琵琶一人旅

琵琶奏者 塩高和之の徒然日記 日々の想いを綴ります。

石井紘美

初心ということ

ミエザ
先日、ヴァイオリニストの濱田協子さんのリサイタルに行ってきました。濱田さんとは11月に荻窪音楽祭にて、拙作「二つの月~ヴァイオリンと琵琶の為に」を演奏していただくので、このところお付き合いを頂いています。既に一度琵琶樂人倶楽部では演奏してもらったのですが、とても良い感じに仕上がって行きそうで期待が持てます。
今回のリサイタルは、50歳の節目ということで開いたそうで、定番のバッハのシャコンヌから、ピアノの伊藤理恵さんと共に演奏したフランクのソナタまでたっぷり楽しませていただきました。音楽に真摯に取り組む姿勢に、大変好感が持てる演奏会でした。最期の挨拶では「初心を忘れずに」という事をおっしゃっていましたが、気取らず自分のペースで歩んでいる濱田さんの演奏には、言葉通りの初々しさを感じました。
この間の芝先生の演奏会でも、芝先生が吹く笛独奏を聴きながら、多くのものを通り越して、音楽に向かい続ける先生の姿を見て、少年のようにワクワクとして雅楽を演奏している姿が印象的でした。やはり何か初々しいものを感じましたね。

初心を忘れていけないとよく言われますが、初心とは自分の中の港のようなものなのでしょう。自分の中で節目を感じる時、上手くいかない時、絶好調の時・・いずれも帰る港があるからこそがんばれるし、行くべき先も見えてくる。故郷のようなものかもしれません。先日とある方がこんなことを言ってくれました。

「道が拓けた時こそ、足元を~初心時に輝いた玉を磨き直すと、新たな選択肢が増え、また多過ぎる選択肢を減らせる」

今私は、いつもこのブログに書いてあるように、器楽としての琵琶楽に確実に進んでいるのを感じています。8thCDには「壇の浦」の弾き語りを入れましたが、これが私の弾き語りの最後になるでしょう。琵琶唄はどんどんやらなくなって、そのうち「壇の浦」もやらなくなるでしょう。


オリエンタルアイズprofile15Wind way Hiromi Ishii
  左:1stCD「 Orientaleyes」    若き日      右:石井紘美作品集「Wind way」

弾き語りをやることで仕事も増えたし、見えてきたものも多々あります。しかし元々私の音楽に「うたう」という発想はありませんでしたし、やっと自分の本来の位置に戻りつつあるという実感がしています。私の足元にあった輝く玉は、まさに「器楽としての琵琶楽」。今その玉を磨き直そうという訳です。私はオペラや声楽が好きでこのブログにも色々と書いていますが、私がうたうという発想はやはりちょっと湧きあがって来ないですね・・・。よき時に、ピンポイントで良いアドバイスを頂きました。

琵琶を最初に手にした初心の頃創った1stアルバム「Orientaleyes」は、未熟な面も多々あれど、余計な衣が一切無く、正に自分をそのまま出した(出すことが出来た)作品集です。勿論「うた」は入っていません。
2ndアルバム「MAROBASHI」には、ロンドンシティー大学で演奏した石井紘美先生作曲の「HIMOROGIⅠ」をLive 録音の形で入れましたが、これも私には大きな大きな出来事でした。コンピューターと琵琶によるこの作品は、「Wind way」というタイトルの石井先生の作曲作品集にも収録され、ドイツのWergoレーベルから発売されましたが、まだネット配信も無い時代に、世界発売となって世に出た時には、自分の活動に確実なる実感を感じたものです(その後Naxosからも出ました)。


ジャケット表


そして今年、1thアルバム「Orientaleyes」でチェロと琵琶のために創った「二つの月」を、8thアルバムでヴァイオリンと琵琶の為に改訂した事は、私にとって大きな転機となりました。この曲に新たな意味が生まれ、CDで共演しているヴァイオリニストの田澤明子さんと何度とく舞台にかけてみて、器楽という自分の原点を確認することができました。1stアルバムからずっと心にある「器楽としての琵琶楽」が色んな変遷を経て、今揺るぎないものとして自分の中に確立してきたのです。8thCDには「まろばし~尺八と琵琶の為に」も、若手の吉岡龍之介君とのデュオで入れましたが、この曲を30代の初ライブ以来ずっと演奏してきて、今確実に自分の音楽となっていること実感しました。

