琵琶一人旅

琵琶奏者 塩高和之の徒然日記 日々の想いを綴ります。

古澤月心

創るということ2019

今年は年明けから舞台が続いています。先週、日舞の花柳面先生とシアターXにて「時の記憶」という新作を上演して、昨日は琵琶樂人倶楽部で「薩摩琵琶三流派対決」をやってきました。

1s

年明け早々に新作の上演というのも気持ちが引き締まって良いですね。面先生とは久しぶりの共演でしたが、さすがの存在感で私自身も充実した演奏をすることが出来、とても良い舞台となりました。多分この作品はもっと練り上げ、また大きくして、あらためて舞台にかけることになると思います。ご期待ください。
琵琶樂人倶楽部は毎年年明けに石田克佳さんを迎えて、薩摩琵琶三流派聴き比べをやるのですが、終わってからの新年会が楽しみなんです。今回も月心さん、愛子姐さんなどおなじみの琵琶人が集り新年の幕を空けることが出来ました。皆さん熱い心を持っていらっしゃるので、琵琶談義もなかなかに盛り上がりました。

今年も幸先の良いスタートを切る事が出来て嬉しい限りです。そして今年は例年になく創作の年になりそうです。色々と構想がありますし、発表の場も考えておりますので、自分の思う琵琶楽のスタイルがより明確になる一年になると思います。

4
キッドアイラックホールギャラリーにて
よく「どうすれば曲が創れますか」という質問を頂くのですが、何時もどう答えればよいか迷います。知識や技術の面は勉強すればよいと思いますが、それだけではなかなか自分の想いを表現する作品は創れませんね。先ずは何をやりたいのか、どうしてそれをやりたいのか、そんな問いかけを自分自身に向かって深めていかないと、その時々で格好いいと思う表面の形だけを作って終わってしまいます。またお勉強の成果を見せ付けるような作品もいただけません。人それぞれにやり方はあるかと思いますが、この辺は何か物を作るときの根本かと思います。まあ自分の中にどれだけ強い衝動を持っているか、そこに全てはかかっているんじゃないでしょうか。

また何かを創るには、膨大なまでの無駄な時間が必要です。世間的には遊んでいるように見えるかもしれませんが、朝からごろごろしたり、Youtube観てボーっとしたり、散歩に行ったり、旅行に行ったり、お酒を飲んだり・・・衝動が湧き上がるまで、のんびりしていられるようでなくては、発想も浮かびません。私が梅だ桜だと追いかけては歩いて廻っているのは、そういうことなのです。そんな風に無駄ともいえる時間を平気で過ごす事が出来ない人は、創作よりも別の方向に向かう方が良いかと思います。

1吉野梅郷
今年の梅はどうかな・・・?

日本人はとにかくきちんとしているのが好きで、枠外のものを認めようとしないし、自分が枠外に行ってしまうと気持ちが落ち着かず、何も出来なくなってしまいます。もちろんそれには良い面もあるのですが、芸術的には、体裁ばかりつけているようでは何も創り出すことは出来ません。グローバルな視点から見ると、日本人は一人で何事も決定して、自分で責任を持って行動する事が大変苦手な民族と言われているようですが、音楽の世界を見てもなるほどと思います。ものを創り出すには、先ずは自分自身が精神的に自立している事が大事ですね。どこかに所属して、自分の位置が見えていないと自分が保てないようでは、世の常識を軽々と飛び越えて行くことは出来ない。自由で大らかな、そしてぶれない心が是非欲しいものです。それが何より作品創りのベースだと思います。

