日本麻雀機構

2007年12月06日

麻雀能力検定をやってみた

日本麻雀機構のイベントで一番気になっていた麻雀能力検定が、来年の1月ごろに実施されます。


麻雀能力検定」とは、日本麻雀機構公認の麻雀能力認定システムです。

全国の麻雀愛好家の皆様にゲームとしての麻雀を楽しんで頂くだけでなく、麻雀に関する様々な知識を深めて頂き、さらには麻雀普及活動へとつなげていくことを目標に、この検定を実施いたします。

あなたも「麻雀博士」「麻雀マイスター」を目指してみませんか?


はい。目指してみます。
最近「マイスター」とかつけるのが流行っているのでしょうか?
やれフルーツマイスターとか、ガンダムマイスターとか。
麻雀マイスターか。その発想はなかったわ。

さっそくやってみました ⇒模擬試験はこちら
ネタバレになるため、以下続きを読むから。

続きを読む
risoujansisisi132652 at 17:29|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2007年07月13日

RMUの第1回入会テストをやってみた

○第1回入会テストの問題と解答
6月に行われたテストの問題と解答をPDFにしました。
皆さん、試しにチャレンジしてみては?制限時間は60分です!(HPより抜粋)

というわけで、RMUの第1回入会テストの内容が公開されてましたのでやってみました。 興味がある方はぜひやってみてください。
テストの問題と解答

実際にノートで回答するのはめんどいので、パソコンのメモ帳にてやってみました。ピンズの囲い文字はパソコン(マックだけだったかな?)では文字化けするのでマンズはm、ソーズはs、ピンズはpで表記しました。

以下ネタバレを含むので、続きからを読んでください。

続きを読む
risoujansisisi132652 at 19:00|この記事のURLComments(17)TrackBack(0)

2007年06月02日

RMU、リアル麻雀ユニット

新しい団体ができました。

RMU(リアル麻雀ユニット)です。

設立メンバーは土田、古久根、多井、河野、阿部の5人。
後に機構のメンバーも何人か加わる予定とか。

情報元は今週号の週刊漫画ゴラクの広告です。
ちょうど天牌の後に1ページ広告が載っています。

RMUのHPも公開されています。(まだ大半が準備中だが)

関連:リアル・マージャン・ユニット【RMU】(2ちゃん麻雀板)


これって以前から言っていた奨励会システム<Mixture>のことかな?

ミクスチャーとは・・・
東京と大阪において、早ければ2007年1月、遅くとも2007年3月より始まる予定であるリーグ戦システム。
一般会員が、競技会に参加する意思を本部に申請すると「競技会員C」となります。
そこで月1で昇級があり「競技会員B」となり、この上に「競技会員A」があり、さらにこの上に「専属選手」があり、年棒が出る(?)と記憶しています。


情報が少なすぎてまだ良く分かりませんが

どうして新しい団体が必要だったのか?

○機構との関係はどうなっているのか?

このあたりはかなり気になるところです。

他にも

○今月の6月24日に試験があるのにもかかわらず、まだルール以外は確認できない

○試験は先着で人数が決まっている

○東京以外での開催予定は書いていない

など、不安要素がいっぱいです。

大丈夫か、日本麻雀機構・・・


「追記」

RUMは機構競技会ではありません。
情報元は、ある機構関係者なので間違いないでしょう。

RMUの申込資格は「麻雀競技を極める志がある18歳以上の者」と書いてあり、機構会員以外も参加できます。
よって、あくまでも機構とは別の団体である。とのことです。

そうなると、ますますこの時期に別団体を作った意味が分かりません。
機構競技会もスタートが遅れているというのに・・・

本当に大丈夫か、日本麻雀機構・・・

この記事を読んで面白いと思った方は、ランキングクリック♪


risoujansisisi132652 at 22:52|この記事のURLComments(9)TrackBack(0)

2007年05月08日

機構の今度の活動予定

5月2日の「スポニチ」情報面に、THE OPEN 決勝の模様と、
機構の今後のイベント開催予定が掲載されました。


5〜7月:エリア王決定戦

7〜9月:全日本学生チャンピオンシップ

10〜11月:クイーンカップ2007

12月:麻雀検定

1〜3月:全国No.1都市決定戦

4〜5月:スーパーシニア選手権

5〜8月:第二回THE OPEN


すべて予定で大会名等も仮称とのことです。

THE OPEN大会が終わってからの機構の構想がなかなか見えてこなかったのですが、ようやく少しずつ機構の活動が見えてきました。

年間を通して、ずっと何らかのイベントが予定されるみたいです。

だいたいどんな事をするのか想像できますが、「麻雀検定」というのがよく分かりません。ちょっと気になりますねw

HPにて「麻雀教室」と「ネット麻雀」のコンテンツが追加されたのも
興味深いところです。(現在は準備中とのことだが。)


私としては、まずは次に行われるであろうエリア王決定戦に向けて、
さらに麻雀のレベルアップが必要不可欠ですね。

東海王者を目指してがんばります!

