雀荘・メンバー業

2009年11月18日

静岡の麻雀店で火災事件

なにげに昨日テレビを見ていたら、静岡の雀荘で火事があったというニュースが流れていました。どこを見ても、1日中流れていたので、見た人も多いと思います。
17日午前3時半頃、浜松市中区高丘東のマージャン店「リーチ麻雀・金ちゃん」(石井教順(のりあき)さん経営)の従業員から「店が燃えている」と119番があった。

 市消防局が消火にあたったが、鉄骨2階店舗211平方メートルを全焼し、2階から男性3人の焼死体が見つかった。ほかに男性1人が逃げる際に頭を打った らしく脳挫傷で死亡、3人がやけどを負った。死亡した4人は、客とみられる。浜松中央署は身元確認を急ぐとともに、放火の疑いもあるとみて調べている。
ヤフーニュースより引用
不謹慎だとは思いますが、どうしても視線が火事で燃えずに残った女の子の絵にいっちゃいます。あれだけきれいに残っている構図がなんともシュールです。
まだまだ不審な点が多いだけに、今後どう進展するのかわかりませんが、亡くなった方々にはご冥福をお祈りします。


さて今年はこの事件以外にも、10月に東京都大田区のマージャン店で、従業員が殺害された事件がありましたし、大きくニュースにはなりませんでしたが、名古屋の雀荘でも刺殺事件がありました。

雀荘で事件がこういった事件が起きるときは、たいていはお金がらみの怨恨です。国営の競馬・競輪・競艇やパチンコなどのギャンブルは、負けたら当たる相手がいないため、せいぜいそのへんの物を蹴ったり、台を叩いたりするくらいですが、麻雀は対人であるがために、その恨みつらみが人に向けられて、こういった悲しい事件をひきおこしてしまいます。

麻雀は、うまく使えば人間関係を円滑にする最高のコミュニケーションツールです。間違った使い方をして、麻雀を悪者にしてほしくないです。
来年はこういった悲しい事件が起きないことを祈っています。


risoujansisisi132652 at 21:53|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2009年04月09日

マーチャオの各店舗名が読めません

みなさん、マーチャオという雀荘を知っていますか?
関西だけではなく、関東にも展開している雀荘チェーン店です。
先日に行われた天鳳プロチャレンジでは協賛していましたね。

そのマーチャオですが、いつのまにかすごいことになっています。
マーチャオでは、各店舗にギリシア文字がついています。
以下、まとめてみました。


マーチャオ = 京都駅前店

マーチャオα = 京都四条烏丸店

マーチャオβ = 大阪梅田店

マーチャオγ = 大阪難波店

マーチャオδ = 東京高円寺店

マーチャオε = 神戸三宮店

マーチャオζ = 新宿西口店

マーチャオη = 大阪心斎橋店


アルファ、ベータ、ガンマくらいは読める人が多いかと思いますが、以降は???ですよね。
読めない人はこちらを参照

これってマーチャオで働いている人は、みんな把握しているのかな?
面接では、全店のギリシア文字が読めなければ採用されなかったりしてw

このまま順調に増え続けると、13店舗目はμ(ミュー)となり、某団体の名前と被りますし、26店舗目はギリシア文字がついに尽きてしまいます。

他の雀荘チェーン店は、各店舗には地域名をつけるだけですから、マーチャオのようなギリシア文字を店舗名につけるという方法は珍しいですね。だからこそ、こんなよけいな心配をしちゃったんですがw


risoujansisisi132652 at 18:14|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2007年03月16日

雀荘メンバーの待遇

ドラマ「ハケンの品格」では、正社員に比べていかに派遣が厳しいか、その現状について触れていました。それを見てサラリーマンの経験がない私にも、派遣は大変だと分かりました。

でも世の中には、派遣よりも大変な正社員がいます。
それは雀荘メンバーです。


雀荘メンバーはとにかく大変です。
仕事内容はそれほど過酷ではないのですが、給料が問題ですよね。

ほとんどの雀荘は、お店での麻雀の負け分とゲーム代は自己負担になります。

1月フルに働いても、半分も給料が残らない人が出てきます。ひどいときにはマイナスになることもあります。

たまにゲーム代が半額、または全額お店もちだったり、アウトが全額お店もちの雀荘もあります。まあたいていはギャル雀の女性メンバーに限った話で、男性メンバーの待遇はさほど変わっていないように思います。

