琵琶一人旅

琵琶奏者 塩高和之の徒然日記 日々の想いを綴ります。

東洋大学

移りゆく時代(とき)2019春

暖かくなりましたね。しかし今年は花粉がかなりの猛威を振るっているようで、私もこのところ毎日のようにグシュグシュやってます。こういう時期は家に引きこもって、琵琶を弾き倒し、譜面を書き直ししているのですが、今年はちょっと今までにないものを創っています。「四季を寿ぐ歌」という~まあ組曲とでも言えばよいでしょうか~作品です。

1
津村禮次郎先生と 日本橋富沢町樂琵会にて

実は昨年、津村先生と東洋大学にて「方丈記」を上演したのですが、そのとき、脚本からコーディネートまでを原田香織教授に担当していただきました。原田先生は中世文学の専門なので、能はもちろん、和歌や平家物語など、色々と話も盛り上がり、以来何かとお世話になっています。方丈記公演の後、近代の薩摩琵琶唄についても話が弾みまして、その時私が「切った張ったの戦の話でなく、もっと四季の風情を歌ったり、ラブソングだったり、今に生きる人達がそのまま共感できるような曲が創りたい」となどと、何時も思っていることを話したところ、原田先生が「そういうことなら私が歌詞を書きましょう」と言ってくれまして、昨年末より少しづつ書いていただいています。

今のところ、2曲ほど完成しました。楽器構成は、樂琵琶・笛(龍笛・能管・篠笛)、笙、歌(メゾソプラノ・語り)。雅楽をベースにしていますが、雅楽に囚われずに創っています。かなり時間はかかるかと思いますが、こういう作品に取り組んでいることもあり、気分も今までとは随分と変って来ています。何か新たな活動が展開して行きそうでわくわくしますね。

10sヴァイオリンの田澤明子さんと、日本橋富沢町樂琵会にて
昨年8thCD「沙羅双樹Ⅲ」をリリースしてから、だんだんと自分の中に区切りがついてきて、特にここ一年はかなり器楽に特化する事が出来ました。独奏は勿論の事、樂琵琶も以前にも増して活発に演奏するようになりましたし、ヴァイオリンやフルートなどの洋楽器との共演も重ね、これまでの作品に新らたな命が灯ったような充実感を得て、手ごたえを実感しています。
私は琵琶を手にした最初から「器楽としての琵琶楽」がテーマで、1stCDも全曲私が作曲したインストルメンタル作品でした。それ以来ベスト盤を入れると10枚のアルバムを発表していますが、その全てが私の作曲作品ですので、いわゆる弾き語りの琵琶奏者とは随分違うアプローチをしていると思います。

舞や演劇、その他どんな仕事でも、作曲家の初演でない限り、全ての曲は私が作曲した作品を弾いているので、琵琶奏者としてはかなり特殊な例だと思いますが、これ迄こうしてやって来れたことに、やればやるほど感謝の気持ちが増して行きますね。そしてこれが自分のやり方なのだ、という思いも強くなってきます。私は基本的にプレイヤーという感じではないのでしょうね。まあビートルズでもマイルスでも、ロックやジャズのミュージシャンは皆さん自分達で曲を創っていますので、そういうものを聴いて育った私としては当たり前のやり方なんですが・・・。

150918-s_塩高氏ソロ
岡田美術館 尾形光琳菊図屏風の前にて

勿論弾き語りでもずっとお仕事をさせて頂いて来て、これ迄声に関しても、それなりに自分なりに研究をしてきましたが、「沙羅双樹Ⅲ」に「壇の浦」を収録したことで、弾き語りに関してはもう一区切りついて、本来自分が追求すべき「器楽としての琵琶楽」にやっと足も身体も心も向いてきたという訳です。

これまで琵琶語りをやってきた事は決して無駄ではないし、ある意味私に大きな自信をもたらしてくれました。しかし私は器楽としての琵琶の作品を創る為に琵琶を手にしたのですから、帰るべき所に帰るのが良いのです。自分に一番素直な状態で居るのがやはり正解です。以前は妙な意地を張っていて、自分の気持ちに、自分でも知らない内に振り回されていたといえるでしょう。そんな余計な所がここ数年ですっかり取れました。
これ迄随分と沢山の作品を創って来ましたが、やっとこれまでの「器楽としての琵琶楽」の作品群がしっかり自分のレパートリーになってきたと実感しています。

