琵琶一人旅

琵琶奏者 塩高和之の徒然日記 日々の想いを綴ります。

琵琶樂人倶楽部

9年

昨夜の月は見事でしたね。しばし見とれて眺めていました。Worm Moonと呼ばれる月だそうですが、その煌々と照り輝く月下の世の中はコロナウイルスのパニックで、未だ騒然としていますね。ウイルスの実態が素人には判らないので、下手なことは言えないのですが、とにかく皆が安心して暮らせるようになって欲しいものです。色々なものが停滞して、社会全体の劣化になって行かないことを願うばかりです。
今年はコロナウイルスに隠れて、震災の話題は少なくなっていますが、忘れてはいけないこととして、今年も想いを持って過ごしたいと思ってます。

私にとって、春は様々な花を愛でる時期であり、命の輝きを一番に感じる時期であり、そしてまた震災の記憶が甦る時期でもあります。花粉症が出ることもあって、この時期は演奏会も少なく、家で地道に譜面と向き合っているのですが、これからずっとこの記憶は私の人生の中にあり続けるのだと思います。

okazaki
岡崎史紘君 昨年、琵琶樂人倶楽部出演時
今年は私の主催する琵琶樂人倶楽部が11日にあるので、これ迄行っていた福島の安洞院さんや、和久内先生が主催している追悼集会ではなく、いつものヴィオロンにて琵琶の音を捧げます。今回は筑前琵琶の岡崎史紘君がゲストです。彼は他には無い個性とキャラの持ち主でして、毎年呼んでいるのですが、どんどんと進化して行くのがとても面白い。お稽古事のステレオタイプばかりな琵琶人の中で、こういう独自の個性を持った人がどんどん現れてくるのは本当に嬉しいです。これからもこんな琵琶人をどんどん応援して行こうと思ってます。こんな時期だからこそ音楽を、琵琶を演奏して行きたいですね。私の演奏が追悼になるかどうか判りませんが、語り継いでゆくべきものとして、この日は毎年演奏して行きたいと思います。

あの震災では、本当に色んな事を考えさせられました。私が今迄思ってもみなかった事を突き付けられ、見させられ、感じさせられ、とても多くの事を問いかけられました。私は被災した訳ではありませんが、その問いによって私の音楽に対する感じ方や、社会の中での在り方など、色々な面が変わってきました。またそれまで縁遠かった、福島ともつながりが出来、人だけでなく様々な分野につながって行きました。


DSC_8461DSC_8424DSC_8538
2018年福島 安洞院3.11祈りの日にて ご住職、出演のみなさんと

震災やウイルスパニック、戦争など、世の中は常に思わぬ方向に動き出して行くものです。人間は常にそういう中に生きていかなければならない。そのためには現状維持だけでは、命は次へとつなげることは出来ないのです。ここで政治談議をするつもりはないのですが、日本全体で頭の中を変えて行かないと、大変なことになりそうです。勿論琵琶樂も同じで、永田錦心や鶴田錦史が強く激しく持っていたイノヴェーションマインドが、今こそ必要なのは明白ですね。

私は音楽をやはり創ることが一つの使命だと、年を追うごとに感じています。薩摩筑前の琵琶はまだ歴史が浅いこともありますが、とにかく様々な作品を創り続けることは、とても大事なことだと思っています。琵琶樂の文化を無くしてはなりません。

1
琵琶樂人倶楽部にて 笛の大浦典子さんと(photo 新藤義久)

緊急事態には、目の前の援助やインフラ整備など、それらが先ず第一ですが、こういう時にこそ文化が必要なのです。そして問われます。それは生きる根底に愛を持てるかどうかということ。人間は大きなストレスを与えられると、身を守るという本能から、無意識で根拠なき差別や中傷、攻撃へと向かってしまいます。現に欧米ではもうそれが始まっています。そこには世の中全体への愛はありません。更にその近視眼的な視野は全体主義や排他主義に傾いてしまいます。だから音楽家は今こそ音楽を奏で、創り広めてゆくべきだと感じています。「炭鉱のカナリア」とも言われますが、音楽家、アーティストこそが先ずは行動して行かなければならないのです。そしてその音楽は、愛を語るものであって欲しい。ラブロマンスという事ではなく、音楽の根底に人類地球への大きな愛に満ちた眼差しが溢れていて欲しいのです。

