた一言がきっかけで、自分の状態を客観視することが出来、少し対処が効くようになりました。今回は、その一言を改めて思い出し、今あるがままの私でいようと思いながら演奏しました。反省は多々あれど、お陰で最後まで声は枯れることなく響いてくれたのです。


その一言とは、昔、知人に「以前のあなたとは全く違う顔をしている」「今、何かとあなたの中の強すぎる上昇志向が反応して、最悪の状態にあるようだ」と突然言われたことです。最初はびっくりしましたが、実は私自身でもちょっと自分でおかしいと思い始めていた時で、表面的な調子は良かったものの、実際に不必要な事をしたり、言ったりして、自分でも思う所があった時期でした。

         東大寺5東大寺

結局私は「完璧に演奏したい、誰よりも上手に弾きたい」という強い盲執にかられ、自分の行くべき道を見失っていたのです。結果的にその囚われが、自分の喉を酷使し、体にも強いこわばりが出来ていました。ただ私は若さで、その肉体的な部分を跳ね返していたに過ぎなかったのです。それがだんだん肉体的に出来なくなってきていて、声にその影響が出るようになってきたのです。それは言いかえれば、日常のすぐ脇にぽっかりと口を開けている闇の扉のノブに手をかけているような状態だったといえるでしょう。もしかすると既に片足を入れていたのかもしれません。

しかし認識出来たからと言ってすぐに軌道修正出来るほど私は真っ直ぐな人間ではなかった。その闇の扉はなかなか目の前から消えず、判っていても時々ふと気が付くとその扉の前に立っている。そんな事を何度も何度も繰り返しました。それは修業とも言えるかもしれませんし、自分の中の闇との葛藤とも言えるかもしれません。

e-弁天6今、その知人の他にも私を遠くから見つめてくれる人の存在を感じることが出来、静かに包まれているようで嬉しい気持ちでいっぱいです。

頭で思っているだけなら関係ない、まして他人には判らない、と思ったら、それは大きな間違いです。考えている事は全て表に出てきます。目つき顔つき、姿全体。そして行動の全てに出るのです。自分には判らなくても他人から見ると、それは一目瞭然なのです。


闇の扉は日常のすぐ傍にあるようです。それは自分の心が作り出したものでもあるのでしょう。

     窓5窓3

現代人は自己を主張します。自分という器から物を考えます。しかしその自分はもしかすると色々なものに囚われ、振りまわされているのかもしれません。そんな振り回された自分はどんな扉を選ぶのでしょうか。
白隠禅師の「内観」という言葉もありますが、私はこの現代社会に於いては、時々自分の中をじっと見つめる時間が必要だと思っています。自分にとって何が必要で、何が余計なのか。何に囚われているのか。自分とはどんな存在なのか・・・・・・。

年を重ねれば重ねるほどに余計なものを払い、無垢の自分でありたいと思います。今回の演奏会では、小さな会でしたが、あらためて自分のあるべき姿を想い、開くべき扉を感じたひとときでした。



和楽器 ブログランキングへ









琵琶の音に触れる~蒼2Days Live 

20日、21日と西荻のギャラリー蒼にて「琵琶の音に触れる」と題したサロンコンサートをやってきました。ここでは昨年もシルクロードに向かう前日に演奏していて、今回は1年ぶりの演奏です。

初日は仏教を題材とした琵琶の弾き語りによる独演

             01-okumura
              photo OKUMURA mori

平家物語からは「祇園精舎」、「壇ノ浦」。弘法大師空海の精霊集による「慕仙詩」。道元禅師のことを唄った「沙門」という具合に、一貫して仏教系で攻めてみましたが、お客様の乗りも良く、いい感じで出来ました。

2日目は尺八の田中黎山君をゲストに迎え、現代の作品と平家物語の「敦盛」という布陣。

     
           3

私の独奏で「風の宴」。デュオで「まろばし」「花の行方」。最後は30分にわたる弾き語りで「平敦盛~月下の笛」をやってきました。

今回も2日間両方とも来てくれた方、お着物でしっとり決めてきてくれた方など、皆さんこの機会を自分なりに楽しんでいる御様子。こういうサロンコンサートではお客様同士でも、友達になったりすることが多く、良いご縁と風ががいっぱいです。
琵琶は大きなホールも良いですが、こんな会こそ真価を発揮できます。またこんな場所では、ただ上手いというだけでなく、演者の会話や姿、所作全てを見られてしまうので、正に器を試される場でもあります。