11
photo 新藤義久

今は作曲作品だけでなく、活動の内容ややり方も大きく変って行く時期に来ているのかもしれません。琵琶でプロの演奏家として活動を始めてもう20年ですから、そろそろ自分独自のスタイルがしっかりと出来上がって当然ですね。外側から見た私はどうか判りませんが、自分の中ではようやく、浮ついたものがすとんと落ちて落ち着いて来ました。

自分では判らずに活動は少しづつ少しづつ変化して行きます。まるで何かに手繰り寄せられるように、その方向を変え、視野が広がり世界が充実して行きます。基本的な筋や軸のようなものは変らないのですが、活動を展開していると、自分でも思ってもみない世界に触れる事が多く、それらの経験が自分の次に歩む道をはっきりと照らしてくれます。
社会と共にあるのが芸術ということを考えれば、一見関係無いようなものでも、この世に同じく存在する事は、何かの繋がりが見出せるものです。
こうして移り行くのも「はからい」というものでしょうか。


これからも充実の作品を創り、活動を展開して行きたいですね。












風を見る

東洋大学での特別授業、豊田市「てぃいだカンカン」での文弥人形との共演、そして定例の琵琶樂人倶楽部と立て続けにやってまいりました。

1s2s

IMGP07062
上:左 佐渡の文弥人形「猿八座」の方々と、右 東洋大学での特別授業にて、
下:左 琵琶樂人倶楽部 平曲の津田さん、右 オリジナル筑前琵琶の小二田さんと愛子姐さん


東洋大学はこのところ御縁のあるところなのですが、今回は学生に向けての授業という事で、琵琶の歴史に日本の歴史を搦めて、ざっとですが説明させてもらいました。学生達は皆とてもフレッシュで、中にはジャズ研に入っている生徒もいて、何かと話も盛り上がりました。
豊田の会場は小さなスペースではありましたが、二回公演で二回とも満席。お客様の反応も結構なものがありました。猿八座とは初めての共演でしたが、この形には可能性を感じますね。人形の表情の豊かな事!。人間の役者よりもずっと身に迫るようなリアルさで語りかけてくれます。また是非共演してみたいですね。

先日の京都もそうでしたが、最近何か風のようなものを感じます。それもとても新鮮で新しいさわやかな風を感じるのです。

オリエンタルアイズmarobashi
1stCD「Orientaleyes」2ndCD「MAROBASHI」

最近は目まぐるしいほどに仕事に追われていますが、ほとんど弾き語りはやっていません。思う形になってきたことで、妙なストレスも無くなり、本来の水を得て、泳ぎ回っているという気がします。琵琶で演奏活動を始め20年、ようやく一巡したのか、1stアルバムの「琵琶に可能性しか見ていなかった」頃と同じような風が自分を取り巻いている、そんな感じがしているのです。やはり私の音楽は器楽に極まるのでしょう。
自分で弾き語ると、どうしたって声に意識が行ってしまうし、声で表現しようとしてしまう。琵琶奏者は琵琶で表現出来てナンボ。声に寄りかかってはいけません。歌で表現したのなら、歌手として歌に専念すべきです。中途半端では魅力ある音楽は創れないので、やはり私は器楽に重きを置いてゆくこのやり方が合っているようです。

326 (3)
若き日 京都清流亭にて
何しろ琵琶のこの音色をもっと聴かせたいですね。声は素晴らしい歌手や語り手が沢山いるので、私は琵琶に専念して、この妙なる音でリスナーの心を揺さぶる位の演奏家になりたいです。私が20年舞台活動して来て思うことは、リスナーの方も演奏家も、「珍しい楽器」というところで終わってしまっているという事。つまり音楽を聴いていないのです。
琵琶という楽器が珍しい飛び道具のようなものではなく、素晴らしい音色を湛えた素晴らしい楽器であり、且つそこから魅力ある、人を惹き付けてやまない、そんな楽器であって欲しい。それをやるのが私の仕事なのです。その為にはリスナーが最初に琵琶に対して漠然と抱くイメージの数段上を行くような音楽を演奏する事。決して上手やお見事という、旧い価値観で演奏せず、またリスナーのイメージに媚びるような予定調和の演奏をしない事。これに尽きます。先ずはなんと行っても魅力的な曲でなければ人は聴いてくれません。