想いを新たに、この一日を過ごしたいと思います。








不穏の時

今年は梅の開花も早く、じっくり楽しもうと思っていたのですが・・・、世の中騒然としていますね。まだこれからがどうなるのか、今回ばかりはただただ祈るばかりです。
予期せぬ事態に直面して国全体に不安が満ち、政治も経済も結構な混乱状態。ちょうど3.11にも重なり、あの時と同じような空気を少し感じます。今年はオリンピック(昨日で、あと147日!! AKIRA)も含め日本の政治や社会に大きな変革が来るかもしれないですね。これからの日本の、そして世界の人間の在り方を問われているような気がします。


梅1
昨年の梅花(皇居)

この時期は毎年花粉症の時期でもありますので、私自身は毎年家で譜面書きをしていることが多く、3月8日の神奈川の貞昌院での演奏会が中止になった以外は特に影響は無いですが、身近な方々の公演も随分と中止になっていると聞きます。
平時はすまして突っ張って生きていても、こういう事態になると、改めて社会の中で生きる「自分」というものを感じますね。自分では冷静なつもりでも、自分の心もどこか動揺しているのでしょう。人間の心など弱いものです。人間は社会を離れて生きて行くことは出来ないし、また音楽も社会と共に在ってこそ成立するもの。こんな時には、一緒に舞台をやる仲間がいることを嬉しく感じます。ともすると一人でつっぱりがちな私ですが、やはり色々なパートナーシップが、私の存在を支えてくれているのだと実感します。

1
ストライプハウスギャラリーにて photo 新藤義久
先日、年明けに創ったフルートとのデュオ曲「君の瞳 EayNayk」の初音合わせをしました。思った以上にいい感じで手応えがあったので、早速細部を手直しして、磨きをかけています。まだまだこれからですが、定番のレパートリーになって行きそうで嬉しいです。そして今、もう一曲デュオの作品に取り組んでいます。曲想としてはバラードです。邦楽のメロディーとは違うのに薩摩琵琶でばっちりとアンサンブル出来て、しっとりとした雰囲気に仕上げるべく奮闘中です。

私は琵琶を手にした時から、いわゆる出来合いの「和風」とは距離を置いてきました。表面の形をなぞったり、ちょっとお着換えした、似非和風のような音楽だけはやりたくないですね。型ではなく、音楽の中に核を感じて欲しいのです。表面の形は時代と共に、どんどんと変化して行き、またその時々で人間の感性も変わって行きます。形が変わっても、時代の好みが変わっても、変わらずに日本の風土に生きる人々が受け継いできた「核」を、私も受け継ぎたいのです。新たな「和風」を創り出すくらいの気持ちで曲創りにチャレンジしたいですね。理想は利休や世阿弥です。新たな時代に、新たな音楽を!!


4
3.11祈りの日 福島安洞院にて 津村禮次郎先生と

震災の時にも思いましたが、こういう不穏な時こそ、音楽や芸術を止めてはいけないと思うのです。ものだけでなく、政治も経済も教育も「刹那」に支配されているかのような現代にこそ、大きな視野、柔軟な視点、多様性を受け入れて行く感性を育てることがとても大事なのです。それを育むのは芸術であり、人間が人間として生きる根底に直結しています。今こそ我々には芸術が必要なのです。また音楽を聴くと免疫力も上がるのは実証済みですので、是非是非、今こそ素晴らしい音楽を聴いてもらいたいですね。