私が演奏活動を始めた時に、とあるプロダクションの方が、少人数のサロンコンサートを毎月色々な所でやりなさい、とアドヴァイスをくれましたが、それが今になってとても豊かな実りをもたらしてくれています。


            6

こういう会は情熱をもって企画してくれる人がいてこそ、成り立つというもの。今回もオーナーさんがチラシを自分で作り、当日配布のプログラムも作り、集客から、当日のお茶タイムに出すお菓子まで吟味に吟味を重ねて、一人一人をもてなす姿に、本当に感心しました。こういう会は本当に幸せを感じますね。
関わる人の想いが結集して、手作りで開く小さな演奏会。2日間で60名ほどのお客さんでしたが、とても素敵な時間を頂きました。

尚、このギャラリー蒼に併設する松庵舎では来年も1月から6月まで6回の琵琶講座を開催します。琵琶教室もここで始める事になりました。
ぜひ覗いてみてください。

ギャラリー蒼 http://homepage3.nifty.com/gallery-so/
松庵舎    http://shoan-sha.cocolog-nifty.com/








私の中の色々な私

ツアーから戻ってもライブ三昧の日々ですが、先日は久しぶりにブリブリのロックの箱でやってきました。場所は新宿のURGA。普段邦楽や雅楽をやっている耳には、強烈なディストーションの聞いたギターサウンドが振動となって体に轟いてきます。エレベも凄いサスティンで、胃があちこち動くのが判ります。あの感覚を久しぶりに味わいました。

rock[1]これは私の若かりし姿ですが、気分はもうこんな感じ。
幸いピックアップを貼り付けたマイ琵琶もガンガンと鳴ってくれて、大沼アニキのDsとハリヤカズオさんのギターサウンドにも負けず張り合ってきました。

それにしてもこの写真若いですね~。私の原点です。

その直ぐ後には松庵会という催しで、「城山」「祇園精舎」を唸って来ました。まあ薩摩琵琶の叫ぶような語りはロックのようなものですし、私の演奏は何時もロックギターのようだ、といわれていますので、本人の中ではさして違和感がないのですが、和服や直垂姿を普段見ている方には、かなりのギャップがありますね。

私の使っている塩高スペシャル琵琶は、エドワードヴァンへイレンのあのうなる低音を琵琶で再現すべく、琵琶職人の石田克佳さんの手によって誕生したので、レスポールを弾いても、琵琶を弾いても、私には同じ感覚なんです。

高野山に関わってから、お大師さんの懐の深い感覚がとっても気に入っているのですが、色々なものが共存・共生しているのが世の中というもの。もちろん個人という存在もまた同じ多様な面を持っているわけです。あまり固定したイメージを作りすぎると窮屈になってしまいます。

この週末は暫しの休息を頂いていていますが、来週は恒例の琵琶樂人倶楽部「女流琵琶楽Ⅲ」があります。正派・錦心流・筑前の女流名手が集います。注目ですよ。そして週末には西荻窪のギャラリー蒼で2デイズライブが待っているのです。
  2010-11kive omote2010-11live ura
 










2日目は尺八の田中黎山君がゲストに入ってくれます。まだ若干席がありますので、ぜひお越しくださいませ。


場所  ギャラリー蒼(西荻窪駅徒歩10分)
時間  20日 18時30分開演
     21日 14時00分開演
料金  3300円(前売り)3500円(当日)

曲   
20日 祇園精舎 慕仙詩~性霊集より  秘曲啄木(楽琵琶) 壇ノ浦
21日 まろばし~尺八と琵琶のための 平敦盛  風の宴

お問い合わせ・御予約 ギャラリー蒼 03-3331-3681


水は入れる器によって形を変えますが、どんな形になっても水は水。質は何も変わりません。人間も色々な姿を持っているようで、実はその内面はどれもが同じなのかもしれません。一つの存在が色々な形になって立ち現れているだけなのかもしれませんね。我々は目に見えるイメージに心を奪われてしまっているだけなのかもしれません。