柿田川6ぶらぶらしているように見えても、常に次の構想は頭にあるし、アイデアも頭の中にしっかりあります。ただそれが動き出さない時にはのんびりしているしかないという訳です。しかし一旦動き出すと、泉が沸きあがるようにアイデアが形になり一気に譜面を書き上げます。出来上がってしまえばそれを、どんどんと推敲して行くことが出来ますので、その時が来るまで待っているのです。日々稼ぐ事も必要ですが、「その時」が待てないようでは、物は創れません。何事も目先のものを追いかけ、毎日きちんと仕事をこなして満足しているようでは、何かを生み出す事は難しいですし、かえって心は貧相になるものです。
また一方で、音楽活動をするということ自体が自己顕示欲があってこそですから、上手に弾いたり、有名になったり、お金を稼いだり、限りなくそういう欲に振り回されてしまうと、本当に自分の表現を忘れてしまいがちです。私の小さな目で見渡しても、自分の音楽を心底やっているな、と思える音楽家はごくごく僅か・・・。私はそんな風に見えます。

2
カリブ海、船上より

琵琶楽には新作がほとんどありませんし、特に芸術音楽として発表されるものは皆無といってもよいかと思います。是非囚われの無い自由な感性で、次世代の琵琶楽が生まれて行って欲しいものです。創作心が湧かず、ぶらぶらしたい時には声をかけてくださいまし。同じような仲間とつるむのも時には良いものです。

3s
灰野敬二・田中黎山各氏とサウンドシティーアネックスT1スタジオにて


年を重ねるごとに自分の歩むべき道が明確になってくるのは嬉しい事です。私はどうひっくり返ってもエンタメ系の感性は持っていないし、もう若い頃からそういう芸能系の音楽は嫌いでしたので、その手の仕事はお断りしています。これ迄ルールもしきたりも関係なく、自分が思うようにやって来たからこそ今があると思っています。もっとわがままに自分らしく今年も駆け抜けたいですね。










極めるということ

先週はずっと演奏会続きでしたので、ちょっとご無沙汰になってしまいました。年末はやはり何かと盛り上がりますね。日本橋富沢町樂琵会では今年も津村禮次郎先生をお招きして、拙作「凍れる月」で舞っていただきましたが、さすがの存在感で、素晴らしい空間が出現しました。また今回はフルートの久保順さん、筑前琵琶の平野多美恵さんにも助演をお願いしましたので、華やかな会となりました。

21s

上:津村先生の舞(右手には花柳面先生のお顔も photo 新藤義久)
下:左より平野多美恵さん、音楽プロデューサーの小浦瞭子さん、久保順さん、私

今年は本当に多くの仕事をさせてもらいました。年を重ねるごとに色々と仕事が増えて行くのは喜ばしい事ですし、充実した仕事が出来るというのは音楽家としても自信がつきます。是非来年も更なる飛躍を期待したい所ですが、やればやるほど気をつけているのはクオリティーです。
作品としてのクオリティーと、演奏としてのクオリティー、共に高くないと音楽として結実しないのです。クオリティーをどう上げて行くか。そこにその人の器が発揮されます。エンタテイメントにするのか、アートにするのか、舞台全体の質をどう高めるのか、・・・。色々な方向性がある中でどこを向いて自分の世界として結実させて行くか、正に器やセンスなど、音楽家としての質が問われているのです。
薩摩琵琶はいわゆる古典では無いので、少なくとも大正昭和の軍国の時代に出来上がった流派の曲をお見事に弾くことだけは、私にとってありえない方向ですね。

3
琵琶樂人倶楽部にて、古澤月心さんと掛け合い琵琶
11月半ばからは比較的時間がありましたので、これまでのレパートリーの見直しを徹底的にやっていました。中には大きく弾法や節を変えた曲もあるし、器楽曲も何度も何度も譜面を書き直し、タッチを考え、表現を変えたものもあります。足したり削ったり、こつこつと極めて行く姿勢を常に持っていないと、クオリティーは上がって行きませんね。

特に習ったものというのは「こうでなければならない」という気持ちが自然と出来てしまい、何故その節なのか、何故そう弾くのかという問いかけをしないままに、盲目的に「こうだ」と思い込んでしまいがちです。時代と共に感性は変わっているのに、思考を停止して習った通りにやるのが良いと思い込んでしまう。また自分で作ったものでも、とりあえず形になると、それなりに満足してしまって、そういった根本的な問いかけを自らしなくなり、出来上がった曲を上手に弾くことばかりに気を取られてしまいます。
こういう姿勢では音楽は深まって行かない。音楽は常に時代と共にあってこそ音楽として成立するものですし、たとえ何百年立った古典曲であれ、今この時代に演奏する意味を演奏者自身が持っていないとただのお稽古事になってしまいます。だから作品としても、演奏としても、常に何年もかけて色んな視点で自分の演奏や曲を見直し、手直ししてこそ深まるのです。