この時代にこそ音楽を響かせたい。その場を盛り上げる賑やかしではなく、じっくりと聴くことが出来る音楽を奏でたい。今色々な演奏会やイベントが中止になっていますが、私は自分の主催する演奏会はやって行こうと思っています。次は3月11日の琵琶樂人倶楽部。個性的なスタイルで独自の活動をしている岡崎史絃君をゲストに開催します。是非お越しください。

音楽が豊かに響く世の中にしたいですね。















君の瞳


4
昨年の善福寺緑地

正月気分も抜け、いつもの日常が戻ってきました。もう散歩に出ると梅に目が行くという、何ともせっかちな性分です。今年は年明けに小さな歌曲を作り、その他前々から考えていた薩摩琵琶と洋楽器による、オリエンタルムードの作品にも着手しました。タイトルは「Eaynayk(君の瞳)」としました。先ずは手始めなので、まだアイデアを詰め込んでいるだけな感じですが、ゆくゆくはもっとメロディアスで、「Sirocco」や「塔里木旋回舞曲」にも匹敵するような作品を創りたいと思います。

1
昨年の日本橋富沢町楽琵会より。Vi:田澤明子さん 笙:ジョウシュウ・ジポーリン君  
photo新藤義久

私は作曲を勉強していた20代の頃、石井紘美先生から「実現可能な曲を書きなさい」とよく言われました。それが身に染みているのか、どうしても作曲している時、舞台で演奏している姿が目に浮かんできます。またこれ迄本当に良き相方に恵まれてきたこともあって、合奏曲を作曲している時には、初演を予定している方の演奏している姿が必ず出てきます。オタマジャクシを書きながら「この人ならこんな感じでやるだろう」と、その相方が演奏している姿を思い浮かべながら作曲しているのです。それとその曲をどんなプログラムの中の何曲目でやるのか、作曲しながら舞台全体を想像して、シミュレーションして作って行く感じです。舞台に直結していないと、なかなか筆が進まないのです。


1
川崎能楽堂にて
私は演奏することで生活の糧を稼いでいる訳ですが、私はすべての仕事で自分の作曲したものだけを演奏していますので、その創った曲を聴いてもらうために演奏していると言った方が良いですね。いわゆる腕一本で、いろんな仕事をこなして生き抜いているプレイヤーとはまた違ったやり方だと思いますが、それが私のやり方であり、そうやってずっと生きてきました。
上の写真は10年前にアンサンブルグループ「まろばし」を立ち上げた時のものですが、故香川一朝さんを中心にして毎年開催していました。毎回全曲を私が書き下ろしてやっていましたので、この頃は常にスコアブックを持ち歩き、何処へ行っても譜面を書いてやっていましたね。メンバーも尺八・筝・笛・日舞という構成でしたので、この編成で色んな曲を書きました。尺八が都山と琴古、二つの流派の方が在籍していた時期もあったので、尺八二重奏を作ってみたりして、とにかくこのメンバーで出来るものはどんどんと書いていました。



尺八琴古流:故香川一朝 都山流:田中黎山 川崎能楽堂にて 作曲:塩高和之

琵琶を手にして、もう随分と長い時間が経ちましたが、考えてみれば、私は曲を創ることと琵琶を弾くことがイコールなのです。いわゆる琵琶人とは随分と違う志向であり、やり方ですが、まあこんな奴が一人くらいいても良いでしょう。自分のやりたい曲を作って、やっていけるのですから、ありがたいことだと思っています。薩摩琵琶の歴史はちょうど軍国時代に当たることもあって、そのセンスは私にはまったくもって圏外なので、自分で作曲するしかないという訳です。