時々メールなどで「雀荘のメンバーになりたいのですが。」という質問を受けますが、雀荘の待遇を確認して、自分でもやっていけそうかどうか考えてみてください。

詳しくは麻雀荘メンバーマニュアルを参考に。

雀荘のメンバーは、ある程度麻雀の腕に自信があり、麻雀が大好きで、待遇面にも納得できる人じゃないと勤まらないと思います。


でも麻雀好きな若者は、そこらへんをあまり深く考えずに雀荘のメンバーになっちゃうんですよね。

かくいう私も、昔あまり深く考えずに雀荘を選んで、寮に住み込みで働いたことがあります。最初の給料は、1ヶ月フルに働いて3万円でしたw 

そのお店では成績をつけていたのですが、お客さんを含めてそのお店の中で2番目に弱かったですから、それも仕方ないところでしたが。

この記事を読んで面白いと思った方は、ランキングクリック♪


risoujansisisi132652 at 18:54|この記事のURLComments(14)TrackBack(0)

2006年08月22日

路上駐車がきびしくなり、雀荘への影響を考えてみた

路上駐車禁止の法律がきびしくなってから、もう2ヶ月がたちましたね。

あれから雀荘の事情はどう変わったでしょうか。

駐車場完備の雀荘は特に影響ないでしょうが、駐車場がない雀荘は当初ちょっと困ったのではないでしょうか

日本は駐車場の数が充分とはいえず、車で雀荘に遊びに行ったときには必ず駐車場の問題がつきまといます。

近くに駐車場があればいいのですが、なければしょうがなく路駐というパターンもあります。特に深夜だと多いでしょう。

昔雀荘に勤めていた頃に、早朝になるとしょっちゅう

「前に止めてある車はまだあるかなぁ?」

と聞かれました。

路駐してはいけません。と強く言えないのがメンバーの弱いところです。

「オススメしませんが、あそこだったら比較的安全だと思いますよ。」

と路駐を肯定する言い方をしていた時期もあります。

駐車場が完備していなくて、駐車代の負担もしていないので、路駐はダメです!と強く言えないんですよね。

あれから雀荘に影響があったという話はほとんど聞きませんね。ちょっとは客足に影響があったのではないかと思ってたのですが。

みんなちゃんと高い駐車代を払っているのかなぁ。

雀荘が駐車代の負担をするようになった雀荘も増えていそうですね。

しばらく調査してみたいと思います。

人気Brogランキング

この記事を読んで面白いと思った方は、ランキングクリック♪

ホームページ:勝ち組の麻雀 理想雀士をめざして

好評更新中:日刊現代麻雀


risoujansisisi132652 at 16:26|この記事のURLComments(9)TrackBack(0)