私はJpoはあまり聞きませんが、スガシカオさんや中村中さんの曲は結構好きなんです。あの声と、他には無い独特のメロディーで歌われると、もう曲が流れ出したとたんに、彼らの描く詩の世界に誘われて、すっと世界に入ってしまうのです。
私の音楽性とは全く違うのですが、琵琶でもあれくらい人を惹きつける曲が出来ないものかな~~と何時も思います。大声出して、こぶし回して、旧態然とした~今の世の中に到底理解されないような~価値観をうたっている音楽をやっているのは、私には全く理解ができません。

2
舞台「良寛」にて

琵琶と声は中世以降密接な関わりがあります。だから私は器楽を第一に追及しますが、同時に声に関しても、今迄の琵琶歌のあり方を根底から覆して、琵琶と声との新たな関係を創り上げたいと思っています。
実はこれから声を使った四季を寿ぐ作品を、とある方と組んで作曲する予定なのですが、歌をメインにするのではなく、器楽の中に声が入るという形になります。あくまで歌ではなく、楽曲として琵琶の音色が生きるものにしようと思っています。感性も内容も普遍的に幅広い世代に通じるものを専門家にお願いしています。
琵琶の歴史をみれば確かに言葉と共に在ったのですから、言葉を軽んじることはできません。しかし言葉に寄りかかり、魅力的な音色が出せないのでは琵琶を弾く意味がありません。こちらは来年の秋ごろをめどにお披露目をしようと思っています。乞うご期待!。

2016-12江ノ島5

この風が私には目に見えるような気がするのです。20年前も風を感じましたが、20年経ってまた吹き来るこの風は、もう少し優しく、且つ揺るぎなく、聴く人を包み込んで豊かさを運んでくれるように感じます。この風は私が待ち望んでいた風であり、また自分自身の身体に元々吹き渡っていた風のような気がします。この色というのか、温度というのか、匂いというのか、表現は難しいですが、この風を身に感じ、今私の視界に見えているという事は、とても素敵な事なんだろうと思うのです。















秋雨の頃2018

すさまじい台風でしたね。今年は台風や地震が相次ぎ、その被害も甚大となっていますが、日本の風土だけでなく、今までの価値観や感性が通用しなくなり、日本社会そのものが変化をしてゆく途上にあるような気がしています。大変な時代となりました。どの分野でも、今後の10年20年を見据えるような視野が必要ですね。

とはいえ日々の暮らしに振り回されている身としては、夏の暑さから解放され、涼しくなってこれから体が自由になる感じがしています。先日、伎芸天の姿に接してから、気分の方もぐっと落ち着いてきました。

2018「二つの風出会いコンサート」s
京都光明寺公演の手作りチラシ

毎年この時期は、面白い仕事が来る時期でもあります。それまでやったことの無いような仕事や、行ったことの無いような場所での公演が必ず毎年入るのです。
今年も月明けには京都烏丸今出川の光明寺さんにて、声明と琵琶&笛という企画の演奏会があります。そのすぐ後には東洋大学での文化講座、そして佐渡の人形浄瑠璃「猿八座」との共演、さらに極楽寺稲村ヶ崎アートフェスティバルでは、アナン邸での演奏もあります。また月末には毎年恒例の地元阿佐ヶ谷のジャズストリートというジャズフェスがあり、今年はひと時琵琶奏者という自分を忘れて、一段とはじける予定です!。


seingakubiwaH氏がいつも弾いていた琵琶
この時期はまた変化の時期でもあります。仕事の内容が変わってくるのもこの時期ですし、人とのお付き合いも変化して行くのがこの時期なんです。不思議なのですが、初秋を境に少しづつ変化して、年明けには別の形で新たな仕事が始まって行くのが常なのです。

ここ10年程の時間は私に大きな変化と充実をもたらしました。自分の中のポジティブな面はより大きく歩みを進めた一方、ネガティブな面も浮き彫りになり、正に学びの10年だったと思っています。その10年という時間を導いてくれたのがH氏です。5年前、氏が突然に虹の彼方へと旅立ったこの時期は、やはり何か一つの終わりと新たな始まりの季節として、私の中に定着しています。