14s昨年の日本橋富沢町楽琵会にて。Vi:田澤明子先生、Fl:久保順先生と
現代はボーダーレスな時代。国籍・人種は勿論の事、エイジレスであり、ジェンダーレスが時代の潮流です。フィンランドでは30代の女性首相が誕生しましたし、性別そのものを超えて活躍している人も結構居ますね。また中学生や高校生が考えたことがそのまま時代の最先端技術になったり、10代の若者が世界を大きく動かす、そんな時代に我々は生きているのです。もう古い価値観では世の中は動きません。一般の会社などでも、今頭の中をどう変えて行くかがキーワードになっているようで、盛んに幹部クラスのセミナーをやっています。私みたいな者でも、安田登年生に連れられて企業研修などに呼ばれる機会も増えてきました。古い価値観にこり固まっていたら、時代を生き抜くことが出来ない、そんな時代になってきました。私なりでしかないですが、これからも囚われずに、世の中にコミットしつつ私のやり方でやって行こうと思います。


2019-6-4東江寺1s2019-6-1屋形船
左:昨年広尾東江寺にて。右:昨年浅草屋形船にて 能楽師の安田登先生 狂言師の奥津健太郎先生と

ここ数年で、原点回帰という事が自分の中でだんだんと感じられるようになってきたのですが、今年は更にそれが加速して行く気がしています。それは自分の世界の充実であり、洗練であり、発展でもあると思います。
昨年は「西風」という曲が、何度も失敗を重ねながら、デュオのヴァージョンとソロのヴァージョン2曲が完成しました。何度も舞台にかけてやっと完成という難産でしたが、これから良いレパートリーになって行くと思います。また「四季を寿ぐ歌」全6曲もとりあえずの完成に至りましたし、小さな歌曲も作曲しました。今年は先ず上記の「君の瞳」を何としても完成させて、次は「二つの月」に続く薩摩琵琶と洋楽器による現代曲も完成させたいです。きっと今年中には出来上がることと思います。

35
昨年日本橋富沢町楽琵会にて、石田克佳さんと photo 新藤義久

年を重ねれば重ねる程に、自分らしい自分のやり方、そして志向になって行きます。ただ自分の小さな世界に留まり浸ってしまってはただのオタクであり、何も作り出せません。常に世の中と共に在ることが何よりも基本だと思っています。私はショウビジネスの音楽はやっていませんが、既にネット配信などでマーケットは世界になっているし、世界の中の自分という部分を意識せざるを得ません。そしてこれからの世の中は、声を上げるべき所はどんどんと上げなければいけないし、変わるべきところは積極性を持って変えて行かないと、時代の中に埋もれて行くだけです。これからも次世代スタンダードを創って行くつもりで、作曲し、琵琶を弾いて回ろうと思っています。


さて、今日は今年初めての第145回琵琶樂人倶楽部。筝の内藤眞代さん、笛の長谷川美鈴さんを迎えての新春らしい華やかな会です。是非お越しくださいませ。

今年もよろしくお願いいたします。











新年快楽2020

明けましておめでとうございます。
昨年はお陰様で、充実した活動を展開することが出来ました。今年も更なるレベルを目指し精進してまいります。

shiotaka4私の主催する琵琶樂人倶楽部、日本橋富沢町楽琵会共に、今年も年間スケジュールが決まりました。年明けは琵琶樂人倶楽部の演奏から始まります。今月は「春を寿ぐ歌」と題しまして、笛の長谷川美鈴さん、筝の内藤眞代さんと共に普段あまりやらない曲を集めて演奏します。この3人では、月末にも荻窪衎芸館でもコンサートをすることになっています

昨年はeテレ「100分de名著」の琵琶を担当させていただいたご縁で、多くの演奏会に恵まれました。また器楽による作品も増えてきました。一昨年に出した8thCD「沙羅双樹Ⅲ」からヴァイオリンやフルートなどの洋楽器とのコンビネーションも旺盛になり、現代曲やシルクロード系の作品など、邦楽器では実現しなかったものも出来上がり、自分の音楽世界がとても良い感じで広がって来たのを感じます。これからも歌の伴奏ではない、器楽としての琵琶樂を確立して行きたいと思っております。その確立の上で、もう一度あらためて「歌」や「声」と出会えたらいいですね。