2006年08月02日

アウトをしてしまう心理状態

アウトについて2回にわたり書いてきましたが、結局はアウトを出さないようにお金に余裕をもっていけば、すべて解決するわけですよ。

しかし、麻雀という人生を狂わすほど面白いゲームは、時として理性を失わせるわけです。


「勝って返せばいいんだろ!」という気持ちも分からなくはないです。

すごく負けた時は、勝って取り戻したいという気持ちが働くのも分かります。次こそは勝てるだろうと、自分の都合のいいうように考えがちです。

しかしアウトを出さなければいけないほど負けている時は、精神的にも弱っているはずです。よけいに負けを重ねるケースが多いでしょう。

流れ論者の方なら、今日は流れが悪いからこれ以上続けないほうがいいでしょうね。

そして、アウトをだしてなお負けた時は、すごくみじめになります。

冷静に考えれば、負ける確率が高くて気分的にも不愉快になるのです。いい事なんてありません。


「お金がなくてもまだ麻雀がしたい!」「アウトを出してでもやりたい!」という気持ちも分かります。

しかし、考えてみてください。
アウトを出すというのは、借金と同じです。

自分にガマンがきかない状態です。ちょっとまともな状態とはいえないのではないでしょうか。

金融機関に借金をしてまで麻雀をする人はあまりいないですよね。雀荘のアウトは無利子・無期限だから、誘惑に負けてしまうことが多いのだと思います。

アウトが当たり前になってくると、お金を借りる後ろめたさという気持ちもなくなっていきます。

そうするとアウトはすぐ返さなくても、余裕のある時でいいというおかしな考えをしてしまいます。


みなさん雀荘に行く時はお金をたくさん持って行きましょうよ。そして、ラスをひいたら清算ができないくらいだったら、きっぱりそこでやめましょう。

だらだらアウトしてまで麻雀をして、得なことなんてありません。

負けた自分が悪いのです。次にまたがんばりましょう。

そういう気持ちをみんなが持てば、アウトという習慣が少しはなくなるのかなぁ。

人気Brogランキング

お金がなくなっても麻雀したいという気持ちもわかりますが、という方はランキングクリック♪

ホームページ:勝ち組の麻雀 理想雀士をめざして


risoujansisisi132652 at 15:47|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2006年08月01日

雀荘のアウト対策について

前回は雀荘のアウトについての考察をしてみました。
デメリットが多く、誰がみてもアウトを出さない方がいいのは明らかです。

では、雀荘側はアウトに対して、どういう対応をしたらいいのでしょうか。


アウトを出さないための工夫をしましょう。

そのためには、預かり用のかごを作ることです。半荘が終わり清算した時点でお金が足りなかったらかごを清算して、その分で不足金を払う方法です。

そして、かごを清算した時点で強制的にラス半にしてもらうようにします。

これなら万が一負けすぎても精算金が足らなくなる事はないでしょう。

今ではこういった雀荘が増えていますね。


それでも打ちたいという人がいても基本的に断るべきでしょう。基本的にというのは、お店の体系によって違ってくるからです。

チェーン店のように、全国規模で展開している雀荘ならば、対応は決まっているはずで、マニュアルに沿った営業をしてゆけばいいです。

アウトを絶対に切らないならば、それにしたがうだけです。


地域密着型の雀荘ならば、そのオーナーや店長の考え方意見しだいですね。

結局はアウトは店と客との信用で成り立っているものなので、住所が分かっている人、常連さんにはアウトをだしている場合が多いのでしょう。

個人的には、昨日書いたようなデメリットも起こりうるので、極力なくす方向でいった方がよいとは思いますが。


また、アウトを出したとしても必要最低限にするべきです。

点3や点5で1万円を超えるのは、ちょっと異常でしょう。明らかに、アウトを出した次の来店時もアウトを埋めずに、さらにアウトを出している状態ですよね。

次回の来店時にはアウトを必ず埋めてもらい、その分がなかったら打たせないくらいでもいいのではないでしょうか。


それ以外で大事な事は、お店でアウトへの対応を統一するという事ですね。

人それぞれアウトへの考えは違うかもしれません。なので、雀荘ではアウトをどこまで出していいのかという線引きをするべきです。

それが明確でないと、メンバーによって対応が違ったりして、お客に誤解を与えてしまいます。

人気Brogランキング

余裕をもってお金を持って行けば全て解決するんだけどなぁ、という方はランキングクリック♪

ホームページ:勝ち組の麻雀 理想雀士をめざして


risoujansisisi132652 at 12:33|この記事のURLComments(10)TrackBack(0)

