琵琶一人旅

琵琶奏者 塩高和之の徒然日記 日々の想いを綴ります。

悟りの窓

語らいは続く

まだまだ寒い日が続きますね。この間のブログで、「ただいま作曲中」と書いたら、早速友人達から「曲は出来たか」という突っ込みを頂いたのですが、残念ながらまだ出来てません。そう簡単には出来ないのですよ。

源光庵2012-2
春まだ遠い源光庵(今月の写真)

紅梅6京都御所の白梅(今月)

では何をやっているかというと、作曲はもちろんなのですが、毎日のように色んな人と会って、お茶しながら「語らい」(おしゃべり、といった方が良いか?)をして、演奏会や映画、演劇、美術家の個展などに通っています。世間では、こういうのを「遊んでる」というのだろうな~~。
ここ2週間ほどで、琵琶人はもちろんですが、陶芸家、クラシックの音楽家、邦楽家、舞踊家、ジャズマニア、美術作家etc.と「語らい」してます。皆それぞれの視点を持っているから大変面白い。毎年2月の半ばから4月の半ば過ぎは私のオフシーズン。ここ10年、この期間はいつも花見と「語らい」(やっぱり、おしゃべりの方が合っている気がする)をして、曲作りの糧としているのです。              
                                    
   京都御所の白梅1京都御苑の白梅2
           京都御所の白梅(先月)

更に、私は作曲で譜面を書く時にはほとんど楽器に触らないので、この時期は琵琶も手にしません。お手入れするだけ。そういう時期があるからこそ、また新鮮な気持ちで演奏会シーズンに入って行けるのです。

私の場合、音楽活動に関して言うと、集中して取り組む時期と、全く音楽に関わらない時期の両方を持つ事がとても大事だと思っています。20才の頃プロのギタリストとなる門出に、ギターの潮先先生が「音楽とは全く関係ない趣味を持ちなさい」とアドヴァイスをくれたのですが、その意味が今になって実によく判ります。

       源光庵2012-1
        今月の悟りの窓と迷いの窓

私のような人間は、琵琶に熱中しているだけでは、周りも自分も見えなくなるのです。琵琶は珍しいだけに、活動していると常に多くの人が寄ってきて、皆自分の方を向いていてくれるような錯覚に陥ります。でもしばらくそんな状態が続くと、ライブやって満足している自分に気づきます。転々と色々な所に出向いているものの、本当の意味で活動は広がっていないし、音楽的にも自分の世界に浸っているだけで、全然創造性に満ちていない。これではいけないのです。琵琶だろうが何だろうが、現実社会の中で存在しているのだから、その中にあって自分がどんな存在か、自分の音楽はどういうものなのかよく判っていなくてはいけない。以前はネットでコメントなどを頂いたりすると、「自分はそこそこ活動している」なんて具合に錯覚していたものです。それが判らないで喜んでいるうちはただのお稽古事。いつまで経っても生業には成りません。

       2012-2-1
         今月の悟りの窓

私は音楽に全く関係ない趣味を持っているわけではないのですが、美術系の方や他ジャンルの音楽家との「語らい」、海外の友人達とのメールのやり取りは、私を琵琶の世界から遠くへ連れて行ってくれます。特に先日書いた「仲間」と思えるような人達は、話せば話すほどに自分の目が開いて行くようで、実に楽しい。大切な存在です。最近はずいぶんとギターも弾くようになったし、一日中ジャズを聴いていて、琵琶をすっかり忘れていることもしばしば。これがあるからこそ作品が生まれるのです。

今日も明日も「語らい」は続くのです。私が音楽家である限り。



和楽器 ブログランキングへ






「価値観」という哲学Ⅱ

先日、ティアラこうとうでのダンス公演「実る季」は無事終わりました。

        2011ティアラ
        かじかわまりこ&花柳面萌(リハ時)

踊りと一緒にやるというのは本当に大変で、演奏だけでなく、舞台に合わせて作曲・編曲したり指導したり、色々とやることが多いのです。しかしながら一番の課題は、どこまで踊りと対等にぶつかって行けるか、というところではないでしょうか。主従の関係では良い舞台は出来ません。私は何故か踊りと一緒にやる舞台がとても多いのですが、未だに本当の意味で満足行くものはな無いですね。ストラビンスキーとディアギレフのように、とことんがっぷり四つに組める機会がいつか欲しいもんです。