24京都東山清流亭にて
そして樂琵琶の作品も、このところ笛以外の楽器とやる機会が多く、自分の中で新しい認識をしている所です。本当に樂琵琶に取り組んで、今までに無い分野を開拓することが出来、器楽の琵琶という事に於いて、薩摩とは別の面をここまで斬り拓くことが出来たことは大変嬉しく思っています。大浦典子さんという音楽のパートナーに出逢ったのも大きかったですね。
もっともっと自分らしく在り続けたいと思っていますので、音楽も自分らしい形に突き進みたいと思います。


古木鳴鴫図枯木鳴鵙図
また最近、上記の方とは別の方から「貴方にとって精神の師となる人は誰ですか」と問いかけらましたが、すっと浮かんでくるのは、このブログでもよく登場する、道元禅師が先ず一番でしょうか。良いもの、良い言葉は沢山あると思うし、気になっ言葉はすぐにメモしておく方なのですが、「修行している姿こそが仏である」なんて言葉は常に肝に銘じています。
また多少武道をかじっている身としては、武道家の遺した言葉も結構好きですね。宮本武蔵の「観の目強く、見の目弱く」なんて実に現代社会において大切な姿勢だと思いますし、「枯木鳴鵙図」などの作品からも結構刺激を受けました。また北大路魯山人の著作や伝記、作品などからも多くのインパクトを受けています。

音楽的にはもう文句無くマイルス・デイビス。勿論コルトレーンやドルフィーなども良いですね。そしてレッドツェペリン、キングクリムゾン、ジミ・ヘンドリックス、パコデ・ルシア・・。更にドビュッシー、ラベル、バルトーク・・・・ときりなく続きます。何しろ時代を切り開くようなプログレッシブでモダンなものが性に合うようです。スタンダードなものは落ち着く反面、どうも湧き上がるような躍動や煌く生命感が薄いものが多いので・・・。古きものに対し寄りかかることをせず、本当に真摯に取り組み、挑戦をしているようなものが少ないですからね・・。


マイルス2道元


そして誰よりも一番影響を受けたのは作曲の師である石井紘美先生かもしれません。20代の頃、石井先生に出逢っていなければ、わたしは琵琶弾きには成っていなかったでしょう。当時音楽的に燻っていた私を見て、私の元々持っている質(玉)を見抜いて、この道を先生が勧めてくれたからこそ、今があるのです。これだけは確実です。

これからは、思うことを思うようにやって行きます。これまでもそうしてきましたが、更に純度を高めて思うことを思うようにやって行きます。あまり経済は伴わないので、派手な活動は出来ないかもしれませんが、どこまでも自分らしい形でやるのが、やはり一番しっくり来ます。そのためにも初心という港に今一度帰る事が必要ですね。

初心の頃輝いていた玉を、今こそ磨く時が来ているようです。


PS:もう一人、気になる人が居ます。それは平経正。何故かいつも気になるのです。














新年快楽2018

今年も無事に年が明けました。世の中何かと不安なことが多いこの頃ですが、是非今年も豊かな心を忘れないような一年としたいと思っております。

ジャケット表年明けはなんといっても私の8枚目のCD「沙羅双樹Ⅲ」!!。CDの発売は1月11日。ネット配信は2月14日から世界に向けて発信を開始します。新年の幕開けとしては幸先良いスタートです。
何事にも完璧というものはないですが、今回のCDは今の私の等身大の姿がそのまま入ったと言える内容となりました。最初に琵琶でCDを出してから16年が経ちましたが、ようやく何とかなったという感じです。樂琵琶では既に一つの世界を創ることが出来たという実感があるので、これは自分の軌跡として一つの充実感を持っていますが、薩摩琵琶は今一つその充実感が持てなかったのです。それは私が目指している薩摩琵琶の器楽という分野での作品がまだちょっと少なかったことによると思います。更にこれまでの作品は、音楽が結構前衛的ということもあり、実演のためにメンバーを集められなかったり、集客などの問題で演奏会を開催することが難しかったりしたことが大きいです。舞台で実演しなくては作曲しても世には響きません。私は自分で作曲して、自分で演奏会を企画して、自分で演奏するということをずっと最初からやってきていますので、舞台で実現しないかぎり音楽は完結しないのです。

