琵琶一人旅

琵琶奏者 塩高和之の徒然日記 日々の想いを綴ります。

水野俊介

旅がらす~方丈記・平家物語、更に・・

先週、兵庫県芸術文化センターホールで、「秘曲でつづる平成絵巻 方丈記」の公演をやってきました。

S1

役者の伊藤哲哉さんと方丈記に取り組み始めたのが1年前、それから仲間も集まり、色々な場所でやらせて頂きましたが、今回の公演はその集大成とも言うべき実に充実した公演となりました。


        T23 T3


        T11 T32


バックには映像作家のヒグマ春夫さんがインパクトのある映像を映し出してくれて、舞台はこんな感じになりました。
音響、照明もバランスよく、久しぶりに良い舞台で気持ち良く演奏することが出来ました。大きなホールでしたが、お客様もたくさん来て頂きまして、ありがたかったです。やはり大勢のお客様の前でやると、きりりとしますね。

1左から照明の早川さん、芸術評論家の宮田さん、映像のヒグマさん

鴨長明:伊藤哲哉  5弦ウッドベース:水野俊介  樂琵琶:塩高和之  
映像:ヒグマ春夫  照明:早川誠司  舞台監督:菊池廣   
主催:YUKIプロデュース

このメンバーに加え、第一部に方丈記についての解説を服部祥子、小林一彦両先生に話して頂き、方丈記の魅力を語ってもらいました。

大きな公演をやるには資金も必要ですし、ショウビジネスでない我々のような演目では、そういくつも大きなホールでやる事は出来ませんが、これはぜひ今後も続けてやっていきたいと思っています。


そしてその後は、京都桃山にあるアートサロン ラ・ネージュにて朗読の馬場精子さんとの初共演をしてきました。

2

ここは打って変わって50名程のサロンで、お客様も満杯。眼の前にお客様が居るような状態でしたので、ホールとは全く雰囲気は違ったのですが、天井が高く、とても響きの良いスペースなので、こちらも琵琶の音が良く響き、気持ち良かったです。
そして「方丈記」が原文のままなら、こちらも平家物語の「敦盛最期」を原文のまま朗読して頂くという珍しい企画!。伊藤哲哉さんの舞台が豊かなキャリアに裏打ちされたベテラン俳優の充実した圧巻の一人語りなら、馬場さんは女性らしい柔らかく、ノスタルジックな雰囲気に包み込まれるような、爽やかな語り口でした。

1
馬場さんとはもう何年も前からやり取りがあって、いつか一緒にやる機会を持ちたいと話していたのですが、ここに来てやっと実現したという訳です。また9月には東京のキッドアイラックアートホールでも再共演がありますので、ぜひぜひお越し頂きたいと思います。

この所、様々な語り部さんと一緒にやることが多くなりました。それぞれ違った個性とスタイルを持っていて、なかなか面白いです。
私自身が弾き語りというスタイルを脱しつつあるので、こうして声を操る方々と組むことが多くなるのは当然の流れだと思います。今後私が声というものとどう向き合て行くか、音楽家として大きな選択であり課題ですね。


さて旅はこれだけでは終わりません。今回は奈良に3泊して、演奏会の跡は奈良周辺を散策してきました。中でも久々に行ったのが大宇陀。もう15,6年も前、まだ私がぎりぎり若手なんて言われていた頃に、大宇陀の古い町並み沿いにあるカフェで演奏した事があり、いつかまた行ってみたいと思っていました。そのカフェは既にオーナーも変わっているようでしたがまだお店は健在でした。残念ながら開店が11時ということで、ちょっと早過ぎて入ることが出来ませんでした。しかし近くの通り沿いの休憩所で、地元のおばちゃんとのんびりと話が出来て、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
この辺りは万葉の郷なので、「かぎろひの丘」にも馳せ参じ人麻呂さんに想いを馳せ、阿紀神社などもに足を向けて、万葉の風に浸りのんびり歩いて来ました。
そして奈良に行ったら、美味しいものもしっかり頂くのがいつもの習わし。今回もビストロ・プチ・パリにて楽しんで来ました。鮎旨かったな。自家製のソーセージも・・・・。