この記事を読んで面白いと思った方は、ランキングクリック♪


risoujansisisi132652 at 18:57|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2007年01月31日

機構何切る第3弾 古久根プロ登場

機構の何切る第3弾です。

東4局西家3巡目 ドラ東

五(2)(4)(4)(5)(7)(8)(8)45567東  

私は2p切ります。

今回は何切ったっていいですw
それよりも、ドラの扱いがポイントですね。

字牌のドラの扱いは、かなり意見が割れると思います。
大きく分けて2通りでしょうか。


1つは他家が字牌を重ねる前にさっさと切る。
どうせ切るなら、早い方が鳴かれる可能性が低いからですね。
これは凸さんの影響もあるかと思います。

もう1つは、自分が勝負できる形になってから切る。
たいていはテンパイまたは好形のイーシャンテンで切ることになります。

私の判断基準は、
勝負手の時は前者で、そうでもないときは後者を選択します。

勝負手というのは、リーチを除いて2ハンある手のことです。
(リーチして3ハンあれば、十分勝負になると思っています。)

たいていはタンピン系ですね。
その場合は、4メンツ候補がそろった時点で切ります。

この場合は、いちおう4メンツ候補がそろっているのですが、ピンズの下の3−6pが2度受けで弱いことと、ピンズの上をメンツとして数えると、タンヤオが確定しないので、(9p受けがある。)ドラはちと早いかなと思います。

ピンズは3pツモで4p切り。9pツモで8p切り。
そのほかの4〜8pツモは五切りかな。

マンズの五にくっついたらドラ切ります。
ソーズのターツ完成でもドラ切ります。
ドラを引いたら五切ります。


ドラが鳴かれたら・・・

知ったこっちゃありませんw
その状況によって、オリてもかまわないと思います。

ドラを鳴かせたら責任をとって全部いく。という精神論はどうでもいいと思っているので、オリた方がいいと思えばオリます。
(精神論を言い出したら、ドラを鳴かした人が全ツッパしたせいで、ドラを鳴いている人に甘い牌を鳴かせて、あげく振り込む方が責任が重いと思うのだがw)


ですが、当然自分のアガリの可能性も残します。
悪形があれば1つくらいは鳴いていきます。
ポンテン、チーテンはとることが多いです。

メンゼンでテンパイしたら、当然リーチをします。
その前にドラポンに不穏な動きがあれば、さっさとオリます。

相手が親かどうかにもよるでしょうね。
親ならかなり早めにオリると思います。
(2副露した時点か、中盤すぎくらいにはオリかなぁ。)


古久根さんの、ピンズなら4pを切る理由も興味深いですね。
理論派といわれるだけあり、考えがしっかりしていますね。

個人的にはピンズの変化よりも、マンズを伸ばして
ピンズはリャンメントイツの形で厚く待つ方が有利だと思います。

悪手と言われていた3p引きでも4p切りで五のくっつきを狙う。
先に6−9p引きなら、五切りでドラタンキでいいかなと。

みなさんの意見をお待ちしています♪

この記事を読んで面白いと思った方は、ランキングクリック♪


risoujansisisi132652 at 09:22|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2007年01月30日

これからTHE OPEN 日本麻雀機構杯に参加する方へ

当日は、9時30分受付開始でした。
ちょうどの時間に到着して、受付を済ましました。

名簿で名前をチェックされて、大会のルール表を渡されました。

すでに9人ほどが来られていて、卓に座ってました。
私は10番目に到着したので選手番号が10番でした。

どうやら先着順で番号が割り当てられるみたいです。
友達同士でいっしょに受付をした場合は、同卓する確率が
高くなるので注意してくださいw

10時になり、機構から簡単なあいさつとルール説明が始まりました。
一通りルール説明を終えたら、質問タイムです。


ルール表になかったり、分かりづらい点を補足しておきます。

「ルールについて補足」

○50分+1局で打ち切り
 50分たったら、その局と次の局で終了。

○チョンボはノーテンリーチと誤ロンのみ。
 他はアガリ放棄とする。

○見せ牌、コシ牌は言う必要なし。
 モラルの問題なので、自分に責任がある場合はロンしない方がよい。

○対局中のトイレはゲーム中断する。
 多少のロスタイムはみてくれる。


「おまけ」

満卓だと思っていたのですが、8番卓だけ1人しか座っていません。
その人が、少し困った顔で質問してました。

「この卓、私しかいないんですがどうしたらいいですかw」

私は勝手に、「あの卓に黒子スリー入りとかなったら悲惨だなぁw」
と心配してましたが、どうやら別の卓から1人移動してもらって、
黒子がワン入りとツー入りでやることに落ち着きました。