「はからい」とはよくここで書くことですが、大いなる存在を何かしら感じるようになったのも、H氏の影響が大きいですね。自分のこれまでを考えると、この「はからい」を感じずにはいられない、というのが正直な所なのです。
私は仏教の哲学性や、世界観には元々とても興味があったので、仏教に詳しかったH氏の言葉はすんなりと入って来ました。よく原始仏教の話などを聞かせていただきました。ただ私はパワースポットなどといって神社めぐりをするような、その手のマニアの感覚は全く持って無いので、先日の伎芸天を見ても、自分の中であれこれ感じることはあっても、仏像や神社仏閣に対し盲目的にすがってありがたく拝むようなことは一切しません。どれだけ有名なお寺であろうと、権威権力に対してへつらうような姿勢は持ち合わせていません。そんな私のスタイルも、H氏はすんなりと受け入れてくれたのです。


2
5年前の私 光が丘美術館演奏会にて

人は、何を考え、どこを見ているかで、まるで変わってしまうものです。同じものを見ても、感性が違えば全く違うものに見えます。また人の姿も、感性によって、服装から目つきから、姿勢体型まで変わってしまう。自分は自分だと思っていても、その「自分」にまた囚われて、振り回され、本来の自分の在り様が見えなくなってしまうものです。
私は、自分が思うように、欲望のままに生きてきたように感じていましたが、H氏に出逢って、自分を取り巻く鎧に気づかされました。憧れやら上昇志向やら、本来そんな鎧は背負わなくてもよいのに、いつしかそうした鎧を自ら着せてしまう。人間は業からはなかなか逃れられない生き物なのでしょうね。年を経るごとに、人間の心とはかくも脆いものかと感じます。


秋篠寺5秋篠寺4采女祭1s
初秋の秋篠寺と采女祭(猿沢池)


5年前、H氏のお葬式の日は、朝からずっと霧雨のような雨が降り続いていました。それはどうしてもH氏の死を受け入れることができず、現世の想いを断ち切れない自分の心に降り続く雨のようでした。5年が経って、自分のやり方で歩んで行けるようになりましたが、H氏によって気づかされた多くのことは、今でも大切な記憶として私の中に息づいています。こんな経験を通して年を重ねていくんでしょうね。

IMGP0160
H氏に連れて行ってもらった、千葉香取市にあるスリランカの仏教寺院 蘭花寺

この秋はまたきっと何かを私にもたらしてくれることでしょう。それによってまた私は次のステップを踏み出して、新たな曲を生み出して行くと思います。
















真夏の月

連日の猛暑ですね。皆様お変わりないでしょうか。

sarasouju_jacket_small
13年前に発表した「沙羅双樹」のCD。「沙門」収録
先日は東洋大学での「道元研究国際シンポジウム」、ストライプハウスでの「ストライプセッション2018」共に良い形で務めることが出来ました。道元シンポジウムでは拙作「沙門」を演奏したのですが、何かしっかりとした手ごたえを感じました。「沙門」の詞は「修証義」「正法眼蔵」から抜粋したもので、個人の感情などを表したお涙頂戴的な名調子が全く無いのです。自分が「うたう」ことの一つの形として、こういうものは良いなと思いました。ストーリーテリングをやるから感情が入り込んで、目の前を表現しようとするので、時間軸が前に進まない「詩」ポエムをやれば、問題なく素直に語れるのです。琵琶唄の歌詞に強い違和感を持っていた身としては、納得できる内容のものをやれば迷いも無いということをあらためて確認しました。どんなものであれ、自分がやりたいと思うものをやって行きたいですね。

人生フルーツ

話題が変わりますが、先日は映画を一人で観に行きました。私の地元には映画館(と言えないほどの小さな小さな劇場)がいくつかあり、たまににふらりと立ち寄り観ることがありますが、先日はちょうど珈琲豆がなくなり、仕方なくこの暑さの中、のろのろと買い物に出たついでに、かねてから勧められていた「人生フルーツ」というドキュメンタリー映画を観てきました。
じわりと来る良い映画でしたね。この映画は結構話題ですので、内容はご存知の方も多いかもしれませんが、観終わって、悲しいものでもないのにす~と涙がこぼれ、ゆったりとした暖かいものが自分の中に満ちてきました。席を立つのが惜しいくらいでしたね。
観ながら「自分の人生を自分なりに生きる」ということを特に感じました。これはなかなか出来るようで出来ないもの。それも無理せずにこつこつと・・・。ここに登場する御夫婦は私とは随分違う人生を生きてきた人物ではありますが、形は夫々違えど自分の人生を全うできるかどうか・・・、家に帰り着いて、自分のこれまでをゆっくりと珈琲を飲みながら反芻しました。