古典の世界は魅力的なのです。良い仕事をさせて頂きました。



 
和楽器 ブログランキングへ

















平成絵巻「方丈記」於:ルーテルむさしの教会

先日、秘曲で語る平成絵巻「方丈記」を地元のルーテルむさしの教会にてやってきました。

方丈記-s


伊藤哲哉さんの語り、水野俊介さんの5弦ウッドベース、ヒグマ春夫さんの映像、そして私の樂琵琶というチームの公演も昨年の六本木ストライプハウススペースに続き2回目となりましたが、今年に入って次の公演先である、相模原南市民ホールで何度も本番さながらのリハーサルをやってきたせいか、初回よりぐっと充実した公演となりました。
公演日の26日はイースターの前日であり、また大柴牧師のこの教会での最後のイースターイベントでもありました。牧師は4月から大阪に転任ということですが、是非大阪にも一度伺って、あの染み入るいたいと思っています。

5s


今回は伊藤哲哉さんの語りがいつにない迫力で、聞いているお客様をぐっとつかんでいる様子がよく伝わっていました。さすがです。礼拝堂もお客様で一杯になり、本当にありがたかったのです。会場には琵琶奏者のHさん、語り部のBさん、SaxのSoon Kimさん、和久内先生などおなじみの方々から、初めて聞く人迄色々な方が来てくれたのが嬉しかったですね。

7sこうして舞台となって行くと、作品の魅力が自分でよく見えて来て、色んなアプローチが浮かんできます。ここまでやらないと見えないものが確かにありますね。やはり私は舞台そのものを作って行くことに大きな喜びを感じるようで、先日の日舞の花柳面先生、萩谷京子先生との舞台も、演奏だけ、踊りだけというのでなく、全体の構成から流れまで舞台全体が満足いったからこその充実感だったと思います。
伊藤さんとは「良寛」でも一緒なのですが、こうした舞台をシリーズでやって行けるのは舞台人として、音楽家として幸せですね。

1

誰しもそうだと思いますが、私は自分の音楽に充実は感じているものの、まだ未熟な面も痛切に感じています。私はコンプレックスもそれなりに多い人間なので、色々な矛盾する部分を自分の中に抱えながら舞台に立っている訳です。しかしこうして多くの機会に恵まれることで自分の本来の姿が見えてきます。出来ることとできないことが見え、伝統やら形式にマスキングされて、上っ面だけはこなして中身が出来ていない部分も見えてきます。伝統芸能は形がある分、ここが見えないといつまで経ってもその先に行きません。

大柴牧師が説教の中でアフリカの諺を紹介していました。「速く行きたいのなら独りで歩きなさい、遠くまで行きたいのなら誰かと一緒に歩きなさい」。素晴らしい言葉だと思います。こうして色々な機会を頂いて、常に視野を広げることが出来るのは実に幸せなことと同時に、色々なジャンルの素晴らしい仲間が周りに居ることが私にとっても一番の幸せかもしれません。いつも仲間が居るからこそ、遠くまで歩いて行けるのです。
とにかく閉じこもっているのは私には似合いません。様々な分野の人とどんどん繋がって、あらゆる場面に出没するのが私らしい。だからこれからもゆっくりと遠くへ歩いて行きたいと思うのです。


1

外は桜が咲き始めましたね。少し天候が不順ですが、我が家の近くでも5分咲き位になってきました。春は桜だけでなくあらゆる花が競うように咲き出すのが何といっても素晴らしいです。桃、コブシ、モクレン、カイドウ、ハナスオウ、・・ありとあらゆる花が命の饗宴を見せてくれます。桜一つとっても、早咲きから遅咲き、枝振り、色等々、多くの種類の桜がその命を外に向けて輝かせている様を見ますと、琵琶も色々なスタイルが百花繚乱のように世に響いてくるといいな、と思います。それにはまず私自身の琵琶楽が柔軟で、また豊かでなくてはその魅力を享受できません。固定概念を捨てて、琵琶が本来の響きを持って鳴り出し、ありのままの自分自身から、素直にケレン無く音楽を紡ぎ出して行きたいものです。



和楽器 ブログランキングへ






プライド

先日、平成絵巻「方丈記」をやってきました。

方丈記1


伊藤哲哉さんの語りを中心に、水野俊介さんの5弦コントラバスと私の樂琵琶。それにヒグマ春夫さんの映像が我々を包み込むという異次元空間がなかなかに面白かったです。会場となった六本木のストライプスペースもお客様で満杯という嬉しい公演でした。
「方丈記」を書いた鴨長明は、来年が没後800年ということで、来年3月26日にはルーテルむさしの教会、命日が6月ということで、6月10日には相模原南市民ホール、6月30日には兵庫芸術文化センターホールにて公演が決まっています。まだまだ面白く練れて行く舞台ですので、今後の展開が実に楽しみです。