この記事を読んで面白いと思った方は、ランキングクリック♪


risoujansisisi132652 at 11:01|この記事のURLComments(18)TrackBack(0)

2007年01月29日

THE OPEN 日本麻雀機構杯 自戦記

THE OPEN 日本麻雀機構杯 名古屋予選の結果ですが、

残念ながら予選通過できませんでした。

まず結果だけ報告します。

一回戦 41800点の2着で+16.8p
二回戦 29400点の2着で+4.4p
三回戦 34400点の2着で+9.4p
合計+30.6pで、29人中11位でした。

ボーダーは予想以上にあがり、+38.2pでした。


簡単に自戦記を。

■一回戦

親番の7巡目にタンピン、高目三色ドラの手をリーチ。
安目で5800、高めで18000、高目ツモって裏1で8000オールという
今日1番の勝負手でした。
しかし他家は全員オリ。結局ツモれず。

メンタンのシャボリーチでツモって裏1で4000オール。
細かく2000点などをアガる。

南入した親番で3件リーチがかかる。
オリていると、終盤に2着目が満貫ツモで親っかぶり。
これで2着に落ちる。

最後の局は、センニセンツモか、5200出アガリで逆転。
配牌が悪かったが、何とかチャンタ崩れの南のみリーチ。

嵌張待ちで場に2枚切れと苦しいが、もう手を変えている余裕はない。
上家から出アガり、裏ドラをみるが乗らず。2着で終了。


■二回戦

ずっと我慢の麻雀。
他家のリーチがやたらと早く、手が全然間に合わず。
なんとか親で3900をアガる。

他家同士の振込みで場が進み、展開にも助けられて2着で終了。


■三回戦

トップをとれば予選通過。
最低40000点ちょっとの2着条件か。

東1、2と黒子が脇の2人に満貫放銃。
いきなり厳しい展開。

二回戦と同じくテンパイが入らず、東場は我慢。
南場でようやくピンフテンパイ。迷わずリーチして、ツモ裏1。

最後の親番もサクッと流され、オーラス。
イチサンニーロクツモか、満貫出アガリでトップ。

すんなり手が仕上がって、3−5−9p待ちのメンピン。
9pだと高目でイーペーコウがつく。

9pツモか、9p出アガリで裏1条件なので迷わずリーチ。
みんなオリぎみで、終盤13巡目に下家から9pが出る。

自分で残り4巡で9pをツモる確率より、
ここでアガって裏にかける方が有利なのでアガる。

今度こそのってくれ!という願いもむなしく、裏ドラのらず。
微妙な点数の2着で終了。


こうして私の機構杯は終わりを告げました。


一回戦の勝負手、裏ドラ条件、三回戦の裏ドラ条件、
どれか運が味方してくれたら・・・

たった三回戦の麻雀だから、実力うんぬんよりもその時の運が
大きく左右することは分かっています。

ですがそう思いながらも、あと一歩勝ちきれなかった
自分の麻雀の弱さを反省しながら会場を後にしました。


この記事を読んで面白いと思った方は、ランキングクリック♪


risoujansisisi132652 at 13:20|この記事のURLComments(12)TrackBack(0)

2007年01月27日

THE OPEN 日本麻雀機構杯 名古屋予選

明日は、THE OPEN 日本麻雀機構杯に参加してきます。

私は岐阜在住なので、名古屋の地方予選からスタートです。


大会に参加するにあたり、ロン2で調整しておきました。

最近の100対戦の成績を見てみると、平均順位が2.18位でした。
まずまずの仕上がり具合ですね。


あとはルール等の確認です。

3万点持ち3万点返し(オカなし)の東南戦、5・15の順位点。

オカがないということは、トップのうまみがそれほどないわけです。
フリー雀荘のようなトップラスでは浮きません。
つまり素点が大事だということですね。

順位点が5・15なので、着順1つの増減が1万点分に相当します。
そこらへんを頭に入れて、押し引きを考える必要がありますね。


他のルールについてですが、
すでに大会に参加した人から入手した情報では、
事前にHPで告知されていた通りのルールで変更点はない。
との事なので、細かいルールも確認して、ノートにメモしておきました。


それとボーダーも気になるところです。
だいたい+30〜35くらいになるだろうとの事です。

ということは、最低ラインが
トップ、トップ、3着あるいはトップ、2着、2着くらいでしょうか。
トップ、2着、3着だと微妙でしょうね。

まあできることはとりあえずやったので、
悔いが残らないように全力を出し切ってきます!