私の作曲の師 石井紘美先生は当時20代の私に「実現可能な曲を作曲しなさい」とよく言ってくれていましたが、活動を展開すればする程この言葉は身に沁みて、今またこの言葉が大きなメッセージとして私の中で響き渡っています。

Wind way Hiromi IshiiこれはWergoから出た石井先生の作品集。もう10年以上前ですが、ロンドンシティー大学での演奏会で、先生書下ろしの新作 コンピューターと琵琶の為の「HIMOROGI」という作品を私が初演し、そのライブ録音が入っています。
演奏会当日、会場の客席の周りを取り巻くようにいくつものスピーカーが置かれ、音響関係のセッティングだけでもかなり大掛かりなものでした。これだけの作品をロンドンシティー大学で企画して、現代音楽界のトップレーベルWergoで作品集まで出すということは並ではないです。日本人でも数人いるかどうかというオリンピックのメダリストレベルですが、ここまでやってやって音楽は世に出て評価されるのです。

石井先生からはこういう音楽家としての姿勢を目の前で見せて教えてもらったので、私も演奏会で実演の所まで持っていけない限り、どうにも消化不良状態なのです。だからとりあえず順調にお仕事として数多くの舞台の機会は頂いていても、「本当に自分の音楽をやれているのか」という自問自答がずっとありました。

profile10-s

自分の音楽を自信を持って舞台に立って演奏したい。そんな想いは常に自分の中にあり、それが年々強くなって来ていました。勿論年を重ねるごとに充実して来てはいたのですが、薩摩琵琶に関してはもう一歩という感じが拭えなかったので、50代の今、この「沙羅双樹Ⅲ」を出すことは自分にとって大きな意味があったのです。
今回はベテランヴァイオリニスト 田澤明子さんを迎えて納得の行く演奏が収録できました。田澤さんには、これからの私の演奏会でも色々とお願いしようと思っています。他に尺八の若手 吉岡龍之介君にも私の代表作「まろばし」を吹いてもらいました。

今回収録したヴァイオリンと琵琶の為の「二つの月」は田澤さん以外では考えられない作品です。ハイレベルな技術、感性、経験、どれもが田澤さんでなければ成り立たない。譜面から紡ぎ出される独自の世界は、彼女だけのものだと思います。別の人が演奏したら、良くも悪くもまた別の作品となって行くだろうと思えるような曲に仕上がりました。

また今回のCDで、私は旧来の薩摩琵琶のスタイルでもある「弾き語り」に関してもきっぱりと区切りをつけました。今回、私なりの「壇ノ浦」を収録しましたが、私は基本的に演奏家であって歌手でも語り部でもありません。声はこれからも使ってゆきますが、それは私の音楽の中のほんの一部でしかありません。少なくとも旧来の弾き語りに関しては、この「壇ノ浦」を境としてどんどんやらなくなるだろうし、やるにしても、もっともっと私らしい形に変わってゆくことでしょう。
明治後期から大正昭和という軍国時代に大衆芸能として人気を永田錦心2博した薩摩琵琶はどうしても多分に右寄りで、私には父権的パワー主義が強過ぎると感じてなりません。私が尊敬する永田錦心先生は、そんな軍国の時代にあって、新しい芸術音楽の創造を目指し、洋楽を取り入れた新しい琵琶楽を創造する天才が現れるのを熱望する」と強く願い、常に発言を繰り返していました。私はその言葉を自分なりに受け止め、新たな琵琶楽を創って行きたいのです。