IMG_0105
日本橋富沢町樂琵会にて

先ずは現世に背を向けて、オタクのように閉じこもらない事。そして世に溢れる様々な芸術に触れ、考えて、感じて、勉強して自分で自分のスタイルを見つけ出して、それを創り壊し直し・・・。それを死ぬまで続けて行くのが音楽家。それをしない限り、技芸としての精度は高まっても、音楽としては深まって行きません。
私は自分のやるものをもっともっと深めて、自分の世界を明確に表現したいのです。音楽をやっている人は、同じ音楽家同士で、どっちが上手いとうような比較をどうしてもしたがるものです。その気持ちはよく判るのですが、リスナーはそんなところを聴いてはいない。そんな小さな世界から抜け出して、音楽家として舞台人としての意識を持った人だけが、音楽を生業として生きて行けるのです。

塩高トリオ
昨年末、日野先生と笛の大浦さんと、リブロホールにて
先週はフラメンコギターの日野道夫先生との小さなジョイントライブもやったのですが、良いお話を聞きました。日野先生曰く「プロとして活動している以上、確かに売れる売れないということは大事だけれども、それよりもギター(琵琶)を弾いて生きて行くんだという決心が持てるかどうかが大事だね」さすがアンダルシアでジプシーと生活を共にしてきた先生ならではの言葉だと思いました。琵琶ではなかなかこういう人は居ませんね。

先ずはこういう精神を持てない限り、クオリティーを高めるも何もありえません。人生どうなってゆくか判りませんが、どうなったとしても、自分はこの道で生きて行く。その気持ちがあれば、音楽も極まって行くことでしょう。

まだまだ私は自分の音楽を極めて生きたい。もっと洗練したものにして行きたいし、創造もして行きたい。キリが無いですが、こうした活動を止める時は、音楽家として生きるのを止めるという時だと思っています。
来年も楽しみです。










Next Step

先日、琵琶樂人倶楽部開催100回記念演奏会をやってきました。

5

ちょっとしたハプニングもあり、終始ドタバタとした一日でしたが、とにかくここまで来たことに万感の想いがあります。
今回は独奏の他、古澤月心さんとのデュオ、尺八の田中黎山君とのデュオ、最後は「勧進帳」をやってきました。毎度のことながら多々反省はありますが、ともかくこうして形として100回目の記念演奏会が出来たことは本当に良かったと思っています。

1911

会場のリブロホールはキャパを越え補助席を出す程の盛況ぶりで、会場には若い方も多く、琵琶人だけでなく、作曲家や芸術家も集まってくれました。私は、自分が次世代へと視線を注いでいれば、自ずから若い人たちも集まってくるという実感を持っていますが、今回も若き作曲家が二人来てくれて色々と話をして、日本音楽のこれからについて話が出来ました。実に楽しく嬉しい時間でした。彼らの柔軟な発想、何物にも囚われない自由な発想が実に頼もしいです。もう琵琶人も新世代の感性をどんどん取り入れて行かなくては!!


8何ごとも、必ず新たなステップへと動く時期というものがあります。社会情勢は一番わかりやすい例ですが、こうした小さな会でも、個人の中でも、ある一定の期間を経ると必ず、次の段階へと進む時期があります。今私はそういうNext stepを踏み出そうとしている時期なのかもしれません。自分の中で色々なものが動き出しているのを感じるのです。

こういう時期が定期的に訪れるというのは日々進化・深化しているということでもあると思います。だから私は常にワクワクしていられるのです。そして能の津村禮次郎先生や日舞の花柳面先生など、常に挑戦と創造性が全身に満ちている人とも自然と繋がっていきます。志を同じくする先輩や仲間と繋がって行けるというのは、芸術活動をしてゆく上で実に嬉しいものです。逆に上手だけれども歩みを進めていない人とは、どうしても縁が薄くなりますね。

