琵琶一人旅

琵琶奏者 塩高和之の徒然日記 日々の想いを綴ります。

梅花

梅花の季節2018

都内は寒い寒いと言いながらも、もう春の風が吹き、梅の花があちこちで咲き出しました。街を歩いていて、ふと梅花に出会うと本当に心和むものがありますね。決して派手ではないのだけど、その可憐な姿は、まだマフラーを巻いている身に微笑を投げかけてくれるようで、あの小さな花びらがなんとも愛おしく思えてきます。

2
一昨年の越生梅林

CDを先月リリースしてから、あらためて自分の弾き語りによる「壇の浦」を聞いて、もうあの琵琶唄の唄い方を変えようと、このところずっと考えています。録音する前から、琵琶弾き語りに関しては「旧来の弾き語りスタイルの最後の記念にしよう」と思っていましたが、一段落着いて改めて更に思うことが多々ありますね。
私はやはり何処まで行っても「器楽の人」であるという認識が年を重ねるごとに強くなって来ているのですが、それでも薩摩琵琶に弾き語りというスタイルが、その誕生からある以上無視は出来ません。お仕事も色々と頂いてやっていますので、器楽面だけでなく、弾き語りに於いても独自のスタイルを創り上げればよいだけのこと。こうした想いは少しづつですが、盛り上がってきました。

2琵琶で弾き語りをやるのなら、大声を張り上げて「誰がどうして、何がどうした」という物語の筋を延々と節を付けて説明するストーリーテリングではなく、「詩」を歌いたい。能でも長唄でもストーリーテリングだけで無く、愛を基本にして様々な情感や心象心情を歌い上げているのに、薩摩琵琶は哀切の心や勇ましい物語ばかりに終始し、物語の筋のみを追いかける。私が琵琶を手にして一番最初に違和感があったのは、あの歌詞です。

薩摩琵琶の音楽は古典音楽と違い、明治~昭和初期の軍国の時代に成立したジャンルですが、とはいえ皆が知らない物語を、同じパターンの構成でイントロからエンディングまで延々と弾き唄い、20分も30分もストーリーの説明に終始する。これはこの多様化したグローバルな現代にとても合っているとは思えないのです。大体軍国ものや忠義の精神などの内容の曲を、現代において演奏する意味はあるのか・・・?。私には皆目検討が付きません。
琵琶唄に関しては、以前より「父権的パワー主義」などと名付けてブログに書いてきましたが、私には演者の大いなる自己顕示欲と自己満足がどうしても聞こえてくるのです。古典の味わい深い佇まいも無く、ある時代の一つの価値観を只管押し付けてくる音楽は、私の想う音楽とは程遠い所に位置していたのです。

しかし私にとって、薩摩琵琶のあの音色は何にも変えがたい魅力があります。だから薩摩琵琶と唄を切り離し、器楽としての琵琶楽の確立を目指したい。この音色を何よりも多くの人に聴いて欲しいのです。けっして唄ではないのです。
琵琶唄のこの辺の問題はまた今後ゆっくりと取り組んで行くつもりです。時間をかけて多くの方に話を聞いてもらったり、実験をしたりしながら、弾き語りに関しても独自のスタイルを創らない限り、声を伴う琵琶の弾き語りは自分の中で難しくなってくるでしょうね・・・。


yoshinoーume15年ほど前の吉野梅郷にて①
人間はいつも何かしら考え、何かしら作り、行動し、何かをすることを美徳とし、物や財産、実績等を作り上げようと努力することが素晴らしいことだと考えます。こうした人間の感性と性質が音楽を生み出し創るのです。またこうしたことを自分の中で燃やして行くことが無くなったら、もう芸術家として何かを生み出し、活動して行くことは出来ないですね。

しかし梅花を眺めていると、そんな想念雑念も何時しか消えて、穏やかな時間だけを感じます。私は旺盛な創作意欲を持ちながらも、一方でもっと淡々と与えられた所に根を張って、けれん無く生きてみたい、という願いも強くあります。勿論まだまだ私にはやりたいことが沢山あって、生きることへの欲を断ち切ることは出来ませんし、悠々と大地に立って本当の意味で生を謳歌するにはとても至りません。ただ、前へ前へと歩みを進めることだけが人間の生き方なのか・・?、物を作り出しキャリアを積むことだけが素晴らしいのか・・・・?。そういう問いかけは常に私の中に燻っています。