演奏会1
高野山常喜院演奏会にて

これまで20年ほどの活動の中で、私が思う薩摩琵琶の音楽はだいぶ形となって舞台で響かせることが出来るようになってきました。これからはもっと自分らしい音楽をやって行きたい。今この「沙羅双樹Ⅲ」を出すことは、喜びであり新たな挑戦なのです。今後はこのCDをきっかけにもっと充実してくると思います。今年をその新たなスタートとして一歩を出そうと思います。

今年も宜しくお願い申し上げます。



和楽器ランキング











春風渡る2017

まだ風は冷たいですが、日中の日差しはもう春の気配ですね。

先日の「Eclipse」旗揚げライブは何とか無事に終わりました。ご来場の皆様に感謝しております。ありがとうございました。ちょうど作曲家の石井紘美先生がドイツから帰国していたので、ライブにお越し頂き、久しぶりにお会いすることができました。相変わらずの雰囲気で若かりし頃を自分の姿を想い出しましたよ。嬉しかったですね。実は昨年末、また先生の作品集がWergoレーベルから出まして、私の音源も使っていただきました。今回はそのCDを持ってきてくれたので、早速ご紹介。

「彩時空 sai-ji-ku」というタイトルで、ビルフリート・イェンチさんとのカップリングによる作品集です。石井先生は電子音楽の分野の作曲家ですが、もうこの分野では国際コンクールの審査員をするほどの実力者で、弟子としては実に誇らしいのです。Wergoで作品集が出るということ自体、大変な快挙ですし、ヨーロッパの第一線で師匠ががんばっている姿は、私とっては嬉しいだけでなく、一つの目標でもあります。まだAmazonでは出ていないかもしれませんが、現代音楽関連のCDショップ、たとえば新宿のタワーレコードなどには置いてあると思います。是非お聴き下さい!!!。そして石井先生のWergo第一作目の「Wind Way」では、ロンドンシティー大学での私の演奏がそのままそっくり収録されていますので、こちらも是非是非お聴き下さいませ。


彩時空ishiiCDWind way Hiromi Ishii
左が新作、右が1st

私が若かりし頃、石井先生のお宅に伺うと、いつも私の知らない芸術や音楽の話を聞かせてもらいました。琵琶の高田栄水先生もレッスンよりはお話が一番の授業でしたが、結局技や知識などよりも師匠の哲学を聴き、その感性に触れることが一番のレッスン。それがこちらの志向や視野を広げ、自分独自の芸術的世界感が花開いてゆくのです。技や知識は後でよいのです。先ずは何を於いても感性。感性が豊かにならない限り、何を教えても身につきません。一番大切なところを後回しにして、手っ取り早く形を先に教えるから、上っ面をなぞって終わってしまうのです。しかもそれで優等生面をしてしまう・・・。邦楽に一番かけているのが、この感性や哲学の部分だと思いますね。

私は良い師匠達に恵まれたと思っています。今の私の芸術・音楽に対する思考や視線というものは、多分に石井先生との出逢いから導き出されたものであり、私の原点の一つでもあります。
その頃の私は、自分の音楽が定まらず、器用貧乏の悪い癖であれやこれやと色んなジャンルに手を出していました。何をやってもすぐにそれなりになってしまうのですが、それぞれ皆面白いと思うものの、なにか自分としっくり来ないまま、もやもやとしている頃でしたね。フラメンコにはまったのもこの頃です。そんな時に琵琶を勧めてくれたのが石井先生でした。私もギター以外のものをやってみようと思っていて、津軽三味線はどうかと聴いたところ「ギターの代わりになってしまうだけだからやめておきなさい」といわれ、勧められるまま何にも判らずに琵琶を手にしたのですが、それが私の人生を変えました。

rock[1]若き日
まあこういう出逢いは、人生の中にそう無いでしょうね。先ず先生に出会い、音楽や芸術への眼差しを仕込まれ、次に琵琶を勧められ、その導きに乗って現在の人生を決定付けられたわけです。
何事にも「もし」は無いのですが、石井先生との出逢いは人生の分岐点でしたね。左の小僧が今や和服着て琵琶弾いているのですから・・・。