IMG_0105
日本橋富沢町樂琵会にて photo MAYU

”風が吹けば枯れ葉が落ちる 枯れ葉が落ちれば土が肥える 土が肥えれば果実が実る こつこつ、ゆっくり”


この言葉が映画の中で何度も繰り返されますが、私もそろそろ、この言葉のようにじっくりと生きる時期に来ているんじゃないかと思いました。今まで自分なりにやってきたつもりですし、僅かながら作品も創ってきました。他の価値観を軸とせず、なんでも俺流でやってきました。しかしちょっとこれからはガツガツと突進するだけでなく、良い意味で速度を落としてみるのも良いんじゃないか・・・・・。そこから見えてくる音楽があるんじゃないか・・・。とそんな風に思いました。

こうして我が身を振り返っていたら、ふと以前TVで見たとあるベテラン民謡歌手を思い出しました。その筋では有名な方のようでしたが、ロック(とはいえないような)バンドをバックに、若作りしてパワフルに歌い踊る姿には、還暦をとうに過ぎた男の脂ぎった自己顕示欲と、パワーを押し付けるだけの、深みを全く感じられない音がありました。私はそれを見た時、強烈な違和感を感じ、その姿を未だに良く覚えています。


2016川瀬写真1 (2)
photo 川瀬美香

もしかすると私はあの民謡歌手のような勘違いと傲慢さが、この身にのどこかにあるんじゃないかな・・・?。と自分の姿を思いました。私は自分なりに生きることに拘ってきましたが、少なくとも世の中と共に、自分のペースで、何かに抗うこともなく自然に生きることは、まだまだ私には出来ていない。つまりペースがまだ出来上がっていないんだな、と感じました。

 人生フルーツ2 映画の御夫婦のライフスタイルも素敵だったけれど、それよりもそうした「形」ではなく、無理なく自分の人生を自分なりに「こつこつ、ゆっくり」全うする気持ち。そこがとても素敵でした。是非私自身もそうありたいものです。



月1
北鎌倉の月

最近は夜、月を見上げることが多くなりました。地球の自転と共に日々姿を変えながらも、月はいつもそこに存在します。雲があれば朧月になり、晴れれば煌々たる満月となります。この間は剣のように細く鋭利な三日月も見ることが出来ました。
私もその時々で対応しながら、この世の中と共に「こつこつ、ゆっくり」自分の生き方がまっとう出来たらいいですね。













休息の時間2018

今月頭の演奏会で、演奏会が大体一段落着いたので、ここ2週間ほどはのんびりしていました。ちょっと暑さにバテ気味でもあったので、家の中で前回ブログで書いた大工哲弘さんのCDを聴いたり、昼間からビール片手に映画を観たりして、プチ夏休みを満喫してました。

道元研究国際シンポジウム s2018-7-22ストライプ1s

しかしながらあまりのんびりとしてもいられません。今週の土日はまた演奏会があるので、週明け辺りから少し身体と心を整えています。やっぱり年齢的にも、あまりのんびりしていると退化してしまうので、のんびりしながらもアンテナはしっかり張っていないといけませんな。弾くのは全然大丈夫ですが、やはり身体は普段から整えておかないと姿が崩れます。
土曜日は東洋大学にて「道元研究国際シンポジウム」があり、私は初日の懇親会の時に拙作「沙門」を演奏する事になりました。道元研究者の世界のトップレベルの先生方が集るので、おのずと気合が入ります。
日曜日は六本木のストライプハウスにて、美術や身体表現、音楽などの前衛アーティストが揃ってパフォーマンスを繰り広げる「ストライプセッション2018」があり、私はパフォーマーの坂本美蘭さんとトリを務めます。

kirameki-h2

これまで色んなことをやってきたのですが、それらをやってこれたのは、休息の時間があったからです。ツアーであちこち廻って毎日のように演奏したり、色んな仕事であらゆる種類の演奏をやったりしていると、ありがたいとは思うものの、いつしか技の切り売りとなって、活動しているという充実感だけで満足してしまいがちです。何かを創りだしてゆくには、のんびりと昼寝をする位の時間も必要なのです。本と読み、様々な芸術に触れ、自分の内面を見つめ、自分の音楽について深く想いを巡らして、哲学や芸術性の部分を洗練させていかないと、良い作品は生まれ出ません。
曲を一つ創るにしても書いては消し、試しに弾いてみてはやり直しと、そんなことを延々と繰り返さなければ出来上がりません。まあ言い訳半分で、昼間からのんびりしているのも大切なのです。何かを創り出そうとしている心を自らに持っていれば、休息はきっと何かをもたらすと思います。