舞台の写真がないのですが、楽屋写真をちょっとご紹介。

IMGP9084こちらは花柳面先生と、音響作品を作ってくれた清水弾さん。
今回、清水さんが作ってくれた「だんまり」はとても面白かったです。彼の作品はいつも発想が自由で、踊りのイメージをサポートして膨らませてくれます。今回は面先生の振り付けも良かったですね。行き場を失った魂を探して、その魂を拾い上げて、連れ帰る、そんな人間の静かな慈悲心や営みが感じられました。

雑賀先生今回は出演されなかったですが、バレエの雑賀淑子先生が何と、ずっと受付をやってくれました。その気取らないお人柄にはいつも頭が下がります。隣はアシスタントの麻美さん。


「価値観」と一口に言っても本当に多様。皆夫々に夫々の価値観があり、それが共存している。お互いの価値観を認め合う認め合うことがなければ、反目しか生まれない。お互いがある程度、それぞれの魅力を認め合っているからこそ、その「価値観」の違いも「豊穣な魅力」として他に理解して頂けるというもの。もし反目しあっていたら、その姿はリスナーにはすぐ判ってしまいます。同じ琵琶を弾いても、私のようなものも居れば、弾き語りに特化して極めて行く人も居る。そのどれもが、それぞれの琵琶楽の魅力として、聞いている方が認識してくれる、そんな状況が理想ですね。

150920-s_演奏冲4しかし人間は難しい。個人の「価値観」がアイデンティティーになり、イデオロギーになり、結局その違いから罵声飛び交う状況となってしまうこともしばしば・・・。人間は一度、「これはこういうもんだ」と思い込むとなかなかその感覚を変えることが出来ない。
薩摩琵琶は、その誕生の時が軍国の時代であったし、今でもそういうイメージしか見ない人も居ます。やっている人も「忠義の心」みたいなことを大声で歌って自己満足し、それを押し付けている例も結構あります。それは価値観というより、酔っているとしか見えないし、主義主張を吐き出しているに過ぎないと私は感じます。音楽とは思えませんね。
同じ吐き出すにしても、パンクロックのように、70年代に生きるイギリスの若者の心の叫びとして、世界中で共感を得て、既成概念を壊し、新たなものへと向かうエネルギーとして音楽を越えて、美術、ファッション、哲学とあらゆる分野にわたって支持されていったのならまだしも、今この時代の日本で「忠義の心」を歌っても誰が共感してくれるのでしょう???。それも還暦をとうに過ぎたおじいちゃん達が大声で歌って主張しても、若者に共感を得られるとは私には思えない。
音楽や演劇はいつも時代や政治に利用され、様々な「色」が付いて行くものですが、そこに乗らずに、本質を突いて、音楽本来の魅力を発信してゆくのが音楽家ではないでしょうか。

          悟りの窓2011-9-1

これは、このブログでお馴染みの京都の森修さんが送ってくれた、先日9月1日の悟りの窓の写真です。皆さんには、これがいつも載せているものと同じに見えるでしょうか。違って見えるでしょうか。

人は、物事の一面を見るのがせいぜいで、全てを見ることは出来ない。自分の抱いている我見と価値観を取り違えていたら、自分で自分の想念に振り回されているだけで終わってしまう。


       月5

聞いてくれる人の心が豊かに広がるような、静かで大きな音楽を届けたい。そんな音楽家でありたいものです。



和楽器 ブログランキングへ







価値観という哲学

少し涼しくなっては来たものの、台風では気が休まりません。穏やかな秋の空が待ち遠しいですね。
明日は舞踊作家協会の公演で演奏してきます。

minorutoki舞踊作家協会の公演には、もうずいぶんと参加していまして、そのたびに色々と曲を作って、その曲が色々な形に変化していったりしてます。来月出るCDにも、そんな曲が入ってます。

もう何年も前に、舞踊作家協会の公演をアートスフィア(現 銀河劇場)でやったのですが、800人近いお客様の前で、私が壇ノ浦を弾き語り、モダンダンスの藤里照子さんが踊りました。AKGのマイクから劇場いっぱいに広がる音に、藤里さんの鬼気迫るダンスが乗り、素晴らしい舞台になったのを忘れられないですね。さて、明日はどうなるか???