IMGP0012それにしても皆さんそれぞれの世界の大ベテラン。豊富な経験と技術があるということは、良いものを生み出す土壌があるということですね。こういうものは若手では出来ません。それだけ充実したものを感じました。そして皆さん素晴らしいキャリアがあるにもかかわらず大変に気さくな方々。どの世界でもまともな人はどんなにキャリアを積んでも、そんなものに寄りかかったりしませんが、今回のメンバーは本当に皆が対等なのです。器がでかいな。


私は若いころからジャズ仲間に囲まれていたせいもあって、邦楽人の肩書きを常に看板にする姿は今でも馴染めません。特に若手から肩書きだの格だのという発言が聞こえてくるのは残念で仕方がないですね。まあ小さな世界に入って、そこの常識に染まってしまうのは人間仕方がないですが、こと音楽や芸術に関しては、浮世の垢にまみれたくはないですね。

               サイモン・キーンリーサイド1
Metのオペラ「テンペスト」(作曲トマス・アデス)のラストシーンで、主人公プロスペローが「人間は自尊心で死ぬのだ」と弟に対し言い放つ所がありましたが、人間は自分の持っているプライドというもので、自分自身を振り回してしまいますね。小さな村社会しか見ていない人と、世界を視野に入れている人では全く違うプライドを持つでしょう。また信仰によっても変わってくるかもしれません・・・・。人間という存在の危うさを感じます。
私にはプライドというよりは、まあ意地と言う方が合ってますでしょうか。言葉はどうであれ、とにかく自分の奏でる音楽が「愛を語り届ける」ものでありたいということは一貫しています。まあ人それぞれだと思いますが、音楽より先に肩書きぶら下げて見栄を切って闊歩しているより、聞いてくれる人や出会う人に感動を持って接してもらえるような人生の方がいいじゃないですか。

啄木ソロ


私はこれまで多くの先輩や先生に恵まれたと思っています。直接指導を受けた先生は勿論、何時もの相方や後輩達からも常に多くの気づきを頂いています。「上手くなりたい」とは楽器をやっている人は誰でも思うと思いますが、そんな程度の意識ではとてもプロの舞台には立てないのだ、ということも教わりました。音楽家は音楽をやることが目的。何を表現するか、それが問われているのです。上手も結構、偉いも結構ですが、その先にある魅力ある音楽に意識が行っていなければ、ただのお稽古事でしかありません。逆に上手などというものは仇にもなります。いわんや偉いかどうかなんて・・・。

13ジョンレノンやボブディランの歌に対して音程がどうの、発声がどうのという人はいませんね。マイルスもジミヘンも同様、リスナーはその音楽を評価しているのであって、技でもなんでもないのです。そんなことは誰もが当たり前に思っていることが、当事者になると見えなくなってしまう。まあこれが業にまみれた世の中というものですが、その中でうごめいて終わるか、それともその先に行って音楽を創造するか、結局はその人の器でしかないですね。

自然は何よりも美しいですが、人間のようなつまらないプライドは持っていません。人間だけが小さなプライドというものに振り回されうごめいているのです。これだけ綺麗な紅葉も、ただ自然のまま、ありのままの姿でしかないのに、人間はどこまでもあれやこれやと画策し、追い求め論争を繰り返し、挙句の果てに優劣や格式を創り出し、それにまた振り回され、結局は本来の在るべき姿も判らなくなり、ありのままで生きるという生物としての本質的な生き方すらも忘れたまま生を終えてしまう。

音楽や芸術は、そんな俗世の中に生きる人間に、本来の姿を感じさせ、無垢な感性を呼び覚ますものであって欲しい、と私は思っています。黛敏郎さんは「音楽は祈りと叫びである」と言っていましたが、人間の存在の根源に至るのが音楽や芸術ではないかとも思います。

今、不安定な世の中に在って、音楽は何を奏でるのか・・・・?。「愛」なんて言うのはゆめゆめしいだけの、平和ボケで理想主義的なおめでたい感覚でしかないでしょうか?。少なくとも肩書きでけん制し合っているよりは美しい。
私は音楽家でありたいのです。