古典を継承して行くのはとても大切なこと。しかし常に創り出すという姿勢が無くては、古典も形骸化してしまいます。古典芸能は携わるだけでも充実感があると思いますが、時代によって受け手のセンスはどんどんと変わって行きます。古い演目でも、江戸時代と現代ではどんどん変わって行くのが当たり前。何処を変え、何処を遺すか、そのセンスを古典芸能は問われているのに、形ばかり遺して、新作と言いながら過去の焼き直しをしているようでは、その存在意義も意味もありません。新たな概念、センス、形式、様式、そういうものを次のステップへと導くような人が出なかったら、もう邦楽は終わりでしょう。

我々舞台人は時代を先取りして、常に聴衆の感覚を先導する位でなければ時代は進みません。それはクラシックでもロックでもジャズでも、演劇や美術の分野でも同じで、聴衆は最先端に惹かれファンになるし、次代を動かす原動力にもなって、芸術と社会がコミットして行くのです。またそういう活動があるからこそ、古典がまた意味を持ってきます。古典にも新たな命が吹き込まれ、新たな魅力が輝きだすのです。

オリエンタルアイズ

私は最近、この1stアルバムの原点に帰ろうと思っています。勿論焼き直しはしません。同じ曲でも10何年も前と今では違う意味合いが自分の中に存在するし、具体的に出て来る音も違う。つまりセンスが変わってきているのです。しかし根本精神は同じ。このアルバムで示した精神は、今こそ時代の中で輝きを持ち始めるだろうと思っています。
今日本の古典芸能が衰退しているのは、社会とのコミットが無いからではないでしょうか。少しばかりファンが増えても多くの現代人の感性を動かすような魅力がなければ、結局好き者の為の存在でしかありえません。ドビュッシーもラベルもシェーンベルクも、ルイアームストロングも、チャーリーパーカーも、マイルスもジミヘンも、パコ・デ・ルシアも武満徹も、皆その当時の人々の心を激しく揺さぶり掴みました。だから今に伝えられ、またその先に挑戦する者が後を絶たないのです。江戸時代に出来た歌舞伎なども、きっとできた当時の人々の心を強烈につかんだのではないでしょうか。

本番2
2009年ジョージア 国立ルスタベリ劇場演奏会にて

次のステップを踏み出すには、今までを乗り越えて行かなくては足は出ません。また、何かが終わりを迎えるからこそ、次のものが生まれるとも言えるでしょう。悲しい別れもまた次への序章とも言えるのです。
伝統が老害になってはいけない。常に次のステップを踏み出して行く若者を育てるのが、伝統芸能に携わるものの役目ではないか、そんなことを語り合った記念演奏会でした。




和楽器 ブログランキングへ







琵琶樂人倶楽部開催100回記念演奏会

19日日曜日に、琵琶樂人倶楽部開催100回記念演奏会を、参宮橋のリブロホールにてやります。

100回記念

2007年から始めたこの琵琶樂人倶楽部も、こうして100回目を越してみると、正直「よくやった」という想いが込み上げて来ます。とてもとても地味な会であり、お客様も少ない時も多い時も色々でしたが、とにもかくにもこれまでずっとライフワークとして続けて来て本当に良かったと思います。勿論今後も淡々と続けて行きます。
今回の記念演奏会は、多くの方にご予約を頂きまして満席だったのですが、当日席を増設することが今日になって決まりましたので、後少しだけですが空きがございます。お時間のある方は是非ご連絡くださいませ。


今回の演目は琵琶樂人倶楽部らしくかなりヴァラエティーに富んでおります。

第一部

樂琵琶 「啄木」 
      最期の遣唐使 藤原貞敏が持ち帰った曲で、樂琵琶の秘曲として伝承されている独奏曲
平曲  「小秘事 祇園精舎」 
      平家琵琶の秘曲として伝えられる滅多に聴けない演目
掛け合い「壇ノ浦の戦い」
      古澤月心作の珍しい四弦と五弦による掛け合い琵琶曲です