前回のブログでは「普通 常識」ということをだらだらと書きましたが、芸術系の人は基本的に皆さん個性的な方が多いです。つまり普通が通じないという方がいっぱい。
人間は社会の中で生きて行くので「普通」や「常識」という暗黙のルールというものが必要なわけですが、対個人となると「価値観が違う」などと言って自分を主張します。そうした両方がバランスが取れていないと、社会生活が難しいのでしょうが、最近の世の中を見ていると、どうもバランスが崩れてきている感じがしますね。


窓5窓4
窓3窓2
悟りの窓四態

これらを見ているといつも多くの事を考えさせられます。それぞれに風情があるけれど、どれにも優劣が無い。あるがままの姿をしているので、我を主張している風も無い、それぞれの価値観などというものが無い。季節の中で、季節に任せて淡々と存在している。

人間は「価値観」という言葉で、己の感じ方、イデオロギーなど、個としての主張を繰り返します。特に芸術家はそれが激しいですね。           
蓮の花昨今は「価値観の相違」の一言で別れてしまうことが多いのですが、その自分のしっかりと持っていると思い込んでいる「価値観」はどこから来るのだろう。実は小さな偏見や訳も無いこだわりだったり、間違った情報に踊らされているだけかも知れません。
人間はそうした外からの刺激に常に振り回されて生きて、それを「価値観」という言葉で都合良く形にしているようにも思えます。

そんな人間達を、この蓮の花はどんな風に見つめているんだろう。

私の音楽はどんな風に聞こえているんだろう。







和楽器 ブログランキングへ

















生まれいずる悩み

ただいま、6枚目となるCDを作っています。
私は舞台に出て演奏したり、レコーディングしたり、作曲したりすることは、面白くてしょうがないですが、自分の録音したものを聞いて編集したりすることは、本当に苦手なんです。まあそれは地獄の攻め苦と言ってもいいくらいで、こればっかりは毎回の大ストレスです。

ジャケット案決定版-ssこれがただ今作っている作品。9月末の発売です。デザインに関しては、有能なデザイナーに恵まれたので、ストレスは無いのですが、セルフプロデュース故、自分の録音したものを、何度も何度も聞いてテイクを選別し、時に細かな編集もしなければならない。エンジニアさんも大変だろうが、自分の弾いたものを粗探しするのは、かなりつらいものがあります。


録音した作品をどのように配し、全体を構成して行くべきか。エコーをかけるべきか、生音で行くべきか、イコライザーをかけるべきか、毎度毎度色々と悩むわけです。今回も、曲そのものをカットすすることを、決断しなければならなかった・・・。

もちろんコンセプトはしっかり持って録音に望むのですが、アルバム全体を作り上げて行く段階で、やればやるほど様々な要因が「生まれいずる」のです。
自分は何をすべきなのか、自分とは何者だ、自分の存在理由は何なのだ・・・。有島武郎とまで行かなくても、多くの事を自分に問いかける。それが私にとって、CD制作というものです。ほんま修行ですわ。


           宣伝フライヤー

こちらは今回の宣伝用フライヤー。写真は昨年の京都での演奏会の時のものです。今回は楽琵琶のCDですので、こんな楽人装束の写真を採用しました。雅楽をやる時は、こういう堅い衣装も良いのですが、普段はReflectionsのオリジナル作品をやる時がほとんどですので、何か衣装もオリジナルで作りたいと思ってます。一寸シルクロードを感じさせるような雰囲気で・・・。良いアイデアある方はぜひ教えて下さい。