和楽器 ブログランキングへ














平成絵巻「方丈記」

6

この所、新しいプロジェクトとして、ベテラン俳優の伊藤哲哉さんと「方丈記」の舞台に取り組んでいます。「方丈記」はもう随分前から伊藤さんとやっていたのですが、今年に入って、もう少し突っ込んでやってみようということで、先日、定例の琵琶樂人倶楽部にて全文を古文のまま読み、そこに秘曲と私の作品で絡んで行くという形でやってみました。
これがいい感じで面白く出来たのですが、その時5弦ウッドベースのベテランプレイヤー水野俊介さんが聴きに来てくれていて、水野さんから「是非私も一緒にやりたい!」という嬉しい提案があり、上の写真のようなトリオ編成でやることになりました。これは相模原の南市民ホールでの関係者に向けたプレ公演の模様ですが、このトリオに更に映像作家の大家 ヒグマ春夫さんも加わって、12月と来年3月に上演することになりました。

2015年12月18日 ストライプスペース(六本木)
2016年3月26日 ルーテルむさしの教会(阿佐ヶ谷)

伊藤1 (1)伊藤さんは映画に舞台に活躍してきた大ベテラン。黒澤組の一員でもあったので、後期の黒澤映画や他かなりの作品に出演しています。舞台と映画両方にこれだけのキャリアがある方もそうはいないでしょうね。それだけにさすがの迫力。長年鍛え上げてきた経験と蓄積がにじみ出ています。姿もこの通り。鴨長明にぴったりですね。
作者の「鴨長明」は自らを「姿は聖にて、心は濁りに染めり」と書いていますが、これは素直な吐露なんだと思います。悟ったような澄ましたことを言っていたら、今「方丈記」は残っていないでしょう。伊藤さんはこういう所を演じるのが上手いな~~。

そしてベースの水野さんがまたなかなか粋な感じで入れて来るのです。水野俊介途中私の笛独奏の作品「風の唄」をベースのアルコソロで聴かせてくれるのですが、これがまたしっとりと感動的で、方丈記の魅力を引き立たせています。CDでは笛で入れているのですが、ベース独奏もかなり良い感じなんです!

4このプロジェクトは「琵琶の秘曲でつづる」という副題が付いているので、私も直垂姿で気合十分。皆さん各ジャンルの大ベテランなので、気を引き締めて務めています。舞台はなかなかの充実ぶりですよ。それにこれから更に進化して行くと思います。やっていてそう感じさせる部分が多々あるんです。

古典をこうした形で現代の舞台に取り上げるというのは、とても意味のある活動だと思っています。巷では、大正や昭和の流派の曲をそのまま演奏し、古典と言い張るようなものが跋扈している邦楽界ですが、古典の形はそのままに、表現を工夫して、その魅力を伝えて行くのは、正に現代社会とコミットして行くことであり、それは芸術の当然の在り方だと思っています。古典は色々な視点を当てることが出来るし、解釈一つで様々な顔を見せてくれます。それだけどんな視点にも答えてくれる力があるからこそ古典として受け継がれているのです。魅力は底知れないですね。
笛とのデュオReflectionsでも古典雅楽の笛パートはそのままに、琵琶を現代的センスで編曲する手法をずっとやってきましたが、大きな手ごたえを感じてます。これからも現代、そして次世代の人に日本音楽の魅力を伝えて行きたいですね。それは同時に古典を伝えながら日本音楽の最先端でありたいということでもあります。


ルーテル


古典にどう取り組んで行くかは、どのジャンルの人も大変な創造力で考えアクションを起こしていますね。本当に素晴らしいと思います。なぞっているだけでは古典は生命力を失ってしまう。バッハでも八橋検校でも雅楽でも、平曲でも、現代という時代に演奏する意味、そして現代という視点と感性が無ければただの「なぞり」で終わってしまう。人間は過去にすがっては生きられない。常に次の時代に向かってしか生きることは出来ないのです。刻一刻と変わりゆく社会を受け入れなければ、生きることが出来ないのが人間であり、人間に与えられた運命です。その時代と社会の中に生きる人間が創り出した音楽だからこそ、意味があるし、時代と共に変わり続けなければただの時代資料になってしまうのです。

2

音楽が生命力にあふれ、時代に生きる人々に感動と共感を持って受け入れられてこそ音楽として成り立って行けるというもの。邦楽でも筝曲などでは、古典作品を現代の視点で捉え直して頑張っている方もわずかに居ますが、是非琵琶楽も芸術的視点で琵琶楽を捉えて欲しい。現状を見ると、琵琶楽をエンタテイメントの舞台芸という側面しか見てないように思えて仕方がないのです。