梅花を見ていると、そんな日々の想いはしばし彼方へと去り、人間の思う概念としての時間さえもいつしか消え、自然の移り変わりの中にぽつんと居る自分を発見します。梅花はただかすかな微笑を湛え、静かに咲いているだけ。しかしその微笑みは、人の心にす~と届いて心を満たしてくれる。その密やかで淡い佇まいが何よりも素敵なのです。そんな力は少なくとも今の薩摩琵琶には全く無いですね・・。

IMGP9313
5年ほど前の吉野梅郷にて②

毎年のように行っていた吉野梅郷の梅花は、皆様ご承知のようにもう全て無くなってしまいましたが、私の記憶の中にはあの姿が焼きついています。この時期になると、必ず心の中に甦ってくるのです。私もそんな音楽を作り演奏して行きたいものです。

 
和楽器ランキング














舵をとる

この所良い天気が続き、春の陽差しを感じることが多くなりました。既に桜の気配という感じですが、梅花派の私としてはもう少し梅花を求めて出歩きたいですな。
現代の日本は、自己主張の塊のような言葉や情報が溢れかえり、どこに居ても突き刺さるように追いかけられますが、こんな世の中にあって、まだ肌寒い陽の中で、つつましく微笑を向けるように咲く梅花は、現代人に残された唯一のオアシスかもしれません。私のように都会に居ながらも、都会とは一定の距離をもって生きている人間は、梅花に惹かれずにはいられませんね。


yoshinoーume1
2012年吉野梅郷

今、自分は変わり目に来ているという感じがとてもするのです。やはり肉体と心は連動しているのでしょう。年齢を重ね肉体が衰えてくると、力を入れてもどうにもならないので、結果的に力を抜いて、持続可能な方向にならざるを得ません。思い通りに体が動かなくなって、始めて技が冴えるとよく言われますが、やっとその言葉の意味を体感できる年になりました。
とにかく何事に於いても無理をするより、自分らしい形になってゆくし、思考自体も余計なものがそぎ落とされて、本来の自分に近い方向に向いて行きます。特に私の場合は流派やら団体やらのお付き合い的なしがらみが無いので、何の遠慮もなく自由自在に自分のやりたい方向に自然と舵を取って行くようです。

ジャケットトップ「The Ancient Road」を出した2014年末から2015年の頃と比べると、昨年から今年にかけてのこの一年間は、明らかに自分に大きな変化がきていたように思います。昨年は調子よくやっていただけで、あまり自分では変化を感じはしませんでしたが、今になってみると、この変化は既に昨年から始まっていたとはっきりと実感します。

考えてみれば、昨年は即興演奏がかなり多かったし、ダンサーとの共演もいつになく多かったのです。これは私が琵琶で活動を開始した20年前の状況とよく似ています。元に戻ってきていると言えるかもしれません。私は紆余曲折を経ながらも、自分がやりたいところに戻って来ていたようです。20年前と違うのは、樂琵琶を弾く事ですね。私にとって薩摩琵琶は凛とした心の風景を表す楽器。一音成仏の世界とでも言いましょうか。愛を土台としながらも内に秘めた厳しさと激しさを持った楽器であり音楽です。いわゆるコブシを回して七五調で声張り上げてご満悦しているようなものは、私にとっては薩摩琵琶ではないのです。
一方樂琵琶の方は、メロディーそのもの。そこには歌が溢れ、日々の営みの中の様々な心の風景が、絃によって奏でられ、旋律が溢れ流れ出てくる楽器です。癒しの楽器といってもよいですね。樂琵琶が自分の楽器となったことで私の音楽は大きく広がり、自分の隠れていた感性が顕在し、世界がより明確になってきました。

150918-s_塩高氏ソロ
2015年岡田美術館、尾形光琳「菊図屏風」前にて

とにかく器楽としての琵琶楽の確立。これこそが私に与えられた使命です。独奏曲、デュオ等、どんな形に於いても琵琶の音色が十二分に感じられる作品を作ることが急務なのです。この春は独奏曲2曲を完成させます。そして笛または尺八とのデュオ曲を2曲。更に今年いっぱいの期限付きで、薩摩・筑前の琵琶二面によるデュオ曲を構想しています。こちらは歌も入れて、掛け合い的なものにしてゆく予定で、12月の日本橋富沢町樂琵会でお披露目が決まっています。