2006年07月31日

雀荘のアウトについての考察

メルマガでも紹介させていただいた市川プロの日々精進ッス。〜女流麻雀プロのへなちょこ雀記で、とても興味深い記事が書かれていました。

市川プロの雀荘に、以前アウトを出したお客が来ます。アウトを返すそぶりもなく、帰っていってしまいました。

お店の対応はどうするべきだったか、という雀荘のアウトに関する話です。詳しくは→そのヒトはお客さんでしょうか。

そして、みんなのコメントを受けての市川プロの意見です。→そのヒトはお客さんでしょうか。その2


雀荘にはアウトというものがあります。
たぶん雀荘特有のもので、かなり変わった制度です。

麻雀に負けすぎて給料がなくなったメンバーや、お金が足りなくなったお客様(特に常連さん)に、お店からお金を貸す。いわゆる店借金です。

とくに利子がつくというのでもなく、期限も決まっていない。しいて言えば、次に来店された時に持ってきてください。というシロモノです。

お店によってはアウトは当たり前になっていて、半分返ってくれば御の字、逃げても追わないし催促もしない。特に地域密着型の店に多いようです。


アウトというのは、店と客との信用で成り立っているものだといえます。

それだけに信用に足る人物、常連さんにはアウトを出すのが甘くなっているお店が多いのではないでしょうか。


しかし、本来簡単にアウトを切ってしまう、切れてしまう環境というのは不健全ですよね。

アウトはなるべくなら出さない方がよいわけです。

アウトを出すメリットは少ないのですから。


【アウトを出すメリット】

・卓がつながる、ゲーム数が伸びる

メリットはほとんどありません。アウトを出す事によってお客様のゲーム数が増え、卓がつながる事くらいでしょう。

そのために、お店側が意図的にアウトを出す事もあります。


ではデメリットはどんなものでしょうか。

【アウトを出すデメリット】

・アウト金が回収できないこともある

・アウトを出したために、客が離れる事もある

・他のお客にも悪影響を与える事も。
お金に甘い店だと思われる。常連に甘い店だと思われる


アウト金が回収できないのはよくある事ですね。

期限も決まっていないし催促もしないのですから、アウトを出した本人がバックれてしまえば終わりです。


それより怖いのはお客さんが減ってしまう可能性があることです。

アウトを出してしまうと、次に返しにいくのがイヤになる事があります。
時間がたてばたつほど、本人には後ろめたい気持ちもでてくるでしょう。

それでその雀荘に行かなくなる。アウト金額が大きいほど、アウトしてから過ぎた時間が長いほど、常連の雀荘離れがおきやすいでしょう。


間接的要因として、他のお客さんにも悪影響を与える事もあります。

常連にお金に甘い店だと思われたら、アウトが増えるかもしれません。

「あいつもアウトしていたんだから、俺だって少しくらいいいだろう」


常連に甘い店だと思われたら、常連の態度やマナーも悪くなるでしょう。お店がなめられた状態ですね。

「このお店はあまりうるさい事は言わないから、好き勝手できるな。」


このようにデメリットが多く、誰がみてもアウトを出さない方がいいのは明らかです。

では、お店側はアウトに対して、どういう対応をしたらいいのでしょうか。
(明日へ続く)

人気Brogランキングたしかにアウトは出さない方がいいよね、という方はランキングクリック♪

ホームページ:勝ち組の麻雀 理想雀士をめざして


risoujansisisi132652 at 12:49|この記事のURLComments(12)TrackBack(0)

2006年06月30日

夏場はこんな雀荘は気をつけろ!

(注・虫の話が出てきます。)

私は食事中などに虫の話をするのがキライです。
食事中にテレビを見ていて虫のCMがやっていると、
イライラします。
そういうのを見たら、すぐ番組を変えるようにしています。だから一応注をつけておきました。


夏になりましたね。
私は夏は好きではありません。
暑いのが苦手です。寒いほうがまだいいです。

それ以外に大きな理由があります。
夏になるときまってでてくる虫がいます。

私がこの世で1番嫌いな生物、それはゴキブリです。

理由なんてないです。とにかく嫌いなのです。
どれくらいキライかというと、見るだけでイヤです。
実物じゃなくても、本でみるだけでも、テレビで見るだけでもイヤです。

部屋にいたら、その部屋からすぐ出ます。
そして、親かだれかに退治してもらうまで入りません。

北海道にはいないらしいので、夏だけは北海道ですごそうかと真剣に考えた事もあります。

麻雀にたとえるなら、ダブ東のドラをカンした親リーにゼンツするほうがまだましです。

仮に「私は国士でテンパイしました」と宣言したリーチにヤオチュウ牌を切るほうがまだましです。

早く絶滅してくれないかなぁ。


夏には、あまり掃除していない雀荘では出てきますね。

なので、汚い雀荘には行きたくないです。

全自動卓から出てきたときは、本走中にもかかわらず逃げた事がありますw

他にも2〜3回ほど、自分の働いている雀荘で出たことがあります。

このときだけは日頃からしっかり掃除しなければと思いましたよ。

人気Brogランキングゴキブリがでる雀荘には行きたくないなぁと思う方はランキングクリックお願いします

ホームページ:勝ち組の麻雀 理想雀士をめざして


risoujansisisi132652 at 11:41|この記事のURLComments(7)TrackBack(0)