それにしてもこうやって、小学生の頃から音楽三昧で生きてこれたのが幸せというものです。散々アルバイトなどもやりましたが、そういうものも良い肥やしとなりました。また洋楽を通り越してきたからこそ、アンサンブルやリズムや和音の事も、邦楽に置き換えて色々と出来るというもの。今の私は全て過去のこうした経験が元になっているんだ、と今になってあらためて思います。その中の大きな大きな要素であり原点であるのが石井先生との出逢いだったという事です。


2017-2-5-1
先日のEclipse 旗揚げライブより

春の訪れを前に石井先生と久しぶりに会えたことは嬉しかったですね。私の音楽も日々深化してゆきます。形も変わってゆくし、考え方は更に先鋭化して行くのです。まだまだ先がある。まだまだ突き詰めてゆきたい世界がある。通り一遍のスタイルをなぞるような事は私にはありえない。どこまでも自分のスタイルであり、表現であり、オリジナルな音楽を創りたいのです。私が目標にしている永田錦心も、石井先生もそうであった様に・・・。



和楽器 ブログランキングへ














Beyond the horizon 2013

先日久しぶりにお会いした作曲の師 石井紘美先生の作品の上演がアサヒアートスクエアで行われました。実は先生の作品がちゃんとした形で日本で紹介されるはこれが初めてなんです。

電子音楽協会今回は日本電子音楽協会創立20周年の記念事業でした。先生は長い事海外に拠点がありますので、日本の協会とはつながりが無かったのですが、つい最近、北京での作品の上演の際にこの協会の方と知り合い、今回の作品発表となりました。
日本は何の分野に於いても、型や殻を破る事をとにかく嫌うので、電子音楽という新しい分野は、当然のごとくかなり出遅れているのが現状です。しかしこの所少しづつ各音大でも力を入れ始めてきました。一番早くから電子音楽に取り組んでいたのは愛知芸大で、日本で一番初めにムーグを導入したそうです。やはり中央の一番権威の高い所は、前例の無い事はやらないのでしょう。

        ムーグ期のムーグシンセサイザー
さて、この日は7人の作曲家の作品を聞きました。特に生楽器と電子音の組み合わせが多く、その意図のようなものは確かに聞こえてきました。しかし生演奏に中途半端な抒情性が見えてしまうと、とたんに電子音が安っぽく聞こえてくる。単に無機的なものと有機的なものの対比等という事ではとても成り立たない。何かもっと音以外の部分で考えるべきものを感じました。技術ではなく、哲学がまだ成熟していないと思いました。

石井先生の作品は「木を切り倒す」時の様々な音が素材となっていました。ミニムーグ木を切るという事は、古くは建材を得る為、今は更地を得る為であり、それは木の周りの鳥、虫、小動物の破壊も意味し、そういう伐採という行為には人間の姿そのものが現れています。それらをデジタル音分解、処理して出来た作品でした。全てが電子音だったせいか、音がとても生命感を持って感じられ、自然界の様と人間の営み、傲慢、業・・・色々なものが想起されました。デジタル音なのに、かなり有機的な音のアンサンブルに感じました。

ムーグ1Cムーグ2
他の作曲家の作品では、「BUNDLE IMPACTAR」という作品が印象に残りました。これも生演奏と電子音の組み合わせでしたが、生演奏の方が中心となり、音楽が広がって行く様には生命感とでも言ったらいいのか、大きな普遍的なものが見えるようで、魅力も可能性も感じました。私はこの分野の専門家ではないし、評論までは出来ませんが、全体を通して、日本の電子音楽のこれからに大きな課題を感じ、また可能性も感じました。10年先が楽しみです。

時代が求める音が現代に響いていて欲しい。それは人間界の小さな範囲のものでなく、この大地の持つ息吹、もっと言えば全てにあまねく注がれている「はからい」のような生命感に溢れるものであって欲しいですね。miyagi2宮城道雄とルネ・シュメーが当時、時代が求める音そのものであり、今でもその音色があせないように・・。