S22016年兵庫県立芸術文化センターホール
これらの創作活動も、今後の演奏活動も、自分の音楽というものがあって、その上に立ってこその活動です。ただ動き回って喜んでいるのでは何にもならない。明確な哲学と思考、そしてヴィジョンがあってこその音楽です。お上手を目指したり、肩書きを追い求めたり、目の前の面白さに振り回されたら、それはただの賑やかし。いや賑やかしにすらならない。

今私は、琵琶樂人倶楽部そして日本橋富沢町樂琵会という二つの定例会を主催していますが、この二つが良い感じで軸足になっています。色々なゲストも呼びますし、日々琵琶楽のあらゆる面を実践する場になっているので、視野も広がり、いろんな視点で自分を見つめる事が出来ます。ちょっとした「離見の見」ですね。こういう場が毎月あることで、自分の音楽を常に振り返り、自分がやってゆくべき道がよく見えてきます。

これからもっと自分が」行くべきところに舵を取って行くでしょう。自分自身にどこまで成りきれるのか。そこが今後のキーワードだと思っています。


さて、福島の「3.11祈りの日」のことは何度もお知らせしてきましたが、その前の土曜日3月4日に、和久内明先生が毎年主宰している追悼集会を、いつものルーテルむさしの教会でやります。

       1111裏s

今年も折田真樹先生率いるオーソドックス合唱団が歌ってくれます。是非お越し下さい。3月4日(土)午後6時からです。是非お越し下さい。


春陽と梅花が、私に変化を促してくれました。それは本来の私自身の姿を取り戻し、新たな時代へと踏み出す一歩となるでしょう。梅花の微笑を忘れない音楽を創りたいですね。




和楽器 ブログランキングへ














梅花の季節 2017

確定申告も終わり一段落。関東では梅の花が身頃ですね。やはりちょっと寒い時期に咲いて、まだコートやマフラーを離せない私達を和ませてくれる梅の花はなんとも良いですね。桜のような華やかさは無いですが、この控えめで清楚な感じが実に魅力的です。

         1IMGP9313
左:今年の羽根木公園  右:今は無き吉野梅郷


この春は、毎年武蔵野ルーテル教会でやっていた3.11の追悼集会を福島の安洞院でやるので、これから色々と準備に入ります。武蔵野ルーテルでは前倒しで3月4日にやります。戯曲「良寛」の新たなヴァージョンの上演。そして詩人の和合亮一さんの新作の詩との共演という、なかなかスリリングなものですが、やりがいがありますね。

祈りの法要チラシ4-01m
         3,11祈りの日 HP http://311inori.net/ryokan.html

それとは別に毎年春は、これまでのレパートリーの見直し、そして新曲の作曲の時間です。自分のやろうとするものはどんどん明確になってきていますので、それに合うものと合わないものを区別し、合うものを更にブラッシュアップする。まあ毎年この作業をやっている訳ですが、今年は特に、演奏活動やそれに伴う広報活動もよく考えて変えていこうと思っています。
また声に関して少しづつ展望が開けてきたので、ちょっと敬遠していた弾き語りの曲の見直しもやろうと思います。先ず何よりも自分が語るべき内容の曲なのかどうか。そこが一番の問題です!。私は切った張ったの曲はなるべくやりたくはないし、忠義の心やお国の為に云々という、薩摩琵琶特有の軍国的、父権的パワー主義で書かれたような曲は絶対にやりたくないので、古典ものであろうが、なんであろうが厳選に厳選を重ねてやっています。
そして「何がどうした」というストーリーテリングではなく、永田錦心の創った曲のように、季節の風情を歌ったりする「詩」を歌って行きたい。またただ節に乗せてうたうのではなく、もっと色んな可能性を声に持たせ、喜怒哀楽の世界ではなく、深く大きな世界を歌って行きたいのです。そしてやっぱり「愛を語り届ける」音楽でなくてはね。

10先日の日本橋富沢町樂琵会にて
先日の日本橋富沢町樂琵会では、いつもの独奏曲「風の宴」を弾いたのですが、お客様から大変好評でした。弾き語りも良いですが、皆さん琵琶の音をもっと聞きたいんだな、とあらためて実感しました。従来の琵琶唄はメロディーも曲の構成も全て同じで歌詞だけが違うというもの。何をやっても出だしからエンディングまで同じというのでは、琵琶があまりにもったいない。こんなに魅力的な音色があるのに器楽曲がないのが不思議です。何故やろうとしないのかも私には全く理解不能。バラードあり、アップテンポあり、マイナー調、メジャー調、ソロ、合奏、弾き語りetc.他の音楽ではどんなものでもこれ位のヴァリエーションはあります。。少なくともこれ位のヴァリエーションがなくては、とてもジャンルとはいえません!!。