ぜひ本質を貫く琵琶の音をお聞きくださいな。







琵琶を聴く夕べ終了~いよいよ旅立ち

so-live2
「琵琶を聴く夕べ」2デイズ終わりました。声の調子は万全とはいえませんでしたが、それでもお客様に助けられて、なかなかいい感じで務めることが出来ました。
会場となったこの蒼は、大正時代に建てられた蔵を改装したギャラリーで、とっても雰囲気がいいんです。30数名でいっぱいのこじんまりした所なんですが、二日間ともいっぱいのお客様にお越しいただきまして、無事終わりました。中には横浜や千葉からのお客様もいて、本当に感謝です。

上の写真は蒼の入り口。そして次が私めの雄姿。

           so-live1

最期はギャラリーのオーナーKさんとお母様
          so-live3

終わってから西荻の老舗ビストロ「さて」で牛肉の赤ワイン煮を3人で食べてきました。旨い!!

さて、明日の朝一番でシルクロードに出発です。旅にハプニングはつきものですが、いったいどんな面白いことが起きるやら??
帰りましたら、たっぷりと報告します。

では、行ってきます~~~。帰りは12月の頭です。それでは皆さんお元気で・・。











ライブ・ライブ・そしてツアー


IMGP0109昨日の琵琶樂人倶楽部「女流琵琶楽Ⅱ」は賑々しく終わりました。これは昨日出演のお三方。実に充実した演奏を披露してくれました。

今回は筑前琵琶の大久保旭夏さんが四弦を弾いてくれたのですが、今、四弦の筑前琵琶を弾く人がほとんどいないので、大変貴重な存在なんです。今後の活躍に期待したいですね。左:大久保さん、中央:樋渡蓬水さん、右:都錦鳳さん。お疲れ様でした!

IMGP0110そしてこちらはお越しくださったお客様。実は3人とも琵琶を弾く方で、薩摩四弦、五弦、筑前の演奏家でもあります。
琵琶樂人倶楽部は流派などしがらみを超えて集うことの出来る会ですので、これからもどんどんお越しいただきたいと思ってます。



さて、今週は大忙しです。so-live small金曜と土曜に私のソロ演奏会が西荻窪のギャラリー蒼であります。土曜日の方が若干席が残っているとの事ですので、ぜひぜひ起こし下さい

ギャラリー蒼 http://www.galley-so.com
Tel 03-3331-3681

大正時代に建てられた蔵を改装してギャラリーとして運営している素敵な場所です。古きよき杉並の風情が残ってます。
 



そしてそして日曜日からは「中央アジア~コーカサスツアー」に行ってまいります。four_j_musicians[1]
これは今回一緒に行く勇士達。特に奄美島唄と薩摩琵琶が一緒に演奏するなんて事は歴史上あり得ないことなので、かなり注目のツアーとなのです。

詳しいスケジュールは
http://www.jpf.go.jp/j/culture/new/0908/08-02.htmlを御参照下さい。

今年は薩摩藩が奄美に進攻して400年という節目。この節目に歴史を乗り越えて「進攻」から「親交」へと手を結ぼうというわけです。島唄の前山真吾君は期待の若手。凱旋帰国公演を是非奄美でやりたいですね。

なんせ薩摩琵琶の演奏家が九州より南の奄美沖縄で演奏した例がないのです。まあ薩摩藩はそれだけ支配体制を南の島々に引いていたということでしょうが、歴史も政治も超えられるのは音楽の良い所。民族の歴史は夫々色濃く背負っていますが、歴史や古典は大事にしながらもそれに振り回されることなく、次世代に向けて演奏したいものです。私が突破口を開きたいと思います。

ツアーは11月15日から12月頭までのちょっと長い旅になります。このブログも旅に出る前にもう一回書けるかな?という所。金土のソロライブの報告もしたいのですが、なかなか準備に追われていてどうかな~~?

という訳で忙しい一週間です。









プロフィール

hakuga

月別アーカイブ