セミナー3-sアゼルヴァイジャン バクー音楽院での日本音楽特別講座にて
邦楽では、「己の芸を磨く」という発想の方がやたら多いのですが、私はそういう邦楽の芸は、ほとんど眼中には無いのです。勿論高い技術や深みのある芸は良いのですが、得てして個人の技芸を聞かせるという所で終わってしまう。芸術家として何を表現したいのか、という所がすっぽりと抜けて、こなれた技や芸を見せたがる。これでは芸人としてはともかく、表現者や芸術家とは私は思えません。これは今のジャズにもいえる様な気がします。

私が少年時代から感激したアーティストは皆、独特の世界がありました。今でもよく聴くラルフタウナーの1980年の作品「SOLO CONCERT」などは、一瞬でその世界に取り込まれ、最終的には演者の技も姿も消えて、世界だけが立ち上がるような、そんなところまで持っていかれます。
今、邦楽もジャズもかなり衰退の極みにありますが、その原因はやはり舞台に立つ人の意識ではないでしょうか。己の世界を極めるのは結構だと思いますが、己の世界が本当に次世代に、そして世界に向いていますか・・・?。自分という小さな牢獄に留まっていませんか・・?。そこに夢はありますか・・?。
何時もこのブログでは永田錦心や鶴田錦史の事を書いていますが、私はお二人の技や芸に感激した訳でもなんでもないのです。お二人のスタイルをやろうとも思わないし、特に好きでもありません。しかしお二人が見せてくれた琵琶楽の新たな境地、つまり「夢」を、その演奏と活動の中に感じたのです。だから彼らが独自のやり方でやったように、私なりのやり方で、その夢を受け継ぎたいと思ったのです。

今迄でいろんなジャンルのアーティストを聴いて来ましたが、皆そこには心を震わせるような、独自のほかでは味わえない世界があり、夢がありました。技芸が上手いかどうかなんて、感じたことも考えたこともなかった・・・・。独自の世界、魅惑的な世界に誘ってくれるような音楽家が少なくなりましたね・・・。

イルホムまろばし5s
ウズベキスタン イルホム劇場にて拙作「まろばし」演奏中 指揮編曲はアルチョム・キム

時々こういう夏休みがあると、リセットが効いて思考も深まります。たまにはこうして我が身と、我が身を取り巻く世界を振り返り、見つめ、軌道修正するところはして、自分の歩むべき所を確認するのは良いことです。舞台に立つ事が目的になってしまっては、何も生み出せません。創り出すことが芸術家・音楽家の使命であり、私の使命でもあります。
20代の頃は作曲家の石井紘美先生から色んな話を聞きました。「アートとエンタテイメントの違いは何?」と問いかけられ、ろくに答えられす、ただ「格好いい」位にしか返せませんでした。感覚で観ることと、論理で観ることの両方がないと芸術は作り出せない。そんなことも教わりました。ジャズギターの潮先郁男先生からは「自分自身の持ち味を大切にしなさい」といわれましたね。今になってようやく判ることが本当に沢山あります。

ryokan24
Photo Mayu

結局今の私は、私を導いてくれた先生方の言葉を自分の中で昇華することで成り立っているように思えて仕方ないのです。自分でガツガツとやってきたようで、実は導かれていたというのが、今の私の心境です。多くの教えをもう一度想い出し、今の自分の姿に問い聞かせ、また明日の力にしてゆく、そんな時間が私をより私らしくさせて、次のステップに持ち上げてくれるのです。
そして願わくば、こんな私の音楽や活動が、風となって次世代に少しでも吹き渡るといいですね。

昼間のビールもなかなか良いものですね。











プロフィール

hakuga

月別アーカイブ