2020年琵琶樂人倶楽部スケジュール

18日  Live    春を寿ぐ歌]

                          ゲスト 内藤眞代(筝)長谷川美鈴() 

212日  Live       現代の琵琶樂」

                       ゲスト 藤田晄聖(尺八)濱田協子(Vi

311日  Live                「次代を担う奏者たち」 

ゲスト 須田隆久(薩摩)岡崎史紘(筑前)

48日  レクチャー&Live 樂琵琶の秘曲を聴く」

 

513日  レクチャー&Live  「筑前琵琶の世界」

                              ゲスト 平野多美恵(筑前・レクチャー)

610日  Live      薩摩琵琶で平家を聴く」

 

78    レクチャー&Live  「樂琵琶と平安文化」

 

 

816日(日)SPレコードコンサート」

8月のみ第三日曜 1800分開演)

 

99日   live               「語り物の系譜Vol.13」

                    ゲスト 櫛部妙有(朗読)

1014日 レクチャー&Live BIWA from Silk Road」

                    ゲスト 未定

1111日 レクチャー&Live  「薩摩琵琶その歴史と変遷」

 

129日  Live           「お楽しみ企画」



まだゲストが未定の所もありますが、こんなラインナップでやって行きます。日本橋富沢町楽琵会の方も来月から始まりますので、また改めてお知らせいたします。

2017t1
日本橋富沢町楽琵会にて津村先生と

今年は更に器楽による琵琶の作品を書いて行く予定です。先ずは薩摩琵琶と洋楽器による作品をいくつかと、薩摩琵琶と邦楽器による静かな作品を考えています。今年も一年で色んな作品を創って行きたいですね。幸いなことにネット配信の方もささやかですが順調に伸びています。自分の作品がいろんな国の方がtに聴いてもらえることが出来る時代に居るというのは幸せなことです。これからは世界に向けて発表するつもりで作品も創って行きたいと思っています。琵琶を歌や声から切り離し、琵琶本来の妙音をもっともっと響かせて、多くの人に琵琶の音を届けたい!。今年も更なる精進をしてゆきます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。












祝 琵琶樂人倶楽部13年目突入!!

秋になってまいりました。先日、櫛部妙有さんと「方丈記」をやってきたばかりなのですが、今は9月10月のとんでもない忙しさは過ぎて、せいぜい週に二回ほどの演奏しか入っていないので、気持ちも落ち着いています。何事も緩急があるのは良いことです。やはり余裕は必要ですね。

biwa-no-e2
琵琶樂人倶楽部の看板絵 作:鈴田郷 

お陰様で琵琶樂人倶楽部は13年目に入りました。2007年11月に立ち上げたこの会も、あっという間に12年が過ぎ、また来年一年の予定もすでに決まって、早140回を超えて毎月開催出来ているというのは嬉しい限りです。
発足当時は琵琶樂の正しい歴史を知ってもらいたいという想いで始めたのですが、やっと薩摩琵琶をやみくもに「古典」だなどいと言う人も少なくなってきたように思います。まあ私も大学や色々な演奏会やレクチャーでその歴史を紹介してきたので、少しは琵琶樂のお役に立てたのかもしれません。
また2016年からタイプの違う定例会、日本橋富沢町楽琵会も発足して、定期的な琵琶会が、こうして順調に開催されていることに喜びを感じます。

kouya 4琵琶樂人倶楽部発足当時 高野山常喜院演奏会にて 若い!!