   窓3    窓2


人間どんなことでもそうなのですが、どこを目指しているか、何を考えているか、そこで全く出てくるものが変わっていきます。同じ技術でも平和利用するか、軍事利用するかで、結果が正反対になるように、音楽でも一番大事なのは、何を感じ、何を想って、何を考えているか。そこに尽きるのです。悟りの窓の前に座って、何を想うのか。それで、その人の音楽は決まるといっても過言ではないのです。
しかしそんな事はすっかり忘れてしまって、上手に弾くことや、真面目にお稽古して、流派の優等生や大物になる事に夢中になってしまう。これは音楽とはまた別次元の問題なのですが、それが優先してしまう例が多いですね。

そして、そういった本人にしかない感性を作り上げるのは、自分の故郷の記憶だったり、色々な人との出会いだったり、多くの芸術に触れて得られる感動だったりする訳です。私は毎日富士山を見て育ちました。川も海も近くにあり、雪の全く降らない所で育った事が、私という音楽家を作り上げる重要な要素 なのです。           
そして私にとっては、琵琶そのものも、シルクロードを渡って日本に辿り着き、日本の中でまたオリジナルな形で発展していった。その過程も大事なのです。

           gakubiwa8

私のこの琵琶は、何を語りたいのかな?どんな音を出したいのかな?そんな風に時々考えます。今回のCDはそんな想いで出来上がった作品です。


来月末にはお目見えとなります。是非ともご贔屓に。




和楽器 ブログランキングへ


















三種の琵琶楽+1 at 光が丘美術館


昨日、練馬光が丘美術館にて「三種の琵琶楽」をやってきました。今回は薩摩四弦・五弦・筑前に加え平家琵琶も加わり、四種の琵琶楽となりました。


         IMGP8005これが光が丘美術館入り口
   
IMGP8008今回出演の面々 
会場となった光が丘美術館は私設美術館だけあって贅をつくした素晴らしい空間でした。木のぬくもりがあって、気が落ち着いている素敵な美術館です。ぜひお勧めしたい場所です。
展示は井上員男さんの平家物語の場面を描いた版画の屏風。これがまたものすごい作品でして、緻密な作業を12年間も費やし完成した大作でした。さらに会場の壁を全て覆い尽くすほどの作品が並べられ、さながら展示室が平家絵巻のような状態になっていました。

その作品の前で夫々がソロで平家物語を語る、という贅沢な催し。私は十八番の「経正」をやらせていただきました。

                         

 IMGP8029       IMGP8026


            
             IMGP8016
            
色々な形の琵琶楽を聞いてもらうというのは、毎月開催の琵琶樂人倶楽部でもやっていますが、4人も揃うというのはなかなか無いです。ましてこういう素晴らしい空間で出きるというのはやる方としても幸せな事です。

ただこういうイベント系の催しだと、ゲスト出演ということもあり、得意曲をやって満足してしまう事も多く、盛り上がって終わってしまう事が多いのも事実。もちろんいつもの演奏と気合は全く変わらないし、それはそれでしっかり勤め上げるのがプロというものですが、呼ばれる事ばかりに慣れてしまって、充実した自分の舞台を確かに作ってゆくことも忘れてはいけません。気持ちよく演奏出来た会ほど、しっかりと反省も必要です。

技を磨くのは当たり前。得意な曲を並べているような状態はアマチュアの発表会です。充実したコンテンツを舞台の上でどのように乗せて、舞台全体を作っていくか、それが出来て初めてその人の世界というのが表現され、認められてゆくのです。与えられた舞台にも、自分の活動全体にも明確なヴィジョンを持って、実践してこそギャラを頂けるというものです。


               genkouan2

               genkouan4
                            photo MORI osamu

これは京都鷹ヶ峰の源光庵の悟りの窓です。季節が変わっても常に視点はぶれる事がなく、季節がもたらすありのままの姿を現してくれます。綺麗だの、素敵だのと一喜一憂している我々の揺れ動く心が、逆に見えてくるようです。

目の前の事に一生懸命に成る事は良いことですが、振り回されていては大した仕事が出来ません。ただ熱くなって自己満足しているだけです。ぶれる事なき明確なヴィジョンを持って、且つ柔軟に、変わり行くものをありのままに受け入れるそんな心持でやって行きたいものです。






プロフィール

hakuga

月別アーカイブ