この記事を読んで面白いと思った方は、ランキングクリック♪


risoujansisisi132652 at 19:03|この記事のURLComments(8)TrackBack(0)

2007年01月26日

日本麻雀機構のHPにアクセスできないわけだが・・

日本麻雀機構の何切る問題がアップされていたので、
今日ネタにしようとアクセスしてみた。

そしたらこんな画面が出てきた。

Forbidden

You don't have permission to access /index.html on this server


何この表示?

英語を直訳してみました。

「このサーバーの/index.htmlにアクセスする許可を持っていない」

大会もせまっていて、時期が時期だけに嫌な想像が頭をよぎる。
不安になったので調べてみました。

ブラウザーのエラー画面について

これを見る限り、上の2つのどちらかが原因だろうか?
機構のHP管理者のミスなのかな?

詳しい方がいたら教えてください。
気になってメガマックがのどを通りません。

この記事を読んで面白いと思った方は、ランキングクリック♪

続きを読む
risoujansisisi132652 at 16:37|この記事のURLComments(11)TrackBack(0)

2006年12月07日

日本麻雀機構、名古屋説明会の情報まとめ

名古屋説明会の記事ですが、何切るを書いているうちに、なぜか1人で
盛り上がっちゃって、肝心な機構の情報を詳しく書いてませんでしたw

ここでまとめておきます。

■会員カードは、いつ届くのか?

近々届く予定。


■機構のネット麻雀はどういうものか?

ネット数社と話し合っている段階。
機構にはプログラマがいないので、1から作るのは無理。
だから既存のネット麻雀と提携してやっていく。

それにあたりベータ版を4月から遅くても7月までには
始める予定
で進めている。

機構に所属していなくても参加出来る物で、
機構員の成績はしっかりデータとして機構側で把握する。
どのようなランキング方式を取るのか(レーティング制か、ポイント制か、など)はまだ決まっていないが、当然機構内のランキングなども出る事になる。


■大会後の活動については?

メルマガを発行。

2007年4月から既存の雀荘を使用して、各支部を立ち上げる予定。
(各支部を立ち上げた後の具体的な活動方針、 たとえばリーグ戦等はまだまだこれからのようです)

ちなみに中部支部は今回イベントのあったビルに入っている
「ウィング」に決定です。機構杯の予選会場にも使われます。


■雀ネーム(ハンドルネーム)を使用出来ないか?

できない。
雀ネームは原則NGで本名で登録する。

ただ元プロの方々で雀ネームを使用している方々は、
郵便物もその名前で届くように手続きなどを取っているので、
そのまま雀ネームでいくようになっている。

ただし、大会やリーグ戦などで雀ネームを名乗るのはオッケー。
その場合も、常識の範囲内の名前に限る。

カタカナだけ、ローマ字、記号などが含まれる、
明らかに名前として通用しないものはNG

(NGの例)ポッチカリロ、ドラゴン○○、AKAGI、爆岡★弾十郎、
      とつげき東北、かにマジン、理想雀士・・・

個人的に気になったので、説明会でしつこく雀ネームについて
質問してたのは私ですw


困った・・・

理想雀士で登録する予定だったけど、無理っぽいです。
まあ日本で1人でも苗字が理想で名前が雀士さんがいれば
オッケーなんだけどw

理想雀士で統一した方が、初対面の人とかにも覚えてもらいやすいですからねぇ。まあしょうがないので、本名で登録します。

この記事を読んで面白いと思った方は、ランキングクリック♪


risoujansisisi132652 at 10:08|この記事のURLComments(12)TrackBack(0)
企画・お知らせ
・麻雀ラジオ 次回は未定
・天鳳ブログ一覧は、毎月1日と15日あたりに更新します。そのときに他のリンクも更新します。(滞っていてすみません><)
最新コメント
月別の記事
携帯QRコード
QRコード
アクセス解析カウンター