私の仕事は、やはり器楽としての楽曲創りが急務です。今は独奏曲が3曲ほどありますが、ちょっとまだレパートリーと言えるほどにはなっていないので、この春の間に、しっかりいつでも弾けるレパートリーに仕上げたいと思います。

7
昨年の越生梅林

私の音楽はどちらかと言えば緊張感のある音楽ですが、そういうものでも根底に梅花のような微笑みを持っていたいものです。軍国の歌では笑顔は生まれない。微笑み無きところに人生は無いのです。
一見地味で、枝ぶりも硬い感じの梅ですが、その姿には多くの人が心を通わせ、そこから歌が生まれ、日本の文化を形作って来ました。桜も勿論ですが、寒さの中に密やかに咲く梅花こそ、今現代人が忘れてはならないものであり、感性なのではないでしょうか。



和楽器 ブログランキングへ


















梅花の季節2015

4

春ですね。梅は都内ではもう盛りを過ぎていますが、ちょっと奥まった越生辺りへ行くと、今満開。まだまだ楽しめます。そして桃、杏、モクレン、サンシュユ、ハナズオウ…後続部隊がどんどん咲き始めていて、気の早い寒緋桜などはもう春を待ちきれない!!という感じで咲いていますね。これから約一か月は桜も出番を待ち構えて花々の饗宴!。命の煌めく季節です。

2私は桜の華やかな姿も好きなんですが、やっぱりちょっと控えめな梅花の風情が好きなんです。人間も梅花のような密やかな人の方が落ち着いて話も出来るし、一緒に居て楽しいですね。若い頃から派手なけばけばしいものは嫌いでしたが、私が年を取るにしたがって、益々梅花が好きになりました。

子供のころから弾いているギターも、ロックではなく、ジャズギターという、ちょっと地味なスタイルに弾かれたのは、その密やかな魅力に惹かれたのかもしれません。朝から晩までケニー・バレルやウエス・モンゴメリー、ジム・ホールなんて聞いている高校生は、あまり居ないでしょうな。

9

こうした草花を観ていると、自らに与えられた場所で、素直にケレン無く、与えられた命を謳歌するように咲き、また散って行く、そんな姿に多くの事を想います。人間は少しばかり頭が働き、何処にでも動けるせいか、自分に与えられたものも自分でよく判らず迷ってばかり。ちょっと何か知識や技を得ようものなら、得意になってひけらかす。技術や知識は大変素晴らしいものだし、人間の人間たる所以であると思っていますが、小賢しい知識と経験を振りかざし、偉いの凄いのと吹聴して自己顕示するような輩はもう見ていられません。

私は何時もお稽古事についてはあまり良い事を書きませんが、それは得意になって十八番を声張り上げてやっている所がどうしても受け入れがたいのです。

ツメルマン2現代のトップピアニスト クリスチャン・ツィメルマンは「自分の本当に目指したい道は何なのか、音楽への強い愛情をいかにしたら聴衆に伝えられるのか、そのためには何が必要か、ずっと悩んでいました。もちろんこの答えはいまだ出ていません。だからこそ私は自分を律し、練習へと駆り立てるのです」「私は1つの曲を完璧に準備するのに10年を要します」等々言っていますが、世界のトップにしてこれです。常に考え、練習し、自分を律する。やみくもにただ目の前の事を一生懸命にやるのではないのです。自分のやる音楽は何なのか、それを表現するにはどうしたらいいか、常に考え、考え抜いて、実践しているのです。


本当に「那須与一」や「壇ノ浦」が自分の音楽なのか?。何故その曲をやるのか?。お稽古したから、得意だから何ていう浅い思考でやっていないか?。そのコブシは本当に音楽を表現する為に必要なのか?。ただ言われるがままに、流派のお上手を目指しているだけではないのか?・・・・。
邦楽の中でのお上手は外では通用しないのです。お稽古事の延長なのか、演奏者の内から湧き出でた音楽なのか、聴く人が聴けばそういうものはすぐ判るし、先入観の無い海外に行けば、底の浅さは一発でばれてしまう。 「頑張ってる」が通用するのはお稽古事の世界だけなのです。そんな程度の民族芸能で良いというなら致し方ないですが、私はそういう邦楽の在り方を大変残念に思います。
浅い思考、大して考えもしない目の前の一生懸命、そういう個人的な意地のような所で琵琶をやっていたら本当にもう誰も聞いてくれなくなってしまう、と私は思えてなりません。