第二部

五弦薩摩弾き語り「平敦盛~月下の笛」 
     森田亨先生描き下ろし、私の作曲によるの新しい薩摩琵琶の弾き語り曲
現代琵琶「まろばし~尺八と琵琶のための」 
     塩高の代表曲、一音成仏の世界を現します。
掛け合い「勧進帳」 
     昭和の名作、語り手二人と琵琶による掛け合い語りによるドラマチックな作品

2012-8-19-1

古澤月心さんと二人でずっとやってきましたが、古澤さんは創作意欲が旺盛で、毎回がチャレンジという感じでした。私にとってもここはレクチャー、作品発表の勉強の場であったし、多くの琵琶人を紹介するという琵琶の活性化の活動拠点でした。ジャンル、流派先輩後輩…とにかく垣根を取り払って琵琶の魅力を伝えるという他には無いこうした活動は、琵琶樂人倶楽部の特徴だと思っています。

これまで琵琶樂人倶楽部には色々なゲストが来てくれました。企画はすべて私がやっているので、これはと思う人にはどんどん声を掛けて、琵琶人は元より、語り部、白拍子、役者等面白い連中が沢山集ってくれました。皆さんとても素晴らしい演奏家ばかりで、これまでの全ての会が私の想い出であり、糧となっています。
このクレデンザという大きな蓄音機の前で、皆さん演奏してくれました。そして毎年8月にはこのクレデンザを使って、SPレコードコンサートも開催。私自身良い勉強になりました。今年の8月は「女流の時代Ⅱ」というタイトルで、主に水藤錦穣さんの特集を考えています。


クレデンザ2

これまで出演してくれた方々。もっと沢山の方々が居るのですが、写真に残っているのがあまり無く残念です。

デュオ282014-1-15-1 (2)



2012-10-17-42012-10-17-22010-11-17-15

あ1102014-4-9-32012-10-17-1

皆様に支えられているという実感を今噛みしめています。


これからもどんどんと続けて行きますので、是非是非ご贔屓に。



shiotaka4



和楽器 ブログランキングへ







祝 開催100回目!!琵琶樂人倶楽部

今年はちょっと天気に恵まれませんでしたが、なんだかんだ言ってお花見をたっぷり楽しみました。こうして花を愛で、仲間と語らい、呑み、一緒に過ごすことが出来るというのは本当に幸せなことですね。

wiruma 1
入間川沿いの桜

そして今月はお祝いが一つ。お蔭様で毎月開催している琵琶樂人倶楽部が、この4月13日の会で開催第100回目となるのです。こちらもまことに幸せなこと。小さな会とはいえ、何しろ100回。よくぞここまでやりました。勿論これからも続いて行きますが、先ずは節目を迎えられたことが嬉しい限りです。

shiotaka3
作:鈴田郷 琵琶樂人倶楽部の看板絵

2007年の秋に始めた琵琶樂人倶楽部は、琵琶楽の多様で豊かな音楽を紹介すると共に、歴史の中でどのような変遷を辿って来たかを知ってもらうべく立ち上げた会です。2005年辺りから「こんな会をやってみたい」と思っていて、琵琶制作の石田克佳さんなんかにも相談していたのですが、2007年の春頃になって古澤月心さん(当時は錦城さん)から声がかかり、古澤さんが薩摩四弦と平家琵琶、私が薩摩五弦と樂琵琶を担当し、それぞれの琵琶の歴史のレクチャーをするということで話が決まりました。

200709_hougaku_p0052007年9月号邦楽ジャーナル
すぐさま名曲喫茶ヴィオロンのマスターに掛け合って、先ずは2007年の11月から2008年の12月までの毎月の第2(または第3)水曜日を抑え、且つ毎月のテーマも1年分一気に全てを決めて発足したのです。我ながら素早い仕事でした。邦楽ジャーナルにも発足の時には記事に取り上げて頂きました。