しかしながら、琵琶樂全体は未だ世間から孤立していますね。Youtubeなどを見ても、まだまだ流派の曲を上手にやる事にとどまっているのが現状です。永田錦心が創り、目指したような創造的な芸術音楽にはとても至っていないと私は思います。私自身は作曲家でもありますので、もう50曲以上も琵琶の独奏曲やアンサンブル曲、歌曲、器楽曲を書いて演奏してきましたが、琵琶の世界全体を見渡すと、創造的活動をしている人は本当に少ないです。残念でなりません。むしろ流派の外側に居る方が、面白いことをやり始めてきた感じがしますね。

琵琶樂人倶楽部がそんな創造的人材を育むことに少しでも貢献出来ているのなら嬉しいです。ビジネスでもそうですが、旧来の組織や概念からは次世代のスタンダードは出てこない。それは明治期の永田錦心や、昭和期の鶴田錦史の例を見るまでもなく明らかです。彼らは本流の外側に居たからこそ新しいセンスを琵琶に持ち込むことが出来たのだと思います。
改めてこの二人の偉大さを感じます。そしてフラメンコのパコ・デ・ルシアや、タンゴのアストラ・ピアソラのように時代をリードするようなカリスマこそが、今、琵琶樂に必要だと思います。小さな世界で虚勢を張っているような小器では、もう後がありません。永田錦心が目指したように、世界を視野に入れて、新たな時代に新たな琵琶樂を高らかに鳴らし、響かせて頂きたいですね。

5
開催100回記念演奏会にて

今薩摩琵琶に求められているのは何なのか。私は新しい曲とセンスだと思っています。薩摩琵琶は流派というものが出来てまた100年余り。古典と言えるほどの歴史は無いので、とにかくこれから時代に沿った曲を創りだして、リスナーに支持していただけるようになったら、古典音楽に成って行くことでしょう。とにかく楽曲創り、その一点に未来がかかっていると思います。時代の感性が反映されなければ、誰も聞いてはくれません。やっている人だけが楽しいというジャンルは、ジャズの例を見るまでもなく、衰退して行きます。リスナーに興味も関係もない曲を大声で「お見事」に歌っても共感は生まれません。未だ男尊女卑的、軍国的な内容の曲をコブシ回しながらやっていること自体、私には理解できないですね・・・。
永田錦心が明治という新たな時代に新たなセンスで曲を作り演奏したからこそ、今があるのです。出来合いのものに胡坐をかいて、自慢し合っているようでは、明日は見えてきません。この妙なる音色を、何としても次世代に届けたいと思っています。


来年一年の予定は以下の通り

1月8日  春を寿ぐ歌 

              ゲスト 内藤眞代(筝) 長谷川美鈴(笛) 

2月2日  現代の琵琶樂  

       ゲスト藤田晄聖(尺八) 濱田協子(Vi) 

3月11   次代を担う奏者たち 

              ゲスト 須田隆久(薩摩)岡崎史紘(筑前) 

48日   樂琵琶の秘曲を聴く

              塩高和之(樂琵琶・レクチャー)

513日   筑前琵琶の世界

             ゲスト 平野多美恵(レクチャー・筑前) 

610日   薩摩琵琶で平家で平家を聴く

        塩高和之(薩摩) 他ゲスト未定

7月8日   樂琵琶と平安文化 

              塩高和之(樂琵琶・レクチャー)


8月16日(日)SPレコードコンサート(8月のみ第3日曜日開催 18時00分開演)
99       語り物の系譜13 

       塩高和之(樂琵琶)ゲスト 櫛部妙有(朗読)  

1014日   BIWA from Silk Road   

               塩高和之(樂琵琶・レクチャー)ゲスト未定

1111日     薩摩琵琶その歴史と変遷 

               塩高和之(薩摩琵琶・レクチャー)

12月9日   お楽しみ企画              



3
琵琶樂人倶楽部を開催している会場 名曲喫茶ヴィオロンにて photo新藤義久


来週の琵琶樂人倶楽部は原点に返り、薩摩琵琶の歴史と変遷のお話、演奏をやります。

第143回琵琶樂人倶楽部
11月13日(水) 午後7時30分開演 ゲスト長谷川美鈴(篠笛)
レクチャー「薩摩琵琶、その歴史と変遷」演奏曲:「祇園精舎」「経正」「花の行方」「風の宴」

是非是非お越しくださいませ。













プロフィール

hakuga

月別アーカイブ