その為には、「邦楽はこうだ、琵琶はこうであるべき」というような旧来の殻を破れない縮こまった感性を取り払いたい。そんな感覚では何も生まれない。バッハやモーツァルトでも常に時代の感性で演奏され、楽器もハープシコードではなく現代のピアノで演奏される、オペラも永田錦心もしかり。それでも尚輝きを失わないから古典となって行くのです。先生の言う通りまじめにやっていればそこそこに成る、という優等生的な惰性。それを是非飛び越えて欲しいですね。

        台湾桜2012-3-2

新しいものはまだまだ成熟していないので確かに未熟でしょう。しかし人間でも老成した人ばかりでは種自体が滅んでしまう。若き命は種の伝承に必要必然なのです。そういうものを恐れ、立ち止まっているようでは明日はありません。

電子音楽という分野は時代の求める必然です。琵琶楽にも時代の求める必然の音が、どんどんと出て欲しいですね。


和楽器 ブログランキングへ








彼方へ

先日、ドイツから作曲の師匠 石井紘美先生が帰国したので、久しぶりに逢ってきました。思えば、先生の曲を演奏するためにロンドンに行き、右も左も判らず、ロンドンシティー大学で演奏会をやったのがもう10年前です。

m-cdjaket_smallこのセカンドアルバムが、その時のライブ録音。演奏は石井先生の作品集にも収録され、なんとドイツの現代音楽のトップレーベルWergoから世界発売されたんですから、当時の私の舞い上がりようは凄いもんでした。
久しぶりに逢った石井先生は、昔と変わらずゆったり淡々として、且つ厳しい眼差しで色々と話をしてくれました。やっぱり一番に影響を受けた師匠と話すと、視野が開けて、楽しいですね。先生はいつも私を色々な所に導いてくれるのです。

wind way石井紘美先生の作品集「Wind way」
先生と話をしていると、ヨーロッパの音楽情勢はもとより、世界から見た日本の置かれている状況や日本人の意識等、色々な事が見えてきます。私のようにどこにも所属せずに、村社会から遠ざかっていても、知らない内に余計なものに振り回されている事が多いですね。外側からの意見や視線に接する事は、やはりとても大切です。日本人は自分の興味の無いものに価値を見出そうとしない。それだけに煽動されやすい等とも言われますが、一にも二にも視野の持ち方が大切だと改めて思いました。

その日の夜にはN響の演奏会にも行ってきました。N響若手のソリストを迎えての3つの協奏曲という演目でしたが、いずれも素晴らしいものでした。ちょうどサヴァリッシュやクライバーンという大物が相次いで亡くなったこの時期に、世界舞台に飛び出て行く若者の演奏を聴くというのも、色んな事を感じさせます。Viの人はまだ18歳、チェロやピアノの方も20代。彼らはその人生のほとんどを音楽に、芸術に捧げて生きている、だからこそあれだけの演奏になる。ああいう若者の姿に接すると、我が身も改めて見つめ直すことが出来ます。ヨーロッパ・アメリカ・日本。国籍も時代も超えて受け継がれて行く音楽・・・。素晴らしいと思うとともに、邦楽では、とても考えられないとも思ってしまいました。

薩摩琵琶では、永田錦心が次世代の琵琶楽を作り、それを鶴田錦史が世界舞台へと持って行った所で、残念ながら止まっている。思えば、かつて津軽三味線の高橋竹山と鶴田錦史はちょうど同時期に活躍しました。
   
高橋竹山1

鶴田錦史2鶴田錦史がノベンバーステップスを演奏したのが60年代後半。ちょうど同じ時期に竹山が出て、その後津軽三味線は一地方の民謡伴奏から、今や世界へ独奏楽器として広がりました。それを想うと琵琶の現状は悲しいばかりです・・・・。

視野を彼方へと向け、生き抜いた先人達の眼差しに、今私は強烈に惹かれます。それは激動する時代を見据える目とも言えます。けっして技やら型ではない。曲でもない。あの眼差しです。


その眼差しが無かったら、私は琵琶を弾いてないでしょう。だから私も先人のように、彼方へと眼差しを向けたいと思うのです。



和楽器 ブログランキングへ








プロフィール

hakuga

月別アーカイブ