私がまだ協会や流派と関わっていた頃、15,6年前の琵琶界は全てに於いて曖昧で、薦田治子先生のような研究者もまだ表立って活動しておらず、とにかく趣味人の集まりのような有様でした。その中で最先端を行くT流の先輩に、「なぜ数十年しかたっていない流派の曲を古典というのですか」と尋ねても、うやむやにしか答えない。更に20代30代の若手が「古典をやっています」と言い出し、先生方もそういうことに対し何も言わない。そんな状態でした。私自身はすでに各大学などで特別講座やレクチャーコンサートをやっていましたので、そんなアカデミックな場に於いては、70年代から80年代に創流した流派の曲が「古典」などと言っても、音楽史としても音楽学的にも、とても通用しないし、シェーンベルク、バルトークと同じ時代の音楽が、国家として世界一長い歴史を誇る日本の古典音楽になってしまったら、長唄、能、平曲、雅楽の位置づけすらあやふやになってしまう。もし世界の大学でレクチャーしたら、いい笑いものになってしまいます。

GTlive イラスト以前書いていただいた私の演奏姿
これでは本当に琵琶楽が崩壊すると思っていたので、それじゃあ自分で啓蒙活動を始めるしかないか、ということで古澤さんと二人で毎月やってきたのです。私が琵琶楽の古典・近代・現代という区分を色々な所で発言したせいかどうか判りませんが、最近やっと、何でもかんでも古典などという安易な発言も少なくなってきましたが、これからも積極的に発言して、琵琶楽の歴史と豊饒な文化をもっと多くの人に判ってもらうように活動して行こうと思っています。

長唄や能などは、その辺が辺りがしっかりしていて、研究者も多く、音楽そのものは勿論、古典としての学問的環境が整っているのです。どれが新作でどれが古典なのか、明確な線引きも出来ている。こうしたことは琵琶楽に於いても、今後とても大事な部分になってゆくと思います。
現代は、私のような無名の者のCDですらネット配信で海外に販売されていて、外国に於いても気軽に聴くことが出来る時代です。これから海外の人で琵琶楽に興味を持つ人もどんどん出て来るでしょう。海外の大学でも琵琶楽を講義するような機会が増えて行くと思います。またそういう海外に発信する研究者もどんどん増やしていかなければなりません。ドメスティックな狭小な視野でしかものを見ないような感覚はこれから通用しない。今はまだあまりにも内向き過ぎる。邦楽の中だけでなく、邦楽以外のジャンルとの比較文化論や音楽史の分野を整備して、外に向かって琵琶楽の多様な素晴らしさを発信して行くことが、琵琶楽を次世代へと伝えて行くことに繋がると思います。

3
井之頭公園水面の桜

まあこんな想いを持って始めたのですが、琵琶樂人倶楽部をやりながら私も古澤さんも数多くの演奏会に恵まれるようになりまして、大変順調に回を重ねて行きました。本当に色々なテーマで琵琶の多様な魅力を紹介してきましたが、琵琶樂人倶楽部はレクチャーがほとんどで演奏会ではないので、100回を迎えるこの時を良いきっかけとして、気軽に演奏をたっぷり聞いてもらう会、「日本橋富沢町樂琵会」を今年から発足させました。これからはレクチャーの「琵琶樂人倶楽部」演奏の「日本橋富沢町樂琵会」の二本立ててやって行こうと思います。

先ずは第100回目「琵琶と文学シリーズ~建礼門院右京の太夫 平資盛との恋」
4月13日午後7時30分開演です。是非是非お越しください。

そして開催100回を記念しまして、6月19日参宮橋のリブロホールにて、記念演奏会を開きます。

100回記念

ホールと言いましても、60名くらいがキャパのこじんまりとした音楽サロンです。お気軽に、お越し頂ければありがたいです。此方は今までの軌跡を話ししながら演奏中心でやります。

永田錦心生涯の目標、「琵琶を芸術音楽にするのだ」。私もこの言葉を胸にこれからも精進して行こうと思います。今後とも宜しくお願い申し上げます。



和楽器 ブログランキングへ






プロフィール

hakuga

月別アーカイブ