11

薩摩琵琶自体は江戸時代から薩摩にはありましたが、現在皆さんが聴いている薩摩琵琶は、明治後期から大正・昭和初期にかけて成立したもので、Jazzや現代音楽とちょうど同じ時代を生きている新しい音楽です。能や雅楽のような古典ではありません。私はこれから日本文化の中で歴史を作って行く音楽だと思っています。型にはまったものを今からやっていては、歴史が次世代へと繋がらない。私はどんどん新作を作って行きたいし、どこまでも自分の中から湧き上がる、自分の音楽をやりたいと思っています。
永田錦心は時代と共に生き、その時代の中で語るべきものを語り、更にそれを次世代に向けて演奏しました。だから支持を得たのです。私は及ばずながらもその志を受け継ぎたい。今、薩摩琵琶はその器を試されているのだと思います。

ryokan24
photo Mayu


人間はどうしても梅花のように素直に生きる事は出来ないですね。だからこそ人は、こうして淡々とその命を全うする花を愛でていたいのかもしれません。

梅花に囲まれて、琵琶楽への想いが広がりました。



和楽器 ブログランキングへ




梅花の季節2013

今年も梅の季節がやってきました。私は毎年この時期がとても楽しみなんです。桜も勿論好きなんですが、寒い時期に花を咲かせて、見ている人の心をそっとほぐす、梅のひそやかさは何ともいいですね。

          紅梅6sphoto Mori osamu

今の世の中は、何でも派手で、目の前の面白さばかりが優先します。いつの時代にもこういうものがあるとはいえ、今は一発屋みたいなものばかりが闊歩している。これを時代の流れやセンスだ、と言ってしまう事も出来ますが、それではものも人も育たない。長い時を耐えて、この寒い時期に咲き、人を和ませ、春には桜にその座をひっそりと譲るような梅花の感性は何処に行ってしまったのか・・・。

photo Mori osamu
白梅1世の中を見渡してみると、本当に梅花のような人が少なくなってしまいました。舞台人なら売れる事も大切なのですが、キャラ優先で、派手派手しく物珍しさで売るばかりでは、衰退して行くだけです。また逆に自分の殻に閉じこもって、小さな世界で生きているだけの人も多くなりました。

梅花のようにひそやかで、且つ大地に根差し、繊細で可愛いほほ笑みを持った人は、今の世の中では押しつぶされてしまう。
          紅梅3sphoto Mori osamu

それはまるで、穏やかに生き、ゆったりと歩む生き方が現代では許されないかのようです。常に最先端を追いかけ、PCやネットに対応し、鼻息荒く発言し、活動する人でなければ、現代は注目も、受け入れもしてくれないのでしょうか。もし色々な生き方が許されないのであれば、それは専制主義国家と同じです。自由という幻想の中に放り込まれ、実は皆同じ方向に向かって、死ぬまで息を切らせて走らされているのが、現代日本の姿なのではないでしょうか。

能力や成果を常に他人と比べて、社会のレールの先端に紅梅5s行くことを良しとするのは、あまりに狭い生き方だと、誰もが思う事でしょう。毎日がコンクールで争っているようなものです。世の中を自分の足でじっくりと時間をかけて歩き、学び、自然な笑顔で生きる事が、私には一番大事なような気がします。人間をステレオタイプでくくったら、もはや人で無くなってしまう。今、日本人は梅花のようにひそやかに、自然に逆らうことなく、自分のペースで生きる事の素晴らしさと幸せを忘れているのではないか、と思えて仕方が無いのです。
                                                                        
                                           
日本は物質の文化ではないと思います。精神こそが日本の誇るべき文化だと私は思います。豪華なもの、見事なものを誇るのではなく、気高く崇高な精神こそ日本の日本たる文化だと思うのです。そこから、あの魅力的な音楽も美術も生まれてきたのだと思います。
紅梅2
私は梅花のあのほほ笑みを忘れない。たとえ儚く散ってしまったとしても、また次に芽吹く時まで想いをじっと胸に秘めて過ごしたい。そして私の演奏するする琵琶の音には、どこかに梅花のほほ笑みを宿していたいものです。
あのほほ笑みを日本人が感じなくなった時、日本の文化は滅びてしまうのかもしれません。

さあ、梅花を見に行きましょう。今が見頃ですよ。



和楽器 ブログランキングへ






プロフィール

hakuga

月別アーカイブ