放浪芸人=琵琶の音楽、のように言う人も相変わらず多いです。樂琵琶も薩摩琵琶も放浪芸とはかけ離れた存在ですし、平家琵琶ですら、近世は茶席などで演奏されるものとなって行きました。放浪の琵琶法師は琵琶楽の中のほんの一部でしかないのです。こういう歴史認識を先ず演者側がしっかり持っているべきですね。
琵琶楽は、今後音楽学という分野をもっと充実させ行くことが重要な課題だと感じています。歴史事実もしっかりと明らかにして、伝説や個人的な思い入れだけのものから早く脱却しかないと、琵琶の未来はないと思います。是非とも良き連携を持って盛り上げて行きたいですね。千年以上の歴史を持つ琵琶楽を、ぜひとも現代に響かせたい。古典を現代に息づく音楽として・・・。

鴨長明
鴨長明

さて、平成絵巻「方丈記」乞うご期待!。方丈記が今甦る。




和楽器 ブログランキングへ












音色の秘密


水野俊介先日、コントラバス奏者の水野俊介さんのソロライブに行ってきました。水野さんはジャズ出身ですが、様々なジャンルで多くの人と共演を重ね、現在はオリジナルな音楽で活動をしているベテランの演奏家です。けっしてテクニック派ではないですが、ピチカート中心に演奏した、「What a wonderful world」や「鳥の歌」などなかなかしっとりと聴かせてくれました。
この日は、キャンドルナイトという事で、照明を消してろうそくの光だけ。マイク無しの生音で演奏してくれたのですが、静かに響く音色には、長い事コントラバスと関わってきた水野さんの姿がそのまま表れているよう。とても柔らかく優しく場に満ちて、気持ちの良い音色に包まれました。

残念ながら演奏した場所はどうにも雑音が多く、スタッフが音楽を愛しむ感じはほとんど無かったですね。スローライフを標榜する店でしたが、音楽や芸術をただの表面を飾るファッションとして軽く見ているんでしょう。水野さんの音楽の持つ静寂性とは対極にあるようなスペースでした。

それにしても水野さんは懐が深いな~~。私ならああいう場所では到底演奏出来ません。今度は音楽を待ち望む人たちの愛情溢れる場所で、水野さんの深い音色をゆっくりと聞いてみたいです。


okumura photo6



高橋竹山7私が思う一流の演奏家は、どんなジャンルであってもその人だけの音色を持ち、その音が魅力的であることが必須条件。歌う人だったら声そのものが何よりも第一なのは言うまでもありませんね。残念ですが邦楽や琵琶の世界で、惹き付けられるような魅力ある音色を出す人は今・・・。高橋竹山や古楽の波多野睦美さんのように、人の心の奥底を震わせるような音色はもう出て来ないのでしょうか・・・?。

音色は演奏家の命です。少なくとも私には音楽理論よりも、演奏テクニックよりも音色が先ず第一。音色は色々なものが自分の中に備わってくると一段と深まって行くもの。音色を聴いただけでその人の実力は聞こえて来ます。だから私も音色にはこだわってしまいますね。私は自分専用のモデルを使っていますが、自分が思う世界を表現する為には、どうしてもそれが必要だったのです。

ルーテル

ギタリストでもピアニストでも、たった一つのタッチを見つけ自分のものにするのに、膨大な時間を人生の中に費やします。いつも書くように音楽は技芸ではないので、しっかりお稽古して流派の曲を上手に弾けても自分の音楽を見出さない限り、自分の音色は出来上がらないのです。タッチ一つにしても、何故そういう風に弾くのか、何を目的として弾くのか、その先に在る世界は何なのか、色んなことを考え、沢山の経験をして、自分のやるべき音楽・世界をとことん追求して、長い長い時間をかけて、初めて自分の音色が出来上がるというもの。つまり音色の先に在る世界を表現出来、自分のやるべき音楽に至ってはじめて、その音色が出来上がり、それが聴衆を魅了するのです。

kotonoha-1


あの肌をざわつかせるような、琵琶にしか出せない、日本にしかありえない琵琶の生の声を、ただ歌の伴奏だけに使うなんて、私にはとても出来ません。唄がどこまでも主だというのなら、伴奏は三味線だっていいのですから・・。私はあの音色を聞かせ、聴衆を納得させてこそ琵琶奏者と名乗れるのだと思っています。

音楽家は皆そうだと思いますが、私にとっても音色は何処までも追及すべきもの。それは私の音楽そのものであり、哲学であり、そのまま私の人生なのです。歌手が人生の全てをかけて声を創り上げて行くように、私も私の音色をぜひ響かせたいですね。

水野さんの音色を聴きながら想いが募りました。



和楽器 ブログランキングへ






プロフィール

hakuga

月別アーカイブ