2006年06月12日

サッカーワールドカップと雀荘の苦悩

いよいよサッカーのワールドカップが始まりましたね。
日本中が、そして世界中がサッカーに燃え上がる1ヶ月間です。

そしてその影で燃え上がらないところもあります。

それがフリー雀荘です。

サッカーにまったく興味のない人、麻雀だけできればいいという麻雀バカw(いい意味で)をのぞき、多くの日本国民がサッカーに注目しています。

いつでもできる麻雀に比べ、ワールドカップは4年に1回しかやりません。

雀荘で麻雀するよりサッカーを見るために家に帰る人が多いでしょう。

特に日本戦をやる時間帯には、影響が如実に現れます。あきらかに人が少なくなります。


過去ワールドカップの時期に1回雀荘で働いていた時があります。

当時も客は少なく、来店された方も結果や速報が気になるらしく、麻雀にも集中力がないように感じられました。

その中の客がこんな事を言い出しました。

「ラジオをつけてくれ。結果が気になるから、麻雀できない。」

そのお客さんと同意した数人が

「ラジオをつけてくれないと帰る。」

と言い出したので、周りのメンバーと話し合ってしぶしぶ承諾しました。

雀荘で働いていて、初めてラジオをつけながら麻雀をしていた時の違和感を、今でも覚えています。


結局その後店長が遅番で来て、
怒ってラジオは消されました。

店長は言いました。

「本当にサッカーが見たい奴は、
雀荘に来てないから!」

「他のお客様に迷惑だろ、
麻雀しに来てるんだから。」

なるほど、確かに今の時間に雀荘に来てる人は、本当に麻雀が好きな人たちのはず。

店長の言う事ももっともだなぁと思いました。

その店長は、こうも言いました。

「日本が早く負ければ、
お客さんがもっと来るのに。」

ああ、この人はお店の事を本当に考えてるのだなぁと思いました。

こういうメンバーがいれば、お店は大丈夫です。


これから1ヶ月、雀荘は苦難の道が予想されます。
なんとかがんばってもらいたいものです。

人気Brogランキング麻雀は好きだけど、私もワールドカップを見ちゃうなぁという方はランキングクリックお願いします

ホームページ:勝ち組の麻雀 理想雀士をめざして


risoujansisisi132652 at 13:46|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2006年04月29日

お客のクレームにいかに対応するか。雀荘の将来が問われます。

最近お気に入りのブログがあります。
日々精進ッス。〜女流麻雀プロのへなちょこ雀記〜という、日本プロ麻雀連盟所属 名古屋のフリー雀荘・ビーフリー店長の市川陽子さんのブログです。

麻雀プロとしての活動や、日頃の雀荘の店長としての苦労や楽しさを書いた、とても面白いブログです。

そこでの記事で思ったことです。
ある日のお客のクレームに対してのお店側の対応の話です。

本当にお店のことなんかどうでもいいと思ってるお客さんは、クレームをつけないんですよ。そもそもこれ以上は期待していない、するだけ無駄だと思ってるわけだから。

なのでクレームをつけてくれて、むしろありがとうという姿勢、これが大事なんだと思います。お店のいたらないところを指摘してくれてありがとう。と。

クレームをつけられないに越したことはないですが、完璧な人間はいないので、どうしてもミスはするわけです。
そこで大事な事はクレームにいかに対処するかなんです。ここでお客様の評価が決まってきます。うまく対処する事ができれば、確実に評価があがります。以前よりあがる事すらあります。

だからこういったクレームの処理能力を身につけるべきです。今回のお店側の素早い対応、お客様に対しての謝罪(本人と責任者がしている)、このクレームにたいして学ぶ姿勢、それを次につなげる姿勢、店員に対してのフォローなど、当たり前かもしれないけど、とても関心しました。

普通こういうクレームがあった場合は、たいていは当事者が謝って、次からは気をつけます。となり終わる事が多いです。

このお店はこういう店長、オーナーがいるかぎり、安心して遊べるお店であり続けるだろうなぁと思います。

人気Brogランキング

こういうお店なら安心して遊べるなぁ、という人はランキングクリック!

ホームページ:勝ち組の麻雀 理想雀士をめざして


risoujansisisi132652 at 12:46|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)
企画・お知らせ
・麻雀ラジオ 次回は未定
・天鳳ブログ一覧は、毎月1日と15日あたりに更新します。そのときに他のリンクも更新します。(滞っていてすみません><)
最新コメント
月別の記事
携帯QRコード
QRコード
アクセス解析カウンター